面白すぎだよ!スッピンデジタリアン

  • 2015.08.02 Sunday
  • 13:23

最近ブログの更新がかなりゆっくりペースなのですが、何を隠そうコイツのせいなんです→「スッピンデジタリアン」 なんだあ〜 やろうと思えば出来るじゃんJストさん!って上から目線で言ってますが、私がファンになって1年後の2011年あたりから、CDもメイキングが付かなくなりライブDVDもMCさえカットされてる時もあって、ましてやメンバーの誕生日のサプライズも全く特典につく気配もなく、これって殿様商売だよね!なんて思ってました。



おそらくハワイの辺りから(MCはカットされてたけど)状況が変わってきましたね!まずはCDにメイキングが付くようになり(Sakuraはアレでしたが・・)何かが確実に変わってきた感じ。ファンの要望が届いたのか?または制作側の方針が変わったのかは知る由もないのですが、嬉しい限りです!でもさすがに通常盤にマルチアングルが付いているという事実を知ったときは焦りましたが、そちらの購入は少し待ってからになると思います。(ここのところ出費が激しすぎるアラシアンですから・・)

ということで、「スッピンデジタリアン」の私の爆笑ポイントなど。(ネタバレです)

★Sexyな あーゆーれでーおじさん
潤くんここにきてなんだかキャラに目覚めている感じです。突如現れる「あーゆーれでーおじさん」。そしてやっぱり潤くんはSexy〜。顔アップで上半身裸ってもしかして狙ってますか?さらに、服を着たら着たであっと驚くファッションセンス!メンバーがどこかの国の殺し屋みたいと言ってたヤツでしょ?帽子もストールもメガネも日によって違ってますね。でもこれが全部似合ってしまうから(笑)もっと見たいぞ潤くんの私服!

★顔が近い!
嵐ってどうしてこう、メンバーを撮る時にやたらと接近してしまうんだろう?でもこれがファン的には“萌え”なんですよね。いい歳してわちゃわちゃがハズカシイって翔くん言うけれど、“萌え”は別次元なんですよ。ビジュアルというよりもメンバーの関係性に“萌え”ているわけです。それが如実に表われるのがそれぞれのカメラ目線です。面白かったのが、ひたすら翔くんを追い続ける智目線。髪の毛をセットしてもらった後に寝てしまう翔くんへのダメだしがリーダーぽかったね。円陣組んでる時、潤くん撮らずに翔くん撮ってたら、潤くんのセリフを完璧に口パクできる翔くんに驚いた!ニノをカメラのフレームに収めようとして、映像が横になってしまうのに気が付かない智くんにも爆笑です!その他相葉ちゃんが気球からの景色を撮ってくれたり、潤くんが翔くんのフィジカルインターフェースの練習風景を撮ってくれたり・・何だかんだ言ってファンの見たいものをきちんと収めることの出来るのが彼らなんだな・・。

★たこやきタイム♪
まさかの相葉さん恒例のたこ焼きを見ることが出来るとは!大宮をバイトくんに従えての“おバカ3人組”←なんか懐かしい。もう、これはコントですね!コソコソやってるのは翔くんには間違いなくバレています。それでも知らんぷりしててくれる翔くん。闇鍋ならぬ、闇たこ焼きって感じなのでしょう!ロールケーキとかカリンとか紅ショウガとか、アヤシイものをひたすら投入!しかもマヨネーズ代わりに翔くんが好きなプリンとか!でもソースと青のりで、ほぼたこ焼きになってしまったという(笑)。食べてみて美味しいと言ってしまう翔くん。つられて食べてみる潤くん。翔くんが美味しいものが潤くんにはマズくて翔くんはその逆というのが、Dの嵐のデジャビューだね。相葉ちゃんってメンバーを喜ばせるのが好きだよね!これからも、たこ焼きシリーズお願いします!

★憧れのディスコスター様♡
これは一番面白かった!ニノカメラと言うのも最高です!まさか裏であのようなディスコスター様をめぐる攻防戦があったとは想像も出来ませんでした。私が参戦した日はレモンを届けようとした回で、MCの時に「なんでレモンなの?」って相葉ちゃんが開口一番に聞いてたのがその時は意味が分からなかったのです。ファンそっちのけで内輪で盛り上がるのが得意な嵐ちゃん。大宮のイタズラが、最後は次のソロ曲を控えている翔くんまで巻き込むなんて!(笑)それにしても、これはいわゆるファンがリアルにやっていることなんですよね!目の前に来ても気がついてもらえない時の悔しさだったり、本当はいけないのについうちわを上げてしまう瞬間だったり、やっとファンサしてもらえた時の天にも昇る幸せな気持ちだったり、それを嵐が体感してるわけだから面白いったらありゃしない。しかも本篇に大宮がチラ映りしてました!(笑)また、ニノカメラの面白いところは、リーダーへの無茶ぶり!「英語話せます?」って。でも、耳がいいのでしょうね!ほぼ完ぺきな発音で、翔くんのセリフをコピーしてるリーダーです。でも、これを字幕付きで見ると結構ごまかしています。そこにまた爆笑でした!また、ディスコスター様真似して踊ってる姿は激萌えです!ニノちゃんありがとう!

★ハピバのサプライズ!
とうとうリーダーと相葉ちゃんのバピバが映像化されました!ファンライトってこういう時にスゴイ演出を生みますね!特に相葉ちゃんのハピバはさらに進化して、会場のファンに人文字を作ってもらいました。その印となるシールを嵐4人が貼ったと聞いて、みんなどれだけ驚いたことでしょう。ファンライトの演出についていろいろな意見があったけど、上のほーの席の人もこうやって演出に参加できることってなかなか無いことだと思います。嵐は自分たちも楽しみたい人たち。そして参加型だから嵐ライブは面白い!私も実際あの美しい光の演出を体験してこんなライブもあっていいと思いました。ファンライトの次なる進化系も期待します!

★嵐こそ、嵐の面白さを知っている
何でこんなにも映像が面白かったのか?それは、撮りたいものを嵐にお任せしちゃったからだと思います。しみじみと感じるのは、お互いの信頼感とメンバー愛。ディスコスター様をみんなで盛り上げるところなんて、これぞ嵐!と思うのです。こんなところにファンは幸せを感じ、そんな彼らのような関係性を自分の家族や友人とも築いていけたらなんて思います。人生ままならぬことばかりだし、悩みや苦しみは尽きないけれど、彼らを思い笑っていられる時間があれば、なんとかやっていけそうな気がしています。ありがとう!Jストさん!これからもこんな特典を期待しています!


 

雑誌祭り!それぞれのライブレポ

  • 2015.01.26 Monday
  • 00:10
 
デジコンレポの雑誌祭り・・参戦出来たライブだから、今度こそは買うのを控えようと思っていたのだけど、記事の視点の見事さに、やっぱりこの3冊は買ってしまいました。
私も自分なりのライブの感想を記憶の財産としてここに書き留めているのですが、やはりプロの視点はスゴイ!と思ったわけです。



★「SODA」より

あのライブのエッセンスをギュッとつめた文章に惚れ惚れします。と同時におそらく筆者も嵐ファンだね!なんて思えるほどのドキドキが伝わってきます。迫りくるムービングウイング、畳み込むように心を躍らす彼らの歌とダンス。ファンライトと光と炎のマジック、今回の演出の山場であるフィジカルインターフェースの詳細、そしてファンの近くに行くためにと生み出したアンコールの演出・・筆者は最後に「“開拓”が嵐の本懐だが、今回のライブにはさまざまな意味でのその極致、臨界点を見た気がする。」と表現しています。私もあの空間にいながらいつもと違う何かを感じてはいたけれど、こうやって記事を読んでみてやっと腑に落ちた気がしました。まさに魔法!嵐コンの醍醐味はそこにあるのだと。


★「TVfan」より

こちらは写真がかなりファン目線!ちょっとした表情や、メンバー同士の絡みや、なかなか見ることの無い後ろ姿など・・。私は相葉ちゃんのディスコスター様のめちゃめちゃカワイイ後ろ姿 にヤラレてつい買ってしまいました!その他には、5人の足だけの写真が何気にツボ!「あれれ?ひとりバレリーナがいる!」と思ったらやっぱり智くんでした!とにかく、こちらのカメラマンさんもファン?と思うくらいナイスなショット満載でした!(*^_^*)


★「Dance SQUARE」より

デジコンレポ と さよなら〜青山劇場 プレゾン公演 の記事に魅かれてこちらの雑誌を手にしました。こちらは切り口がダンス中心のレポで、なかなか興味深かったです。

演出については・・
「東京ドームのような広い会場で、ダンスという身体表現をメインに据えることはことは難しい。だが彼らは、ムービングステージや映像を駆使することで、嵐のダンスの凄さをみせつけた」
そうそう!広い会場でどう見せるか?そこが嵐コンの永遠のテーマなんですよね!私もいろいろな場所からの嵐コンを経験して、観客が決して置いてきぼりにならないように工夫されているのを実感しています。

嵐のダンスについては・・
「嵐のダンスの凄さ・・・それは個々のスキルの高さもさることながら、5人が音楽性を共有してるところにあるのではないだろうか。・・個性はもちろん様々。だが同じ振付を踊る時、角度などの技術的なことだけでなく、それぞれが作り出すニュアンスがシンクロする。その心地よい揃い方が、嵐というグループを象徴してる気がした。」
音楽性を共有・・これをもう15年も積み重ねてきているから、ダンスだけではなく彼らの会話もまた心地いいのは、同じ呼吸を合わせて来たからなんだと、この記事を読んで思いました。

コリオグラファー(振付師)大野のダンスついては・・
「(彼の振付には)独特の言語があるように思う。上半身の動きがひときわ特徴的で、踊りこなすには相当なダンスセンスが必要な気がするのだが、嵐のメンバーとバックのジュニアたちは、大野の言語を自在に操り流暢に踊ってみせた。」
大野の言語・・これはやはりメンバーであったり、長年ツアーに参加しているジュニアのメンバーだからこそこなせるのかなと思いました。「TRAP」は、踊りのコントラストが面白く、とにかく圧巻でした。

★さよなら!〜青山劇場★ PLAYZONE 30YEARS

こちらの記事を読んだとき、ここにジャニーズの歴史がぎゅっと詰まっていたんだなと思い、1度は見ておくべきだったなと後悔しました。歴代の出演者のメッセージ映像も流れたそうで、嵐からは大野くんのメッセージと、なんと!大町シンメの映像が映っていたとの情報を嵐友さんからいただきました!また、町田くんからのメッセーもあったそうです。まさかの大町コラボ実現?その後大野くん丸ちゃんからもらったダッフルコート着て観に来たとか!町田くんは2回観に行って2度目は松潤と一緒になって久しぶりに話をしたとか!色々こぼれ話を耳にして楽しい気持ちになりました。DVD化してくれますよね・・きっと。楽しみにしています。



ジャニーズは奥が深い・・嵐を入り口に、これからはもっといろいろなエンターテーメントの世界に触れてみたくなりました。取りあえず今日は、風間くんの舞台のチケットを取りました。関ジャニ渋谷くんの映画もすごく楽しみです。NEWS、KAT-TUNの少クラのコラボも新鮮で、彼らのグループへの想いには感動しました。今年はジャニーズにとって、いったいどんな年になるのでしょう?






THE DIGITARIAN から始まる明日

  • 2015.01.02 Friday
  • 16:32
 

嵐15周年は思った以上に特別な年だったと思います。ハワイコンピカンチは、嵐というグループの歴史を1度リセットするような出来事だったと、新規ファンの私でさえも感じました。そこからのTHE DIGITARIANツアーは、新たな挑戦を含めた今までにない形式のライブでした。
無線制御のペンライトつきうちわ、ARASHIファンライトフリクラ)の導入も大きかったと思います。紅白見ててふと気が付きました。紅白も、そして他のアーチストのライブ会場もすでにフリクラを導入してたのですね!ペンライトが一瞬で色が変わるからすぐに気が付きました。嵐がそれをあえてうちわ型にした理由をいずれ聞いてみたいと思いました。
またウイング型のムービングステージ、ARASHI MOVING WING。おそらく2往復くらいしたと思うのですが、一番印象的だったのはやはりTake off !!!!! の瞬間でした。ファンが風を送り、その勢いで嵐が宙に浮かんでいるようにも見えました。大きなムビステは下から仰ぐと本当に迫力がありました。
また、Hope in the darkness筋電センサーを使ったパフォーマンス。いつも新たな挑戦をしている嵐ではありますが、体が楽器になるというのがはじめて見るもので、その動きの美しさも含め素晴らしいパフォーマンスだったと思いました。


10周年でブレイクして、強い追い風に乗ってきた嵐だったけど、15周年で節目を迎え、次の一手を打つことでさらに飛び続けようというその努力。彼らは今の人気に決してあぐらをかいていないことがうかがえます。過去の嵐コンのような素朴なライブを期待するファンもいるかもしれません。派手な演出を好まないファンもいるかもしれません。でも私は、彼らの新しい挑戦をむしろ歓迎しています。

キミの夢を見ていた」の歌詞の中にある言葉・・・

〜時代はどこまで僕らを追いかけてくるだろう?風を背に受けよう〜

私はこの言葉が好きです。短命と言われたアイドルの寿命がグンと伸びた今、変わらない彼らのままで風に乗って飛び続けたいという想い・・おそらくもう、嵐バブルは過ぎたことでしょう。また、確実にライブに行ける若いグループに移行していくファンも増えることでしょう。だから、これからの嵐ファンはささいなことでネットを騒がせることなく、ひたすら優しい風を彼らに送る時代へと変わって行かなくてはと思います。

話が少し飛びますが・・・

昨日のしやがれSPの「嵐旅館」で一番印象に残ったのは、「リーダーの会」でした。TOKIOリーダー城島くん、V6リーダー坂本くん、NEWSリーダー小山くん、そして大野くんの4人の会話のまったり具合も面白かったですが、リーダー4人の記念写真をもらって思わず泣いてしまった小山くんにジーンときてしまいました。NEWSが危機的状況に陥った時に自らリーダーになり、NEWSをひっぱっていく覚悟を決めた小山くんだからこその感動の涙だったと思います。そこにたどり着くまでにNEWSファンも、沢山の愛情を彼らに注ぎ続けたに違いありません。嵐ファンもまた、そんな純粋な気持ちを持ち続けていれば、息の長いグループでいられるのでは?と思いました。

正月を挟んでの感想になったので長々と書き綴ってしまいました。2015年の新たなスタートを今年もたくさんの嵐番組で迎えられることを幸せに思いたいです。

追記:今年は朝日新聞の嵐企画はありませんでした・・・泣。
彼らの人気を当然のことと思っていてはいけない時代が来たことを実感しました。


以上、THE DIGITARIANライブの感想〜これにて終了です!(*^_^*)V









DIGITARIAN東京4日目レポ 第2部(後編)

  • 2015.01.02 Friday
  • 00:46
 


〜終わりのあいさつ〜

ここからはファンライトの色をメンバーカラーに変えて挨拶を聞きました。やはり翔くんの挨拶の時は赤に変えるタイミングが遅れた人が多かったです。でも、徐々に察して色を合わせられるようになりました。
(以下最後の挨拶は22日に参加された方のレポを参考にさせていただきました。情報をありがとうございました!)







いつものことながら奥の方から上の上の席、たくさんお越しいただきありがとうございました。ステージ上から見る景色は、今年もとっても絶景でした。このザ・デジタリアン、楽しんでいただけたでしょうか?(拍手!)ありがとうございます。まあ本当に先輩方25周年、30周年、35周年を迎えられててTOKIOさんも20周年で。あんまり15周年ってたいしたことないんじゃないかって思ってたんだけど、今年ハワイから映画までやって、大したことあったと思いました。お蔭様で15周年迎えて改めて思うのはこの5人で嵐なんだと。この5人じゃないと嵐じゃ無い。でも、この嵐だけでも嵐じゃない。当然何か大型新人が入ってきて、180cmくらいある、顔小さいハイパーイケメンが来たとしてグループとしてはスゴイよくなるかもしれないけど、当然嵐じゃ無い。5人が4人でも2人でも、それは嵐のような何かであって。同時にこの5人だけじゃ嵐になれなくて支えてくれる皆、たくさんのスタッフがいて大きなプロジェクトを進めているように思っています。今日はじめて来た人もいるかもしれないけど、これからそのプロジェクトに参加してもらえたらと思います。15年経ちましたが、これからもよろしくお願いします。今後もこういう場所で当然、あ!てか当然じゃないよね、撤回します。沢山努力しないと戻って来れないからね。共に絶景を見られたらと思っています。


本日はありがとうございました。いや〜本当に今日ライブやって思ってて、こんな優しい素敵な空間なんだなーと。手を振ったら振ってくれるし。「ハーイ!」言ったら「ハーイ!」言ってくれるし。(笑)ライブでこれからも皆さんとこういう時間を作って、優しいこの空間をすごせたらなと。皆さんいなかったら出来ません。えー非常に、ハワイ行ってライブしてずっと振り返れて、なかなか5人で活動してても10日間も今まで一緒にいたことなかったので楽しかったです。より、嵐が嵐になった感じ。今年もまだまだありますが、ギリギリまで働いています。(笑)是非その様子を見届けてくれたらと思います。来年2015年からも嵐を見捨てないでください。(笑)ありがとうございました。


ありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。今日も!(笑)なんだろうなー・・んー何だろう?楽しかった!翔ちゃんのHey Yeah で幸せってなんだろうって事をすごく考えて・・あっち(花道)からディスコスターウォークやってて、ボロボロになりながら戻ってる時に、あ!・・これが幸せなんだなって!わけの分からないディスコスターを応援してくれる皆が、これが幸せなんだなって思いました。(笑)リーダーも言ってましたけど、今年メンバー5人といる時間が多くて、1年目2年目どんどん嵐が好きになったいって、これが愛に変わったら怖いんですけどね。(爆笑!)皆もそう思ってくれたから今日ここに来てくれてると思うんですけど。WISHでデジデジしてくれた景色、今日この空間にしかない景色はほんとに絶景でした。16年目からも大きいことは出来ないかもしれないけど、小さいことでも大きな愛を持ってやっていこうと。マザーテレサが言ってました。(メンバー、会場、大爆笑!)これからも一緒に楽しんでいけたらと思います。マザーテレサも言ってるんで!(笑)ありがとうございました!


(相葉氏にブツブツ言いながら・・)えーみなさんありがとうございました。15年ですか。もうこの不思議な挨拶のあとの私。空気がかわるのかなー(笑)なんかゼロになっちゃうんですよ。最後に相葉くんのことだからしゃべるの俺はてっきり、世界中に嵐を巻き起こしたいです!かと思ったの(会場 あ〜ね!だってあの人しかもはや言えないんだから。なのにマザーテレサが言ってました。これからも一緒にって、そんな話するか!って話ですよ。スゴイのを総意して楽しかったです。5日間の4日が、まだ終わってないけど、終わりを迎えようとしています。まぁ、15周年の中でもちろん嵐と出会って15年の人もいるだろうし、16,17年Jrの頃から応援してくれてる人もいるだろうし、おお・・・今日初めて来ました。って人もいるだろうし、15周年の時に皆で一緒にいたって事だけで、おめでとうって言ってもらえる権利があると思うんだよね。15年いろんな動機があると思うけど、15年ありがとうございます。おめでとうございます。そして僕らの16年目は15年を始めるのと同じ気持ちでいます。新しいツアー皆で16年目の第一歩を踏み出せたのは意義のあることだなと。これを糧に走っていけたらと思います。日数問わず、場所問わずやりたいなって思うんだけど、私の体力の問題なのかなと。僕大体すぐ、疲れちゃうんで(笑)年に1回かもしれないけど、こんな楽しいな。スゴイな。カッコイイな。って思いを共有するってとてつもない財産だと思うんです。毎年させてくれてありがとうございます。本日は楽しかったです。


えーありがとう。皆さんに僕らの15年はどう映ってましたか?自分たちなりの歩き方で、たくさんの支えがあってやってこれました。ここにいる皆さん、ここにいないけど15年どっかの縁で応援してくれる皆さんがいなきゃ、やって来れませんでした。ありがとう。さっきメンバーも言ってたけど、16年目始まって、16年目スタートさせるのがベスト盤15年コンプリートアルバムじゃなく、5×15よりも新しいことをしたい、新しいことやるなら尖ったことがやりたい、でもそれで距離が遠くなるのは嫌だ。メンバーで話し合って最終的にこのデジタリアンができました。いつまでも距離の近い5人でありたいし、一緒に参加して歌って踊って、楽しい時間を変わらずに続けていきたいし。また会えたね、お帰りって言ってもらえるような、そんな5人でいたいと思っています。まだまだ5人でやりたいことあるんで、変わらずにこの5人で歩いていくんで、ぜひその隣にいてください。16年目からも変わらずによろしくお願いします。ありがとうございました。


♪キミの夢を見ていた (ラストソング)


この曲で最後と分かっていたので、歌をかみしめて聞いていました。私が大好きなのは智くんの何とも言えない甘いソロから始まるところ。さわやかな風に吹かれながら、新しい一歩を共に歩んで行こう!そんなメッセージを受け止めていました。ライブの最後は寂しいものです。でもその反面すごく満ち足りた気持もありました。


歌が終わって最後の儀式。潤くんの「俺らの名前は何だ!」 「あらしー!!」これで本当にサヨナラ。また会いに来れたら・・・そんな気持ちを込めてみんなで手を振りました。嵐は舞台の中央の奈落へと下がっていきました。最後までしっかり手を振りながら・・・。

ライブ終了。


全体の様子は見えないアリーナ。でも、ライブの臨場感は体中で感じることができました。初参戦BWでは2階席。LOVEでは1階スタンド。そして今回アリーナ。遠くても近くても、嵐の癒しパワーは変わりませんでした。それが嵐コンなのだと改めて思いました。ライブに行けたり行けなかったりという苦しさはあります。でも、そんなプレミアムなライブだからこそ行けた時が嬉しい!こんな感動は、長い人生の中でそうそう経験できるものではありません。でも、ずっとこんな絶景が観られるかどうかは彼らの努力とファンの応援次第・・そう思いました。さて、16年目はいったい何があるのでしょう・・。


次回は、ライブに参加しての総括を書こうと思います。







DEGITARIAN東京4日目レポ─‖茖寡堯柄以圈

  • 2014.12.31 Wednesday
  • 12:37


♪嵐15年のライブを振り返る映像 


ちょっとした間があったあとスクリーンに映像が流れ始め、みんな再び立ち上がります!ハワイのデビュー会見から始まり、今までのライブを振り返える映像が次々流れます。昔から応援してるファンにとっては懐かしい映像なのでしょうね!私が初参戦したBW、参戦できなかったアラフェスポプコン、そして再び参戦できたLOVE、涙を飲んだハワイ・・そんな新規ファンなりの想いを感じました。

♪A・RA・SHI ♪SUNRISE 日本 ♪君のために僕がいる ♪a Day in Our Life

いよいよ気球に乗った5人の登場です!バルーンにはそれぞれのメンバーの過去の写真がプリントされていました。衣装はハワイコンの赤い衣装です。アリーナCの上空に現れた智くんは見事に上のほ〜でした。でも、ここはスタンド席上のほ〜の方へのファンサタイム!アリーナは盛り上げに徹します!

 

♪言葉より大切なもの ♪サクラ咲け ♪Love so sweet  ♪Happiness

気球から降りてメンステにメンバーが集まって来ます。第1部の斬新さとは対照的に今までの嵐コンの雰囲気が満載で、大いにC&Rで盛り上がりました。言葉より大切なものはお約束の「ここには〜」「あるから〜!!」で盛り上がりました。アリーナで感じたのは、スタンドとは違ってパイプ椅子なので、隣との間隔が十分あるという点。なのでC&Rが思い切りできました。前列の子はずっと楽しそうに踊っていました。だから私も結構踊っていました。(もちろん、周りに気遣いながらですが。)ここらへんで、1度智くんが花道に来てくれた記憶があります。おそらく気がついてはくれまいと思いながら「真智鯛うちわ」を花道に向けました。私の後列にも怪物くんの衣装を着た親子がいてかなり目立っていて、便乗出来ないかとちょっと期待したのですが・・・Jrの子とふざけながら去っていきました・・・さすがドS番長だわ智くん・・。

♪One Love

 

さて、この曲が♡ヒラヒラタイムです!アリーナCは前方にニノ。後方に智くんでした。ハートがリフトの上のメンバーの頭上に舞います。ニノの上に降り注いだ金色のハートが遠くから流れてきたけれど、私には遠くてキャッチできませんでした。嵐友は一瞬、うちわであおいで1枚キャッチ!「スゴイ!」って感心して見てました。(*^_^*)

♪Monster

One Loveが終ってリフトから降りた智くんがなんと、目の前の花道をメンステに向かって歩き出しました!おそらくラストチャンス!と思って「真智鯛」を構えた私ですが・・・・「キミの叫びで僕は目覚める〜♪」 まさかのあのソロ部分が目の前で聞けるとは♡ もうこれはファンサどころではありませんでした!ここからはメンステでガンガン踊るMonster!もちろんそのまま智くんに釘づけです。あの首をかしげながら回転するところが私は大好きで、相変わらずその色気に圧倒されていました。



♪迷宮ラブソング ♪Calling  ♪誰も知らない ♪GUTS!

いよいよライブも終わりに近づきました。迷宮ラブソングで再びミニトロッコでバクステへ・・。(ムビステで移動ではなくトロッコでした・・訂正しましたm(__)m)Callingから誰も知らないバクステでガンガン踊っていました。思えば今回もたくさん踊ってくれたライブだったと実感します。


ラストの盛り上げは、再びメンステに戻って来てGUTS!ここからは一緒に踊りました。やっぱりこの曲は盛り上げ曲としては最高!幸せいっぱいなエンディングでした。




次回はフィナーレに続きますが、紅白リアタイ目指していろいろ忙しくなるため、レポの最後は年明けになります。少々お待ちを・・・

ということで、今年1年いろいろありがとうございました。本当に楽しい1年でした!皆さんも良い年を!(*^_^*)V




DIGITARIAN東京4日目レポА.▲セントダンス〜Zero-G

  • 2014.12.30 Tuesday
  • 21:55
 

♪アクセントダンス〜Hope in the darkness


このコーナーはWSでも多く取り上げられていましたが、今までにない画期的な演出でした。まずは会場のファンライトが消えます。さあ!何かが始まるぞ!という期待感に会場はシ〜ンと静かになります。そして上手側のメンステにまずは智くんが現れます。アリーナCブロックからは目の前でした。
腕にはセンサーが付いていて、ピアノの鍵盤をたたくように指を動かすとポロン〜♪ピアノのような音が出ます。その指の動きがすごく美しくて見とれてしまいました。また、その真剣な表情がスクリーンに映るのですが・・超イケメン!でした!(*^_^*)

 

それに続くようにメンバーひとりずつ現れて、それぞれの音を鳴らします。
潤くんは指を鳴らすような音

ニノはエレキギターのような音

翔くんはパーカッションのような音

相葉くんはキーボードのような音

WSの解説によると筋肉の動きに反応してるとか?動きが正確でないとうまくリズムがとれないということなんですね。でも、まるでダンスみたいに動きが美しくてつい見入ってしまいました。


そしてその流れからの Hope in the darkness が始まるとは!ファンライトも会場全体に光りを放ちはじめました。かなり新感覚な瞬間でした。しかも歌ってる!!


ある会場ではシーンとしてる中でメンバーの名前を呼ぶファンがいて、かなりヒンシュクだったとか?以前私が抱いていたジャニーズコンサートのイメージは、メンバーの名前を呼んでキャーキャー盛り上がるって感じでしたが、(もちろんそういう場面もありますが)嵐のコンサートは静かに魅せる場面が随所にあって、そこはファンも察した方がいいと思います。それが今後の嵐コンのクオリティーへと繋がっていくと思いました。

そして第1部の最後は、Zero-Gで締めくくられます!


潤くんがEnjoyで、「踊らなくていいから見てください。」って言ってたけど、若干踊ってしまいました。メイキングをリピし過ぎて体が勝手に覚えてしまったんですね〜(*^_^*) のちにWSで確認したら、一番腰つきが女性っぽかったのが智くんでした。負けたわ〜。

最後にスクリーンに「THE END」の文字が出て、嵐は奈落に消えます。これは初日だったら混乱しますね!2部構成と分かってる東京組はここで一旦席に座りました。(笑)スタンド席では嵐コール!アリーナはのんびり休憩。ちょっとスマコン的な不思議な光景でした。



次回、2部へ続く・・・。




DIGITARIAN東京4日目レポΑWISH〜Luky Man

  • 2014.12.30 Tuesday
  • 17:02
 
♪WISHのウェーブ


前記事にも書きましたが、このウェーブは今までの公演の情報を聞いて東京組頑張りました!青いライトの波は本当に美しく、その後の色切り替えのタイミングもバッチリ!でした。(私は2回目のサビで出遅れてちょっと失敗しましたが・・)それからもう1つ嬉しかったのは、サビの部分をみんなで合唱出来たことかな・・「街に愛の歌流れ始めたら〜♪」の部分。嵐コンって感じがしました(*^_^*)

そう言えば思い出したのですが、MCの時に改めてメンバーカラーの紹介がありました。
癒しの緑担当の相葉です。
(La tormenta のラップからの)・・櫻井です。 ←拍手喝采!でも、どこが赤なの?と突っ込まれる。
海が好き!魚が好き!青担当の大野です。
お金が好き!黄色担当の二宮です。←爆笑!
ライブの演出をしてる松本です。紫担当です。 ←さらっとカッコイイとこ持って行くと・・(笑)


♪メリークリスマス (二宮ソロ)

会場のファンライトが全て消えます。メンステの高い場所にスポットが当たり、エレキギターを持ったニノ登場!衣装は上が緑のサンタっぽい上着(帽子は無し)下は赤いチェックのズボン。クリスマスツリーがバックのスクリーンに映りました。高らかに歌うジングルベルな感じのクリスマスソング♪ 前にもちょっと記事にしたのですが、この歌は相葉ちゃんの主演映画「MIRACLE〜デビクロくんの恋と魔法」のラストシーンを思わせる内容で、映画の後に聞いてニヤけてしまいました。

最後に曲が最高潮に達した時、ファンライトが一気にに輝きだしました。スクリーンのツリーも輝きだし、それはまるでドーム全体がクリスマスの興奮に包まれているよう!ほんとにステキでした!


♪STAY GOLD (松本ソロ)



潤くんと言えばSexy路線が定番でしたが、今回のソロは爽やかで、自由な風に吹かれているようなイメージでした。衣装も少し緩めな感じで白地に細かい黒の模様が入っていました。ジュニアの子たちのダンスと絡みあいながら、ちょっとロボットのようなカワイイ動き!前髪を垂らしたふわっとした印象の潤くんが、なんだかとても新鮮でした。

♪Imaging Crazy (大野ソロ)

メンステの高い位置に現れさっそうと踊り始めた智くん。智イズム満載の流れるようなダンスでした。歌声も絶好調で、「ア〜ン」のところが色っぽ過ぎて・・・(*^_^*) 歌のリズムは、鼓動となって体にズンズン響きました。アリーナならではの響きなのでしょうか?智くんの衣装は、次の曲、Tell me why〜TRAPまで同じ衣装でした。


♪Tell me why  ♪TRAP

Tell me whyは、メンバーそれぞれのボーカルを際立たせた1曲でした。智くんの歌声は言わずもがなですが、迫力のあったのは翔くんのラップでした。ライブで聞く翔くんの生ラップは、智くんのソロダンスに匹敵するほどいつも息をのんで聞いてしまいます。さて、いよいよ智くん振付のTRAPがはじまりました。激しい動きとスローモーションのような動き。今までメンバーに振りつけたものの中ではかなり激しいダンスでした。そしてバンバン吹き上がる炎!色は1色ではなく、オレンジといろんな炎があがりました。熱と匂いもアリーナでは感じられて大迫力でした。





♪Troublemaker ♪Lucky Man

迫力のダンスの後は再びトロッコのファンサタイムでした。アリーナCは双眼鏡片手にひたすらC&Rで盛り上げです。担当色の衣装がステキでした!

    



DIGITARIAN東京4日目レポァHey Yeah!〜MC

  • 2014.12.29 Monday
  • 20:22
 
♪Hey Yeah! (櫻井ソロ)
まずは英語のスピーチからはじまります。まるでZEROのイチメンみたいにスクリーンを差しながら、
「々せって何だろう?」「¬瓦辰堂燭世蹐Α」「M達って何だろう?」の3つの質問をします。全て英語なので、「何て言ってるか分かんない〜。」って近くの小学生がつぶやいていました。(笑)そして最後に、「知りたい?」という問いかけがあって、会場からは「YES!」の掛け声が!相葉ちゃんの「ディスコスター!」の掛け声の時も絶妙な合いの手だっだけど、今までのライブ参戦者からの情報が行き届いているのかもしれないと妙に感心しました。そして翔くんテイスト満載のリズミカルな踊りと歌がはじまりました。「 椨◆椨=Hey Yeah」という文字がスクリーンに浮かび、つまりこれが答えだと・・。
衣装なのですが、グレーっぽいジャケット黄色いシャツ赤いネクタそして青っぽいズボン。どうみても怪物くんに見えてしまいました!(笑)Clap your hands!」で会場がひとつになって、翔くんのソロは終わりました。
♪One Step
ここからはトロッコでファンサタイムになりました。トロッコで遠くにいってしまうと、アリーナは静かになります。とくにC&Rの無い曲だとひたすら双眼鏡で追いかけるという・・ここで担当の違いによって見る方向が違うという面白い現象が起きます。ここでオイシイのはトロッコを降りる場所に近いスタンド席!たくさんファンサしてもらってました。うらやまし〜(*^_^*)
 
♪Oh Yeah!
いよいよやってきました銀テタイム!これは一生忘れられない風景になりました。キラキラ光りながら降って来ました。意外に軽くて流されていくものもあったのですが、カラフルでそれは美しい光景でした。とにかくをと思って見てたけど、そんな余裕もなく4人で必死に受け止めました。その結果、みんなでシェアをして青2本、黄1本、紫1本をゲット!1本のテープにロゴが8個印刷してあったので、たくさんの嵐友さんに後にシェアできました!
♪ハダシの未来 ♪Love Wonderland
ハダシの未来はジュニアの一人が目の前の花道で踊ってくれました。こういう時、やっぱりジュニアの子の顔と名前も知っておくべきだなと思いました。ダンスやアクロバットがすごく上手な子もいて、華を添えてくれました。そしてLove Wonderlandで嵐のメンバーが花道を通ってメンステに集結するのですが、近くを歩いて行ったのはニノと相葉ちゃんだった気が・・・テンション上がり過ぎて、この辺の記憶があいまいなのが悔しいです。でも、ニコニコ笑いながら手を振ってくれたという印象は残っています。そしてLove Wonderland はすごくキュート♡カワイイ嵐ちゃん満載でした!
♪MC
さてMCですが、内容をざっくりと・・・
・Disco Star で相葉ちゃんがハケる場所でレモンを差し出したという智くん。「何でレモンなの〜」 「そろそろ疲れがたまってると思って。」と智くん。
・Love Wonderlandを踊り終わったあとで・・「大野さん機嫌悪いんですか?」 「え?」 「ふてくされてたよ。」 「いや集中してた。」 「集中するとアゴがでるよね。」と翔くんに指摘される。(笑)
・頭にCCDカメラをつけていたという翔くん。櫻井目線的な、ステージ上のみんなの踊る姿を撮っていたという。上手く撮れていたらDVDに採用になるらしい。
Disco Starでプロレスラー出てないよね?フン!フン!フン!て。」と翔くん。「あれが俺の中でのディスコスター様なの。ディスコスターホルモン受信してるの。」 爆笑!
・デビクロくんの話では・・「最初、山下達郎さんの主題歌と聞いて、“山下達郎物語”をやるのかと思った。歌えるかなって。そうしたら違うと言われた。」 爆笑!
・ニノが吉永小百合さんとの共演が決まって・・「撮影現場って行ってもいい?」「いいよ。」 「監督も吉永さんもコンサート来てくれたじゃない。でも、ほんとに行っていいなんて思ってないです。」「ああいうの本気にしていいのかな。」「本気と書いて。」「“マジ”だからな。」「大将と書いて?」「“ボス”だからな。」爆笑!「差し入れにフレンチ持って行こうか?」と翔くん。そこで新春ドラマの番宣。
・今日のライブが終ったらZEROがあるということで、翔くんがイチメンのリハーサルをしてみるが・・お堅い内容にみんな退屈そうに居眠りしてしまう。潤くんは完全に床に寝転ぶ・・。
記憶した内容を全て言い終わって、「・・・・以上イチメンでした!」「(ネタは)もう変わらないの?」「俺2度ほど現場いったことあるけど、しょっちゅう変わるよ。20秒を10秒でとか。」 「でもネタは変わんなくない?」 「いや、俺は変わって欲しいな〜」爆笑!
このあと、WISHの時のウエーブの説明があり、ちょっと練習してMCは終了!

DIGITARIAN東京4日目レポぁDisco Star様の威力!

  • 2014.12.28 Sunday
  • 20:21

 
♪Disco Star (相葉ソロ)

今回のソロ曲の中で、唯一WSでも取り上げられたDisco Star様!めちゃくちゃインパクトが強かったです。ここまで攻めた相葉ちゃんを見るのは初めてでした。このピンクのフリンジが印象的な衣装も、チープ感を残しながらスタイリッシュにしたとのこと。イメージとしては、“小さな街のディスコで自分がスターだと思っちゃってる人” (オリスタ情報)

まずは登場シーンがすごい!カーテンのかかった大きなお輿が現れると、会場からは「ディスコスター!ディスコスター!」とコールが起きます。そして中から登場したのはハデハデ衣装のDisco Star様

 

ゲッツ!みたいに指さして全力でダンスを始めます。ちょっとふざけたダンスだけど、相葉ちゃんの長い手足を駆使した限界ギリギリダンスでした。(心拍数が190まで上がったらしい)

  

面白かったのが、「チョットだけよ〜♡」みたいに寝転んだり、腰をフリフリしたり、お腹をチラチラみせたり・・
Sexyなようで相葉ちゃんが踊るといやらしさがなくて健康的!むしろ笑いを誘って会場は大爆笑でした!
掛け声もバブル世代には懐かしい「フーフー!」「ホエホエホエホエ!」まさにドンピシャ世代の私は、久しぶりにかつてのカラオケバーを思い出しました。




そしてこれがDisco Star ウォーク(笑)
踊りながらすぐ側の花道を通り抜けていくときは、大笑いで見送りました!

 

最終日では、マネする末ズたち!(笑)

その後、Disco Star様は花道の先からトロッコに乗り、Bブロックを横断していきました。ここでまた「ディスコスター!」のコール!トロッコの上では「男性ホルモン受信中!」みたいなポーズをしてました!


昨年のLOVEコンでは相葉ちゃんのソロで泣き、今年は大笑いしました!ありがとう相葉ちゃん!今年もたくさん元気をもらったよ!




DIGITARIAN東京4日目レポ OP〜挨拶

  • 2014.12.27 Saturday
  • 23:40
 
♪オープニング♪

それは不思議な光景でした・・ファンライトはOFFの指示だったので客席は暗く嵐コールも無しというまるで不思議な舞台の幕開けを感じるような・・。そしてスクリーンに映し出されたのは白い部屋でなんと上半身裸で眠る嵐メンの姿。胸に心電図のモニターのようなものが張られています。ここからひとりずつのSexyショット♡ 雅紀の筋肉美。そしてまさかのニノも微妙に腹筋割れてるではないの!頑張ったね〜。くんもとうとう解禁ですか〜安定の腹筋披露です!ここはキャーって言わせる場面ですね!
すると、会場の5か所に置いてあったメンバーカラーの電飾を点けたロボットがメンステに向かっておもむろに歩き出します。私の近くの花道を歩いていたのは緑ロボット。まさか相葉ちゃん?なんて思っているうちに、ロボットはメンステに集結してそのまま奈落に沈みましたそして・・・ファンライトON!の合図。



白いスモークの中から5人の王子様登場!!キャー!!ファンライトが一気に5色に輝き始めました!

♪Asterisk ♪Take off!!!!!  ♪Wonderful

宇宙服のような衣装に蛍光色オレンジのスニーカー。近未来を思わせるようなスマートなダンスが3曲続きました。Take of!!!!! は、その歌のごとくウイング型のムビステで私の頭上斜め上を通り過ぎていきました。斜め上とは言えムビステを下から拝む日が来るなんて・・・。



♪Welcome to our party  ♪Bittersweet

ウェルパは会場を移動して歌います。Hooo!〜の掛け声も楽しく盛り上がっていたら相葉ちゃんが近くの花道を通りメンステへ!細い!カッコイイ!!などと心で叫んでました!全員メンステに集結してBittersweetを踊ります。(この時上着は脱いでますね!)斜めから見る感じですが肉眼でもバッチリ!ここは智くんに釘づけです。実に隙のないダンスを踊っていました。そして潤くんの「誰よりもキミを♡」に萌えました〜。ラストのポーズも潤くんが山の二人の肩に手を添えてカワイイ笑顔を見せてました。


これは最終日バージョン!


〜あいさつ〜

潤「東京会いたかったぜ〜。楽しむ準備は出来てるか!幸せになる準備は出来てるか!今からTHE DIGITARIAN WORLDを通して55000人体験したことの無い幸せを与えましょう!」

ニノ「いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!楽しんでっか!盛り上がってっか!最高か!足んねえよ!全然足んねえよ!OKその調子で最後までよろしく!」

相「ヘイヘイ足りないってよ〜ニノに言われてるよ〜。ヘイ!もっと!その調子でデジデジしようぜ!」

智「はぁーい!はぁーい!東京4日目よ。(オネエ風)いける?いつものいっちゃう?いっちゃうよ。東京、ざ、でじたりあん祭り〜」
ファン「でい!!」

翔「俺たちは準備できてっぞ!みんなはどうなんだ!上のほ〜どうなんだ!下のほ〜どうなんだ!アリーナはどうなんだ!まだまだまだ足んねえぞ。東京もっと声ちょうだい!俺たちは有り余ってんだよ!」

智くんがオネエ入ってたのには笑ったけれど、「でい!!」が決まったのは快感でした。昨年のLOVEコンから始まったこの習慣!ずっと待ってましたから。
そして翔くんの「アリーナどうなんだ!!」に応えられる日が来るとは感無量です・・

これは最終日の潤くん。コンサート隊長の雄叫びです!!



というわけで次回は相葉ちゃんソロ「Disco Star」のレポをします。







calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM