嵐がやっぱりイチからやり直しSP

  • 2014.01.03 Friday
  • 09:54

 今年もやって来ました!「嵐がやっぱりイチからやり直しSP」
 
というか何をやり直すのかよくわからないけど、取りあえず
 面白かったです。このSPは相変わらず旧しやがれスタイル
 なんですね!そこになんだか懐かしささえ感じて、こんな
 ムチャブリならたまには見たいな〜(^_^)
 という訳で面白かったところをピックアップしての感想です。


★元祖ドッキリカメラの松本潤子さん♡
 
これは接客の上手い潤子さんにまずは驚きました。どうしてそんなに女性の下着に詳しいの?まさかの下調べ?潤くんは声が低いからすぐにバレると思ったけど、巣鴨のおばあちゃんはさすがに肝がすわってて、ちょっとアヤシイと思っても店員と信じて疑わないんですね。頑張って「嵐の松本潤に似てると言われます。」と言って「だから何?」には大爆笑でした。そして原宿!現れたパンケーキ屋の店員姿を見て娘が「こんなオバサンいる!」って笑いました。「オバサンかい!」とツッコむ私・・(^_^;) 潤くんは、顔のつくりがしっかりしてるから、オバサンになってしまうんですよね。で、こちらはすぐにバレたけれど、自分からバラすのは「アカン」パターン(^_^)。でもきっと、こういう時ってワーキャーならないのかもね!一般人は意外に冷静です。でも、どこか楽しんでる潤くんが可愛かった♡

★お笑いウルトラクイズの白いイケメン
  
翔くんは一般的な知識はあるけれど、雑学的なクイズには弱い(^_^;)結果、残念な人になってしまう。しかし、体を張るとイケメン度が増すのが翔くんなのだ!どんどん粉で白くなってくる顔。なぜかキリッと男らしい。粉の付きが良くなるように顔を濡らしていたのですか?さすがバラエティーをよく把握してる(^_^) 翔くんはこれからも体張って頑張って欲しい。そして、男の色気を出していって欲しいノダ!(^_^)

★大野智 世界を釣る!!
  
欲があると魚は釣れないと、智くんは日ごろラジオで語っています。だから多分、釣れないパターンだと何となく思って見てました。(ミラクル相葉さんなら釣ってしまうかもだけど。)「世界を釣る!!」を大野智が担当する。これはよくネタとして言われてたけど、実際やるとなると完璧役に入ってしまうんですね!外国人の女の子とデートというのが可笑し過ぎて・・なんでこんなにも似合わないのだろう、こういうキザなシーンがネタにしか見えない(^_^) LOVEコンの映像でも結果笑いが起きてしまってた(^_^;)いよいよ得意な釣りシーン。サングラスがめっちゃカッコイイ!そして、本気で釣り出すとサングラスはどこへやら・・サバやアジを釣ってる時は楽しそうだったなぁ〜。「クイッ」って魚が泣くところを見たかったな。でも、釣れなくなると少し機嫌が悪くなる。 「あと5分です。」と焦らすスタッフ。「それイイから!(怒)」と久々のキレキャラ(^_^)最後は大物が釣れた!と思いきや、糸が絡んで終了。またリベンジして欲しいですね。ぜひ!

★二宮的電波少年 大物の椅子に座りたい!
 
なんてったって、あの日ニノがすぐ近くにいたなんて誰も思わなかったですよね!あのプレ販売の列に確かに私はいました。結局、原監督の椅子には座ることが出来ず、ベンチに座った、いや寝ころんだニノが可愛くてたまらなかったです。それにしても、大物の椅子って、座ってみるとやっぱり違うのでしょうね!オーラがそこに染みついているというか。この企画、ニノだからアポなしでも基本OK!取れちゃうんですよね。だから安心して見ることが出来ました。次回は恐い人に声を掛ける企画なんてどうだろう?

★ドッキリで見せた相葉ちゃんの優しさ
 
相葉ちゃんは優しくて気を使う人だから、あまりキツイドッキリは痛々しいけど、このくらいなら許せる範囲かな〜と思ってみてました。でも、パフやおしぼりがクサヤのニオイでも我慢しちゃうなんて・・本当に気を使ってしまうんだね。ウソ番組でムチャブリされても一生懸命!エレベーターで松潤と一緒にだまされても潤くんは気が付くけど、相葉ちゃんは気が付かない。そんな中、水着の美女に囲まれてなんか嬉しそうだった相葉ちゃんにホッとしたりして・・おなら連発のDに「トイレ行った方がいいよ。」若手ADを怒るDに「まあまあまあ・・」開かないペットボトルに血豆を作り、本当に優しくてされるがままの相葉ちゃん。最後の誕生日ケーキがドッキリで無かったと思った瞬間の椅子のドッキリ。本当にご苦労様でした。MVPは当然のことでしょうね。

★15年分のノンストップLIVE
 

場所はあの「東京ドームシティ」夏にフィルフェスやったところですね!縦に客席が連なった不思議な空間でした。しかし、ここでまず??と思ったのが嵐コール!いつから「あらしっ!あらしっ!」になったのでしょう?今までのライブDVDを見る限り「あーらーし!あーらーし!」だったはずです。LOVEコンレポでも書いたのですが、この2つのコールのせいで、かえって嵐コールをするタイミングを逸してしまった私・・。どこかで統一して声を合わせられるようにしたいですね。それはさておき、メドレーではありましたが懐かしい曲が多くて楽しかったですね!そして、「truth」の前のほんの一瞬の智ソロダンス!!見たかったですよねこういうの。ライブでないと彼の本気を見ることができないと言われて久しい智くん。今年は自分から仕掛けたい宣言をしてたから、もっとどんどんソロのダンスと歌を聞かせて〜♡もうこれは、切に願います!!


★来年のSPでやって欲しい事

★同じドッキリをメンバーそれぞれに
ドッキリって人柄がでますよね。次回は同じドッキリを嵐5人にかけて、それぞれの反応の違いを楽しみたいですね!他局のドッキリで智くん、もちをついた瞬間にクラッカーが弾けても動じず、自分で「大成功!」まで言っちゃって!さらに2度目のクラッカーを発射させて面白がっていました。智くんは反応が薄いからドッキリにならないかな・・でもまあ、智くんだからこんなドッキリもありかな(^_^)
★真夜中の嵐〜あの人、あの場所は今
今朝のラジオで智くん、馬の舌を紐で縛ったときの話をしてましたが、それは「真夜中の嵐」でのことでした。(詳しくはこちら)原点に帰るという意味ではすごく感動する内容になると思います。願わくはその前に、再放送をして欲しいです。

皆さんも何かいい企画あったら教えてくださいね!番組スタッフも気が付いてくれるといいな〜



 

安定してきた?「嵐にしやがれ」

  • 2013.11.10 Sunday
  • 17:13

 

嵐にしやがれ」に少し安定感が出てきたと思っています。バラエティーに必要な要素の一つに、“お馴染み感” があると思うのです。長寿番組にはそれがあるからつい見てしまう。嵐が仕切りをやるようになって取り合えず、「ドン松本ファッションチェック」「ニノミ屋」「相葉コーナー」がここのところ定番。そこに、翔くんの軌道修正智くんのオチが安定の面白さを引き出してく感じでしょうか?後は企画によっていろいろ変化を見せて行くようです。
東京イイ店クドイ店」も一般視聴者を引き止める作戦のような気がします。クドイけど、確かにいい店を選んでる気がします。
この番組を長寿番組に持っていくには、それぞれのメンバーのキャラをより引き立たせることが必要だと思うのですが、例えばを「サザエさん一家」に例えると・・
大野くん=波平さん 櫻井くん=フネさん 相葉くん=タラちゃん 二宮くん=カツオくん 松本くん=ワカメちゃん と私は考えます。つまり、サザエさんはいないのです。そこをゲストと面白い企画で埋めていかなくてはいけないのが現状だと思います。
先日のゲストは高橋克実さんだったので、実にやりやすそうでした。「ニノミ屋を筆頭にゲストをいじるのは嵐の得意技です。例えば芸人さんがツッコんでもボケないとか、逆にムチャブリするとか、相手に振ってしまうのが得意なのが嵐メン。しかし、そうなると嵐メンがなにもしないまま終わるので、企画が必要になってくるのです。
そこで重要なのが「相葉ちゃんのコーナー」・・今回は新企画「嘘つきは名優の始まり」でしたが、逆にファンなら見抜けてしまえる内容でした。なぜなら、彼らは雑誌やTVのインタビューでいろいろ話してしまっているからです。質問の内容が変われば(例えばプライベートのことなど・・)きっと面白くなると思います。

全体的に、まだまだパンチが足りない感じ。でも、可能性は無限大だから新企画をどんどん試して、そのうち大当たりがでてくれるといいのかな?と思います。少なくとも、相葉二宮櫻井はバラエティーの技をどんどん磨いています。そこに、大野松本のアーティスティックな企画を盛り込んで行けばいいのです。「嵐にしやがれ」がこれからどんどん楽しくなっていくことを期待します。

「嵐にしやがれ傑作選」が面白い!

  • 2013.09.22 Sunday
  • 01:24

 

ウッカリしてました。これを録画しておくべきでした!これは、先日の生放送のあとの反省会の様子です。この未公開部分が、実は私たちファンが1番聞きたかった部分。こちらを含め、これこそ初回に放送してくれたら良かったのに・・。ということで、思い出せる限りの内容を紹介します。ほぼ雰囲気レポです。

★生放送の反省
あっという間で最後のVTRまで紹介出来なくて残念。またいつか、くりいむさんに来てもらってリベンジしたい。
スタッフが秒数数える目が真剣だった。やっぱ生放送でやっちゃダメなんじゃと・・二宮櫻井は反省してました。
次回のゲスト上野樹里さんについては・・「すごくストイックな人。面白い話が聞けると思う。」 「ストイック同志でストイックな映画出来ちゃいますね。」 「普通に面白い映画です。」

★それぞれの役割を考える?
ニノはフリップ担当な感じ?だんだん極めて「最終的には“ニノミ屋”になってるかも。」相葉ちゃんは何かを運んでくる担当?「ゆったらパシリじゃん。」松潤は服やカバンなどの紹介がある時に、カッコよくそれを身につけてウォーキングする担当?「それ見たい?」大野さんは・・しゃべらない担当?「じゃあ、徹底してしゃべらない。」みんなにツッコまれる大野。

★嵐が考えてみたいテーマ
 

 

 

 

 

 

 

 

嵐弁当を作りたい。」それぞれが好きな具材を考えて(例えば相葉ちゃんの餃子とか、松潤のバジルの何とかとか。)来年の“汐博”で売る。
「番組公式グッズをみんなで考える。」それだけ何でも出来るんだね。可能性は無限大。色々できそうです。
「大野さんがセットに何か加えていく。」昨年の絵が残されてるし)
「セットがだんだん変わっちゃうよ」それをきちんとモニタリングしていく・・なんか面白そう!

★東京オリンピックを考える
7年後ってなにやってるのかなと言う話題にニノが・・「“大野ンピック”やったら?」と。思わず話しに乗る大野。「全競技やる?そしてベストを出してオリンピック選手と比べてみる。逆に7年間練習し倒して、オリンピック選手と比べて見て差がなかったら俺すごくね?」 すごい!とみんな。7年前を振り返ってみる・・ちょうどアジアツアーやってた頃。すごく最近に感じると・・だから7年後もすぐやってくる。来年ワールドカップあるし冬季もあるし、 「大野ンカップやって、大野ンピックやって。」 「オレ、死んじゃうよ〜」爆笑!

★富士山を考える

富士山にみんなで登りたい。雲海やご来光を日本一の高い場所からみんなで眺めたい。急に登るのは大変だから、低い山から徐々にならしていく。」櫻井、相葉は賛成!宮はビミョーな空気・・高尾山は、“蛸杉”で飽きてた。」 「俺は(ご来光)見たくない。」


★大野智を考える
「あまりいないタイプの人だねリーダーは。」 「ニュータイプね。」 「打率のいいよね。昔からポロッと言った一言がすごくおもしろい。」 「なかなかバット振らないし、振ったら必ず当てると言う。」 「そう思う?」 
「思わない。」 「めっちゃしゃべってんのに、こんだけしか使われないとか思う?」 「それも思わない。」 「メンバーがメンバーをホメるという気持ちの悪い時間になっちゃったけど・・」


★今後の嵐ライブを考える(ここからは録画出来たので自信あり) 

松本案:メンバープロデュースみたいなのがやりたい。例えば、“大野智プロデュース”でリーダーが曲選んで、振り付けして、照明やセットや全部決めたやつを見たい
→ 「やだ!やだよ。」 「ハハハ、今日全然首を縦に振らない。」 「何でだよ!」 「声でかいな〜」 「いい企画見たいと思うよ。みんな。」 「そうね、しやがれ見て下さってる人たちもね。」何でそんなマイナスのことだけ一瞬でイメージしてきちゃうの?」 「何で?大変だからってこと?」 「はい。」 「ハハハハ!」 「振付だってするじゃない、ライブでは。」 「大変ですよ。」 「でも、それが見たいって人多いから。」 「まっそういうのもあるってことでしょ?」 「そう言う機会もあったらさ、ちょっとやってよ。そりゃ見たい時もあるわ。」 「だからみんながそれぞれ、例えば相葉くんが衣装やるとか、翔くんが選曲するとか、そういう風にみんなで分けてってもいい。」 「あっそれ、5人でやる。みたいな。それは面白いよね。」 「あ、それならいいの?」 「それならいい。」 「5人で考えるという一つが振付けだと。」 「そう。」 「リーダーが振付け考えれば。 「とかでしょ?衣装だの言われても俺、全然分かんないもん。」 「ハハハハ!あそう。まっ、じゃあそういう形もありかもしんないよね。」 


相葉案:お客さんとみんなでできるステージ。(ステージに)立つみんなで。見る側じゃなくて。または客席に入ってって何かがこうできてていくみたいな。お客さんと一緒に作るみたいのもいいよね。
 「見る側でなく、一緒に作っていく。面白いですね!」

二宮案:ワンカットかな。挑戦でしょう。俺らのリハのDVDみたいなもの。この際、定点カメラで。
→ 「定点見たい?」 「それもう、カメラさんいないね。もうピッと押してスタート。」 「寄りたい時は、自分たちが前に行くってこと?」 「そう!アピールしたい時はどうぞ前に行って下さいと。歌ってなくてもいいよ。踊ってる時でも、アピールしたいんだったら、行きなよ!っていうワンカメショー。」 「それテレビでは、なかなかないかもね。」 「リハーサルの雰囲気だね。」 「確かに、ちょっといろんなこと、できるかもねえ。例えば今後、アルバム発売しますとか、シングル発売する時に、なかなかテレビじゃやらないカップリングの曲だったりとか、そういうのもしかしたらお披露目する機会、あるかもしれないのでお楽しみにしていただけたらと思っています。・・」



なんかあの「しやがれ」騒動はなんだったの?って感じです。面白いじゃない!そして、2回目放送の上野樹里ちゃんゲストの回も、ワチャワチャ楽しかったよ!少なくとも私は、これからだと期待しました。嵐の仕切りがなんか新鮮で、あとはゲスト置いてけぼりにしないように気を付けて・・とでも言っておきましょう。頑張れ!嵐!





 

6人目の嵐は考える・・

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 20:06

 

変わっていくことをなぜ 僕らは恐れるのかな
変わらないものを笑うくせに

できるだけ僕のままで いたいと思える日々を
未来の僕はどんなふうに 振り返るんだろう


嵐10周年で「嵐の宿題くん」が終わり、13周年で「ひみつの嵐ちゃん」が終わりました。この2つの番組が終わった時が、それぞれ一つの節目でした。どちらもファンが大好きな番組でした。どちらの番組もそのエンディングは愛にあふれるものでした。思い出すほどに未だに胸がキュンとします。私は嵐ファンになってまだ3年・・でもそんな新規だからこそ過去の素敵な嵐さんを見つけ出し、その頃をリアルに追ってきたファンの想いにできるだけ近づこうと努力しています。応援の仕方は多少違うけれど、宝物を見つける度に、どんどん嵐さんを好きになって、そして古くからのファンと同じように変わっていくことを少なからず寂しく思っているのです。「しやがれ」リニューアルで吹きだした熱いファンの想い・・そこには変わらない嵐さんを望む思いと、もっと素敵な嵐さんを見たいという想いが交錯しているのでした。

ひみつの嵐ちゃん」が終わった時、大人の事情説云々言われたけれど、単純に視聴率が取れなかったと私は思うのです。ゴールデンで10%にとどかないのはやはり厳しいです。嵐ファンだけで視聴率が取れると思うのは間違いで、やはりゲスト目当てで見る人をプラスして考えます。一般の人が嵐の番組をどう見てるのか?それを想像する時、それが嵐ではなく、あまり興味の無い別のアイドルグループがやってる番組だと想像してみましょう。もしもその番組に嵐がゲストで来るのなら、喜んで見るでしょう。でも、そのアイドルグループがわちゃわちゃ会話して、内輪でおバカなことやってるだけじゃきっと見ないと思います。深夜ならまだしも、ゴールデンだったらきっと他の局のドラマでも見るかな・・。

2001年「ザ・少年倶楽部」でがゲスト、司会が生田くん風間くん横山くんの時がありました。その時、嵐への質問コーナーで嵐のみんなが黙りこんでしまう場面がありました。その時横山くん「嵐みんなボケやねん。みんなでボケてどーすんねん!誰かツッコめや!」って言ってました。その時、横山くんがお笑いにもってかないと収拾のつかないことに・・。今もどこかそんなところがあります。「俺が俺が」がないところは嵐のいいところだけど、番組を盛り上げるにはまだまだオトナし過ぎる嵐さん・・。トークの面白さを引き出すには、やはり企画の盛り込み方によるのでしょう。でも、スタッフさん任せではやはりダメだと思います。少しでも嵐さんが番組を盛り上げるべく、前へ前へといかなくては・・。「みんなでボケてどーすんねん!」 あの頃まだjrだった横山くん、よく言ったと思います。

しやがれ」はこれからです。嵐がこの番組をどう変えていくかにもかかっています。初回はいわゆる「始球式」そう思いたい。投げた球はちょっとヒョロヒョロでした。でも、それに「へたくそ!」と叫ぶのはまだ早い。良くも、悪くも、このあふれんばかりのファンの思い!きっと嵐さんにも届いたと思います。翔くん、ニノあたりがネット見て驚いてるかも知れません。どうか嵐とスタッフで作る番組になって、素晴らしいコラボが生まれますよう私は前向きに応援したいです。頑張れ嵐!しやがれをホームグランド的なバラエティーに変えやがれ!!


*サトシックでありながら、「鍵部屋SP」について全くふれなかったことをお許しください。心の中では超テンション上がってます。でも、この「しやがれ」騒動が頭から離れず・・またまた語ってしまいました(^_^;)






 

ホストな嵐さん

  • 2013.08.11 Sunday
  • 14:35
いいねえ〜こういう「しやがれ」サイコーです!出来たら、クドイも未知もサクッと無くして、これだけでいいです!そう思ってる人も多いと感じる今日この頃。これって、「嵐ちゃん」のホストロワイヤルを思い出すなぁ・・。舞台なんかだと、こういうシチュエーション、結構あります。無茶ブリにどれだけ対応できるのか?やっぱり舞台経験の多い大野さん流石でした!

板尾アドバイス  
「笑いはあまり考えない 自分にゆだねる とりあえず始める そこで何かが生まれる」

♡新人ホスト櫻井♡ お題「犬のおまわりさん全力で踊れ」
翔くん、カッコよくさわやかに登場!やっぱりミュージカルになるんだね!「こいつ面白いんだよ。」「いやっいやっそんなことないです。」と一応謙遜?いや、けん制してみる?「昨日“犬のおまわりさん”スゴイ振付で踊ってたじゃない?」「あれですか?わかりました!」「歌も自分で歌っていいすか?」なんかハキハキしたホストだなぁ。そして歌いながらくるくる回って最後はジャニーズっぽくポーズ!息切れしてしまい「やっぱり31ね。」と。(笑)

♡新人ホスト二宮♡ お題 「ノリツッコミ」
指名されたとき、思わず頬をたたくニノ。嵐の俳優部門担当としては、いろいろ考えていたんでしょう。リーダーと顔を合わせ「言ってくるよ!」「言って来い。」うなずくリーダー。いやぁ大宮愛です!最近大人になっちゃって、ニノがリーダーに絡まなくなって寂しかった私。ちょっと安心♡ってここで盛り上がってどうするう(笑)計算してたか、はじめからあらぬ方向へ行くという昭和なボケをかます。コップを電話がわりに話すニノ。リアルな感じによく話がスラスラ出てくると関心してると「って、これコップですよ!」ここで、まさかの演技指導が入りました。躊躇なく電話としてコップに話していたニノに、見本を見せて・・「そうそうこのコップでね・・」
板尾アドバイス 「そうそう」と一度のっかる 「いきなり会話に入るともったいない感じ。」まさかのガチのダメだし?「ありがとうございます!」これはニノを俳優として認めてくれてると感じました。
 
 
♡新人ホスト相葉♡ お題「一人しりとり」
この人のミラクルなところは、狙ってないのに面白いところ!相葉家では、車の中ではいつも「しりとり」って聞いてたから当然得意だと思っていたのだけど・・「しりとり、りす、すり、りーりん・・リンパ、パリ、り?」 「3回で?」大野大爆笑!「り、りー、リスク、くり」「バカじゃないの?」大爆笑!なんで「」になっちゃうの?「」で返す特技を持っているということが判明しました!「り、りーあっ、りょうり!りー・・ああもうどうしたらいいんだー!!相葉さんってある意味天才だわ(笑)
♡新人ホスト大野♡ お題「釣りをするパントマイム」
なんというかこれは・・成瀬様だ!!いきなりクールなドSキャラ!これ待ってました。「風格ある〜」とやたら翔ちゃん嬉しそう!「初めまして、新人です。」何とも言えないオーラを放つ新人。魚釣りのパントマイムと言われ、魚種を問うところが本気モード。「サメ」と言われ、いよいよ始まる智劇場。ぐるぐると手くびを回して準備。竿を選び糸の確認そして、投げる前に回りに合図、そして・・この美しいフォーム!動きに全く隙が無い。ぐいぐいと竿をひく。アタリがきて力強くリールを巻く。網でサメをすくい、あわてて飛び退き逃げ回り・・汗をふいて何もなかったかのように立て膝ですわる。完璧だ!

♡新人ホスト松本♡ お題「呼んだらすぐサメを釣る」
                                「ボビー・オロゴンのものまね」
人のやってたことをすぐに習得しちゃうキャラ設定!まるでコマ送りのようにサメを釣る体当たり系な松潤。「前へ前へ行く感じがいいね。」 「ありがとうございます!」どこかホスト忘れて地で言ってる感じ。次はボビーの物まね。なぜかマドラーにガンとばす松潤。「ホスト辞めたほうがいいわね。」と言われてしまう。「ふざけんなよ〜帰るよとボビーを貫き通すのでした。頑張ったよ潤くん。その不器用さがカワイイのだ。

板尾アドバイス 笑いに正解はない 考え過ぎずにやったほうがいい

そして、2度目の登場大野! 

♪不自由な女神♪
「ハイ!ハイ!ハーイ!ホッ ウェイ! ウェーテッテレ♪テーレテッテレテー♪
 テッテレッテー♪テーテッテレ ハイ!ハイハイハイハイ不自由な女神!」
もう笑い過ぎて・・・なんだこの人、メロディーにも、歌詞にもなってない!でも、指を鳴らしながらリズムを取ってる姿は
カッコイイよ〜♡

板尾さんって、嵐のこと分かっていらしゃるか、またはよく調べてるなぁと思いました。また、ベテラン俳優としてのアドバイス!こういうのって、楽しいな〜♪できたらノーカットで見たい!
「しやがれ」は嵐の冠番組である以上、嵐の魅力を引き出せるか否かにかかっています。ゲストさんに何かを教えてもらうというスタンスで行くならば、ゲストさんには嵐のことをよく把握してもらったうえで、スタッフと共に番組を組み立てていって欲しい。面白い時とそうでない時の差があり過ぎて、ちょっとなぁ〜と思うことがあります。いろいろ出来る彼らだからこそ、もったいないと思う時があるのです。来年嵐も15周年。新しい嵐の魅力をぜひ!引き出していって欲しいです。

「嵐にしやがれ」からの・・「嵐におまかせ」

  • 2013.08.05 Monday
  • 00:27

  

先日、「嵐にしやがれ」を見てふと思いました。「嵐におまかせ」のコーナーを作って欲しいな・・。OPのトークが実は一番ツボだったりするわけで、でも、最近カットされることが多くて残念です。まあ、ファンだけのツボなのかもしれませんが。車の中のしりとり古今東西が一番楽しかったなんて言ったら怒られるかな・。

もう終わってしまった「ひみつの嵐ちゃん」5人だけのプライベート食事会が何気にツボ。卵スープにフーフーする大野さんがまるでおじいちゃんみたいで可愛くて、こんなのが嬉しいんですよね。ただ普通に話してるだけなんですがね・・。まるで自分もそこで一緒に話の輪に入ってるみたいで。ツッコミ入れながら見るのがすごく楽しかったのです。

もっとさかのぼれば、こんなうだうだ嵐が、たっぷり堪能できたのです。この時は正月で、こたつに入っておせち食べたり、書初めしたりしていました。うしろで大宮が実に楽しそうに羽子板やって遊んでいます。そして、時々書初めのジャマをします。この和やかな風景にファンはとても癒されるのです。お金もかからない省エネな企画。これが嵐さんの魅力なんだけどなぁ・・。そろそろ戻って来ませんかねこんな風景。

そして・・・・

やっぱりこの方に仕切っていただくおバカなコーナーも必要かと。相葉ちゃん・・彼はバラエティーで才能を発揮する人だと思います。“おバカな嵐さん”はこの方が引き出してくれたと言っても過言ではありません。相葉さんの仕切りって、けっこうイケてます。なんかリズムがいいんですよね。どんなおバカなことでもついつい乗せられてしまう感覚。バラエティーには大事なんですよね。


10年先をいくSMAPのすごいところは、自分たちだけで番組を仕切れるところです。勿論中居くんのMC力も
スゴイのですが、彼らの面白さは一般の方にも伝わるところかな。もしも嵐だけで番組を仕切るとしたら、やっぱり相葉さんをぜひ!と思います。
それぞれの力をつけてきた嵐さん。 「嵐にしやがれ」から「嵐におまかせ」へ進化していって欲しいな。まるで「アッコにおまかせ」みたいだけど・・・。

国民的アイドルと言われ、最もライブに行けないグループと言われ、なんかとても手の届かない彼らに、気が遠くなることもあります。グッズを買うのに並んだりすることにもすっかり慣れてしまいましたが・・TVの中だけでいい、近くに感じたいのです。それと同時に、メンバー一人一人の才能と嵐としての新しい挑戦も見たい。きっとこんなこと思うの、人生の折り返し地点をとっくに過ぎたからかもしれないです。なんか今日は変なテンションですみません。m(__)m


追記のつぶやき・・
ここのところ、ウッカリ智くんに心もっていかれてました。(それはサトシックだからしょーがないとして・・)
今月は「フィルムフェスタ」、「謎ディ」、アラフェスグッズ先行販売、24時間TV、町田くんの舞台「7−ナナー」と
イベント盛りだくさん。後々報告していきます。
こうやって、若い人たちとともにジャニゴトで盛り上がっている自分が今さらながら不思議です。3年前の自分だったら、田舎にUターンして静かな生活したい・・。なんて考えてました。でも今は、首都圏にまだまだしがみつきたい!人生って何が起こるか分からないから、面白いのですね。





 

「しやがれ」ほぼほぼ同期!岡田くん

  • 2013.04.21 Sunday
  • 15:07

 「しやがれ」のアニキゲストが同期の時はとても面白い!今回の岡田くん。デビュー組の中では、jr時代が短い人の一人。「天才たけしの元気が出るTV」のジャニーズ予備校に合格し、1995年4月25日に入所。そして、その年の11月1日V6としてデビュー。jr時代は6か月ほどしか経験していない。これぞ、ジャニーさんしか分からないデビューのタイミング。(ちなみにNEWSの手越くんは3ヵ月、セクゾのマリウスくんは8か月)しかも、CDジャケットはトニセンよりカミセンのほうが目立っている。どれだけのプレッシャーだっただろう。でも、それを吹き飛ばすくらいのものが彼にはある。歴史に詳しく、また格闘技を極めている(カリ、ジークンドー、USA修斗)そういったものが、彼の活躍に繋がっている。そんな岡田くんと嵐の関わりは・・・
 

准一×智

 

智くんとは同期というには複雑な関係だったらしい。入所日は智くんが1994年10月16日で、智くんが先輩。しかしデビューは同じバレーボール組のより4年早い。従って、デビューしてからは岡田くんが先輩になる。さらに2人は誕生日が近い。岡田くんは11月18日、智くんは11月26日。成人式は2人で迎えている。2人は夏に3ヵ月ほど合宿所で過ごし、その間に岡田くんデビューが決まり、同じく合宿所にいた滝翼とともにデビューのお祝いをしたと言う。当時の気持ちを智くんは語る「親友が転校してしまう感覚。今まで仲良かったのに、V6と仲良くしてる。」(この時、私の脳裏に町田くんが浮かんでしまった・・)その後、「岡田」と呼びにくくなり「岡田っち」と・・。マネキン5のゲストの時は岡田くんと言えば「白いつなぎ」のイメージを思い出した智くんだったが、この3ヵ月が岡田くんにとってはjr時代の貴重な日々だったんだろうな・・。
 

准一×相葉

相葉ちゃんがバックで踊ってたことを思い出せない岡田くん。本当に踊ってたかを検証するために、V6の曲を嵐5人がその当時の立ち位置で踊って検証。18年も前の踊りでもjr時代にたたき込まれたことは忘れないんだね。相葉くんもしっかり(?)踊っていた。大人な嵐が踊るとバックの振付けでもやっぱりカッコイイなー♡いいもの見れました。

 

准一×ニノ

 

ニノとは何を話したらいいか分からないと言う岡田くん。でも、ニノの方から岡田くんに寄っていくらしい。ニノにとって岡田くんは黙って話を聞いてくれる先輩。自分の意見をいう訳でもなくしんみりと、話を聞いて欲しい時もあるんだね。(その時、智くんが浮かびました。)ニノってつくづく先輩に甘えるのが上手です。だからかわいいんだよね!それにしても、そんなに辞めたい時期があったとは・・。岡田くんのお蔭で今があったりして・・。
 

准一×松潤

 

松潤とは2005年映画東京タワー」で共演。ギラギラしてた松潤を受け止められなかったという。いきなり濃厚なシーンで始まるこの映画。しかし、フランス映画のような美しい作品でした。ギラギラの松潤はどこかあどけなく、岡田くん演じる青年は、若さを打ち消すくらい大人の雰囲気をもっていました。つくづく彼の演技力の高さを感じた映画でした。そこで、ギラギラの松潤を受け止めるために、格闘技の技を伝授。一瞬で敵を組み伏せる技は凄かった!組み敷かれる松潤もいつか格闘技に目覚める日が来るのでは・・?と感じました。「SP」でもスタントは使わず、「本気でかかって来て!」と相手に言える岡田くんはやっぱりハンパない!
 

准一×翔

岡田くんと言えば2002年ドラマ木更津キャッツアイ」そして、バンビだった翔くんザ、セット回転しやがれの時のセリフ、「オレぶっさんの葬式、ぜってぇ行かねぇからなー!」このセリフに私ちょっと泣きそうになりました。翔くんの声がバンビそのものだったから・・。このドラマなんとも不思議なドラマでした。余命わずかなぶっさん(岡田)と野球チーム「木更津キャッアイ」の仲間との青春物語。ぶっさんは死ぬと言いながらなかなか死なないし、野球のシーンはほとんどないし、なぜか彼ら泥棒だったり・・よくわからないのだけど泣ける。そんな話でした。翔くんは小鹿のようなつぶらな瞳をしてたからバンビになったらしい。どこかイケイケな翔くんと長瀬2世か?と言えるほどはっちゃけてた岡田くんが懐かしい。どんどん活躍して大きくなって、学ぶところも沢山ある櫻井をバンビと呼んではいけない気がする。寂しいけど・・。そんな岡田くんの思いに、この10年のうちに岡田くんもまた大きく成長したのだと実感しました。でも、久々の河原シーン・・「もう、お前はバンビじゃないな。シカだ!」とオチをつけてくれました。
なんか、この2人いいなぁ〜・・。

追記:「岡田くんの思い」をそのままレポしておこうと思います・・・。

岡田「オレが最近呼び方変えてるの知ってる?」

櫻井「知ってる。なんか気づいてましたけど・・。」
岡田「“櫻井くん”って言って、昔は“バ〜ンビ”って言ってたのに。」
櫻井「オレも“ぶっさん”って呼んでたよ。」
二宮「それ、何で変わったの?」
岡田「オレも呼びたいんですよ。でもなんか櫻井とかは、何だろう今だから言えるのかも知れないけど、初めてドラマとかやるのが一緒だった。木更津・・そうだよな。なんかこうすごく“頑張ります!”みたいのが、一応先輩だったからすごく頑張ってるのを相談受けたりしてる中、ずっと見て来てるから。
どんどんすごくなってキャスターとかなって、どんどんお兄ちゃんになって、スゴイ知的になってきて、そういうイメージがあって・・だからどういう風に呼んだらいいのかな?って。

昔の自分も14で仕事始めて、メンバーからするとずっと下なの。やっぱり急に入って来たのもあるし・・自分も32になってるし、メンバーもどんどん年を重ねていくと、今の自分とメンバーが思う自分にギャップを感じたりするの。そういうのがあって。

若いままの櫻井じゃない。もうひとりの、自分から見てもすごいなと思う仕事をしてる嵐のメンバーとか見てると、微妙な気持ちになる。同じように接したらいけないし、後輩かもしれないけど、ちゃんと仕事をしていて自分でも学ぶところがたくさんあって、そこから“櫻井くん”って。ずっと“バンビ”って下の言い方でいるといけないなって思って“櫻井くん”って・・でもどっか寂しいけどね。“バンビ”って呼びたいな。」


愛情のこもったプレゼント
岡田くんのプレゼントのチョイスにもグッときました。

翔くん→小説「百年法」これを翔くん主演で映画化して欲しい。
松潤→アンティークのステンドグラス(自分のコレクション)松潤なら喜ぶかな・・と。
相葉ちゃん→LEDのランタン、アウトドアに使って!
ニノ→フリークライミング用の靴。ニノのは知的なスポーツが似合っている。
智くん→カメラ。アート好きな彼へ・・。

岡田くんは知的で、やっぱり素敵な人だと改めて感じた「しやがれ」でした。







 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM