私の5×20 鼠鬟侫.鵑箸靴峠限臉の日々

  • 2020.01.18 Saturday
  • 10:16

 

本当だったら昨年の末までにレポを書きたかったのですが、ご存じのとおり11月3日からの怒涛の情報量に翻弄され、ようやく落ちついて語れる日が来ました。私はand more前のツアーにも同行者として当選してるので、今さらながらその時のレポを詳しく書き留めていなかったことを後悔しています。休止を知らずに入った回と、休止を知ってから入った回では感じ方が全く違うからです。そしてand moreでは幸運なことに娘名義も私名義も当選し、さらにライブビューイングにも当選したので、私は今回のツアーで運を使い果たしたと思っています。もしかしたら、これが最後のライブレポになるかもしれません・・(涙)

 

2018年12月9日東京ドーム。まだ嵐の休止を知らなかった頃・・ワクワクしながら嵐友と見上げたゲートのスクリーン。

 

 

オブジェが設置されたのはこの時だけだった。なぜかだけどうしても撮れなかった。何かの前触れ?・・・。

 

 

初めて入る天井席。想像以上に絶景でした!

 

 

改めて感じる制御されたペンライトの美しさとか、花道まで使った映像演出とか。会場が大きくなっても、天井席まで楽しませようとしてくれてるファンへ気遣いがすごく嬉しかった!そして前にも語ったのだけど「果てない空」のスクリーンに一瞬浮かんで消えた紫舟さんの「嵐」の文字。これはand moer以前でしか見られない演出でした。(and moreでは無いのを確認ました)考えすぎかもしれないけど何かの伏線だったのかな・・。

 

でも今思えば、何も感じなかったわけではありません。最後のメンバー挨拶がすごく丁寧で長かったことと、ニノの挨拶が、亡くなった祖父のエピソードをふまえて「ありがとうって言える時にちゃんと言っておこう。」という言葉に心がザワザワしました。そのあと、初めて生で聞いた5×20の歌詞にも、それを歌う嵐の表情にも、ずっとザワザワしてました。そしてその日から1か月ちょっと経って嵐の休止発表がありました。

 

2019年5月17日札幌ドーム。札幌の嵐友に休止前に会いたいという想いと、お一人様ならもしかしたら・・という願いが届いて自分名義が働いてくれた札幌公演。

 

 

私はここで気合いを入れるために、コンサートバックを作りました。

 

 

そしてその気合いが通じたのか、まさかのアリーナでしかもムビステ下だったのでビックリしました。前々から「アリーナはどちらかと言えば苦手だけど、ムビステの下なら当たってみたい!」って言ってたので、言霊は大事だと思いました。

 

 

何度も頭上を通り抜けるムビステ!すごい景色でした。この時はなんとか智くんに想いを届けたい!って思ってました。ムビステが来るたびに、胸の前のうちわをちょっと上に傾けて、満面の笑顔で見上げてました。私の周りにも智ファンがいたので、ファンサこそもらえなかったけど、一瞬はっとした顔でこちらを見たので気が付いてくれたかな・・。

 

2019年10月30日東京ドーム。嵐ファンになるきっかけをくれた娘との参戦。感無量でした!

 

 

座席は1塁側のバルコニー。デジチケの時点で30ゲートと聞いてバルコニー予想はしてたのですが、「バルコニーだったら1列目がいいな!」って言ってたら1列目が当たってました。やっぱり言霊は大事です。

 

 

ここからは全体がよく見えて、おそらく最後になるだろう嵐のライブを心からかみしめました。智くんの「たらたったったぁ〜」はこの回からしばらくブームが続きました。あと、翔くんのピアノ前で「翔くん頑張って〜。」て叫ぶ人・・やっぱりいました。昨年ちょっと微妙な雰囲気になってから空気読む人が増えて、しばらく叫ぶ人いなかったのですが、オーラスでもやっぱり叫ぶ人いたので、思わず声出ちゃうんでしょうね。その分翔くんも動じなくなってきたのでライブの楽しみ方は人それぞれなんだなと。

 

2019年12月25日東京ドームオーラス ライブビューイング。ラッキーなことに地元の映画館に当選しました!

 

 

映画館限定のパンフレットはクリスマス仕様で可愛かった〜。

 

 

この日は、こんなにも地元に嵐ファンがいたのか!ってくらい映画館はファンでいっぱいでした。ほとんどの人がペンライトを持っていて、挨拶のとき以外は担当色にしてました。意外に多かったのが二宮&相葉ファンでした。(ニノファン生きてて良かった〜)ライブが始まる前にみんな遠慮気味にペンラを振って心で嵐コールしてました。そして始まると十数人立ち上がったのですが、他の人が立たないので空気を読んで全員座りました。ここがライブビューの難しいところです。ライブ会場よりも傾斜が少ないので前の人が立つと何も見えなくなる・・結果座る選択をする。おそらく今年も、どこかのタイミングでライブビューが予想されます。いっそのこと、着席指定にしてくれたほうが気が楽だな・・。

 

それはさておき、オーラスの智くんはやたらとはしゃいでました。「大好きだぜ!」ってカメラに向かってキメてみたり、変顔を見せたり、お尻をプリプリしたり、映画館組も大爆笑でした!でも、最後の挨拶に大号泣・・。今日も腹筋の話かと思いきや、休止会見後のライブが正直怖かったという告白。ファンの子が優しかったから、4人がいたから50公演頑張れたって。これ聞いちゃうともう、幸せになってくれって思いました。そして翔くん、ニノ、相葉ちゃん、潤くんの挨拶を聞いて、嵐は最後までいろいろな挑戦を続けながら走り抜けるのだな・・その先の再集結の可能性も残しながら。だからついていこうと思わせてくれるオーラスでした。

 

私は年明けに「智のひととき2」2020年モデルと2019年モデルを見比べてハッとしました。本当に命がけだったんだなって。そんな命がけの決断をファンとして裏切りたくないと思いました。だから大丈夫!最後までついていくよ!

 

ライブのセトリに沿った感想はまた次回 △砲董Α

 

 

 

なにわ男子とアオハルしちゃった!

  • 2020.01.17 Friday
  • 15:48

 

★なにわ男子 First Live Tour 2019-2020 〜なにわと一緒に#アオハルしよ?〜

 

 

アオハル=青春 タイトルを聞いただけでくすぐったいけど、自分の歳を忘れてしまうくらいピュアな気持ちになれるコンサートでした。私にとってジャニーズのイメージは、まさにこんなキラキラした感じ!もしも彼らがデビュー出来たら、万人に受け入れてもらえるんじゃないかな・・。

 

入口近くに並ぶのは関係各社から贈られたお花。個性の強いライオンみたいなのは毎日放送からの贈花でした。

 

 

大阪城ホールは入口が1つで、6列くらいに分かれてデジチケを提示→入場しました。デジチケの時点では一般席立ち見席かの表示はありますが、それ以外は入ってからのおたのしみ♪入口付近では神席に当たった人が悲鳴をあげてました。私は大阪城ホールははじめてだったので、自分のチケットが1階スタンド13列目と聞いてピンと来なかったのですが、なんと目の前をスタンドトロッコが通るラッキーな座席でした。そこで、いつものようにスケッチしてみました。(私は毎回、自分の席から見える景色をスケッチしています。)

 

 

座席数は15000くらい。スタンド席のシートはフカフカで心地よく、傾斜も急なので視界がふさがる心配がありませんでした。トイレにも行ってみたのですが、早めに入れば並ぶこともありませんでした。またコンサートが始まってからは、会場がこじんまりしてるせいか音ズレも無く、そういう点ではドームより良い環境だと思いました。嵐のコンサートもここで観たかったな・・・。

 

開演5分前、自然発生的にコールが始まりました。「なにわ!」パンパン!(手拍子)「男子!」パンパン!「なにわ!」パンパン!「男子!」私も一緒に手拍子しました。そして客電が落ちて「キャー」という声とともに全員立ち上がりました!オープニングはメンバー紹介の映像からの〜ツアータイトルがドーン!会場の興奮が一気に上がったところでメンステにメンバー7人が登場!オープニングナンバーは なにわLucky Boy!! 

ペンライトは自由に色が変えられるのでそれぞれが推しカラーにしていました。スタンドから観る景色はカラフルでとても綺麗でした。私の左隣の子は高橋恭平くんの、右隣の子は大橋和也くんのそして私は西畑大吾くんのを振りながら、感極まって泣いてました。

 

★セットリスト(2020年 1月5日昼公演)

 

ジュニアのコンサートは、まだオリジナル曲が少ないので半分以上は先輩G曲のカバーです。ということで、アオハルツアーでは、どんな曲が選ばれたのか調べてみました。分かりやすくするために、なにわ男子オリジナル曲は青関西jrオリジナル曲は赤先輩G曲は黒で表わします。

 

1. なにわ Lucky Boy!!

2. Dial up  (7WEST)

3. メンバー紹介ラップ

4. Bring it on(キスマイ)

5. バンバンッ!!

6. 猫中毒(西畑・大西)(テゴマス)

7. こんな曲作りました(藤原・長尾)(WEST /桐山・濱田)

8. My Girl(高橋・道枝)(JUMP/山田・有岡)

9. TOP SECRET(大橋)(嵐/大野)

10.BANGER NIGHT (JUMP)

 

〜映像〜

 

11.アオハル

12.正義の味方はあてにならない(SMAP)

13.We are 男の子(JUMP)

14.イッツマイソウル(関ジャニ)

15.GUTS(嵐)

16.ウィークエンダー(JUMP)

17.Love so sweet(嵐)

 

〜MC〜

 

18.オレンジ(SMAP)

19.Lii miracle(Lilかんさい)

20.100%I Love You(WEST)

21.チューチューメドレー(子年にちなんで)

・chu chu chu(藤原・大橋)(テゴマス)

・ペットショップラブモーション(大西・高橋・長尾)(JUMP/知念・中島・高木・伊野尾)

・kicyu(西畑・道枝)(関ジャニ/安田・横山)

・キ・ス・ウ・マ・イ(全員)(キスマイ)

22.ダイヤモンドスマイル

23.White Love (JUMP)

24.Love Rainbow(嵐)

〜Lilかんさい&関西jrダンスコーナー〜

25.Midnight Devil

26.2Faced

27.ロマンチック

28.Happy Happy Lucky you

 

〜挨拶〜

 

30.僕空

〜アンコール〜

31.関西アイランド

32.アオハル

 

 

★ファンが演出するペンラの光

 

私が今回すごく感動したのは、ファンによる手動ペンラの演出でした。先日の関西アイランドでもファンが意識的に色を変えていたので、これは関西jrファンが作り出した文化なのかもしれません。

 

 

今回のペンラはボタンが8個あって、それぞれの担当カラーに切り替えることができます。基本は推しカラーに設定してるのですが、ユニット曲やソロ曲になると、出演メンバーの色にペンライトを変えます。例えば、西畑&大西のユニットだったら

藤原&大橋だったら。大西&高橋&長尾だったら黄色。高橋&道枝だったらピンクみたいに。私も色のバランスを見ながら変えていました。印象に残ったのがオレンジ(SMAPの曲)の時。道枝くんが「ペンライトをオレンジ色にしてください。」と言ってギターを弾き始めました。会場が夕日みたいなオレンジ色に染まってすごくきれいでした。SMAPのコンサートを思い出すな・・。

 

★大橋くんのTOP SECRET

 

なにわ男子の愛されリーダー大橋和也くん。彼は歌とダンスのスキルが高く、智くんソロ曲のトプシを大橋くんのオリジナル振り付けで踊ってくれました。智くんのダンスは軽快な足さばきが印象的ですが、大橋くんは上半身の流れるような動きが印象的です。上手いなと思ったのが腰の使い方。これはダンススキルがないと逆にいやらしくなってしまいます。そこを美しく流れるように踊れるのが大橋くんでした。そして歌声は、天に突き抜けるような明るさが特徴。なにわ男子のメインボーカル的立場です。それでいて実は天然で、いつも変なこと言ってみんなにツッコまれ(笑)やっぱり私はこういう人に弱いな・・←推し決定!

 

★猫中毒とチューチューメドレー

 

やっぱ若いGはこういうあざとカワイさが売りです!猫耳つきのフードかぶって踊るとか、子年だからってみんなでねずみ耳付けて踊るとか、特に関西の子は食い気味にサービス精神があるのでファンの満足度は200%!

 

★アオハル夢子さん♡

 

今回のツアーのリード曲は「アオハル」。この曲には前フリとして胸キュン映像コーナーがありました。(メンバーはお着替え中)舞台はとある私立高校。主人公はアオハル夢子。彼女は転校生で、転校1日目にして次々と声かけてくるイケメン同級生(なにわメンバー)にクラクラしてしまうお話。自分を夢子に当てはめて恋愛気分を味わえます。この時ばかりは私も十代の頃を思い出して胸キュン♡映像が終わると十代メンバー3人(道枝・高橋・長尾)の歌い出しで、制服風な衣装のメンバーが現れます。この歌は透明感があってちょっと儚げで・・なんだか分からないけど、なにわ男子オリジナル曲は何度も聴きこんでたせいか、やっと生で聞けた嬉しさに涙ぐんでしまう私でした。

 

★ダイヤモンドスマイル

 

一番大好きな曲です!初めて聞いた時からリピが止まらなくて・・。これがデビュー曲でもいいなって思っています。(ジャニーズWESTの場合は、オリジナル曲の中からファン投票でデビュー曲決めたんだっけ)この曲のエピソードで印象的なのは昨年の8月8日、東京ドームでのエピソードです。東京と関西のジュニアがそろってライブを行ったあのコンサートで、SixTONESとSnowManの同時デビューが発表されました。その時デビューに選ばれなかったグループとそのファンは陰ですごく悔しい思いをかみしめてました。なにわ男子のメンバーはそのとき自然と集まって「次は自分たちだ!」と心に決めたそうです。そのあと、ドームのセンステで歌った「ダイヤモンドスマイル」は会場を勇気づけ、明るい気持ちにさせた救いの歌だっだそうです。(参考「素顔4」)私もこの歌に何度も救われました。嵐ゴトで気持ちが沈んだ時は、この曲を聞いてリセットしました。そんな特別な思いがある歌なのでペンラの色は白にしました。なにわ男子のみんなへ感謝をこめて・・。

 

★誰もがセンターになれるグループに

 

誰もがセンターになれるグループは強い。そう言ってた西畑くんの言葉が印象に残っています。それを証明するかのように最近のオリジナル曲はセンターが順番に変わっています。例えば・・

 

「ダイヤモンドスマイル」→西畑

「アオハル」→道枝

「僕空」→大橋

「2Faced」→藤原

 

また、先日京セラで行われた関西アイランドのグループ代表あいさつも、メンバーは日替わりだったようです。グループとしては一人一人の力を引き出すこと。関西jrとしては後につづく後輩を育てること。それが出来てようやくデビューができるのかな・・。

 

★なにわくんとの距離2m

 

今回はおそらく、今までジャニーズのコンサートに行った中で一番近い距離だったと思います。トロッコで来たのは藤原くん、道枝くん、高橋くん、大西くん、長尾くんの5人。残念ながら推しの西畑くんと大橋くんはアリーナのほうでした。でも近すぎると逆に目線が合わないもんです。教室で言えば1番前の子は意外と先生に視界に入らないみたいな。(何の例え?)でも、こちらはじっくり拝んでいました。まだ華奢だなとか。肌がきれいだなとか。そしてちょっと親心で、隣の子のためにペンラを紫にして、うちわ持った子に気が付いてあげてよ恭平くん!なんて思ってました。

 

 

たぶんこれからも、こんな風にゆったりした気持ちで応援していくと思います。ライブの当落で一喜一憂しないで、会えたら思い切り楽しんで。メンバーと一緒にデビューを夢見ていこう・・。

 

 

 

 

 

 

 

なにわ男子とアオハルしちゃった!

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 20:20

 

私が大阪に遠征するのは2016年のフリスタ彊瞥茵⊃郡汗から見える富士山を眺めながらしみじみと思いに浸ってました。嵐が休止してしまうとライブの楽しみが無くなってしまう。それが1番の寂しさでした。お正月の番組もこれで最後か・・なんて思ってしまうと泣きそうな気分になっていました。でも、そこを救ってくれたのが今回の遠征でした。

 

 

昼前に大阪に到着。3年ぶりの嵐友との再会に喜びました。ランチはやっぱり粉もんや!ということで、しやがれでも紹介された梅田お好み焼き屋「ゆかり」でフロマージュ焼きを食べました。チーズとの相性がバッチリですごく美味しかった〜。(写真撮るの忘れた・・)そしてその後は、なにわ感を求めて新天地へ・・。

 

 

先日、なにわ男子もこの前でロケしてたらしくテンション上がりました。

 

 

それにしても看板がどでかい!そして智ファン的にツボったのはこれ↓

 

 

ビリケンさんも!(笑)

 

 

しばし新天地を散策し、最後は「ミックスジュース発祥の店」という看板にひかれて昭和感満載な喫茶店に落ち着きました。(お店の名前忘れた!)嵐友とはしばしおしゃべりを楽しみました。嵐のことで共感することも多く、心もスーっと軽くなりました。短い時間だったけど、またの再会を約束して私たちは別れました。

 

 

そして次に私が向かったのは大阪城ホール。初めて行く場所なので、グッズ購入を兼ねて下見にいきました。(私が参戦するのは翌日の昼公演)大阪城公園駅を降りるとすぐ、会場に向かう多くのファンに出会いました。なんというか・・皆若い!そして思ったのが、担当カラーを着てる人が少ないということです。むしろ、女子力高い系のファッションが目立ちました。さらに、なにわ男子はツアーバッグがないので嵐のツアーバッグを利用してる人けっこうもいました。(嵐ファンとしては親近感)グッズ売り場もタイミング的に空いていたのですんなりゲット!私は西畑くん大橋くんうちわと、Tシャツペンライトを買いました。

 

 

ペンライトはなにわポーズなのかな?色はメンバーカラー+白の8色で手動ボタンで切り替えられるものでした。その他人気のグッズに生徒手帳があるのだけど、本公演に参戦したお友達が買ってきてくれました。中には7人分の身分証明書とメッセージが書いてありました。そして気が付きました。このグループはB型が4人もいるのです。あとはO型2人とAB型が1人(←西畑くんです)。A型は1人もいません。どこか新しい風を感じるのはそのせいかな・・。

 

 

無事に下見もおわり、後は夕食を済ませてホテルに向かいました。その夜は、西畑くん出演のドラマ「教場」(前編)を見ました。木村くんの迫力の演技と、西畑くんの陰のある演技を見ることができて幸せでした。(この共演の裏で西畑くんは憧れの木村先輩に、大きな会場でコンサートに臨む上でのアドバイスをもらえたとのこと、それをSMAPファンの道枝くんがうらやましがってたのが印象に残っています。)

今夜はいい夢見られそう!明日のライブを楽しみに私はぐっすり眠りにつきました。

 

へつづく・・

 

 

 

 

 

 

 

なにわ男子とアオハルしちゃった!

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 00:10

 

嵐休止のカウントダウンが始まる2020年1月。実は私にとって新たな出会いがありました。それはなにわ男子。まだデビューしてない関西jrの7人グループです。(詳しいプロフィールはJnetで検索して下さい)今回の記事はnot嵐、私がなにわ男子のファンになったきっかけと初参戦の記録です。

 

 

★今、関西ジュニアが熱い!

 

私がなにわ男子に注目したのは2019年2月放送のRIDE ON TIME 「はじめまして、関西ジャニーズJrです!」がきっかけでした。そのドキュメンタリーを見て、私が特に気になったのは西畑大吾くんのことでした。関西jrを10年くらいお茶の間で応援してきた娘が詳しい背景を教えてくれたのですが、King&Princeの永瀬廉くんと、なにわ男子の西畑大吾くん、なにわ男子の大西流星くんは、かつてはなにわ皇子という3人ユニットで人気でした。また同じようにKing&Princeの平野紫耀くんと、SnowManの向井康二くん、金内柊真くん(退所)も、KinKanというグループで人気でした。2グループ合わせてなにきんと言われてデビューを待ち望むファンも多かったそうです。ところが、永瀬くんと平野くんが度々東京の仕事に呼ばれるようになります。そしてキンプリの前身となるMr.King vs Mr.Princeのメンバーとして東京に移籍。そのため、なにわ皇子とKinKanは自然消滅となりました。それにより関西jrは全て、グループに属さない無所属になりました。西畑くんはインタビューの中でその頃のことを「焼野原って言われた。」と語っています。しかし、そんな悔しさを一気に跳ね返す彼らの快進撃が始まります。

 

2018年9月ジャニーさんの人選で西畑くんと大西くんを含む7人のメンバーでなにわ男子が結成。ただそこに、向井くんの名前はありませんでした。そして間もなく向井くんは、Snow Man の追加メンバーとして滝沢歌舞伎の舞台への出演が決まります。これによって向井くんは関西jrを卒業することになります。また同じように、関西jrを中心となって支えて来たメンバーの室龍太くんは、30歳という年齢を区切りに舞台俳優としての道に進むことになります。

 

2019年1月の大阪城ホール。毎年関西jrだけで行われる年明けコンサート(「関西jr.Live 2019 Happy 2year!!〜今年も関ジュとChu Year!!」)のオーラスは、会場全体が涙であふれていました。この様子はRIDE ON TIME でも放映されたのですが、関西jrを卒業する向井くんと室くんの挨拶に感極まり、涙ながらに関西jrみんなで歌う「My dreams」に胸を打たれました。この歌は関ジャニの大倉くんと安田くんが関西jrのために作った歌だそうです。見果てぬ夢を追うジュニアならではの切なさがこもっていて、まさに関西jrとファンの心の歌だと思いました。

現在関西jrの在籍人数は50人ほど。その分結束が固く、先輩が後輩に教えるという形でパフォーマンスを築きあげています。そんな家族的な雰囲気が関西jrの最大の魅力なのだそうです。今はなにわ男子に続いて、バンドとギャグコントを得意とするAぇ!group、10代のフレッシュなグループ Lilかんさいも結成されました。そして、彼らのプロデュースを関ジャニ大倉くんと横山くんが担っています。そしてつい先日、京セラドームでは初めての関西Jrのコンサート(「関ジュ夢の関西アイランド2020 in 京セラドーム〜遊びにおいでや!満足100%」)が行われました。オーラスは生配信してくれたので感動で胸が一杯でした。(もう焼野原なんて言わせない!・・ファンの心の声が聞こえます)東京はオリンピックで盛り上がるけど、関西は2025年の大阪万博が待っています。これからは関西Jrが熱い!

 

★西畑大吾くん

 

西畑くんの話に戻ります。彼は今、センターに立って関西jrを引っ張っていくような立場にあるようです。私が初めて西畑くんを認識したのは7年くらい前のことでした。ジャニショに嵐の写真を買いに行くついでに、娘に頼まれた関西Jrのリストに西畑大吾くんがいました。その時は朝ドラに出てたせいか坊主頭の写真でした。それがあまりにも素朴でジャニーズっぽさを微塵も感じなかったのです。次に認識したのは映画「ラスト・レシピ」。ニノの事をすごく尊敬してて、ニノと同じように素朴な役が似合うかわいい子だなって思いました。どちらかと言えば目立たない感じの子、でも数年たって少クラで歌って踊ってる姿を見た時に、ビックリするくらいセンターが似合う子になってました。この子をデビューさせないのはおかしい!そう強く感じました。でも、かつて目立たなかった彼をここまで強くしたものはいったい何だったんだろう?それはきっとファンが言うところの「焼野原時代」を経験し、その悔しさをバネに頑張って来たからではないでしょうか。さらに先輩の室くんや向井くんが卒業し、気が付けばセンターに立っていた。そういう運命的なことも関係するのかもしれません。自分のソロ曲でちびっ子ジュニアたちをバックにつけてステージに立たせてあげたいと話してた西畑くん。また、なにわ男子については誰もがセンターになれるグループにしたいとも。そんな西畑くんのいるなにわ男子というグループを応援したいと思い、他のメンバーの事も知ったらリーダーの大橋和也くんにもハマってしまい、結果的には全員大好き箱推しファンになりました。

 

★なにふぁむ(なにわ男子ファン)への第一歩

 

正直なこと言うと、我が子よりも若いジャニーズjrのファンになることには抵抗がありました。そもそもファンも若いだろうから最初はお茶の間でいいと思ってたのです。でも、なにわ男子の初単独ツアーが決まった時、行かないで後悔するより行ったほうがいいと思い切ってジュニア情報局に入会しました。ちなみに娘とは、デビューしたら一緒にファンクラブ入るという約束をしました。(娘はNot現場主義)デビューに至るまでは何が起きるか分かりません。その覚悟をもっての応援です。しかし、初めてのエントリーは落選・・。ジュニア情報局は担当G関係なくエントリーできるので、かなり狭き門でした。しかし幸運は訪れます。ファンの勢いが凄かったのか、正月明けの大阪城ホールにて追加公演が決定!これが実に全国をまわった本公演の動員数を越える追加公演となりました。そして再びエントリーしたら今度は当選!初参戦にして初の大阪遠征となりました!大阪にはたった一人の遠征。でも、大阪には嵐友がいるので久しぶりに会う約束もして、怒涛の年末年始が終わったら弾む心で新幹線に飛び乗りました。

 

 

△紡海・・・

 

 

 

 

2020年 明けましておめでとうございます

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 12:25

 

明けましておめでとうございます。

 

2020年は嵐と共に走り抜けます!

 

 

 

HAPPY BIRTHDAY ! MASAKI 37th

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 00:00

 

相葉ちゃん

 

37歳の誕生日おめでとう!!

 

 

相葉ちゃんは嵐の太陽。あなたのピュアな心が全てを明るく照らしています。

「またいつかグループ活動しようね!世界中に嵐を巻き起こそうね!」

この言霊が5人の心に沁み込んで、大きな奇跡を起こすと信じています。

歳を重ねるごとにどんどん素敵になっていく相葉ちゃん。

私はそんな相葉ちゃんに温かな風を送り続けたい。これからもずっと変わらずに・・。

 

 

 

*相葉ツリーを飾ってみました。ケーキはドライフルーツとくるみたっぷりのリース型ケーキです♡

 

 

 

 

嵐を旅する展覧会づ豕11月(ネタバレです)

  • 2019.12.19 Thursday
  • 20:13

 

 

★スーベニアショップ

 

コンサートグッズは言うまでもなく宝物だけど、展覧会のために作られたグッズは全てデザイナーズコラボ。もうそれだけでワクワクしました。そして、まさかのディズニーとのコラボはテンションが上がりました。嵐のポストカードはジャニーズの公式写真とは雰囲気が違っていてオシャレ!私は待ちきれなくて、あらかじめオンラインショップでお買い物してました♪そして届いた箱にビックリ!

 

 

旅行カバンのような装丁でした。そしてグッズと一緒に「Thank you!」の絵ハガキ!至れり尽くせりのおもてなしに心が温かくなりました。第3弾のグッズも出るのだとか。また買ってしまうかも!(*^_^*)

 

 

★フォトブース

 

最後はこちらの写真と一緒に記念写真を撮るコーナーがありました。

 

 

一人につき3ポーズ。あと1枚は嵐だけの写真をスタッフの方が撮ってくれました。私は智くんと同じように、真ん中であぐらをかいて撮りました。かなり照れ臭かった・・。

 

写真の順番を待ってる間には、嵐の旅を綴ったジオラマを眺めることができました。しかも撮影OK!でした。

 

 

海(湖?)にはハワイのクルーザー。5×10で5人が乗ってたボンネットバスも走っています。線路の上を走る赤い列車にはファンが乗っているのかな・・。私はデビューから10年経った頃に途中乗車したファンです。たとえ途中下車したとしても、1度でもこの列車に乗った人全てに感謝を伝えたいって気持ちなんでしょうね・・。本当にすごい人たちのファンになったもんだと思います。

 

間もなく5×20ツアーが千秋楽を迎えます。この1年、私は休止までに嵐に依存しない生き方を探ろうと頑張ってみたけれどやっぱり無理がありました。それどころかどんどん嵐が近くにやってきて、智くんに至っては「休止中も僕のこと思ってて。」だと???冗談なのか本気なのか分からないけど、いろんなことが吹っ切れて楽になったんだろうな・・。それはニノも一緒。20周年を越えたのちにやっと結婚にたどり着けました。(私はこの件、すでに着地しています。)だから今は、一点の曇りのない気持ちで嵐と一緒に旅しています。でもたぶん、休止に入って智くんの姿が見えなくなったら・・・私はデビューを夢見て頑張ってる“あの子”たちにしばらく集中しちゃうだろうな・・。でもそんな時は「引き戻しの法則」が発動してくれることでしょう!サトラジ最後の【またいつか】って言葉。忘れていないからね!

 

 

*「引き戻しの法則」・・私が智くんのことを忘れて他のタレントに夢中になってると、智くん個人の仕事が決まったりすることが多々あった。それを「引き戻しの法則」と呼んでる。

 

 

 

 

 

 

 

嵐を旅する展覧会 東京11月(ネタバレです)

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 19:56

 

 

5×20が雨のように降り注ぐ部屋を抜けたら、いよいよメンバーの部屋へ・・

 

★智の部屋

 

 

まずはブルーの壁に囲まれた智くんの部屋。私が思わず声にしてしまった言葉は「えー??フリスタ饗膾紊埜た自画像これだったっけ??こんなに小さかったっけ??」その絵と再び会えることを楽しみにしてた私は、あまりにも印象が違ったので驚きました。あの時、大阪で見た時はすごく大きく感じて、智くんが泣いてるように見えて、胸が苦しくなったのを覚えています。でも時がたち、再びじっくり対面して見た印象は、明るく自由でちょっとシュールな作品。むしろいつもどおりの智くんに見えました。やっぱり絵というものは、観る側の心の映し鏡です。でも、こうやって再び見せてくれたということは、智くん自身も何かが吹っ切れたということなのでしょう。

反対側の壁には絵の具がこびりついたままのパレットたち。ガラスケースに入ってないむき出しの展示に驚きました。また、きちんと並べられた絵筆は、しっかり手入れされてて彼の几帳面さを感じました。また、壁に描かれた智くんの手形。1度描いて失敗したものもそのまま展示しちゃうところがカワイイ♡私は自分の手を重ねてニヤニヤしながら、「きっとファンの子にこうやって欲しかったんだよね!」って心の中で思いました。

そしてやはり目が釘付けになったのが、ダンス映像。スタジオでひたすら汗だくになりながら振り付けを考えてる智くんです。あごにはうっすらと髭も伸びてる感じ。この超絶男っぽい姿は、本人も恥ずかしがってなかなか普段見せてくれないのだけど、ファンの子の大好物であることを本人は知ってた訳ですね!それならいつか魅せてよね!智の第2章を!

 

★翔の部屋

 

 

メンバーの部屋は年齢順になってるようで、次に現れたのは赤い壁に囲まれた翔くんの部屋です。壁の片面は翔くんのリビングの壁を再現してました。オシャレなタイルが一面に貼られ、TVを置くスペースの周りには埋め込み式の飾り棚がいくつか配置され、その中には翔くんの宝物が飾られていました。(したがって翔くんの自宅リビングは今、空っぽなのだそうです)翔くんはいつもこのリビングでRap詞を考えているそうです。TVモニターにはレコーディング前のブースでRapの最終的な推敲をする翔くんの映像が流れていました。また、TVの横にはアロマフューザーが置かれていました。(匂いは分からず・・)

 

翔くんの宝物(記憶にあるのは・・)

・海外旅行で買ったスノードームコレクション

・夜会の3人旅(佐藤、妻夫木、櫻井)の写真

・嵐JET

・慶応の角帽のミニチュア

・GQ Men of the Year の盾 などなど。

あとは分からなかったので詳しい方のレポを探してみて下さい。

 

そしてリビングの壁と向かい合った反対側の壁には、翔くん直筆のRapの推敲が数秒間映し出されます。まるで言葉の魔術師・・。私はいつも翔くんの紡ぐ言葉の美しさに感動をしてしまうのですが、嵐の有名な楽曲はサクラップなしには語れないって思っています。

 

★雅紀の部屋

 

 

緑の壁に自宅の部屋風なィラストが描かれた相葉くんブースは、おもちゃ箱みたいで楽しいものであふれてました。(壁一面にいろいろ飾ってあるので会場図も90度ずつ傾けてみて下さい。)

 

まずは正面の壁ですが、嵐5周年記念Tシャツがなかなかのレアもので、噂には聞いてたのですが本物を見たのはこれが初めて。探してたパズルがやっと見つかった!って思いました。グレーのTシャツの真ん中には智くんデザインの黒いニット帽をかぶったおじさんの顔。赤縁のメガネをかけているのですが一面にスワロが貼られてキラキラ光ってます。おじさんの顔の絵の下に99の数字と04の数字。1999年〜2004年を表わしているのでしょう。そしてその隣には、バズリナイトの伝説の3人組Tシャツ。その隣には「僕とシッポと神楽坂」のスタッフに相葉ちゃんがプレゼントしたオギとダイキチTシャツ。あと、相葉マナブのキャップもあったと思います。そしてその横には、しやがれの企画で智くんが相葉ちゃんのために作ったジーパンがありました。(股のあたりに智くんの顔が印刷されていたはずなのですが、今は薄れて見えません・・)

そしてその下のはガラスケースがあり、展示されていたのは趣味のボクシンググローブベストジーニスト賞の盾LoveLove愛してるの相葉ちゃん人形TOKIO×嵐の缶バッジ嵐JETの模型などありました。

さらにその隣の壁には、幼き日の相葉家の写真。相葉ちゃんはお母さんとそっくりだなって思いました。こんなプライベート写真まで見せてくれた相葉ちゃんは、本当に自分の家族を愛しているんだなって思いました。久しぶりに相葉亭に行きたいな・・。

 

次に反対側の壁ですが、24時間TVドラマ「絆のペダル」で実際に使われた競技用の自転車が展示されていました。そしてその下には相葉ちゃん愛用のバイクのイラストが。本当は本物を展示したかったのですが、倒れたら危ないのでという相葉ちゃんの配慮からでした。やっぱ優しいね!

 

最後に1番奥の壁ですが、らせん階段とタンスのイラストが自宅の雰囲気を出していました。そして展示されていたのは「絆のペダル」の台本と今年の24時間TVの相葉ちゃんの手紙。特に相葉ちゃんの手紙はすごく丁寧な字で書かれていました。おそらく何度も書き直して、最後に心を込めて清書したものだと思います。それを読み返しながら、あの時の気持ちを思い出してちょっと泣きそうでした。

 

★ニノの部屋

 

 

黄色い壁にはブロックみたいな模様があって、組み込まれた棚にはニノが映画やドラマでもらった賞状やトロフィーがたくさん飾られていました。その数にニノの俳優としての評価の高さを感じました。そして驚いたのが、最も価値のある日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞のトロフィーを触らせてくれたこと。普段は立派な桐の箱に入ってるらしく、その桐の箱も展示されていました。スタッフの方に促され、そっと持ち上げたトロフィーは手にしっくりと馴染み、とても重く感じました。これを何万人というファンが触るのだから、きっと最終的に表面が剥げてしまうんじゃないかな・・。でもきっと、ニノにとってはそれも含めて宝物になるのかもしれませんね!触らせてくれてありがとう!ニノ!

 

★潤の部屋

 

 

紫の壁に囲まれた潤くんの部屋は、潤くん直筆の貴重な演出メモが展示されていました。古いものはおそらく、2003年 How's it going のセットリストについてのメモ。そして新しいものは、2015年 Japonismの演出メモ。特にjaponismは、思いついたことを細かくメモして、解決できたものから線で消してる感じがリアルでした。正面の映像は、実際に現場で演出している潤くんの姿です。私は嵐のライブDVDを観て衝撃を受けて、そこから嵐にハマって今に至ります。毎年新たな挑戦を続け、こちらの想像の斜め上いく嵐のライブ。そのたびに「潤くんありがとう!」って心の中で叫んでいます。もしもこの展覧会の図録を作ってくれるのなら、潤くんの演出メモを載せて欲しいな・・。ライブ映像観ながらじっくり確かめたいから。

 

 

★旅の終わり

 

 

メンバーの部屋を巡り、最後に辿り着いたの部屋の壁には、嵐5人が並んでこちらに微笑みかけてる絵がありました。バックの景色は稲妻と雲と虹と青空。遠くに山並みが見えます。これはたぶん、展覧会グッズの5人のクリアファイルを繋いだらできる絵と同じかな・・。嵐という名にちなんで、いろいろな気象現象が描かれているようでした。

そして左の壁に囲まれたブースでは、嵐の20年のライブ映像ダイジェスト版を観ることができました。ここに座ると本当にいろいろな思い出が走馬灯のように流れました。最後に、「and more to come・・」という言葉を残して映像は終わります。まだ見ぬ世界へ・・ということなのでしょうか?これからも、ちょっと期待してもいいのかなって思わせてくれる一言でした。

 

さて、いよいよ旅の最後です。スーベニアショップに続く出口のアーチにはメンバーそれぞれの直筆メッセージがありました。

 

智「大好きだよ」

翔「We’ve all traveled together all this way with love」

雅紀「嵐最高」

ニノ「帰るまでがEXHIBITIONだよ」

潤「いつもありがとう これからもよろしく」

 

こちらこそありがとう!最高の旅でした!

 

★素敵なBGM

 

会場に入ってずっと耳を癒してくれてたBGMは、「A・AR・SHI」をバラード風にアレンジしたものでした。しかもどこかで聞いたことがあるBGM。多分だけどこれは、ライブの最後にメンバーが挨拶してるときに流れる曲だと思います。展覧会の思い出にCD出してくれないかな・・。

 

とりあえず今日はここまで。続きはい悄ΑΑ

 

 

 

 

嵐を旅する展覧会◆‥豕11月(ネタバレです)

  • 2019.12.14 Saturday
  • 19:15

 

 

★ピカンチの部屋

 

 

ここには、先輩である岡本健一くんがピカンチ期(2002年頃)の嵐を撮ったモノクロ写真が展示されていました。2002年と言えば、今一つ人気が出なくてもがいてた頃です。でも、岡本くんの撮った写真には安心しきった自然体の嵐がいました。面白い!と思ったのが、並んだ5基の簡易トイレから5人そろって扉を開けてカッコつけてる写真。売れてない時代も精一杯楽しみ、頑張ってた彼らを岡本くんはずっと応援してきてくれたのでしょう。正面の壁に綴られた20年目の嵐へのメッセージはとても温かかったです。全てメモりたかったけど勇気がなくて・・大野くんのところと最後の締めの一文だけメモってきました。(他のメンバーへのコメントもすごく良かったんです。そこはそれぞれの担当さんがメモってくれてると思うので探してみて下さい。)

 

大野は全てに対して誰よりも無頓着でいながら

全てに対してレベルの高い表現を魅せてくれる

頭の中の大自然を自由に歩き回るおじいさんのような若者でした

 

 

彼らの巻き起こす嵐に

巻き込まれるのは心地良い

 

岡本健一

 

「頭の中の大自然を自由に歩き回るおじいさんのような・・」すごく共感!これ以上的確な表現は無いと感じました。フリスタ兇魎僂帽圓辰燭箸に彼の頭の中の大自然に一歩踏み入れたような感覚があったっけ。時々振り回されることもあるけれど、そのミステリアスな魅力は昔から変わらないままなのでしょうね。

そして最後の一文「彼らの巻き起こす嵐に巻き込まれるのは心地良い」そうそう、私も今まさにその状態なんです。嵐を起こして風になるどころかますます勢力を増していく感じ。休止になるのは寂しいけど、刺激的な毎日を送っていられるのは楽しいです。

 

★絵画の部屋

 

 

まず正面に見えたのが嵐が描いたミッキーの絵。サインもしっかり入っています。同じミッキーなのに5人の個性が出てて面白いです。潤くんミッキーは眉毛をもはやネタにしてるし、ニノミッキーはアニメみたいに動き出しそうだし、相葉ちゃんミッキーはリアルで躍動感があるし、翔くんミッキーは線描の迷いのなさがやっぱり画伯だし、智くんミッキーは独創的でもはや芸術作品だし、私は嵐ミッキーが好きすぎて、家では展覧会と同じように5個並べて壁に飾っています。

 

 

そして懐かしかったのが、2011年1月3日発行 朝日新聞のお正月企画「僕らの肖像 Nippon no Manga」のレプリカ!油絵用のキャンバスにプリントしてあって、リビングに飾りたくなるような鮮やかさでした。

 

 

これはメンバーが関わったドラマや映画の原作者が描いた肖像で、すごく特徴をとらえててファン的にはテンションが上がる企画でした。以下、作品と作家名です。

 

二宮 「鉄コン筋クリート」松本大洋 

櫻井 「ハチミツとクローバー」羽海野チカ 

松本 「花より男子」神尾葉子 

相葉 「バーテンダー」城アラキ 

大野 「怪物くん」藤子不二雄A 

 

そして面白かったのが、フリスタ兇了にメンバーが描いた大野くんの肖像画と、すぐ下の壁に直に描かれた大野くんの模写作品。

 

*参考までにメンバーが描いた大野くん(フリスタ競僖鵐佞茲蝓

 

メンバーが描いてくれた肖像画が大好きなんでしょうね。メンバーそれぞれの描き方を真似て線描で描いてました。唯一影やぼかしを入れて、奈良さんに褒められてた潤くんの作品。どうやって線描で表わすのかしみじみ眺めてみたのだけれど、影やぼかしの部分を線で囲んで表現してました。全く違う表現でありながらそう見えてくるからさすがだなって。

 

★LAの嵐と思い出の品

 

 

ここは、グッズにもなってるアートカードのLAでの撮影風景と写真。さらに懐かしい写真と思い出の品がつまったコーナーでした。

まずは、入口がガーデン風になっています。そして、LAのオシャレなガーデンでの撮影風景が3〜4分くらい流れます。嵐の衣装は、5×20ライブの最後のピンクのスーツ。雰囲気は優雅でメルヘンなティータイムって感じで、大きなキノコのオブジェがあったり、スイーツや花柄のカトラリーもすごく可愛くって・・あっ一緒!ってテンション上がったのがロイヤルドルトンのカトラリーセットでした。我が家にも同じ柄のお皿が1枚あって、クリスマス&相葉スデーの時だけ登場します。

 

 

向かって左側の壁はまるで美術館のように額に入ったLAの写真が並び、中には映像で動いているものもありました。そしてその奥には可愛いの雑貨屋さんみたいな棚があって、写真が束になって差してありました。思わず手にとって見たくなるけれどしっかり固定されていました。そこにある写真は全て過去の思い出写真でした。

そしてその隣に縦長の飾り棚があって、中には思い出の品が並んでいました。上段に会報の企画で作った5人のスノードーム。下段に下がってプリクラ写真。10周年記念で5000人にプレゼントした5人のサイン色紙(でもなぜかNo5000がここに!)BLAST in Hawaii のヘリコプターの模型と気球の模型。箱根5人旅で作った楽焼のお皿。5×20記念のケーキなど展示されてました。(相葉ちゃんがUFOキャッチャーでとったぬいぐるみは無かった?)

 

そして出口近くにはまたあの家族が・・ハワイの休日を楽しんでるみたいでした。ほぼ等身大サイズでみるとやっぱ笑える!相葉ちゃんの胸がヤシの実!(笑)

 

 

 

★5×20の部屋

 

先ほどの明るい部屋とは打って変わって、つぎはトンネルみたいに暗い部屋でした。

 

 

山並みと曇った空。遠くには稲妻も光っています。そこには「5×20」の歌詞が雨のように空から降ってくるように描かれていて、嬉しい事ばかりでなく苦しいことも乗り越えてきた嵐の20年を表わしているようでした。私が一番涙したのはやはり東日本大震災。あのとき嵐は、エンタティメントを通じて、元気を無くした日本にどう寄り添うべきがいろいろ考えたんじゃないかな・・。「もう二度とあんな思いをしたくないから。」という翔くんの言葉。「やっと宮城に来れました・・。」という潤くんの言葉。すごく重かったな。5×20の歌詞をたどり、私も嵐と出会った10年の軌跡を思い出しながらこの部屋をくぐっていきました。

 

 

今日はここまで。続きはへ・・。

 

嵐を旅する展覧会 ‥豕11月(ネタバレです)

  • 2019.12.14 Saturday
  • 00:51

 

7月からエントリー続けてやっと当選した11月22日。娘と2人で旅してきました。当日は観ることで精一杯で、緊張しすぎてほとんどメモは取っていません・・。細かいレポは他の方が頑張っているのでそちらを探していだだけたらと思います。私は会場の様子を記憶をたどってイラストに描いてみました。その場で描く勇気は無かったのでほとんど頭の中のイメージです。間違ってるところもあると思いますが、雰囲気はだいたい合っていると思うので参考までに。

 

 

私たちが入場したのは夕方の回でした。この日は1日雨、グッズの傘を差して会場に来るお客さんも多々見られました。指定された時間に集合し、傘を傘立てに預けて会場に入りました。入ってすぐ「おお〜!」ってなったのが巨大な嵐の壁画に囲まれた空間。あの公式サイトにもある、山脈のような嵐さんたちです。

 

★エントランス

 

 

指定時間に来た人から順に並んで待機(3つの列に区切られます)。入場時間になったら列ごとにデジチケ&本人確認スーベニアショップパンフ&グッズ購入券配布待機列へという流れで一旦隣の部屋に移動します。(ここからは携帯、カメラ禁止区域になります。)そこで気になったのがスタッフさんのパーカー。ベースは白、ピンク色で「ARASHI  EHIBITION JOURNY」のロゴが印刷されてました。めっちゃカワイイ!あれをグッズにして欲しい!

 

 

こちらのブースも巨大な嵐の壁画が迎えてくれます。先頭は約5分間隔で15人くらいずつ会場に案内されていきます。入場までの待ち時間はそんなに長くはなく、スーベニアショップのパンフを眺めて楽しんでたらあっという間でした。やがて順番が来てカーテンの入口から中へ・・。

 

★旅の始まり

 

 

カーテンをくぐるとそこは深い森の中でした。小鳥のさえずりに癒されます。ここはTDLか!って思ったら右側の壁に私たちと一緒に旅に出るあの家族がいて大爆笑!私のすぐ横は翔子ママでした。等身大に近かったので、なおのこと女装のハマり具合がおかしくて・・。(てか足ほそ!)

 

 

この部屋は2グループ通されます。先に入ったグループが次の部屋に移動するとさらに奥に通されます。そこには嵐からのウェルカムボードがありました。そしてこんなことが書いてありました。

 

 

5人で歩んだ20年間を

みんなで旅してみたいと思いました。

晴れた日だけじゃなかった20年

でも振り返れはそれは絶景です。

 

「ARASHI EXHIBITION JOURNEY」

 

僕らの旅をいつだって

最高のものにしてくれるみんなに

ありがとうの気持ちをこめて。

 

 

泣いてもいいですか・・・。

 

さて、ちょっとセントメンタルな気分の中、スタッフさんからのレクチャーがあります。次に案内されるお部屋は時空をワープするので、もしも体調が悪くなった方は手を上げてお知らせ下さいと。(そんなニュアンスだったと思う。やっぱTDLか!)

 

★ワープの部屋

 

 

中に入ると、私は右後方の壁に張り付きました。なぜならそこが智担のベストポジションって聞いていたからです。ワクワクしながら待ってると、嵐5人が正面に現れて挨拶。(まず、キャーってなるね。)そして時空の旅が始まります。デビューしてから今までの写真がどんどん流れてワープしていきました。そしてたどり着いたのがあの5×20のMVを撮影した砂浜。なんと!私たち巨大な翔くん、潤くん、ニノに覗き込まれてました・・あれ?天然コンビがいない!と、遠くのほうでキャッチボールする2人。メンバー(翔くん?)が呼ぶと、それがどんどん走って近づいてきてバン!と目の前に智!「やあ!待たせてゴメン!」って。「ひっ!」ってなったね。あとは嵐にひたすら弄られます。「どうだ〜うれしいだろ〜」とドS潤くん。映像は5分くらいでした。最後に相葉ちゃん「こっちだよ。子猫ちゃんたち。」の声に導かれ、後方のドアが開いて次の部屋へ・・。

 

★楽屋オフショット(2009年〜2019年)

 

 

ここは細長い部屋で、壁一面がライブの楽屋のオフショット写真であふれていました。年代は2009年〜2019年までで、上に行くほど古い写真が貼られていました。リラックスムードの写真ばかりで楽しくてずっと見ていられる感じでした。上半身裸な写真も多くて、ライブの時はみんな引き締めてるなって♡私も2009年あたりからのファンなので、リアルに懐かしいものばかりでした。

 

★衣装の部屋

 

 

ライブ衣装!これは本当に見ごたえがありました。それぞれの衣装の下にメンバーカラーのタイルが貼ってあって、どれが誰の衣装かすぐ分かるのはすごく嬉しかったです。(やっぱ智くんは細くて小さい!これは萌え♡以外の何物でもありません。)また、衣装のバックにはライブの風景写真がはめこまれ、臨場感を演出してました。

 

1999年「A・RA・SHI」のスケスケ衣装

ビニール生地だけど縫製がしっかりしてました。これは踊ったら汗と熱が溜まりそう・・まるでサウナスーツですね!

 

2012年「Popcorn」OP衣装

想像以上に派手!カラフル!ボタンとかリボンとかいろんなものがくっついてる。でも、これだけの色と小物を使っても統一感があるから卓越したセンスのデザイナーさんなんでしょうね!実はこの衣装の上着ですが、少クラでなにわ男子くんが着てるの見たことがあります。西畑くんはちゃっかりニノの着てたなって(笑)だから2倍楽しく感じました。

 

2014年「ARASHI BLAST in Hawaii」OP衣装

赤と金を基調にした豪華さが素敵な衣装でした。まるで南の王族のような。この衣装はDIGITLIANツアーの2部でも着てくれたので、ハワイに行けなかった組としてはすごくテンションが上がりました。

 

2018年〜2019年「ARASHI Anniversary Tour 5×20」OP衣装

近くで見て分かったのは、バラの花のように見える模様は手書き風だということ。スワロ1個1個が丁寧に配置されていることなどシンプルだけど豪華さを感じました。まだツアー中なので、ここに展示されてるのは and more 以前の衣装かしら?

 

2017年「untitled」OP衣装

展示されてる中で最もシンプルな衣装でした。赤と黒を基調としたスリムな上下。想像以上に赤が鮮やかで、登場時のインパクトが強かった記憶があります。

 

2015年「Japonism」OP衣装

展示されてる中で最も職人技を感じられる衣装。まるで着物のような繊細さが随所にちりばめられていました。細かい刺繍にとにかくビックリしました。また、布が幾重にも重なっているので、これはかなり重かったんじゃないかな。それを軽々踊ってた嵐さんたち、どんだけカッコ良かったんだと。

 

2009年「ARASHI Anniversary Tour 5×10」OP衣装

国立で空飛んでた衣装だけに、ムビステみたいな透明な台の上に飾られていました。私たちはそこをくぐってこの部屋を出るので下からも衣装をくまなく見ることができました。生地は白と金をベースにしてるのですが、ARASHIの文字とか、羅針盤とか新たな旅立ちを表わすような模様が白地に金で印刷されてました。私はこのツアーのDVDを観て嵐に堕ちたので、感慨深かったです。

 

 

ということで今日はここまで。続きは△悄ΑΑ

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM