5年目の3.11〜そして宮城

  • 2016.03.11 Friday
  • 00:25



今日で東日本大震災から5年・・。今、私の脳裏に浮かぶのは、「ARASHI Blast in Miyagi」の光景です。地元の高校生たちの力強いコーラス。大学生たちの元気な雀おどり。そして、空に放たれたサーチライトと涙にくれながら聞いた「果てない空」・・・。大切な人、大切な故郷を失った悲しみは、なかなか癒えることはないでしょう。でも、東北の方々の力強さに感動し、元気をもらったのは私のほうでした。



あの日多くの命を飲み込んだ海も、美味しい恵みを与えてくれる海も同じ東北の海。2日目に観光した松島は、あの日のことがまるで嘘のように、美しい青さをたたえていました。



震災から間もない頃、私はアスファルトの隙間に咲いてる花を見つけました。何かを象徴しているようで、胸が詰まる思いでした。あれから私自身にも辛いことがいろいろあったけど、信じて待つことの大切さを今、しみじみと感じています。

今を耐えて踏ん張ろう。きっと明日は笑顔になれるから・・・。





 

BLASTの力

  • 2015.10.11 Sunday
  • 21:09



歌の力は素晴らしい。もうそれは理屈ではなく。あの日あの場所で感動の涙に暮れていた私が、どんなに言葉を尽くしても伝えられなかったあの風景が、この番組を通して多くの人に伝わったことがうれしいです。またその舞台裏にも感動しました。

始まりはサプライズだったようです。嵐からのビデオレターで「ライブで一緒に歌ってもらえませんか?」と言われた時、高校合唱部の皆さんは涙を流して喜んでいました。配られた楽譜をまるで宝物のように眺めていました。その中には震災で家や家族を亡くした子もいました。そこから練習の日々が始まり、今度は嵐が高校生からのビデオレターを受け取りました。嵐からの提案に涙を流して喜んでいる姿と真剣に練習に取り組む姿に、彼らも気持ちを引き締めているようでした。

その中で感動したのが、ある高校のたった一人の合唱部員を他校の生徒が支えたというエピソード。一人きりの練習が不安だった彼女に、アドバイスを書き込んだ楽譜や同じパート吹き込んだCDを送ったり、練習のためのアドバイスを動画で送ったりして励ましていました。いよいよ会場での練習に入った時は、彼女も皆とすっかりなじんで堂々と歌うことが出来ていました。まさに「感謝カンゲキ雨嵐」を現実のものにしていました。

オーラスは全員合唱でした。高校生たちの笑顔がとてもきれいでした。嵐も高校生たちに背中を押されているようでした。私もあの日を思い出し、再び涙を浮かべて美しい歌声に聞き入っていました。宮城の若い力に、逆に励まされてる自分がいました。

ARASHI BLAST ・・・これからも大切にしてほしいライブです。これは嵐が嵐でいる限り、吹かせ続けなくてはいけない風のような気がします。「世界中に嵐を巻き起こして、その後風になる・・」かつて大野くんは言ってました。大きな風でなくていいのです。日本のいろんな場所で地域の人や若い世代と繋がって、さらに未来に続く風になればいいと。嵐はそんな宿命をもって生まれたグループだと、震災以来ずっと思っています。

さあ次はどこへ行くのかな・・・。



 

ARASHI BLAST in 宮城レポ─‐湘膣儻へ

  • 2015.10.03 Saturday
  • 00:32

2日目は海の香りを楽しもうと思い切って松島へ。仙台駅から松島海岸駅を目指すべく、仙台と石巻を繋ぐ仙石線のホームへと急ぎました。言わずもがなホームに立つほとんどの方が嵐ファン。(バッグで分かります。)BLASTの後に、折角だから観光をと考える人も多かったことと思います。やがて電車がホームに入ってきた時、私はめちゃめちゃ懐かしい気分になりました。「これって、石ノ森章太郎電車じゃね?」ジャニヲタが一気にアニヲタに変身!とにかく写真を撮りまくる!!!













 

 

サイボーグ009の先頭車両は帰りの塩竃駅で撮ったものです。その昔、私は島村ジョー(009)に恋してました♡まるで初恋の相手に再会した気分です。(あっもちろんハーロック様も好きでしたが・・)

ようやく電車は松島海岸駅に到着!



とてもカワイイ三輪車発見!



港から観光船に乗ります。今回は新幹線の時間に間に合うように、松島海岸〜塩竃港まで帰って来るコースを選びました。



塩の香りが心地よく、のんびりと島をめぐる海の旅。若いガイドさんが少々震災の話も織り交ぜながら案内をしてくれました。









風景の美しさはもちろん有名ではあるけれど、カキや海苔の養殖で松島周辺の方は生計を立てているということでした。あの震災の時は、特殊な地形で津波の影響が少なかったことと、地元消防団の活躍で犠牲者はほとんど出なかったとのことでした。しかし、松島のカキの養殖は大きな被害を受けました。そこに送られたのは広島のカキ。そんな同業者からの支援で今では8割方水揚げ量が戻って来たそうです。

終点の塩竃港に着き、ここでお昼に美味しい海鮮丼をいただきました。やっぱり新鮮な海の幸は最高!





再び塩竃駅から仙石線に乗り、仙台駅に帰ってきました。行きも帰りも日立の嵐さんが出迎えてくれました。







いよいよ新幹線に乗り仙台に別れを告げました。思った以上に近かった宮城。少し時間はかかったけれど、私と被災地を嵐さんたちが繋いでくれました。仙台の街は嵐ファンであふれていたけれど、宮城の方々が温かく受け入れて下さったことに感動しました。泊まったホテルの部屋には、感謝の気持ちをしたためたメモを残しておきました。本当にお世話になりました。

あれからもう10日が経ちましたがまだまだ余韻が残っています。ARASHI BLAST in宮城。ハワイに続いてまた一歩、嵐への思いが深くなりました。BLASTという形でのコンサートは、行く先々でいろんなことが待っているとは思うけど、これからも続けていって欲しいです。私は可能な限り嵐さんについて行き、日本の良さも感じてきたいと思います。

ということで、私のレポはこれにて終了です!



 

ARASH BLUST in 宮城レポА.▲鵐魁璽

  • 2015.10.02 Friday
  • 01:07

「あーらーし!」「あーらーし!」嵐が奈落に消えて間もなく、会場には嵐コールが響き渡りました。ここは彼らもアンコールのための準備をしていると分かっていても、嵐コールは途切れることなく続けられました。その時、空にフワっとArashiの文字が浮かびました・・。それはとても幻想的で正直、超常現象を呼んでしまったかと思いました。(後で聞いた話だとレーザーで描かれたものだったらしい・・)それを合図に、スクリーンにイラスト風な嵐のアニメーションが現れて「あーらーし!」「あーらーし!」と嵐コールの音頭をとってくれました。そしてメンステに本物の嵐が登場!そして歌うのはあの歌♡

アンコ1.愛を叫べ!

エリエールCuteにそっくり!なんて言われたあの衣装で登場です!


そして嵐さんはこちら!確かにそう見えてしまう〜(笑)でも、嵐さんもとってもCute♡



オフザケは置いといて・・これは振付けを覚えていたので、会場皆で踊りました。(もちろん私も!)嵐さんと一緒に踊ると楽しさも100倍!この会場のスタンド席は、まさに踊れる広さで周りのノリも良くてうれしかった〜(*^_^*)

アンコ2.エナジーソング

今やこれはアンコの定番曲ですね!「お手を拝借!」からの「超絶、絶好調、超!」でも、2011年にこの曲がリリースされた時はまだ、絶好調とは言えない雰囲気でした。でもその当時なんとか日本を元気にしようと頑張っていたのかもしれません。そういう思いがあるからこそ、この東北で思いっきり歌えることが嬉しかったです。はしゃいでる嵐さんたち見て笑い転げていました。

ラスト ユメニカケル

この歌を生で聞ける瞬間をどれだけ待ってたことでしょう!とにかくこの曲は智くんのソロ部分が聞きたくて、通勤の車の中でエンドレスに近いくらい流しています。歌が始まって私のワクワクはとどまることなく、そしてあの瞬間が!「灯した光のもと 夢の懸け橋を 走り抜ける Faraway〜〜〜〜♪」うわ〜〜〜〜〜〜。走り抜けるの「は〜」がたまらない!!!!!そのまま空を駆けてゆく気分になったところで、待ってましたとばかりに空に放たれる花火!最高のクライマックスを迎えていよいよ終演の時間に。


最後に潤くんが、バンドやスタッフへの感謝、宮城の方への感謝、そして会場に集まった52000人の観客への感謝を呼びかけました。そしてそのままふらっとへたり込みました。「・・もう声が出ないよ。」「大丈夫出てるよ。」メンバーが潤くんを励まして、5人で手を繋いで立ち上がりました!「最後に聞きます。俺らの名前は何だ!」「あらしーーー!!」会場中が声を振り絞って今日1日最高の幸せをくれたグループの名前を言いました。手を振り退場していく彼ら。そのあとも、嵐コールはなかなかやみませんでした。でも、シャトルバスの時間があるのでそのまま規制退場となりました。

シャトルバス乗り場に向かう途中、黒いシールドで窓を隠した2台のワゴン車が通りました。そこにいた人は皆、嵐かもしれないとワゴン車に向かって手を振りました。(違ってもいいからそんな気分でした。)シャトルバス乗り場に着くと、すでに多くのバスが並んで待っていてくれました。後ろを振り向くと、まだ明るい照明をたたえたスタジアムの姿が・・。



光り続けるケミカルライトがライブの余韻を物語っていました。帰り道頭から離れなかったのが、メンバーの涙と力を出し切ってへたり込んでいた潤くんの姿。コンサート隊長である彼はこの日を迎えるまでにどれだけ大きなものを抱えて来たのでしょう。本当に「ありがとう!」の気持ちで一杯でした。

シャトルバスに乗るとあっという間に泉中央駅に着き、あとはホテルでゆっくり過ごすことが出来ました。シャトルバスのスムーズな運営に、地元ボランティアの方に心から感謝したい気持ちでした。ホテルのベッドに横になる前に、うちわとケミカルライトとお守りにしていた「てるてる嵐ちゃん」を記念に写真に収めました。



今回のライブを通して、嵐は本当の意味で大きなグループになったと実感しました。人気アイドルであるがゆえの辛いトラブルもあったけど、彼らは見事にグループの力で乗り越え頑張ってくれました。ファンもまた強くなっていくと思います。本当にこのライブが素晴らしかったからこそ、こんな気持ちになれるのだと思います。私はこの宮城ライブで感じたことを決して忘れることはないでしょう。一つの山を越え、新たなステージに上っていく嵐をこれからも応援したいと思いました。


次回は松島観光のことなど・・




 

ARASHI BLAST in宮城Α〆埜紊里△い気帖漸未討覆ざ

  • 2015.09.30 Wednesday
  • 23:17

★終わりのあいさつ

会場が少し暗くなってまずは翔くんにスポットが当たった時、赤に切り替えたファンライトが多く見えました。それがとてもきれいで・・こういう使い方があったことを思い出させてくれました。この後も、メンバーごとにファンライトの色を変えていました。そういったこの会場の一体感が本当に素晴らしかった・・・。

*以下、ツイに上がってきたレポを要約させていただきました。情報ありがとうございます。

櫻井くんあいさつ

BLASTと銘打ってのコンサート第二弾。楽しんでいただけたでしょうか。(会場拍手)ありがとうございます。楽しかったです。おそらく20代前半の頃だったと思いますが、自分たちが足を運んでどこかの街を盛り上げたい、漠然とそんな思いをもっていましたが、まさに形になって、夢を形にすることが出来て嬉しく思っています。もちろん僕らが思っていたって出来る事ではなくて、宮城の方々にご招致頂き、こうしてコンサートができること本当に感謝しています。そして、僕らがだたやってもどうにもならない事だから。報道でも、この場でも見ましたが本当に全国各地から、世界各国からここ宮城に集まって頂きまして本当にありがとうございます。また東北被災地の皆さんへのメッセージとしては、我々5人はもとより、これだけの、少なくとも52000人の仲間が皆さんにはついているという事を心の横に置いていただけたらと思います・・・
もう、あんな悲しい思いはしたくないから。自分を応援している人が悲しい顔してることほど、悲しいことはないから。もう、俺らもあんな思いをしたくないから。2011年も空が抜けてる場所だったけど、届いたらいいなと思いながら歌っていました。僕らと皆と、被災地の皆と。共に笑顔で、共に未来へ、歩いていきましょう。

(会場中すすり泣き。私も涙が止まらなくなってしまいました。)

大野くんあいさつ

宮城でのコンサートは8年ぶりで、8年前と今とでは状況が違いますが、こうして皆と生で触れ合えるこの時間がやっぱり大切なんだなと感じました。これからも一人でも多くの人と笑顔になってコンサートをやっていきたいと思いました。コンサートはなかなか出来ることではないのですが、8年ぶりに宮城に来れて一番大切にしていきたいと思いました。今以上これからも頑張っていこうと思うので、これからも皆と僕らで進んでいきたいので、これからも一緒にいてください。

(その決意、しかと受け止めました。これからも一緒にいます。)

相葉くんあいさつ

楽しかったですか?いや僕の方が楽しかった。(爆笑!)どこ見たってみんなの笑顔があって、皆の笑顔がこの空間を幸せにしてるんだなと感じました。この場所でしかあじわえないものがあるし、そう思うのは皆さんがいてくれるからだと思うし、本当に感謝していますありがとう。翔ちゃんが言ってたけど、僕らには52000人の仲間がいるんです。嵐って幸せだなってつくづく思います。どこへ行くかっていうのも大事だと思うけど、誰と行くかが大事だと思っています。焦らずに一歩一歩、皆と進んで行きたいんで、これからも嵐についてきてください。

(いつも相葉ちゃんの挨拶はファン目線で元気が出ます!)

二宮くんあいさつ

あのーお腹が減ったなって思っています。(笑)いやあの、減っちゃったんです。すごい踊るんですよ嵐って。本人もびっくりするくらい踊るんです。何食べようかなって考えてます。結構寒いんですよね。夏が終わっていくんだなって。そしてもう秋がきて、冬が来て、また春が来てね。無限に季節のこと言っちゃいそうなんで辞めますけど、季節の変わり目に集まれる会場、コンサートですけど素晴らしいなって。
色々考えると思うんだけど。ここに来て。考えていいのよ。だけど何も考えないで・・・・感じてください。この日くらい笑って、楽しかったって、それで終わる日があってもいいじゃない。すごく楽しかった。最高でした。

(なんかニノの挨拶の「感じて・・」にドキリとしました。ニノは何か感じたのかな。私は「会場の入り口は現実からの出口」と思って頭をライブモードに切り替えて入場しました。会場に入る直前までに例え何があっても、私はずっとそのスタンスでいくつもり!だって彼らに癒してもらうためにライブに行くんだもん♪)

松本くんあいさつ

ありがとうございました。楽しかったです。いやぁ〜出し尽くしたよ!本当に楽しいライブで8年ぶりに帰って来れて、8年前ライブに来てくれて久しぶりって人にも会えたし、初めてって人もいただろうし、ブラストで全国から全国から来てくれた人たち、そんな皆さんのお蔭で先日嵐が16歳になりました。(会場拍手)いつもありがとう。16年ケンカすることなく楽しい毎日を過ごせているのは皆がいるからです。俺らが歌ったり踊ったりテレビに出たりして皆の生活に彩りを与えられたらいいなと思っています。これが終るとアルバムツアーが待っています。まだまだ走って行くんでこれからもよろしく。
そして、8年ぶりにここ宮城でコンサートをするにあたって、関係者のみなさんにこの場を借りて伝えたい思いがあります。ようやく、ようやく・・・(潤くんの目に涙・・)ようやくコンサートで宮城に来ることが出来ました。2011年、宮城をはじめ、どれだけの人に届いているか分からない状況で、僕らとあなた方は繋がっている、今は辛いかもしれないけど生き抜いて欲しいと伝えました。その土地で俺ら5人と皆と、今日この場にいることが本当に嬉しいです。来てくれてありがとう。これからも嵐と繋がっていることを忘れずにいて欲しいと思います。

(もうここから号泣です。潤くんの想いが乗り移ったみたいに泣いていました。)

ここで、潤くんからのお願いが。ペンライトを消して、ケミカルライトは消せないからちょっと隠して欲しいと。空を見上げて欲しいと。見上げるときれいな半月が輝いていました。そして空に向かってこの歌を届けたいと・・。

29.果てない空



この歌は震災が起きる前に、ニノのドラマ「フリーター家を買う」の主題歌としてリリースされた曲でした。しかしその後震災が起きて、その歌詞の内容から度々歌われるようになりました。震災直後の「嵐にしやがれ」で照明を落とした中で歌われた時は、嵐の顔に悲しみが消えず、聴いているのが辛い「果てない空」でした。そして私が初参戦となった2011年 Beautiful Worldコンの「果てない空」はファンから募ったBeautiful Woridをテーマに描かれた絵ハガキをバックに歌われました。元気を少しずつ取り戻してきた日本に希望が芽吹き始めた頃でした。そして今回は、まさに今までずっと思いを馳せていた東北の星空のもと、天に向かって歌いました。泣きました・・・。メンバーの目にも少し涙がにじんでいました。どんなに辛くとも何度も立ち上がる勇気と希望。それは東北の方々に関わらず、日常に辛い思いを抱えていつ人も皆、ここで涙を昇華させたことと思います。ありがとう・・歌の力と、嵐と言うグループの存在意義をこれほどまでに強く感じた瞬間はありませんでした。

歌い終って5人は手を振り、センターステージの奈落に沈んでいきました・・・。


続く・・



 

ARASHI BLAST in 宮城レポァ‐硝椒愁蹇A・AR・SHI

  • 2015.09.30 Wednesday
  • 20:11

再びソロコーナーです。期待にあふれる会場の雰囲気がガンガンと伝わって来ます!

20.Come back to me (2010年 僕の見ている風景 松本ソロ)

照明が落ちてペンライトとケミカルライトだけの光になった時、そこはまるで宇宙空間でした。そして現れたのは宙に浮いた潤くん。宇宙っぽい服を着てフライングしています。固定しているのは腰の部分だけ?イメージ的にはディズニーシーのアリエルみたいな感じ。空中を歩いたり、クルクル回ったり、客席にどんどん近づいたり、上がったり下がったり・・。私は横からその動きを見ていたけれど、客席の興奮は凄かった!まさにピーターパン!それにしても潤くん、1度も降りることなくずっと空中を飛んでいました。これってかなり鍛えていないと出来ないことだし、まさにMr.エンターテーメント!体を張って喜ばしてくれるその本気度にマジリスペクト〜!!

21.Hip Pop Boogie Chapter 供2008年 Dream“A”live 櫻井ソロのパート供

この曲はまさに、2015年バージョンでラップ詞を書きおろしていたみたいです。私はそれまでレポを見ないようにしていたので、そこに気が付かず・・(^_^.) ああ〜知っていたらちゃんと歌詞をかみしめていたのに。そんなこと抜きにしてノリノリで体を揺らし、「Yeh! Yeh!」のかけ声を楽しんでいました。翔くんってその時の気持ちをラップにしたためるので、同じ曲でもいろんなバージョンがあるのですね。他の方の詳しいレポを読ませていただくと、ここまで来られたのは君たち(メンバー、ファン)のお蔭。これからも君たち(メンバー、ファン)と立ち止まらず歩いてく。みたいな言葉が散りばめられた歌詞だったようです。DVDが待ちどおしい〜。

22.two (2012年 Popcorn 大野ソロ)

やっと生で聞けた・・(涙)2012年は見事に嵐コンにフラれた年でした。だからこそtwoをはじめてCDで聞いた時は、本当に歌詞のとおり切なくて。「愛しさが溢れてく 震えるほどーーーーーーーー」って私も叫びたかったです。今回のソロはゴールドがかった衣装で、神々しささえ感じました。ゆっくりとステップを踏み無重力に踊る姿はまさにスイッチオンな智!そして私は息をひそめてあの瞬間を待ってました・・・「愛しさが溢れてく 震えるほどーーーーーーーーーーー」・・・・フワぁ〜・・・・なんとも言えないため息が会場から漏れました。そしてまだまだ魅せてくれるよ智オーラ!階段を踊るように上り(っていうかこのあたりで私の記憶が飛んでます)美しい手でポケットから紙ふぶきをつまんで、フ〜〜〜と。それに合わせて空からも紙ふぶきに包まれる智。叫びにも似た歌声に完全に心奪われ放心状態な私でした・・・・やっぱりアナタは最高だーーーー!!

23.アクセントダンス Endress Game 主題歌メドレー

嵐全員メインステージに現れアクセントダンス。いつもながら彼らのアクセントダンスは息があっていて見ごたえがありました。最後はEndress Gameで決めてからの主題歌メドレー。それぞれが主演したドラマや映画主題歌のソロ部分を歌い上げました!いや〜嵐って本当に素敵な歌をたくさん届けていますね!
櫻井 Believe     「頭上に悠然とはためく 漠然とした夢をかかげ〜」
大野 Monster    「君の叫びで僕は目覚める〜」
相葉 Your eyes 「忘れない瞳で交わした言葉〜」
松本 One Love  「100年先も愛を誓うよ 君は僕の全てさ〜」
二宮 Breathless  「体中叫んでる まるで無限の迷路に〜」


24.Sakura

中央ステージに集合してSakura!キレキレでセクシーで力強くって、クライマックスの高揚感が溢れるダンスでした。それに合わせての幻想的な水と炎の演出も素晴らしかったです!噴水の上に揺らめく炎はいったいどうやって燃えているのだろう・・。



25.PIKA★★NCHI DOUBLE
26.迷宮ラブソング

ここでしばし散らばってファンサタイム。迷宮ラブソングの「僕がきっと その手を強く引くよー」のところは、お約束のように会場が湧いていました。

27.サクラ咲ケ
28.A・RA・SHI


ここで再び新たなフライングシステム登場!まるで鳥かご?固まった嵐さんたちがめっちゃカワイイ♡ これがまた、ふわふわとアリーナやスタンド席の上を飛び回るのです。で、翔くんのラップが始まるとメンバーがふざけて輪っかのバーを揺らし、「うわ!あっぶね!」ってビビッている翔くんを楽しむという。(笑)それを見て会場大笑い!!それにしても真下にいた人も「あっぶね!」って思ったに違いないほどの臨場感がありました。



「A・RA・SHI」は智くんと会場の掛け合いからの〜「ふぉ〜〜〜〜ドリーム!」やっぱり今日の智くんは声に艶があるな・・。
そしてメンバー全員センターステージに集まり終わりの挨拶です。

続く・・・
 

ARASHI BLAST in 宮城レポぁMC〜ファイトソング

  • 2015.09.27 Sunday
  • 23:58

★MC
ここでMCに入ります。細かい内容は覚えてないので簡単に・・

★相葉さんの学校紹介がいっこく堂な件
合唱に参加してもらった学校紹介で、相葉ちゃんが上手く学校名を言えず、まるでいっこく堂さんの物まねみたいだった。(時間差で言葉が出るやつ)
★あいさつのシャッフルの件
相葉ちゃんの松本くん挨拶に関して・・「俺、最後にサンキューとか言わねーし。」と潤くん。
松本くんの大野くんの挨拶に関して・・「俺の大野智像でデフォルメしてる。」目を細めて顔から作って、「こういう菩薩みたいな・・。」潤くんの顔も菩薩になってる〜。
大野くんの櫻井くんの挨拶に関して・・「本当に調子はどうなんだ?」って恐ろしいよと翔くん。
★グッズの件
グッズ監修の相葉さん、実は翔くんに謝りたいことがある。メンバーの顔を印刷してあるタオルだが、トイレに行って手をふくところがいつも翔くんの顔の部分。たまには他で拭いてねと。
Tシャツは2種類。白と
ずんだカラーと・・「ずんだカラーなの?」と潤くん。坊ちゃん石鹸も特殊(?)な顔ながらコラボをOKしてくれたと。
★Mステの中継前に「ハダシの未来」の振付練習
ニノをモデルに練習しました。前向いて踊ったり、後ろ向いて踊ったりしてくれました。最後の手拍子がピッタリ決まったので翔くん、
「ネットとか見て覚えたの?」ってドキっとする一言。

♪ハダシの未来音頭
1.両手を下にパー(4カウント)
2.両手を上にグー(4カウント)
3. 左手グーを肩に乗せて右手で鼓を打つように4回叩く(4カウント)
4.両手右上(2カウント)
5.両手左上(2カウント)
6.手のひらクルクル右上へ(4カウント)
7.手のひらクルクル左下へ(4カウント)
8.右手ガッツ(4カウント)
 9.左手ガッツ(4カウント)
10. ちょっと背伸びして、チョチョンがチョン


★Mステのシュミレーション
ここで嵐は順番にハッピに着がえ終わり、全員がそろいます。Mステまであと数分ということで、一応シュミレーションを・・相葉ちゃんがタモリさんになり切って
「仙台では楽しいことあった?」と質問。こちらで食べた物とかそんな質問をして笑ってるうちにいよいよ時間が・・。
ここで翔くんが仕切ってみんなでカウントダウン
「5・4・3・2・1・ZERO!」大スクリーンにMステの本番が映ってテンションMAX!ここからはTV中継になります。タモリさんに会場の様子や衣装について聞かれ、「宮城どうですか?」とまさにシュミレーション通りの質問に会場は爆笑!相葉ちゃんと翔くんがにやけてる。

 

★宮城お祭りバージョン

16.ハダシの未来

いよいよ練習の成果を見せる時。ワクワク学校の「ハピネス音頭」を思い出します。嵐が「踊って!」と言えば会場みんなで快く踊ってしまうのがアラシアンズ!ご当地ユルキャラの“むすび丸”も今回はお祭りバージョンで登場!楽しかった!後でMステの録画を見た時、お客さん映るのほんの一瞬だな。でも、潤くんの視線や声掛けが優しいね。なんて思いました。

 

17.CARNIVAL NIGHI part 2

地元のすずめ踊りとのコラボが実に画期的!扇子がオレンジと緑ですごくキレイで可愛くて、もともとの振りとピッタリ合っていて。メンバーと共に5方向の花道に散らばり、こちらに向かって走って来るところは圧巻でした。私の席に一番近い花道の先端に智くん。いっぱい手を振って笑顔を見せていました。ここのところお手振り曲みたいになっていて踊ることが少なかった曲。新規ファンの中には振りを知らない人も多いかも。でも驚いたことに私の周りはみんな踊っていた!!(もちろん私も)東京ドームよりも熱く感じるのはこういうとこかな。「C・A・R・N・I・V・A・L ソレソレ!」の掛け声のノリが良かった!

 



18.GUTS!

ここでまた噴水リフトが登場!これは本当に凄かった。アリーナの方濡れませんでしたか?そしてこの曲はやっぱり元気が出るな〜と。これも一緒に踊りました。ニノの声がちょっと苦しそう。外の砂埃が影響したのかな・・。それはさておき、会場の盛り上げも手伝って生中継は無事終了!

 

19.ファイトソング

「ハイ、ハイ、ハイハイハイ!」でふと気が付きました。宮スタのスタンド席は東京ドームよりも踊りやすいと。前後の間隔がちょっと広いかも!そうか!椅子が折りたためるからだと今さら気が付き、とにかくずっと踊ってました。若い子たちに負けじとオバちゃんはりきってしまってすみません・・。

続く・・



 

ARASHI BLAST in 宮城レポ 相葉ソロ〜ビタスイ

  • 2015.09.27 Sunday
  • 18:51

ここでソロコーナーを挟みます!これは2007年以降のソロ曲からのチョイスということで、期待が膨らみました!

7.じゃなくて(2011年 Beautiful World 相葉ソロ)

花道に花束を持って現れた相葉ちゃん。軽快なステップで踊ります。「じゃなーくて!」部分をみんなでコール!(本当に今回は皆の盛り上げが上手いと感心します。)この歌は私も福岡で聞きました。椅子を使ったパフォーマンスが面白いダンスでした。今回は花道の途中に3脚椅子が並べてあって、相葉ちゃんが椅子に乗り背もたれに足を乗せてパタンパタンパタンと倒しながら行くという面白いパフォーマンスでした。最後に花束をポーン!と投げて客席がキャー!!!

8.20825日目の曲(2013年 LOVE 二宮ソロ)

スクリーンに映ったのは手書きの手紙(本物?)

「和也へ こういう曲を作ってるなんて私は知りませんでした。すぐに聴けなかったけど、たまたま誕生日当日に聞いてビックリしたのを覚えています。私を知ってる人たちが私のことをよく見てると感心してました。こういう子に育ってくれて誇りに思います。 母より」

ニノはあまり表には出さないけれど、お母さんが好きなんだなと。メンステにギターを抱えてニノが登場!いつもよりもどこか照れくさそうに歌ってるように感じました。

9.Oh Yeah! 

ピンク色のカワイイ衣装に着替えたメンバーが、花道の先にあるタワーに乗ってせりあがって来ます。なんとタワーの下は滝のように水が流れて、まるでその力でせりあがっているかの様に見えました。

 


10.言葉より大切なもの

花道に降りてからのソロ「切り取ったメロディー♪・・」そして、お決まりの
「ここには?」「あるからー!!!」ひとしきりファンサをして、最後は5人で踊ってフィニッシュ!

11.Zero-G

中央ステージでカッコよく踊るZero-G。セクシーに腰を振るダンスなだけに若い子たちのキャーキャーが止まらない。オバちゃんはキャーとならずカワイイ〜♡となる。こういうリアクションの違いを楽しめるのもライブの面白さであるわけで。ここで一旦、メンバーは消えます。



★合唱コラボのエピソード映像

ここでちょっと休憩しつつ映像を見ます。それは、被災地の学生たちに「感謝カンゲキ雨嵐」を嵐のライブて歌いませんか?という呼びかけから始まりました。多くの学生が参加してくれることになり、その練習風景が流れました。このエピソードはいずれ、TVで放映されるみたいです。

12.感謝カンゲキ雨嵐(合唱コラボ)

オーラスと言うことで、今まで日替わりで参加していた全ての団体が集結しました。(写真は初日のもの)学生たちの澄んだ歌声が会場に響いて、その声が美しければ美しいほど胸に迫るものがありました。「泣きながら生まれてきた僕たちは たぶんピンチに強い。」この歌詞が、リアルに伝わってきた瞬間でした。



嵐の衣装は大野くんの絵をもとにデザインされたもの。上は「希望の光」を表わすドット模様。下は「タツノオトシゴ」。インナーは絵の具を自由に重ねた感じの模様。これからはメンバーが衣装のデザインを考えるという機会もどんどん増えて欲しいな。

 

13.Love so sweet
14. きっと大丈夫


ここでカラフルなトロッコが登場です!会場もいつの間にか暗くなっていました。私もようやくケミカルライトを折って手首にまきました。(それまではペンライト代わりに手に持ってました。)気が付けば会場にはいろんな光が溢れていました。ケミカルライトだけではなく、今までのペンライトやファンライトも多く見えました。それが星の海のように輝いて本当に美しかった・・

 

15.Bittersweet

嵐はメインステージに戻りビタスイ♡ふと思い出すのはここは智くんのソロから始まるってこと。この甘い出だしが大好きな私は耳を澄ます・・。「夢の中で君と笑えるなら〜」 うん、いつもどおりの甘くて素敵な声。こんなことで安心してしまう私でした。そしていつも通り可愛く踊ってみんなでポーズ♡「嵐」って形にやっぱり見えちゃうよね!

続く・・




 

ARASHI BLAST in 宮城レポ◆OP〜あいさつ

  • 2015.09.26 Saturday
  • 22:43

嵐コールが響き渡る会場。そしてスクリーンにアニメが登場!キャー!!!!会場皆が立ち上がりいよいよライブスタート!!

★オープニング

水彩画で描いたような優しい色合いのアニメーション。可憐な小鳥が飛びながらメンバーを紹介していく。船で魚を釣り上げる大野くん。お米で料理をする相葉ちゃん。「ずんだ」の文字を書いている翔くん。ゲームの世界でカートを運転するニノ。Mr.MJ的なサングラスがカッコイイ潤くん。東北の地図と嵐マークのキャラクター・・優しい雰囲気のOPだったと思いますが記憶がまばらで覚えてない・・(^_^.)



★嵐登場!

1.ワイルド・アット・ハート

メインステージの六角形の大スクリーンのてっぺん。王冠の前にスモークと共に嵐登場!キャー!!!と会場が湧き、5人が「アーアーアーアー」と歌い始め、パン!!と花火がなったとたん!花道の先に煙が上がって・・



5人がバラバラに登場!これってまるでイリュージョン??おそらくだけど、そんなに早くは瞬間移動できないので王冠の前で踊っていたのは影武者でしょうね!まんまとダマされました(笑)「一度きりの人生転がるように〜♪」拳を突き上げ踊りました!オーラスはなんだか会場のテンションが高い!




2.PIKA☆NCHI

花道が交差した中央ステージに嵐が集結!ピカンチをガンガン踊ります!やっぱり嵐若かりし頃のクールな曲はめちゃめちゃカッコイイ!

3.Happiness

さてここで嵐がいったん消えて、中央ステージの上にあった王冠をかぶった謎の球体が、ゆっくりと下がって来ます。そのまま奈落に降りていきそしてまた上がってくるとゴンドラみたい形が変化して、なんと嵐5人が乗っていました!名付けて「ARASHI3Dフライング」私の座席の方までは飛んで来なかったけれど、お客さんの頭上を飛んでいくという新しいシチュエーションは、遠目から見ててもドキドキしました。嵐が思いっきり近づいてくるスタンド席は、さぞかしスゴイ興奮だったことでしょうね!

 

4.troublemaker
5.Love rainbow

この辺りはファンサタイム♪

6.青空の下 キミのとなり

メインステージに移動しての青キミ♪ 思えばこの青い衣装が曲の雰囲気にピッタリで、スタートに爽やかな風を送っていました。



★シャッフル挨拶

今回楽しかったのがこれ!メンバー挨拶をシャッフルするというもの。相葉ちゃんがカッコつけて「幸せになる準備は出来てるか!俺ら5人が5万5千人幸せにしてやるぜ〜!サンキュー(?)」翔くんの「いらっしゃいませ〜。いらっしゃいませ〜。まだまだ足んねえぞ!!」ニノの「ねえ、ねえ、ねえ、まだ足んないんだって〜。」潤くんの声マネ、顔マネも含めての「ハーイ!ハーイ!今日もいっちゃう?宮城祭り(でい!)」そして智くんの翔くん挨拶は、顔がめちゃくちゃ怪しくて「本当に調子はどうなんだ!」ってしつこくって笑った〜(^_^.)  メンバーがメンバーのマネするって面白い!どこかちゃんと似ているものね!

 

ここで一旦退場!いつもの王子様キャラのアニメが始まります。次はソロをやりたいのだけど誰がやる?みたいな相談をしています。そして「僕がやる、いや僕が・・」からの「どうぞどうぞ」からの相葉ちゃん。ということで・・

続く・・


 

ARASHI BLAST in 宮城レポ .薀ぅ崛阿里劼箸箸

  • 2015.09.25 Friday
  • 22:59

たどり着くまでにいろいろあり過ぎて、おそらく一生の思い出になるライブ「ARASHI BLAST in 宮城」やっと祭りの後の静けさに浸る時間が来ました。今回は宮城への旅の記録も含めてレポをしていきたいと思います。

9月23日(水)朝早く大宮から東北新幹線に乗り仙台に向かった私。仙台に行くのは小学校以来です。新幹線で合流した嵐友さんとおしゃべりを楽しんでいるうちにあっという間に着きました。仙台駅はまさに嵐祭り!



まずは駅から数分歩いたところにあるホテルに大きな荷物を預け、すぐに地下鉄に乗って泉中央駅に向かいました。そこからシャトルバスに乗ります。驚くことに待ち時間無しでどんどんバスに乗ることが出来ました。静かな住宅街を抜け、きれいに実った稲穂を眺めながら緩やかに丘を登っていきました。そして20分くらいで現地に到着!フラッグや横断幕に復興への願いや、支援への感謝が書かれていました。

 

迷わないように、会場案内図の写真も撮っておきます。



いよいよ見えてきた宮城スタジアム。いろんな意味でここまでの道のりが長かったので、とても感慨深い対面でした。



広場に入ると、食べ物のおいしい匂いが漂ってきました。ここが復興応援市場。何を買おうか悩むくらい屋台が沢山ありました。



私が食べたのは・・
肉巻おにぎり(肉汁がご飯になじんで美味!ボリュームがありました。)
青葉餃子(磯の香りのする緑色の揚げ餃子。ビールが欲しいけどジャニコンはNG!)
ずんだアイス(思った以上にずんだ味!香ばしくて美味しかった〜)

 

ひとしきりお腹を満たしたら「大野智と子供たちの未来絵画展」に向かいました。



セキスイハイムスーパーアリーナは、東日本大震災の時に最大級の遺体安置所になった場所。そんなことを感じながら子供たちの絵画を鑑賞しました。そしてその絵に安堵を覚えました。美しい自然や、家族の温もりや、美しい虹や、未来へのあこがれや・・ごく普通の子供たちの絵。そこには震災から復興した明るい未来が見えました。大野くんはもしかしたら子供たちの絵も参考にして、JALのデザインをしたのかもしれません。そして久しぶりに出会った「ちょんまげの子」。立ち止まって見ることは出来なかったけれど、明るい照明に金銀の絵の具が輝いて、フリスタの時よりも強い光を放っていました。まさに未来への希望の光・・。

14時30分、いよいよ入場時間になりました。



入場は実にスムーズに流れていきました。座席はSA側(聖火台の下)スタンド22列目にも関わらず思った以上に近くに感じました。私は今回スケッチブックを持っていたのでざっくりと景色を描いてみました。



反対側から見た実際の風景(Zipより)



6角形のスクリーン。放射状に伸びた花道。ワイヤーで空中にぶら下がっているのは王冠をかぶった銀色の球体。これが噂の新しい演出?メンステの脇にトロッコ。ムビステは無し。シンプルだけど嵐がファンの近くに行けるよにアリーナ席の間も少し通路が設けてあります。私は上のほ〜だから全体が見渡しながら楽しめそう!と期待を膨らませていました。いよいよ開演の時間がせまり、自主的に嵐コールが始まりました。オーラスだけにみんなのテンションも高い気がしました。そしていよいよオープニング映像が・・。


続く・・・

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    真智子 (11/23)
  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    海風 (11/21)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    真智子 (10/16)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    葡萄 (10/16)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    真智子 (10/09)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    葡萄 (10/08)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    たこ (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (09/30)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    葡萄 (09/30)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM