ニノを俳優だと思っていた頃

  • 2016.03.06 Sunday
  • 00:40

二宮くんが日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝きました!映画のみならず、昨年暮れから2本のSPドラマでも冴えた演技を見せていたニノ。昨年岡田くんが最優秀主演男優賞に決まった時から何となく、その日が来るのではと思っていた私です。



10年くらい前でしょうか・・私が最初に二宮くんという人を認識したのは、アイドルとしてはなく俳優としてでした。ちょっと儚い感じの昭和顔の少年。とにかく幸薄い役が多かった。ある時たまたま「情熱大陸」(2007年)を観ていたらそれが二宮くんでした。ずっと俳優だと思っていたけれど、そうか・・嵐なんだ。しかもアイドルであることを意識しつつ映画の現場に立っているのだ。という事を知りました。カメラが回っている時は監督に求められることを忠実に演じ、休憩時間はひたすらゲームに没頭。自分の存在を消し去るかの如く空気のように飄々と・・あの頃のニノはそんな風にみえました。そんなニノだからこそ「悔しくて。」とか「俺も(賞が)欲しいなぁ。」とか、そんなコメントを語る彼は意外でした。きっと何かのスイッチが入ったのでしょう。思えばジャニーズは、このような賞レースを今まで辞退してきたという話も聞いています。なので岡田くんが主演男優賞にノミネートされた時、ジャニーズもいよいよ解禁なのだと思いました。「硫黄島からの手紙」(2006年)でその演技を評価されていたニノ。もしかしたらずっとニノの中には、アイドルを超えた俳優としての自分が存在していたのかもしれません。もともとは映画の裏方の仕事をしたいと思っていたニノ。若い頃は自分の意志を隠しているように見えていたけど、芝居には強いこだわりがあったに違いないのです。

改めて「母と暮せば」の感想です。

私はずっと、息子の亡霊と違和感なく暮らしている母親の姿が不思議で仕方がありませんでした。これは単なる幻影なのか?しかしラストシーンを迎えた時私は、母親の死期が迫っていたから息子が迎えにきたのだと解釈しました。その時浮かんだのが田舎で暮らす私の母のこと。私は2年ほど前に事故で弟を亡くしました。結婚式を挙げて半年後のことでした。幸せの絶頂から一転して深い悲しみへ・・。母も私もしばらく元気を失くしていました。母は嵐のメンバーでは二宮くんが大好きで、この映画も観たいと言ってましたが・・。先に映画を観た私は、母にはまだ辛い映画だと思い、公開日を伝えられないまま今に至ります。母は戦争を知っている世代です。しかし息子が先に死ぬという事は、戦争時代であっても現代であっても、それは変わらず納得のいかないことです。私が同じ立場になってもきっと、知らず知らずのうちに自分の命を削ってしまうかもしれません。そのようなどうしようもない悲しみを平和な時代に生きる私たちにリアルに感じさせてくれた映画でした。山田洋二監督の子供の頃を想像して演じたというニノ。母親を演じるにあたってニノの幼少期の写真をみせてもらったという吉永さん。映画の中ではちょっと妬けるくらい本物の親子のような二人でした。吉永さんが言うように、どこかフェアリーのような雰囲気を持ったニノ。たまたまアイドルグループに所属してはいるけれど、俳優としてかけがえのないキャラクターなのだと思いました。


私にとってやはりニノは、アイドルである以前に俳優として存在しています。カッコ良さも可愛さも、自由自在に操って、時にはウザい・・そんなニノに翻弄されるのもたまにはいいなぁ〜。←結局それが言いたい(笑)


 

ニノ流なアドバイス〜日テレ入社式

  • 2014.04.02 Wednesday
  • 20:45

 

*本日2度目の更新です!来週は仕事が忙しくなってしまうから、時間がある限りどんどん記事を

上げていくつもりです(*^_^*)


 「弱くても勝てます」公式HP開設→ こちら

 いよいよドラマも始動ですね!ボールを投げるニノを見ることが
 できるのかな?それとも、「プラチナ・データ」の神楽みたいに
 頭脳明晰な感じのニノが見れるのかな?期待度満点!ですね。


そして、もう一つの話題は「日テレ入社式」にサプライズで現れたニノの新入社員へのアドバイス!これがとてもニノっぽくていいんです!「(メンバーが)5人いるんで僕大体立つとき、今(一人なので)非常に不安です。」と会場を和ませたあと、新社会人に「弱くても勝てる」アドバイスを送りました。

☆個人でやる仕事とは・・

個人でやる仕事は嵐に還元しないとやる意味がないと思っている。だからここ(会社)に還元するっていうことが、一番なのかなと。すみません、真面目なこと言っちゃって。(爆笑!)

☆人前に出ると緊張する人へ・・

周りの人たちに助けていただけるし、敵のところに行ってるわけじゃないからね。粗を探されていると緊張しちゃうけどさ、助け合って頑張っていこうという人たちの前でしゃべるんだったら緊張せずに、しゃべれるようになると思いますよ。

☆先輩に理不尽に叱られたら・・

 理不尽はことを言われたりとか、納得できないことで怒られたりすると

 思うんですけど、そんな先輩たいした先輩じゃないから。(会場笑)

 ハイハイって聞き流してれば大丈夫だから。





さすがニノ節炸裂です!私も新人の頃はよく怒られました。何が悪かったかは今なら分かりますが、社会に出て一番最初に覚えたのは「報(告)・連(絡)・相(談)」と「根回し」が実は大切だってこと。仕事への想いだけじゃ、周りは理解してはくれないんですよね・・しかも若いと軽く見られるわけです。でも、不思議ですよね・・時代が変わると価値観も変わって、あの頃私が叱られながらもやろうと思っていたことが今は主流になっていたりするわけです。よく言えば先見の明があったということかな・・?でも、理解してもらうにはちょっと早かったですね・・。


仕事ってやっぱり、チームと上手くやってこその部分ってあります。ニノが言うように理不尽なこと言われても戦わず、黙って自分のやり方をゲリラ的に通していけば、いずれ時代がついてくるってこと言いたかったのかもしれません。(もちろん間違ってたら反省もしながらね!)


この春から私も新しい職場に移りました。この歳になるとあまり怒ってくれる人はいなくなります。だから仕事はほぼ、自己責任。それどころか、若い人たちの愚痴を聞く立場になったりもするわけです。ニノみたいにさらりとアドバイスを言えるようになりたいな・・・。




ニノドラマ キターーーー!!

  • 2014.01.26 Sunday
  • 09:21

ついに来ました!ニノドラマ!
4月スタートの日テレ土曜夜9時枠。と言うことは、
しやがれ」の前ということですね!わーい!


日本有数の進学校に赴任した新人教師・田茂青志(たもあおし)。弱小野球部の監督に就任した彼が、独特の理論と哲学で独自のセオリーを生み出し、甲子園に導こうとする姿を描きます。主人公は、東大大学院修了で理屈っぽくめんどくさい男だが、疑問は徹底的に掘り進める生物の臨時教師と言うことでニノにピッタリな役どころです。

今回高校教師役を演じるにあたって、なんと!ニノが全国の高校に武者修行に行くという企画があるそうです。訪問する高校は番組HPで募集!全国のニノ担高校生頑張ってくださいね〜!!

「弱くても勝てます」(仮)番組HP→ こちら

引き際は自分達で引きたい

  • 2013.12.30 Monday
  • 01:09
 ちょっとドキッとする言葉でした。
 アイドルと言うものを常に冷静にとらえているニノ。
 エンターテーメントの世界ではどんどん新たなものが
 うまれてくるから、いつまでも同じものが留まっている
 のはどうだろう?もっと新たな楽しみを味わって欲しい
 し、それが自然な形であるとニノは思っているのかもし
 れません。アイドルにはがあります。まわりから
 そろそろ幕を引いたらどうか?と言われる前に、今までお世話になった方々に「ありがとう!」と感謝をし、自分たちで幕を引く。それがニノの言うところのアイドルの美学なのでしょう。同世代の男子たちからアイドルであることをバカにされながら、この仕事をやってるのが面白い!そんな発言をかつてしていたニノ。アイドルってやっぱり特殊な世界なのだと思っているからでしょう。
ファンの思いに持ち上げられ、空を飛んでいるようなものだと大野くんもそんなニュアンスの言葉を発してました。

私はそのことをきちんと把握しているグループだからこそ、嵐は強い!と思うのです。歌や、ダンスや、演技が上手いからアイドルになるわけではありません。顔がイケメンだからアイドルになるわけではありません。強いて言えば、人柄がイケメンだからアイドルになるのだと思います。例えば大野くん。ダンス、歌、演技に於いてはとても評価が高い。でも、あくまでもジャニーズという特殊な世界に於いてということを心に留めておくべきだと私は思います。彼の才能を過大評価をすることなく、ただひたすら彼が生み出すものをを楽しみたい。私はそう思います。
最近舞台を見ているせいか、嵐に関してはかなり達観した見方が出来るようになりました。ニノが言うのは、そういう事なのでしょう。町田くんはアイドルを卒業したからこそ吹っ切れることが出来たと感じます。だから見てて清々しい。まだアイドルの範疇である嵐は、やはり引き際(アイドル卒業)というものをいつか考える日が来るのでしょう。そしてその後は、それぞれにあった道を歩んでいくことと思います。その下地はすでに出来てる気がするのです。

嵐がどんな感じでアイドルとしての幕を引くのか?果たしてそれを私は見ることができるのか?楽しみのような恐いような・・。でもそれがアイドルなのだと私もどこかで覚悟しています。




 

「LOVE」〜ニノの暗号

  • 2013.09.28 Saturday
  • 09:34
 嵐ニューアルバムのジャケ写と収録曲が発表となりました!
 写真は通常盤。初回盤は、“LOVE”の文字がピンク色です。
 なんとなくですが、智くんの字かな・・(であって欲しい)
 アルバムが出ると私が必ずチェックするのがニノの曲です。
 なぜなら、それが唯一本人の作詞・作曲で題名に時々隠し
 メッセージがあるからです。ニノらしいというか、謎が解けたとき
 の嬉しさというか。彼のこだわりでしょうね。まずは収録曲です。


【CD】
1. 愛を歌おう
2. サヨナラのあとで
3. CONFUSION
4. Hit the floor Vocal:Satoshi Ohno
5. P・A・R・A・D・O・X
6. sugar and salt Vocal:Sho Sakurai
7. Breathless
8. 20825日目の曲 Vocal:Kazunari Ninomiya
9. Rock Tonight
10. Endless Game
11. Calling
12. 夜空への手紙 Vocal:Masaki Aiba
13. Dance in the dark Vocal:Jun Matsumoto
14. Starlight kiss
15. FUNKY
16. Tears
【DVD】※初回限定盤のみ
・P・A・R・A・D・O・X (ビデオ・クリップ)

2010年のアルバム「僕の見ている風景」のニノのソロ曲「1992*4##111 」を思い出す方も多いでしょう。読み方は「とくべつ(特別)」auの携帯電話で打つと真の意味の「ありがとう」が現れました。ちなみに、au以外の携帯電話で打つと「ありがた。う」となってしまいました。

2012年のアルバム「Popcorn」のニノのソロ曲「それはやっぱり君でした」は2007年のアルバム「Time」の初回盤に収録されてる「虹」の続編。でも、そのことが明かされるのはアルバムが発売されたずっと後だったので、フラゲしてすぐアルバムを聞き、そこであれ?と思い、そのメッセージに気が付いた時は鳥肌が立ちました。

*ここからはネタバレ注意!自分でたどり付きたい人は読まないでね。








そして今回、2013年のアルバム「LOVE」のニノのソロ曲「20825日目の曲」は最初私はこれを単純に365日で割って約57年になったので還暦に近い夫婦にささげる愛の歌なのかな・・ニノはそんなファンにまで気を使ったのかな?なんて思ってたのですが、さすがニノ担さんの情報はスゴイです!ハッと気が付いて計算された方がいたらしく、これはなんと「ニノのお母さんの誕生日からアルバム発売日までの日
ということらしいのです。またまた鳥肌立ちました。お母さんへの“LOVE”だったんですね。(まだ決定ではないけれど・・)

智くんが踊りで魅せるのなら、ニノは詞で魅せる。私はいつもそう思っています。だからいつも楽しみにしているのです。ライブの当落も気になる時期になりましたが、アルバムを手にする日が待ちどおしくなりました。メンバーそれぞれが、どんな「LOVE」を届けてくれるのかな・・・



*「アラフェス2013参戦エピソード」募集中です!熱い思いをどうぞ語って下さい。投稿お待ちしています。
詳しくはTOP記事をご覧下さい。





 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM