祝!嵐結成16周年!「第3回 元気をくれた嵐曲エピソード」

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 00:00

嵐結成16周年おめでとうございます!

そして皆さんお待たせしました!今年も募集させていただいた皆さんからのエピソード。本当に素敵なエピソードばかりで先に読ませていただいた私はその度に感動していました。本当にありがとうございました。嵐さんからの優しい風が誰かの背中を押し、その誰かのエピソードがまた誰かの背中を押してくれることを・・・。




「ファイトソング」 すいにそらさん♪

若いころ「がんばれ」「がんばって」という言葉が苦手でした。
自分に言われることも 人に対して 声をかけることも・・・
頑張ってる人に 気楽に言わないほうがいい というのを
テレビでみたか 本で読んだかしたのが きっかけだったと思います。
子供がうまれて わが子にはもちろん ほかの子供たちにも運動会や発表会でさえ
「がんばれー」とは言えないままでした。
そして 私がはじめて かったライブDVD アラフェス’13で「ファイトソング」に出会います。
♪「頑張れ!」そんな安いヤツでいい♪ 
元気いっぱい はじけて歌う5人だったからでしょうか 笑っている自分がいました。
♪そんな安いヤツでいい♪
いままで 私にとって 重い重い 一言 そんな一言に 翼をくれた そんな 歌詞でした。
そうだよね 「がんばれー」の一言で 元気になれたり 救われたり がんばろうって思えるよね。
「がんばれー」って叫びたい と 泣きながら 笑っていました。
今は 素直に 「がんばれー」って叫べる 私を嬉しく思っています。
嵐に この歌に 出逢えてよかった。ありがとう。


「Happiness」 mameccoさん♪

1曲を選ぶのはとてもとても難しいですが、あえて選ぶならHappiness。
この頃はまだ嵐堕ちしていませんでしたが、ドラマ好きで(これは今も)嵐メンのドラマもごくせんの頃から見ておりました。嵐堕ちのキッカケに多くあげられる花男も見てたけど、まだ堕ちてはいませんでした。
そんな状態の中、Happinessの明るくて前向きな詩と曲調はドラマのタイトルバックと共にとても印象に残っていて大好きでした。
いま、バリバリ元気に嵐ゴトを楽しむ毎日ですが、当時病気にかかり手術が2か月待ちで不安な日々を過ごしてました。同じ病気の芸能人が、検査から1週間位で手術して成功とかWSを賑わしていました。小6を頭に3人の子どもたちもいて仕事もあって、病気であろうがセレブはいいよなと妬ましく思おうが日々は忙しく過ぎるなか、Happinessはくさった気分をスコーンと飛ばしてくれました。
特にタイトルバックでみんなが笑ってエアギターしてる様子は、嬉しくて楽しくて幸せな気分にしてくれて、ドラマ終了後もタイトルバックを再生して元気をもらってました。
嵐を意識していなかった頃なのに元気をくれた曲。今となっては不思議な感覚です。


「LIFE」  よしさん♪

私が感じた元気をくれた嵐曲は、アルバム「Time」に収録されてる「LIFE」です。
3月末に15年務めた会社を辞めました。会社の人間関係が嫌になって辞めたので、これから自分はどう進むべきか?毎日悩んでいました。気分転換に「LIFE」を聴いてみました。
♪どうやって生きていくのか 答えは一つじゃなくて 大切なことは 僕らの幸せのカタチ 誰もがそれを探してる♪
という歌詞に、私の選択は間違いではないんだ!自分にもっと自信を持っていいんだと希望を感じ始めました。今は、資格取得を目指して進んでいます。
最後の歌詞 ♪奇跡など待たないよ 陽の差す方へ♪
これからも前に進んでいきたいと思います。 


「Take off !!!!!」 よしさん♪

私は大人数で付き合うのは苦手である。好きな嵐の事を語り合うのも、二人で限界だ。なので友達が少ない。Jrの頃から好きだった友達もいるが、今は会っていない。今までは友達の友達と輪が広がったりした。しかし、私の性格上、気疲れしてしまったのだ。ずっと昔から応援してきて、いろんなことがありました。翔君作詞の ♪いちに しのごの言わせぬthe 秘蔵っ子♪は、これまでの想いがギュッと詰まった深い詞だなと、今まで応援してきて良かったなと、感じました。


「one step」 えりちゃんさん♪

仕事とプライベートで様々な壁にぶち当たっていた時に、ちょうどアルバムが発売され、聞いているうちに嵐からファンへ向けたメッセージがなんだか心に沁みました。いまや国民的大スターとなった5人。なのに常に初心に返り、驕らない。そんな彼らのファンでよかったと心から思えた一曲でした。私も一歩ずつ、毎日を大事に生きていくね!等身大のメッセージをありがとう。


「サクラ咲ケ」 菜花さん♪

思えばこの曲がなければ嵐ファンになっていなかったのではないかと思います。
小学校低学年の春、音楽教室の発表会でこの曲を歌うことになりました。当時私はテレビをあまり見てなくて、嵐さんのことを知りませんでした。でも、この曲きっかけでアルバムをレンタルしてみたりするうちに、どんどん嵐の曲が好きになっていき、テレビも見るようになり気づくと嵐が大好きになっていました。
そして今年、私は人生初の受験を経験しました。ラップ部分の「今蒔けば種花咲かす」「そりゃ時間なんてのはかかる」という歌詞と「振り向くな後ろには明日はないから前へ前へ」という歌詞に励まされました。
約8年前、嵐ファンでなかった頃は歌詞の意味を理解していませんでしたが、受験を控えた私の心に響きました。
そして私はこの曲に勇気をもらい、今は第一志望の高校へ通っています。
サクラ咲ケを聴くと、この曲にたくさん励まされたなぁということと、8年前は全然嵐さんのことを知らなかったんだなぁという事を思い出します。
「サクラ咲ケ」は沢山の思い出が詰まった大切な曲です。


「キミの夢を見ていた」 海風さん♪

昨年アルバム『THE DIGITARIAN』が発表になった時、まず真っ先に胸に響いた曲がこの『キミの夢を見ていた』でした。

昨年は嵐15周年の記念の年で、ファンもお祝いムードに煽られるかのようにハワイブラスト、ライブビューイング、いずれも大混乱!?の大争奪戦!!
チケットが取れないのが当たり前と言われて久しい嵐さんではあっても、記念イヤーのこのコンサートには並々ならぬ思いがどのファンにもあって・・・抽選にハズレたショックは、どなたの胸にも大きくて深い傷を残したように思いました。

私はファンになって初めて“エントリー”というものを経験したのが、このハワイのライブビューイングでした。
案の定というべきか、見事!?落選し・・・これまた初めての悲しい涙を経験しました。

秋のツアーが発表になり、またもやチケットの当落で多くのファンが泣き笑いする時期が来ました。
嵐さんに振られ続けて(正確には嵐さんじゃないんですけどね・・・笑)ショックで泣き暮らす友もいて・・・。
そんな時、新しいアルバムで嵐さんが歌った『キミの夢を見ていた』は、もう聴いた瞬間に「ファンのために歌ってくれている!!」と思わずにはいられない・・嵐さんに会えなくて泣いている私の友人のために歌ってくれている歌だ!と思いました。
その瞬間は私の勝手な思い込みも強かったと思いますが、聴けば聴くほどに嵐さんの優しさとすべてのファンへの愛情が詰まった曲だと感じて、今でもつい涙してしまうことがあります。

“忘れないから 君の声は 聞こえてるよ”
“I will be there  ここから そっと想い続けているよ”
“今 この歌を君へ”

会いたくても会うことの叶わない私も含む多くの嵐ファンにとって、この曲は嵐さんからのラブレターだと思います。

『キミの夢を見ていた』から『One Step』『Hey Yeah!』通常盤の『Take Off!!!!!』の流れは私のテンションを明るく元気に上げてくれる最高級の魔法です(笑)


「スーパーフレッシュ」 エンさん♪

歌詞を全て載せて、はい、これが理由です、と言えちゃうくらい好きです。
淡々と続いていきながら、でもその先には明るい暖かい光が見えるような。

運動が苦手で体を動かすことすら億劫だった私ですが、この曲を聴いて走りたい(しかも早朝に)と強く想い、朝ランニングを始めることとなりました。
まだ静かな早朝、新しい朝に、スーパーフレッシュを聴きながら走る・・・気持ちがしゃんとして、今日と言う日をまた新しい気持ちで生きて行こうと思える、そんな曲です。

あ、また聴きたくなってきました ^ ‐ ^


「青空の下、キミのとなり」 菜花さん♪

この曲が発売された5月、私は部活のことで悩んでいました。
高校では、運動部に入部したいと思っていた私はバドミントン部に入部しました。しかし、練習は思っていた以上にハードで、中学3年間文化部だった私はついていくのに精一杯でした。
そんな時、1年生が出る最初の大会メンバーが発表されました。ダブルス、シングルス共に両方出場するはずだったのですが、部員が奇数で余ってしまうと言われ・・・私はシングルスのみ出場ということになりました。ダブルスの組み合わせは上手い人順だったので、私は「やっぱり、何をやっても上手く行かないんだ。」と諦めかけたその時でした。「ようこそ、わが家へ」の健太くんの勇気に励まされました。そして主題歌の「青キミ」を口ずさんでいたら、頑張ろうという気持ちになることができました。
「要らない、必要のない人はいない」
これからも、この曲を口ずさみ頑張っていきたいと思います。


「キミの夢を見ていた」 ぶーちゃんさん♪

前奏の・・・その後に流れてくる優しく美しい声に心を奪われて、鼻の奥がツンとなる。
気がつくと、涙がこみ上げてくる。“忘れないから 君の声は 聞こえてるよ。 変わりゆく空 見上げた僕に 優しく響いている” 完全に心を持っていかれる。自分の声が届いている・・・そう思うだけで頑張れる気がする。私のそばにいつもいてくれる・・・そう信じているだけで勇気が湧いてくる。この歌にはそんな力が込められていると思う・・・。


「キミの夢を見ていた」 naohさん♪

海風さん、カブってしまいました(>_<)
ごめんなさい!

私には大きなエピソードはありませんが、昨年2曲も投稿してしまったので、この1年を思い起こした時 やはりこれが真っ先に浮かびました。家族に気ががかりがあると アラシゴトも心底集中できないこともあるけれど 逆に嵐さんのおかげでポジティブに乗り切れることも確かに実感していたここ数か月です。嵐さんを近くに感じたいとき いつも聴いていたのがこの曲でした。

♪ 忘れないから 君の声は 聞こえてるよ 

これだけで胸がキュンとなってしまいますし、本当は歌詞を全部ここに書き連ねたいくらいです。
なので「嵐さんからのラブレター」・・・実はこのワードも使いたいと思っていました!

浅くて解りずらいエピソードで申し訳ありませんが 海風さんのお仲間にして下さいませm(__)m


「感謝カンゲキ雨嵐」 パレットさん♪

この曲は私の胃カメラソングなのです(笑)
毎年の健康診断、その年は胃カメラ検査となりました。私にはとてもしんどくて辛かった!あまりの辛さに翌年の検査が恐怖で不安な一年を過ごしたほど。なんとか苦痛を和らげたくてWalkmanを聴きながら検査を受けることにしました。選曲は?その頃TVを見て子供が好きになり聴き始めた嵐にしよう。何故ならジャニーズだから軽くて、ジャニーズだからトラウマで聞けなくなっても、まぁいいか。そして意外と音楽がいいし♪ そして私は『感謝カンゲキ雨嵐』を聴きながら、うんと楽に検査を受けることが出来たのです。思えばそれから、何かと辛いことから目をそらしたい時に嵐さんに頼るようになりました。そしていつの間にか軽いどころか私の中でとても大きく、時に重いほどの存在になっていました。嵐さんはいつも『頑張れ!』と言います。その言葉に背中を押され、辛い時は『ぼくらはここにいるよ』と背中を擦ってくれます。何だかへんてこりんなエピソードでごめんなさい(^_^.)でも本当に勇気をもらっていて。毎年いろんな曲で乗り切っています!オススメです♪
 

「キミの夢を見ていた」 パレットさん♪

嵐さんの曲の中で最も好きな曲の一つです。車の中でひとり聴いていると必ず涙を流しています(笑)こんなに優しい歌を私たちに歌ってくれてありがとう。様々なカタチで応援する私達。ライブに行く人、アリーナの人、上のほーの人、ライブに落選してしまった人、ライブに行きたくても行けない人、行かない決心をした人、TVを楽しみに応援する人etc・・・すべてのファンに〜I'll be there ここからそっと想い続けているよ〜と歌ってくれます。歌の中の『君』になるのはおこがましい曲もいっぱいあるけれど、この曲は思いっきり『キミ』になれる曲!DVDではカメラ目線で『君を見つけた』と指差してくれた相葉くん、胸に手をあてながら目を閉じて『ここからずっと想い続けているよ』と歌ってくれたニノや潤くんに、また涙して、ありがとうを伝えたいです。


「ピカンチダブル」 麻苺さん♪

この歌は、両親がいろいろきつくって、いつまでもいい子でいようとした私がいて、17年前に父が亡くなり、母が〜なんて詳しく書くと親の悪口になりそうなんで自主規制・・・・ただ、本当に嵐の存在に助けられました。40歳も後半になって「私は私でいいんだ」と初めて思えた。
嵐のみなさんの言葉って私が親にかけてもらいたかった言葉が多いんですよね。
その中でも「ピカダブ」は高校時代、学校でがんばって、家でもがんばって、空回りしてたあの頃・・・・思い出しても恥ずかしくなるような日々を、すべて肯定して「大丈夫だよ」といってくれているようです。
精神的に参っているころ読んだ本で、「考えクセ」というのがありました。育ってきた環境などでプラスに考えるかマイナスに考えるかはクセがあって・・・先日のしやがれの包丁つくりで「いい味になってる」と智くん、やっぱりいいな〜私は「あ〜すればよかった」とグズグズいうタイプ。マイナスにいきそうなときはこのことを思い出してます。


「まだ見ぬ世界へ」 みくさん♪

振り返るとあの時は“ミッドライフクライシス”の真っ只中でした。人生これで良かったのか等、価値観が揺さぶられ、心のコントロールが不可能になり、心に加え体も重い状態。加えて、男性に次々に昇進を越され、仕事での道しるべも、自信も無くしている自分・・・
そんな中、出張中の上司から一本の電話があり、
「内示がでた。1日付で、○○への異動が決まった。」
環境の変化がキツイ時期に異動の辞令を受けたのでした。

そんな時、「まだ見ぬ世界へ」の

「空の向こうに見えているのが果てない荒野だとしても」
「いつか辿り着く場所がある」

このフレーズが、覚悟を決め、与えられた事を受け入れ、
何とか前を向いて進もうという気持ちに導いてくれました。

技術出身の方が多い部署への異動、初めて担当する業界、文系の自分にできることを探しながらの毎日、それは今も続いていますが、たとえ見えるものが荒野でも歩いて行こう、嵐の曲を携えて・・・いつか辿りつく場所があるのだから・・・と思っています。


「音楽の力、アイドルの持つ力」 ことさん♪

〜「Disco star」「キミの夢を見ていた」〜

去年のデジタリアンツアーは私にとって忘れられないコンサートとなりました。
10月落選メールが届き、どっと落ち込み少し嵐さんから遠ざかっていました。
手元に届いたアルバムも行けないからと封も開けずにしばらく放置してました。
11月に入り、落選の落ち込みから少し浮上し、CDも車の中で聞くようになりました。
そして、11月半ば私の人生において最大の哀しみが訪れました。母が不慮の事故で突然亡くなったのです。
丁度その頃は家族のことも忙しく、息子が修学旅行の準備、娘の高校受験の私立高の説明会、仕事と父の見舞いとフル回転で動いている時期でした。
そこに、母の悲報。もうパニック寸前でお葬式の手配、親戚の対応に追われ、心身ともに疲れ切っていました。
仕事に復帰し帰宅する車の中で、「キミの夢を見ていた」が流れるともう自分の気持ちを抑えることが出来なくなり、涙があふれるので、近くのコンビニに駐車しひとしきり泣いてから帰宅するという日々が続きました。
そのコンビニはローソンだったので、智君がサンタの帽子をかぶっておどけた表情のポスターが貼られてて、それを見る度、「この一番つらい時こそ、あなたに会いたい、嵐さんに会いたい」とまた涙してました。
12月にはいり、制作解放席メールにかすかな期待をして申し込みましたが、再び落選のメール。また嵐さんにフラれ放棄してました。
嵐さんが東京でツアー最後まであと3日となった日。母の四十九日法要でした。一通り終わったあと、友達の勧めもあり相葉君の映画「MIRACLE デビクロくんと恋の魔法」を観ようと翌日映画館の座席の予約をしました。
そのあと、私にもMIRACLEが起こりました。


その夜に、知人から1通のメール・・・・・デジタリアンに行けることになりました・・・。

当日、チケットを受け取りドームの中に入ったときから涙が止まらず、夢でなかったんだと、やっと嵐友さんにメールを送り報告させていただきました。 
コンサートが始まってからは、ずっとずっと涙で正直ほとんど覚えてません。ただ、相葉君のDisco star様を観たときは、久しぶりに心から笑うことが出来ました。相葉君の映画、そして全力で踊り歌い楽しませてくれる姿にとても救われました。
そして、最後に「キミの夢を見ていた」を歌う嵐さんに母との思い出が走馬灯のように浮かび、また涙ナミダでした。
歌の持つ力、好きなアイドルに支えられる経験を初めてしました。

これから、またツアーの当落があります。
本当に嵐さんに会いたい人、嵐さんを必要としている人に
チケットが届きましように。心から願っています。



「voice」 rinrinさん♪

ささくれ立った心を隠し、何事も無いかの様に過ごす毎日。
独り車の中で「疲れたな・・・」と呟くと決まってこの曲を選曲します。
「シンドイよね。でももう少しがんばってみようよ!」そんな事を言ってくれている気がするのです。
遠赤外線のようにジンワリと癒してくれ「しょうがないなぁ・・・もうちょっとがんばってみるよ〜」なぁんて滑稽な会話が私の中では成り立っているのです。
奮い立たせるような強いメッセージ性はないけれど、そっと寄り添ってガス抜きをしてくれるとっておきの曲。

「BLAST IN 沖縄」・・・彼らも沖縄に行ってないことを気にしていたし、近い将来実現するような気がします。
その暁には私も沖縄の綺麗な夕日を見ながらこの曲を聞いていたいな〜


「青空の下、キミのとなり」 マルコさん♪

昨年私の下で働いていた若いスタッフが母親を亡くしたショックから心を病み長期療養に入りました。そしてこのことは“自分はダメな人、必要のない人”と更に彼女を追いつめました。
私自身も早く母親を亡くし、同じ経験者として彼女の母親が闘病中の頃から相談にのり、亡くなった後も励ましていました。会社と共に彼女のサポートにあたりましたが、上司であり同じ状況を乗り越え生きる私の存在は彼女にプレッシャーを与えることになり、ただ見守るしか出来ない日々になりました。
2か月前、彼女が支えてくれた彼と結婚したことを聞きました。そしてこの夏で契約も切れ退職となることも。
その帰り道。車のカーステに入っていたのは『青空の下、キミのとなり』。“癒えない 解けない 傷はない”“いらない 必要のない 人はいない”流れてきたさりげなくも力強い応援歌。それを爽やかに歌い上げる嵐さんの声が心に沁み、彼女が一歩前に進めたことに涙が溢れて仕方ありませんでした。そして私にも一歩踏み出す勇気をくれました。上司に彼女の新しい住所を教えて貰えるように頼み、彼女から了承を得て連絡先を聞けたのです。
今日で彼女は退職となります。お疲れ様とおめでとうと共に私なりのyellを手紙にして送りたいと思っています。
ふとした瞬間にスッとソッと背中を押してくれる嵐さん。本当にありがとう・・・。


「5×10」 真智子♪

私が嵐ファンになったのは、ちょうどこの曲が発表された頃でした。娘が先にファンになり、娘にせがまれて買った嵐10周年ライブのDVDやベストアルバムを聞いているうちにいつの間にかハマってしまっていました。その頃は特に担当も無く、メンバー全員が同じくらい好きでした。周りから「誰が好き?」と聞かれ、「みんな♡」と答え、意外な顔されるたびに面白く思っていました。今でこそ大野さん担当ではあるけれど、やっぱり“嵐あっての大野さん”で考えるという点では変わっていません。
でも、ネットで情報を集めるようになってから、ファンそれぞれが見ている風景に戸惑うことが多くなりました。楽しいと思っていたレギュラー番組の感想一つとってもいろんな意見が聴こえて来るし、大野さんに対するリスペクトの方向もまったく違うし、ファンの中でいろいろな論争が起きるたびに彼らへの純粋な気持ちが削がれていくようで、正直疲れていた時もありました。

そんな時にBLAST in Hawaii・・・万が一のチャンスとばかりエントリーするも落選。当前のことと分かっていてもハワイに行けたファンがうらやましくて、映像見るたびにちょっと悲しくて・・何だかわからないけど気持ちがどんよりと落ちていました。
やがてHawaiiライブBDが届き、彼らが「5×15」としてこの曲を歌ってるのを聞いた時、「この人たちを信じて5年間、ついて来て良かった・・。」と心から思いました。そう、5年前は今一つ響いて来なかったこの曲が、本当の意味で自分の胸に響いた瞬間でした。
そしてその冬、DIGITALIANツアーで初めて自分名義が当たりしかもアリーナで・・。「人は人、自分は自分。自分が見た嵐の風景が、まぎれもなく自分にとっての真実。」そう思えるようになってここにいます。

ありがとう!ARASHI!これからも、6人目の嵐でいさせてください・・・。






 

嵐結成15周年記念〜第2回「元気をくれた嵐曲エピソード」part2

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 18:48
 


「ピカンチダブル」 ♪春抱きさん

嵐くんを好きになって、日が浅いので全ての曲を聞けていない状態で申しわけないですが、映画(2作)とともに、この歌に元気付けられました。子供が中学生思春期で、親子ともども勉強と生活環境にイライラしていました。
嵐くんとの出会い、この歌との出会いで今、子どもに大事なことを楽なゆるい気持ちで考えられるようになりました。最近は、もうゆるくなりすぎで(笑)ピカンチハーフも楽しかったです!



「言葉より大切なもの」 ♪naoさん

どうしようかな・・・この曲。エピソードがテーマと合ってないような・・・と考え続けて数週間。
でもサトシックな自分が元気になった曲だからとこじつけての再投稿です。
嵐入門編としてのDVD「5×10」のクリップ集はわくわくしながら観始めたのに前半は智くんの切なくて儚げな表情に胸がザワザワするばかり・・・。
当時智くんの過去の歴史は何も知らなかったけど居なくなっちゃいそうな気配がプンプン漂ってました。
(全くの思い込みです。)
やっと安心にて観られるようになったのがこの曲と「ハダシの未来」からです。
ここから私は元気に観られるようになりました。
結局ファンになりたての頃からずっと大好きな曲なんですね。(もちろんMVも。)
歌詞もその時の自分の状況によって色んな捉え方ができるのでワンフレーズだけでグッと来てしまったり時には背中を押してもらえる気持ちになる事もあります。
何より出だしの智くんソロからの「〜あるからーヽ(^o^)丿」を叫ぶのはサトシックのアンチエイジングと捉えています。
やっぱりうっすい内容ですみません。

そして福島ライブでも披露されていたこの曲は嵐さんからの言葉より大切なものを伝えるメッセージソングとしてこれからも歌い続けて欲しい1曲でもあります。



「僕が僕の全て」 ♪なのはさん

中2のとき、何も上手くいかないときがありました。同じクラスに気の合う友達がいなくて一人になってしまうことが多く、何回も泣きました。部活でも失敗ばかりで、私なんかいなくていいんじゃ・・・と思うこともありました。そんなとき、この曲を何気なく聞いてみたら、
「ありのままでもう1回歩き出そう悲しみ越えて」
と言う歌詞が背中を押してくれました。私が嵐を好きになるきっかけにもなりました。どんなに辛いことがあっても、テレビで嵐さんを見ると忘れてしまうんです。頑張ろうと思えるんです。
だから私は、嵐のことが好きな嵐さんが大好きです!


「Road to Glory」 ♪葡萄さん

この曲は主人が元気をもらった曲です。
今年の2月の大雪。ブドウ栽培をしていたビニールハウスが倒壊。自然災害の恐ろしさを感じました。
落ち着いた頃長男の野球の試合に主人がひとりで出かけ、たまたまこの曲を聴きました。

迷いや不安も力に変える

今日が見えないときは思い出して
繰り返した痛み何度も立ち上がれる

たぶんこのあたりの歌詞だと思うのですが、力が湧いてきたそうです。
あれから半年、少しずつですが前に進んでいます。今も色々なところで災害が発生しています。歌を力に頑張っていきましょう。

ちなみに私は「サクラ咲ケ」です。子供たちの受験の時は必ず聴いて元気をもらいます。今年もこれから何度聴くのかな。



「Hero♪♪」 ♪のぞみさん

私は今年高校生になりました。私立なので学校は変わりません。しかし、私の学校はまだ出来たはかりなので人数が非常に少なく、先輩方と一緒に授業をしています。しかし、その先輩方とうまく関係を持つことが出来ず毎日辛かった時、Heroを聴きました。

「流した涙 越えてここに立つ そのまなざしは 世界に勇気を与えるHero」

この歌詞に特に何度も励まされました。私はそして少しずつですが関係が良くなりました。今でもずっと励まされ続けています!



「happiness」 ♪松潤推しさん

この曲は私が嵐ファンになったきっかけの曲です。
七年前の宿泊学習のテーマ曲で、皆バスの中や、キャンプ場で歌いました。落ち込んでいた日も、この曲を聞くと、あの日の楽しかった風景が蘇ります。



「VOICE」〜胸の中に響くあたたかい“記憶”〜  ♪海風さん

二回目の投稿は『Your Eyes』のカップリング曲の『VOICE』についてです。

初めてこの曲を聴いた時、ちょっと驚きました。
だって、イントロの三線(さんしん)の音がまさに沖縄メロディーだったから!

三線と一緒に聞こえるオカリナのような?リコーダーのような?音色も、緩やかで優しくて胸の中が柔らかく温かくなっていくような感覚になります。

私は海の近くに住んでいて、歌詞にあるような「夕暮れ時の水平線に沈む太陽」をよく目にします。
青空がオレンジ色に染まるその水平線の風景は、本当にあたたかくて優しくて、見ているとまるで肩の力が自然と抜けていくようなんです。

そしてこの曲を聴いていると、これまで自分の胸の中にいつの間にか仕舞われてきたたくさんの思い出、その時の気持ち、その時の景色・・・そういったものが、形は無くとも優しい誰かの声のように胸に響いてきます。

記憶が語り掛けてくる・・・なんだか、そんな感じ。

だからかな?、私にとって大好きで大切な曲のひとつです。

DVD『アラフェス2012』のアンコールラストにこの曲を歌った嵐さん!
いつか沖縄に来て、野外コンサートしてほしいです。
その時はきっと、夕暮れの時の青色とオレンジ色に包まれて『VOICE』歌ってください・・・。

水平線に夕日が沈むその瞬間には、そんな願いをそっと胸の中でつぶやこうと思う私・・・なのでした。



「愛をうたおう」 ♪のぞみさん

私は、中3の時にいじめを受け、転校しました。しかし、それがキッカケで常に新しい学校でも人を疑い、高等部(私立なので)に入った今でもみんなにはどこか心を閉ざしています。学校でもなかなか笑顔になれずにいて、周りもあまり私に話しかけようとはしません。しかし、『愛を歌おう』を聴いたとき、サビの歌詞で「君が笑えば みんな笑って」という歌詞がありました。それを聴いたとき「笑おう!笑ってれば絶対楽しくなる!」という思いになりました!相葉ちゃんも「楽しいから笑うんじゃなくて、笑ってれば楽しくなる!」って言ってるし!そんな励ましをくれました!




「夜空への手紙」 ♪真智子

あの日私は・・
納車したばかりの新しい車に乗って、ウキウキ気分でスーパーに買い物に行っていました。
そんな最中、携帯が鳴って実家の母から電話・・

「T県の警察から電話があって・・(弟)が山で雪崩に遭って亡くなったって・・。」
「うそでしょ!」
「もう駄目だって・・」 泣き崩れる母・・
そして一言・・「落ち着いて運転して帰りなさい・・」

夢なのか現実なのか・・私は頭が真っ白になって、ただ一生懸命ハンドルをにぎりしめていました。

夕方、羽田空港で両親と弟の妻である義妹と落ち合い、山のふもとの町へ飛び立ちました。信じられない面持ちの義妹の携帯には、雪崩の起きる数時間前に送られた山の写真がありました。それは真っ白な山の景色と、どこまでも澄んだ空の青でした。

「うそでしょ・・・」 この言葉が頭の中をぐるぐる回っていました。

弟を迎えに行くのは地元の警察署。空に浮かんだ月がどこまでも神々しく、悔しいほどに美しかった・・まるで、悲しまないでと言われてるみたいで。

ようやく見届けることとなった現実・・。霊安室に眠る弟は、信じられないほど安らかでした。美しい景色の中で、まるで自分が亡くなったことさえ気が付かぬままあっという間に逝ったのだと、そう思えるような最期でした。

葬儀の日。棺には、弟がまだ高校生の頃、2人で縦走した屋久島の地図を入れました。思い起こせば、山の魅力を弟に教えてしまったのは私だったのかもしれません。大学でワンダーフォーゲル部だった私は、山の魅力を何度となく弟に語っていました。だから、弟を飲み込んだ雪山を恨む気持ちはありません。義妹に送られた写真も、数時間後の悲劇を全く感じさせない夢のような風景で、きっと嬉しくて撮った1枚だったに違いないから・・。

弟の葬儀のあと、待っていたのは嵐の「LOVEコン」・・これは弟が私に贈ってくれた最後のプレゼントだと思い、私はドームに向かいました。でも、相葉くんのソロ「夜空への手紙」を聴いたとき、今まで我慢してた思いが一気に溢れてしまいました。「また会えるから。」そんなメッセージがこの歌にはこめられていて・・。きっと弟もそばにいてくれたと、今では感じることができます。


その後、嵐を通じていろいろな出会いもあり、きっと私が寂しい思いをしないように弟が助けてくれているのだと思っています。

そして今、天国の弟に伝えたいこと。

「ありがとう。また会える日まで、お姉ちゃんは自分の人生を大切に大切に生きていくよ!」





みなさん、本当に貴重なエピソードをありがとうございました。最後に一言・・・


               『LIFE is HARD・・・HAPPY』

これは、ピカンチのタイトルの一部です。あなたは・・・のところに何という文字を入れますか?
私は「やがて」という文字をいれます。人生はもともとHARDなものです。でもきっと、雨が降った後の虹のように、HAPPYな時はやってくると信じたい。これからも嵐曲に元気をもらいながら、共に踏ん張っていきましょう!そして改めてこの言葉を!

                   ありがとう!ARASHI!




*タイトルのバックに使わせていただいた写真は、沖縄在住の嵐友さんに送っていただいたものです。part1は沖縄の空、part2は沖縄の海です。ありがとうございました。










嵐結成15周年記念〜第2回「元気をくれた嵐曲エピソード」part 1

  • 2014.09.15 Monday
  • 00:09



嵐結成15周年おめでとうございます!


昨年、勢いではじめたこの企画。一個人のブログに自分の貴重なエピソードを投稿してくれる方がいるのか?そんな挑戦的な思いで呼びかけた日のことを思い出します。今年はランキングも卒業し、皆さんの目に触れなくなった分ドキドキな感じだったのですが、なんと昨年より多くの投稿をいただきました。本当にありがとうございました。そのため、今回は記事を2日に分けて紹介させていただきます。皆さんの貴重なエピソードが、また誰かの背中を押してくれますように・・。


それでは、投稿して下さった順にご紹介します。





「Dear Snow」  ♪バケラッタさん

言わずと知れた「大奥」の主題歌。そして、嵐メンが主役を務めた映画で、唯一私が劇場に観に行った作品です。
初めて聴いた時から忘れられなくなった、切ない日本調のメロディーに、珍しくちゃんと歌詞を覚えた曲で、…どうせなら映画も、切ないまま終わってくれたらいいのに…と、勝手に思っていました(笑)
ニノの目尻に紅を差した化粧がとても美しく、印象的でした。



「Attack it!」 ♪naoさん

一番最初に購入したDVDが風景コンのDOME+でした。
その当時些細なことばかりですが色んな気がかりがいくつかあって どんよりした日々が続いていました。
何となく自分が「負」の状況に置かれていたからこそキラキラオーラに引き寄せられたのかもしれません。
初めて観るコンサートDVDなるものは 私にとってはオープニングから衝撃でまさに夢の世界でした。
そんな中で始まった「Attack it!」
翔君のうさぎ耳からの心地よいアップテンポにつられて初めて聞く曲なのに客席との一体感も相まって嵐さんと一緒に腕を振り回したくなる自分がいました。
正直当時歌詞は殆ど解りません。
でもやっぱりここだけははっきり聞き取れました。
「外野の言葉はシカトする!(Ha-ha!)」
たったこれだけなのに翔君や嵐さんのメッセージがとても心に響いた気がしたんです。
私は別に外野に何か言われたわけではないけれど結局は気の持ちようとか解釈って自分次第かなって目が覚めた感じでした。
同時に国民的アイドル嵐はすっごい頑張ってるんだって単純に感動してしまいました。
私にとって嵐さんは存在そのものが元気の源だけど この曲のエネルギーは今も大きな力です。



「everybody前進」 ♪rinrinさん


 次男が高校生になり「これからお金かかるし私も頑張って働かなきゃ!」と意気込んでいたある日、次男より「学校に行くのがしんどい…」と告白されました。相性の悪い先生がおりその先生の授業が近づくと気持ちが悪くなる。今まで我慢してきたけどもう無理と涙ながらに。退学を考えつつ、出来るだけ進級出来るようやってみよう…ということで私は無職となり自力では登校できない息子を車で送っていく事になりました。息子を降ろした後、元気になりたくて嵐の曲を涙ぐみながら聴いてました。「今日も保健室行っちゃうかな。早退しちゃうかな。高校生を送迎するなんて過保護なのかな。仕事どうしようかな。」いろんな思いがあったけれどこの曲を聴いて「きっとどうにかなる!」と思えたのです。その後ギリギリで進級し現在受験生なのですっかり過去の事になった訳ではないですが、自力で学校と予備校に通っています。他にも元気をもらった曲はありますが一番に思いついたのはこの曲かな?



「SUPER FRESH」 ♪みーやんさん


今回、改めて色々聴いてみて「おっ」と思ったのは「マイガール」カップリングの「SUPER FRESH」でした。
"Maybe"ていうか今日は日々に感謝をするとき?
〜略〜
いつもそばにはMusicとWe wish そうでっかいLoveとピース
〜略〜
今日のモットー「優美Hold on」ダメージ傷なんて癒え 小休止Now
って感じで、ちょこちょこ自分に響いてくるフレーズがありまして。ちょっと私、疲れてます?(笑)
そのフレーズを嵐さんが淡々と歌っているので、何だか言葉が無理なく心に入ってきて、元気をくれる感じがしました。



「サクラ咲ケ」「Step and Go」 ♪ぴよさん


私が嵐さんに元気をもらった歌は「サクラ咲ケ」と「step&go」です。異動に伴って仲がいい人達と離れなくてはならなくなった時、「遠く離れても決して消えない、だから別れじゃない」という歌詞とstep&goのラップ部分に助けられました。あの時に嵐の歌がなかったらもっと落ち込んでいただろうなぁと思うと、音楽の力を感じますね。



「GUTS!」  ♪ぶーちゃんさん

♪答えが間違いでも その勇気があれば
 真実はいつだって ひとつだけじゃ終わらない・・・
 
 人は誰も弱いものさ 泣いてるんだよ・・・

 まだまだ諦めるな どんな小さい希望でも
 明日のためのエール 心でぎゅっと抱きしめて♪

私の考えが 間違ってるの?私が ダメなの?
そんな悩みが 心に渦巻いていた時 
この曲が流れてきた・・・。
気が付いたら 号泣・・・。

人と答えが違っていても 自分を貫く勇気さえあれば
真実は1個だけじゃない。
人の数だけ 真実があるのだ・・・。

そう 語りかけてくれたこの曲が 
私を涙のあと 笑顔にしてくれた・・・。

GUTS! 
この歌は 私の人生の道標☆




「揺らせ、今を」  ♪りえさん

皆さんご存知のとおり、2010バンクーバーテーマソングのこの曲。もちろんこの時期にも選手の姿と共に力をもらったのですが、この曲の存在の大きさを改めて知るのは翌年のことでした。
娘の小学校で初めての運動会。この頃、毎日楽しい反面、息子の発達障害傾向に各所に相談したりはしていたもののこれだという答えも見つからない、このもやもやした悶々とした思いをどうしたらいいのかという日々を送っていました。
そんな中での運動会。5,6年生の組体操。知り合いはいなかったものの興味本位で見ていると「揺らせ、今を」がバックで流れてきました。メイン競技なのでシーンと静まりかえっていて、一つ一つの歌詞とメロディーが耳に入ってきて、わが子が出ているわけでもないのに気付いたらポロポロと涙が・・・。
色んな個性の子供たちが集まって一つの物を作り上げている姿に感動すると共に私に一筋の光が見えたような瞬間でした。
あれから3年。親ですから日々悩みは尽きないけれど、確かに一歩一歩進んでいるし、これからも一歩一歩踏みしめていきたいと思っています。そして6年後・・・息子の組体操、見れるかどうかはわかりませんが見ることが出来た時また改めてこの曲を聴いてみようと思います。




「friendship」 ♪みほさん


誰かの曲を聴いて初めて泣いたのはfriendshipでした。相葉ちゃんのメンバーを想う気持ちがひしひしと伝わってきて、ほんとに嵐って最高だなって改めて思いました。



「ファイトソング」 ♪みほさん


この曲は、私が高校入学して間もない頃に元気づけられた曲です。周りの子は友達がどんどんできていってるのに、私はなかなか決まって一緒にいる友達もできず悩んでいた時期でした。そんなとき、ファイトソングを聴いて元気をもらっていました。




「柔らかな愛のような…」 ♪海風さん

嵐さんから元気をもらったり、癒やされたり、励まされたりする曲はそれこそいっぱいありますが、今回は二宮さんソロの『どこにでもある唄。』を。

私は、自宅で実母の介護を始めて今6年目です。
母を引き取って初めのうちは、それこそ寝食共にするごとく張り切って世話をしていました。
やがて適度に手を抜き、自分もラクでいられるよう上手く生活のパターンを組み立てられるようになり、安定した日常が続いてきました。
ところが最近は、以前より格段に手がかかるようになった母の世話が苦痛に感じられて、イヤでイヤで仕方なくなってきたのです…。
子供たちの成長に伴う環境の変化や私自身の年齢的な体と心の変化。
私には弟がいますが、当時独身だった彼も今は結婚して奥さんと子供と幸せそうにやってます。
これがまた、正直キツイ…。
本土から嫁いできた若いお嫁さんとまだ小さい甥っ子に介護の面倒をかけるのが忍びなく、最小限のお願いをするだけで過ごしてきたこの数年に、私のストレスは大きくなってしまいました。
「なんで私ばっかり…」「逃げたい…」
そればかりか、母の存在さえも否定するようなことを思うようになりました。
そして、そんな自分も大嫌いで落ち込んでいました。

そんな時『どこにでもある唄。』が、暗い心の奥底から私を明るいところへ引き上げてくれました。
「だから大丈夫…」って私も多分よく言ってたと思います。
でも、そのことが自分を苦しめてしまっていたということ。
二宮さんの歌声がすぐそばに聞こえて、まるで肩が触れ合うくらいの近くでこちらに目を向けて歌いかけてくれるような暖かさを感じて、モヤモヤだらけの頭からすーっと霧が晴れていくような感覚。

とっくに大人になってるはずの私…それなのにまだ負の感情に支配されて苦しいけれど、この曲を聴いているとゆっくりと深呼吸が出来て、ささくれた気持ちが落ち着いていくような気がしました。
同時に、私も母も他の家族たちもみんな、ただ息をして生きている…ただそれだけでいい…とすべてを許し、慈しむ想いにそっと頬を撫でられるような何ともいえない柔らかな愛のようなものを感じました。
おかげで、自分を嫌いにならずに今を踏ん張ろう!と思えるようになりました。
きっと、これからも何度もネガティブマインドに沈み込むだろうけど、怖くないかも…と思えます。

この曲が、嵐さんが支えてくれるはずだから…。



「season」 ♪真由美さん

この曲は、やっぱり旅立ちですよね。数年前の卒業式、担任として子どもたちと別れる日。式終了後、教室に戻ると、子どもたちが一斉にこの歌を歌ってくれました。朝の歌で歌っていたことがあります。歌の合間に、子どもたちが呼び掛けを入れてくれ、別れはさみしいけど、思い出を胸に頑張っていきます。と言ってくれ、すごくパワーをもらいました。幸せな職業だと痛感しました。




『誰も知らない』 ♪マドラーさん

死神くん放映中の今年5月23日に父を亡くしました。(ちょうど五話の放送日です)

心筋梗塞で救急車が到着した時には既に心肺停止状態。それから病院に搬送され、救命措置が成されてなんとか3日間集中治療室で頑張ってくれました。

父が救急車で運ばれたと聞いて病院に急いで駆けつけた時点で医師に助かる見込みはとても低いと言われてましたが、家族全員が余りに突然の出来事に事態を受け入れることが出来ませんでした。なんとか回復を祈って病院に泊まり込んでいた間、「もしかしたら残された時間は僅かかもしれないけれど、死神くんが迎えに来て、私たちとお別れする猶予を与えてくれたのかもしれない。出来ることなら死神くんが突然逝く心残りを少しでも解消してお父さんを天国へ送り届けてくれたら…。」と半ば本気で考えていました。

私が大野くんのファンであることと、大野くんがこの時に死神くんを演じていたことに不思議な縁を感じました。

そもそも原作を知らなかった私は大野くんが死神くんに出演しなければ、恐らくドラマを観ていなかったしこの曲にも出逢わなかったと思います。

元気をくれた"とは少しニュアンスが違うかもしれませんが、多少なりとも別れを覚悟して私がお父さんの死を受け入れることが出来たのは死神くんのドラマとこの曲のお陰です。

第一話放送日にMステで初披露された時はまさか父が亡くなるとは想像もしていなかったので単純にドラマ主題歌として聴きましたが、父が亡くなった後に改めてこの曲を聴いた時は、歌詞がリアルに迫って来て誰も知らない最期の時やだからこそ大切にすべき人の命の尊さを感じました。

今後もこの曲を聴く度にお父さんを想い出すと思います。




「Everybody前進」 ♪ふたばさん


今年の3月、前期選抜に不合格で気持ちの整理のつかないのに、4日後には後期選抜。3年間目指し続けた第一志望校には後期がなく、これ以上頑張る気力が出ずにいました。
そんな時に聞いたこの歌。前向きな歌詞と明るいメロディーに励まされました。夢を叶えるために必要なことを学ぶことが目的で大学にいくのだから、可能性がある限り最後まで諦めずやり切ろうと思えました。そして試験に向かう直前にも聞いて力をもらい、苦手な集団討論にも積極的に参加できました。
結果は残念なものでしたが、後悔は全くなく、受験に再チャレンジできています。辛いことはたくさんありますが、この歌でまた前を向いて頑張れます。来年こそサクラを咲かせられるよう、成功のイメージを持って「前進あるのみ」だと思ってます。




「LIFE」 ♪あんこうめさん


私の一番曲ですが『LIFE』昔色々生きづらくて、生きる意味を模索している時に激リピしては泣いて生きる力を与えてもらってきた曲です。「人には言えない悲しみや冴えない毎日が続いても〜もう少し進める気がした〜♪」もう少し頑張ってみようか。と思えた曲です。だいぶ前向きになれてからも、こんな私がファンクラブなんて…と何年も思っていたので、FCにお世話になったのは10周年を過ぎていました。自分名義でコンサートに行ったことのない運のない人間で、ちょっぴり参戦出来るかたが羨ましいなと思う事はありますが、分相応なのかな。と、子供達と陰ながら応援してます。いつかきっと5人に会いたい。会えたら良いな。




                次回、Prat2に続く・・・




嵐結成14周年!「元気をくれた嵐曲エピソード」紹介

  • 2013.09.19 Thursday
  • 06:46


 嵐結成14周年!おめでとうございます。結成当時はこんなにも多くの人を癒してくれるグループに成長するとは、想像もしていなかったでしょう。でも今、私たちはこんなにも力強く嵐に背中を押してもらって、毎日を生きています。ここに綴られたエピソードがまた誰かの背中を押して、一歩踏み出す勇気となりますように!
ありがとう!嵐・・     (投稿された順に紹介させていただきます。)



「揺らせ、今を」   ♪みるくさん

去年、某密林のpopcorn逆キャンセルを受けたとき、もうどこも初回盤は売り切れていて、
詐欺罪で訴えるとメールしたほど逆上してしまったんです。お恥ずかしい汗汗。
そのあと、買い出しのため殆ど興奮状態で車に乗り、そして流れてきたのがこの曲。

揺らせ揺らせ揺らせもっと どんなときも僕らは・・・

歌詞とメロディがすっと心に入ってきて、ささくれた気持ちが静まっていくのを感じました。
この歌、特に好きな部類でもなく、今も好んで聴いたりもしないのですが、
歌の力というものを生まれて初めて知ったという意味で大切な曲になっています。

あ、あれ以来密林とは手を切りました笑。


「beautiful days」   ♪たこさん

10年以上前ですが、ほんの2、3年の間に、父、祖母、妹と次々と亡くなり、
何年経ってもモヤモヤとした日々が続いていました。
特に妹が亡くなった事に関して、私が死んだ方が良かったのに、とか、何もしてあげられなかった。とか、
でもそんな事考えている私は悲劇のヒロインぶっているのではないか?とか。ウツウツと。。
そんな日々の中、
Monsterを聞き、丁度読んでいた小説の世界観にぴったりで、
この歌を歌っている人たちの他の歌も聞いてみたい!と、とりあえず聞いたのがbeautiful days
聴いている内に涙が溢れてきました。
悲しい歌なのに、前向き。ちょっと歌詞としてはちょっと言い方悪いけど、チンプな歌詞だな。と
思ったのですが、その歌い方に衝撃を受けたんです。
悲しみを振りかざすわけではなく、かと言って馬鹿みたいに明るく歌っていなくて。。
沁みました。。その時に、何かが吹っ切れたような気がしたんです。
もう会えないけど、今まで一緒にいた事は悲しい事じゃなかったよね?
そんな風に励まされている?と言うより、寄り添ってくれるような。

歌手、嵐、に落ちた瞬間でもありました。

元気以上のモノを貰った曲です。

ありがとう!嵐!


「still…と僕が僕のすべて」   ♪りえさん

正確には、ママ友が元気をもらったことによって私も元気をもらった曲です。

去年11月1日、息子同士が同い年ということで一緒に幼稚園願書提出や面接を終えて
一段落だねなんて普通にバイバイ。
翌日「旦那が転勤になっちゃった…」とママ友。お互いに凹みました。
ママ友には年長のお兄ちゃんがいたんで、冬休みに引っ越すとのこと。
一緒に遊んだりお別れ会もしました。
引っ越す当日は、少しでも助けになればと子供達を預かっといていよいよお別れ…
すでにお別れ会でみんなからプレゼントは渡していたのですが、個人的に何かお礼しようと
手紙を書いてたんですが、泣けて泣けてうまく書けず、かわりにこの2曲の歌詞をプレゼントしたんです。
CDじゃ気をつかわせちゃうかなと思って。

数日後メールが来て「ありがとう。元気出たよ。歌詞カード冷蔵庫の前に貼ってしんどい時は見てるよ」と。

私も元気になりました。

 

「曇りのち、快晴」   ♪きのこさん

3年ほど前の事。主人が海外に単身赴任することになり、母が住む町に娘二人と引っ越してきました。
学校に通いだして数日、下の娘が学校に行けなくなり、私はそれをなだめたり叱ったりしながら一緒に
学校までついて行き、午前中いっぱい廊下から娘を見守るといった日々が約4ヶ月続きました。

母はどっしりと構えていないといけないとわかっていても、娘の気持ちの上がり下がりにどうしても
引きずられてしまい、頼みの主人もいなくて一人でそれに対応していた日々は私にとって辛く長い日々でした。

そんな時、学校からの帰り道いつも聞いていたのがこの曲。智くんの曲の中でもどちらかというと
あまり聞かない曲だったけれど、聞いてると「私がへこんでちゃダメだ!」って元気が出ました。

この曲があの時の折れそうな私を支えてくれた。今でもこの曲を聞くとあの時の、
ひとりいろんな思いを抱えながら学校から帰った道の景色がよみがえります。

ちなみに娘は今では楽しく学校に通っています。


「まだ見ぬ世界へ」   ♪mugiさん

この曲は元気をもらい、度重なる落選からのショックから立ち直る為に
何故か必死に聞き・振付けを覚えた思い出深い曲です。
友人の温かい救いで2度だけ参加しましたが、今まで自分名義で一度も国立公演に当選したことがありません。
数年前のこの頃、盲目な程入れ込んでしまっていたので当選出来ないショックとコンサート当日に
友人達が(国立へ)参加してることを知るショックで、一時期鬱に近い状態になりました(苦笑)。

その頃、PVやテレビでPUSHしていたのがこの曲でした。
行けぬ・会えぬショックを何故かこの曲の振りを覚えることで紛らわしていました。
ツアーBeautiful World(東京は国立しかなかった年・私は国立未参加)で、名古屋公演に最後の最後で
声をかけてもらい、この曲で踊る嵐さんを見た時、涙が溢れて止まりませんでした。

今でも私を支えてくれ、元気をくれる1曲です。


「Di-Li-Li」    ♪いっちゃんさん

Di-Li-Liこの曲は 仕事に行き詰まり帰宅するにも疲れ切って
なかなか歩みだせなかった私の背中を押してくれた大切な一曲です。
毎日この曲を聴きながら口ずさみながら帰ったものです。
あの時があったから今の私がいます。
あの時この曲に出会っていなかったら仕事への姿勢も違うものになっていたかもしれません。

大切な大切な元気がもらえる一曲であるとともに出発原点の曲でもあります。


「サクラ咲ケ!」    ♪ぱるももさん

3年前、旦那が急に心臓の手術をすることに。うそ〜、と思う位に元気だけど。
何の自覚症状もないけど、弁が閉まらず。入院の2日前に嵐国立に私は友人と参加。
もちろん旦那は気持ちよく送り出してくれて。松潤が、元気で頑張れるよね〜!俺らもがんばる!と、
会場のファンに気合を入れてくれた。うん、うん、頑張る・・頑張るよ〜・・と涙があふれた。
そして、サクラ咲ケが。

握りしめた手が何か言う・・負けないようくじけないよう、今歌うから・・
振り向くな後ろには明日はないから・・前へまえへ・・

大きな声で嵐と歌ったよ。ありがと〜嵐。頑張るぞ〜!

そして、一番頑張ったのは旦那と先生でしたが、手術室へ行く旦那を笑顔で見送れたのは、嵐のおかげ。
その旦那は昨年のpopcornツアーで大野くんのファンサをもらったのでした。


「ファイトソング♪」     ♪とっきぃさん

人間関係で行き違いが起きたり、ちょっとした事で自分が「これで良かった?」と自問自答する事が
多々あります。

そして時には凹む事が多かったり。それを自問自答して、自分の中に溜め込みすぎる事がよくあります。
そんな時に嵐さんの「ファイトソング♪」を聴くと何だか嬉し涙がこみ上げてきます。

「時には泣いていい、でもそこで腐らず夢に向かって」
「今は悩むこともあるけど、それを乗り越えれば未来は拓ける」的な歌詞に何度勇気付けられた事か・・・

ファイトソングに感謝です。


「How to Fly」     ♪なぎさん

ダンナと出先でケンカして、車から降りて、家まで歩いて帰る!
という事態になったことがありました。
冬になりかけのちょっと、寒い時期、夕方から夜にかけて、小雨の中、傘もなく、
財布もケータイもなく、人に会いたくない・・と川の土手を延々歩きました。

もう、どうにもならないから、このまま川の中に入ってしまおうか・・
と思いながら歩いていた時に、ふと、思い出したのが「How to fly」


誰一人 独りじゃない 道がとぎれても
誰一人 独りじゃない 壁がさえぎっても


この歌詞で、ダンナとケンカしても、ワタシの味方はどっかにはいる!
と、いう気持ちになれて、なんとか家まで辿りつけたんだと思います。
思い出さなかったら、多分、土手に座り込んで凍死してたかもしれません(笑)

いまでも、世界にワタシを必要としてくれる人はいない・・と時々、
落ち込むことはあるのですが、この歌を思い出して、乗り切ってます。
曲調は暗いのですが、落ち込んでる時に、すっと入り込んでくれる歌です。


「Up to you」     ♪みくさん

今年の4月、中学校最後のクラス替えがありました。
でも、去年、一昨年仲のよかった子とは誰ともなれませんでした。
同じクラスに1人、去年結構話してた子はいましたがその子はクラスに親友がいたのであまり話せず…
1人でいることが多くなってしまいました。
私は部活で部長もやっていたのですが、そこでも上手くいかず、部員と衝突してばかり。
裏で悪口を言われ家に帰ったら泣く…そんな日々が続きました。
そんな時、嵐さんの「Up to you」が頭にうかんできました。

「君にしかできないとびきりの笑顔みせてよ」
「きっと未来は変えてゆけるさ」「本当の自分を取り戻そう」

聴いた瞬間泣けてきて、心が軽くなりました。
泣いてばかりじゃだめだ、とりあえず笑ってみよう…そう思えるようになり
今ではクラスで仲のいい友達ができて、部活も上手くいきました。
引退試合後、みんなに「あなたが部長でよかった。楽しかったよ。」と言われ
サプライズで手紙ももらい、部員全員笑顔で引退することができました。

あの時、嵐さんの曲を聴いてなかったら今の自分はいないと思います。嵐さん、ありがとう!


「サクラ咲ケ」    ♪チビねこさん

この歌は、3人の子ども達の応援ソングです。
長女が小3の時に今住んでいる街に引越して来た頃、友達がなかなかできずの時。
真ん中の子が小2の頃、友達関係で悩み学校に行けずにいた時。
下の子が幼稚園時代、友達にイヤなことを言われ落ち込んで、大好きな幼稚園に行きたくないと言っていた時。

サクラ咲ケの歌詞である。
「負けないように くじけないように 今 歌うから」
「振り向くな後ろには明日はないから 前を向け」この歌詞が、後押ししてくれました。

今でも、毎朝、サクラ咲ケを聞いて、子ども達は学校に行きます。
この歌を聞くと、ネガティブになりそうな時、嵐のみんなも一生懸命 頑張っているんだから、
私もしっかり前を向いて頑張ろって思います。


「♪♪図々しいくら〜い前向けmovin'on movin'on 〜♪♪」  ♪海風さん

何故か毎年子供の学校でPTA役員をしている。去年は掛け持ち。
だから、〜委員長や〜部長はゴメンナサイ。
活動スタートしたとたん私のいる部の部長さんが辞めちゃった!くじ引きだったから元々無理があった。
でも代わりに手を挙げる人は…いない。この時期TVCMで『誰かを待つよりまず自分から。』ってずっと
流れてた。
私に言ってるみたい。散々迷って…引き受けた。
その後またPTA行事のお祭りで司会を決めなくちゃいけなくて…やっぱり誰もいない。
私に話が回ってきたけれど、もうこれ以上目立つのは嫌で嫌で。
でも司会がいなくてはせっかくのお祭りも進行出来ず…毎年子供たちが楽しみにしているのに…。

そんな時、嵐のライブDVDを旦那と観てたら「この歌みたいでいいんじゃない?図々しく前向けば」とTroublemakerの一節を歌う旦那。
私が悩んでたのを知ってたんだ。旦那のこの一言とこの曲のフレーズに後押しされて勇気が湧きました。
他人の目を気にするより、自分の心の目を見つめるほうがいい
“movin'on!私”ってね。“散々な日も最高級のスマイル〜♪”で。
 

『感謝カンゲキ雨嵐』    ♪海風さん

あの日〈2011/3/11〉私達の世界は変わった。これまで当たり前だったはずのものが、幾つも幾つも失われた。
〈被災地〉と呼ばれるようになった多くの人々の故郷。あの頃、毎日目にし耳にした沢山の悲しい景色、
悲しい言葉。
誰もが何か自分に出来ることは…?自問自答してた。
TVで観た、あの日この世に生を受けた子供たちの姿。様々な困難の中、まるで奇跡のような誕生の瞬間。
失われてしまった命と新たに授けられた命の意味。生まれながらに、宿命を与えられたかのような子供たち。
そんな時、嵐が被災地の体育館で歌ってた。

♪泣きながら生まれてきた僕達はたぶんピンチに強い〜♪♪

涙が溢れて止まらなかった…。
そう、これからどんな困難が待っていたとしても、私達はこの世界に生まれ落ちた
その瞬間から〈ちから〉を与えられてる。誰もが。
だから♪SmileAgain、I'mSmileAgain〜♪♪

被災地の方々にとっても、そんな応援歌のひとつにこの曲がなってくれるといいな…。


「感謝カンゲキ雨嵐〜どこにでもある唄」  ♪明美さん

私はいじめられていたことがありました。
リストカットをしていたときもありました。自殺未遂もしました。
「生きる意味がない」そう思っていました。
でも、ある日TVをつけたら、VS嵐がやっていたんです。そこで見た笑顔。
カッコイい。って思いました。その後、調べたんです。分かったこと。
嵐はジャニーズ。嵐は歌って踊って演じるアイドルだということです。 
たまたま、「感謝カンゲキ雨嵐こにでもある唄。いいよね。」って書いてあったんです。
その2曲が入っているアルバムを借りに行きました。そうしたら、泣いちゃって。
元気もらえたんだと思います。 
私はそれ以来、嵐ファンになりました。同時に死にたくない。って思ったんです。
だって、死んじゃったら、嵐さんに会えないから。
辛いとき、思うんです。こんなところで負けちゃダメだ。嵐さんなんかに負けない。って。 
私は今、好きな野球をやっています。好きなものを見つけられたのも、嵐さんのおかげ。
 
私の夢。嵐さんと話して、お礼を言うことです。 
人嫌いだった私が初めて信じたのは嵐さん。私を救ってくれた嵐さんありがとう


「ファイトソング」   ♪ことさん   


息子が小5の時、少年団のサッカーチームに入団。
初当番の日、緊張しながらも気を遣いながらも自分なりに頑張っていた矢先、
私のことを嫌いなママさんが私の悪口(噂話)をしたのでしょう。
やっと話せるようになったママさん達が一斉に私に冷たい態度をとるようになりました。
その後も、表向きは話してくれても、食事会などは一切呼ばれず2年間苦痛のまま卒団しました。
息子もあまりなじめず、時にいじめのようなものを受けて
それを見て何もできない自分も嫌でした。
何度も辞めようと思ったけど、息子がガンバるというので、親子で泣きながら最後まで頑張りました。
そのつらい期間、何度もファイトソングに励まされました。
お当番の前日体が強張り、緊張と嫌気で吐きそうになるのですが、
嵐さん達が、ゆるく頑張れ〜って歌ってくれると、少し体の緊張が解けるんです。
人は人、自分は自分と歌われると、自分の今やれることだけやればいいんだと思えたんです。

この歌を聴くと今でもその頃の辛い気分を思い出すけど、
今は、最後まで辞めずに頑張り続けた、息子と自分は
負けない心を身につけたんだと、胸を張れます。

ありがとうファイトソング
ありがとう 嵐

「Carry on」   ♪みぃさん

あらしっくになって初めて買ったアルバムに入っていた曲です。
当時はFC入会を親に許してもらえず、コンサートに申し込むことも許されませんでした。
その頃私は自分の存在意義みたいなものについて本気で悩んでいて、死にたいと思ったこともありました。
そんな時、ふと聴いていたこの曲の歌詞がすっと心に入ってきて、すごく励まされました。
嵐の歌声が心に染み渡るのを感じて、涙がこぼれたことも思い出します。
それから「いつか嵐に会いたい」という夢が出来て、家族や友達とも上手くやれるようになりました。
だから、この曲と嵐さんには感謝してもしきれません。


「♪ナイスな心意気♪」    ♪ぶーちゃんさん

今は なんで そんなに凹んでいたのか? 憶えていない。

『今がすべてじゃないから あんまりムキになんなよ。
 ウソもつくし インチキしても 誰かを 助けてる
 たまに・・・♪』


「あっ!そっか〜 そうだよな(笑)」
心が すうーと 軽くなっていった。

肩に力が 入っていた。随分と 自分に 負荷をかけていた。
「もっと自分らしく 自由でいいんだ! 次もあるはず。」

そう ARASHIが 教えてくれた。

押し付けがましくなく 自然で 
愛に満ち溢れている ARASHIの奏でるメロディーは 
いつも 私を こころ豊かにしてくれる。

ありがとう!ARASHI


「きっと大丈夫・エナジーソング絶好調超」   ♪シヴァさん


世間は甘くない なめてたら すぐにボロが出る
当たり前が出来てない 簡単でも わかったふりはもうやめよう
あの日君と見た夢を 無くさないで諦めないで
(オーライ!) 初めからやり直せばいいさ (何度倒れても!)


この台詞は励まされます。
普通に、たぶん大丈夫、じゃなくて、「きっと大丈夫」ですから。それだけでもまたやる気がでてきます。凹みすぎないところがいいです。


エナジーソングも同じで

ここまで色んな事あった。 そんなの皆一緒だ。


この台詞が、ともすれば自分だけ運が悪いなんて思わないように歯止めをかけてくれます。


嵐さんに「そんなの皆一緒だ」なんていわれたら、そうだな、みんないろいろ辛いんだ、でも頑張ってるんだよなと思い直すことができます。


「凹んだ先にあったもの〜ファイトソング」  ♪真智子  

ポプコン当落の日、運命の瞬間がやってきた。メールが鳴る音そして・・・落選・・

目の前が真っ暗になった。分かっていた。行けない人のほうが多いのだから。
喜びにあふれるツイートと泣き顔のツイートが半々になり、やがて泣き顔だらけになった。
嵐友からもメール「ダメだったよ。」泣き顔のデコメが踊ってた。今年もそろって玉砕か・・。

次の日、落ち込んだ気持ちもおさまり元気も出て来たころ、嵐友からメール。「ゴメン、私行けることになった・・。」
それからしばらくして、嵐友のもとへチケットが・・なんと!!「アリーナAブロック」・・
「すごーい!よかったね。銀テープ拾ってきてね!」そうメールを返し、動揺隠せないまま買い物に車を走らせる。
カーステレオをつけると嵐。

「♪いつも通りの君でいい〜なんて言わないほうがいい〜♪」

こんな時に「ファイトソング」流れるとは・・

ありがとう嵐!一生あなた方について行きます・・。


           

投稿ありがとうございました。普段あまり聞かなかった曲は改めて聞いてみてからお返事もさせていただきました。そのおかげでお気に入りの曲がまた増えました。それぞれの思いに、私自身も元気がもらえました。さらに、こんなにも沢山のエピソードをお寄せいただいたことに感謝しています。やっぱり嵐さんってすごいグループですね!こちらのエピソードへの感想もよろしかったらお寄せ下さい。


  

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM