絢爛豪華な「Japonism」Blu-ray

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 22:02

 

やっとパソコンの修理が終わって久しぶりにブログを書いています。本当に長い間嵐ゴトをお休みしてて、忘れそうになってましたが、「Japonism」BDに再び引き戻されました!(笑)

 

 

*先日アリーナツアーに参戦した嵐友から分けてもらった銀テが素敵だったので写真に添えてみました。

 

あれからもう8か月経つのですね・・発売が遅すぎて、メイキングも付いていなくて、かなりツッコみたくもなりましたが、逆にアリーナツアーのメイキング映像に期待!ということで納得することにしました。

今回の目玉はやはり「」だと思うのです。(智担なのでお許しを!)と言うのは、WSではほとんど流れなかったからです。マスクマジックのほうが確かにインパクトがあるのですが、私的には「」に息が止まりました。(きっと初見の方は驚きましたよね!)振り付けも今までにない形で、“舞う”という表現がしっくりきます。扇を使ったjrとのダンスコラボが素晴らしく、やっぱり息を止めて見てしまう・・これって智担だけの感覚なのかな・・?

 

そして、今回映像を見て改めて感じたことをまとめてみました。

 

舞台セットや演出がまさに歌舞伎!

ジュニアのダンスシーンが素晴らしい!

和楽器の生演奏が圧巻!

和を意識した衣装が絢爛豪華!

絶好調超ライトが会場に一体感を持たせてた!

スクリーン映像が素晴らしく凝っていた!

FUNKEYダンスを会場みんなで踊ってる!

やっぱ嵐コールは「あーらーし!」のほうがよく聞こえる。

 

気が付いたらあっという間に観終ってました。ひたすらエンターテイメントショーを意識している構成に、これぞ嵐の真骨頂と思いました。かつての私は、ジャニーズのコンサートは歌が聞こえなくなるほど若い子が「キャーキャー」するもので、大人が行くものではないと思っていました。でもそれは違っていました。盛り上がる時、静かに聞く時のメリハリがあり、テーマに沿って深いメッセージが発信されていました。また、あいさつに始まりあいさつに終わる礼儀正しさも持ち合わせていました。そして何よりも、エンターテイメントの先端を担っていました。だからこそ世代を超えて支持されているのだと思います。

 

“アイドル”って立場はかなり特殊で、年齢を重ねるたびにそのイメージとの戦いもあるのかもしれないけど・・嵐はそこを軽く超えてくれそうな気がします。オーラス最後の潤くんの言葉をかみしめながら、これからも楽しく応援していけたらと・・・。

 

 

 

 

Japonisum東京12/23,24 レポΑ―わりのあいさつ〜アンコール

  • 2016.01.04 Monday
  • 22:37

★おわりのあいさつ

今回はあっという間で「もう終わりなの?」っていつも以上に感じてしまいました。ペンライトはここからは手動になります。デジタリアンからの習慣になっているのですが、前に出たメンバーに合わせてペンライトの色を変えている人がほとんどでした。(基本は櫻井大野相葉二宮松本の順です)
今回は12月24日の終わりのあいさつを中心にまとめました。
*ツイを参考にさせていただいています。情報ありがとうございます!

櫻井くんあいさつ

皆さん今日はありがとうございました。1年ぶりのツアー。いかかでしょう楽しんでいただけましたか?MCでも言ったけど、すごい来ました。熱意というか、すごい皆が盛り上げてくれたようで。やっぱりメンバーの誕生日のコンサートとかって独特なんだなって。去年もだよね。2年連続でここでお祝いして。
相葉「そう」
そんな去年の誕生日見たい方は絶賛発売中のDIGITARIANのメイキングに入ってますのでぜひ!(会場爆笑!)まあ、今回15周年を経まして次なるテーマを原点回帰と掲げまして、原点回帰と聞くと一歩立ち戻るように思うかもしれないけど、前に進む選択肢を捨てたわけではありません。前に進むために時に必要なことで、前に進むために大きな力をためているんだと。2015年も終わってしまうけど、2016年も原点回帰してチャージしたパワーをもとに進んでいきますので、ずっとついて来ていだたけたらなと思っています。ありがとうございました。

大野くんあいさつ

えーあっという間で。さっきあっちでリフターっていうのに乗ってはしゃいでいたら小指打っちゃいました。そんだけ楽しかったってことです。痛みは感じませんが、楽屋帰ったらズキンズキンしてくるんだろうと思います。原点回帰で個人的にはマスクという演目をやりましたが、非常に懐かしく、17年、18年前にやってたのを今日やれて、久しぶりに懐かしかったです。なかなかやらないことをここでやったので、やっといて良かったなと思いました。今年終わってしまいますが、皆さんどうか風邪だけは引かずに。大変引きやすくなっているのでマスク(?)をつけて。今日は改めてお祝いの言葉をいいたいと思います。相葉くん誕生日おめでとう。今日はありがとうございました。
相葉「おい!」

相葉くんあいさつ

本日は本当にありがとうございました!本当に!僕の心の中はありがとうしかありません。100万回言っても足りないくらい感じてます。当日ってこともすごい嬉しくて、すっごいフワフワしちゃってたのか、意識しちゃってたのかもしれないけど、うん、フワフワしてた。たぶんね、Mr.FUNKも気付いたら上り過ぎちゃってていつも以上に高いところからお送りしました。(爆笑!)大成功です!33歳になって初めて食べたケーキが段ボールとは思いませんでした。(会場爆笑!)一生忘れない1日になりました!本当に幸せです!皆さんのお蔭です。忘れません。あったかい気持ちを持って帰って、ゆっくり布団で寝たいと思います。2016年も僕らは進化し続けたいと思っているので、皆さん、これからも嵐をよろしくお願いします!今日は本当にありがとうございました!

二宮くんあいさつ

見ました?さっきの相葉くんのあいさつ。(胸に手をあててお辞儀)
相葉「ちょ何?フワフワしてたの。ちょっかい出してんじゃないよ!」
え?何よ?いいなって。僕6月なんで。コンサートとかないんすよね。皆それぞれ11月、12月、Jは8月、翔ちゃんで1月、なにかズレ込めばお誕生日が来るんです。6月って誰かが怪我しないかぎりズレ込まないんすよ。相葉くんの誕生日を当日で祝って。一生祝われないんだろうなって。(会場から盛大に「ニノおめでとう!」の声)え??6か月先だから。(「おめでとう!!」)祝ってほしいって言ってんじゃないよ。でも、ほら、当日って言うタイムリーでさ、恵まれてるんだなと。幸せそうな彼を見れて良かったです。もうコンサートも楽しくて良い思い出がまた一つできて。良い顔してるんですよ嵐って。最後に相葉くんに一言。相葉くん・・・・メリークリスマス!(大爆笑!)どうもありがとうございました!
相葉「オイ!!」


松本くんあいさつ

えー皆さんどうもありがとうございました。まずは相葉さんの誕生日にメンバーとしてステージに立てたことに感謝しています。いつもありがとう。
相葉「こちらこそありがとう!これからもよろしく!」
本当にタイムリーで33歳の誕生日に、歌って踊って、こんなに共有できたのは嬉しいですし今回Japonismの「今をどう生きる?」って投げかけましたけど、この時間で少しでも嬉しかったり楽しかったり、ポジティブな気持ちで時間を過ごせてたら嬉しいです。これからどう周りの人に伝えていくかが結果だと思うし、今までジャニーズの歴史を通して先輩が作ってきた50年っていう時間をどう後輩に繋いでいくかがテーマでもあります。それだけでは無いと思うけど、16年、17年ライブがやれているというのは、長いことジャニーズのエンターテーメントやってきたお蔭なんだと思っています。僕らが皆さんに届けたかった思いを皆さんが繋げてくれれば、皆さんの周りがハッピーになっていくんじゃないかなと。
満16年越えて17年目に入りました。まだまだ見たい景色、やりたいこと沢山やっていきたいですし、皆と過ごしたい時間もまだまだあります。共に過ごしていけたらと思っているのでこれからもよろしくお願いします。2015本当にお世話になりました。2016もよろしくお願いします。


27.僕らがつないでいく

ラストソングは「僕らが繋いでいく」。まさに潤くんの最後の言葉を歌詞にしたような・・。今回は、嵐をきっかけに繋がった友達と、初めて一緒に過ごした時間だったのでこの曲が心に沁みました。ムビステでゆっくり回りながらメンステに戻っていく嵐。階段を登り手を振りながら奈落に消えていきました。本当に楽しい幸せな時間をありがとう。そんな気持ちでいっぱいでした。そのあとスクリーンに日付カウンターが現れます。それは嵐結成からカウンターが始まり今現在の日付と時間で止まりました。静かな余韻を残してライブは終わりました。

しかし、ここで終わらせないのが嵐コン!!!みんなで一斉に嵐コールです!!

★アンコール



28.ユメニカケル
29.Love so sweet


23日はいきなり目の前にトロッコが現れたので驚きました!そして、大野くんに釣ってもらったのは、トロッコが向こうから回って来たほんの一瞬でした!本当のラストチャンス!気が付いてくれてありがとうおおちゃん!!

30.A・AR・SHI

トロッコを降りての本当のラストソングは「A・RA・SHI」。大野くんとの掛け合いでいつものように交互に歌い、最後は大野くんの「フォードリーム〜♪」で締め。
そして潤くんの
「俺たちの名前は何だ!」「あらしーーー!!」



というわけでかなり駆け足でレポを書きました。しかしながら記憶があいまいなところもありますので、もしも違っているところがあればお知らせ下さい。

今回のライブに参加しての個人的な感想はまたいずれまとめたいと思っています。取りあえずレポ終了!




 

Japonisum東京12/23,24 レポァゞ如Believe

  • 2016.01.04 Monday
  • 20:20


21.暁 (大野ソロ)〜マスクマジック〜

いよいよ大野くんのソロに期待が膨らみます!暗転からメンステ2階部分にスポット!そこには能装束のような姿で傘を華麗に開く大野くん。一瞬で般若の仮面で現れ「キャーーー!!」とファンの悲鳴。手から火花が散ったり、蜘蛛の巣が現れたり、次から次へと傘が開いて最後に大きな扇が開く様はまさにイリュージョン!

  
  

また、箱を開けると金色の手紙のようなものが滝のようにこぼれ落ちたり、筒状の布に隠れて一瞬で姿を消したり、マスクが次々と入れ替わったり(ここは実はJrの影武者)そして気が付けば下の花道にいつの間にか移動している大野くん。そこで最後のマスクを外しで現れる本人の顔。それがめちゃくちゃかっこ良かった!これがきっと十代の頃「Kyo to Kyo」で培った技なのでしょう!動きに全く隙が無くて美しかった!新規ファンにとっては憧れの世界を魅せてくれたことに感謝です!

 

水色の着物をさっと放ったら、赤金黒を基調とした衣装に変わっていよいよ「暁」の歌と踊りが始まります。



スクリーンに「暁」の書があらわれ、浮かぶ映像は全て水墨画。大野くんの声の伸びは素晴らしくそして、ダンスの振りは今までと全く違う、武道のような動きでした。ここで最近始めたジークンドーが生かされているのでしょう。バックダンサーのJrが扇子をもって踊っていたのもすごくカッコ良くてゾクゾクしました。ちょっとすずめ踊りのテイストを組み込んだのかな?今まで大野くんのダンスはいつも独特で、ともすれば似通ったものになりがちでした。でも今回は新しいテイストを感じたので、ここからまたどう進化を遂げていくのか楽しみになりました。

22.Japonesque

ここから一気に「和」の世界に突入します。暗転の中スポットが当り、センステに現れたのは薙刀で空を切るjrの大野幸大くん。めちゃめちゃカッコ良かった!そしてまた暗転。ここからしばし和楽器の演奏が入ります。そして現れたのは艶やかな着物に身を包み金色の扇をひらめかせ踊る嵐5人。バックには大きな満開の桜の幕が。上からはひらひらと桜の花びらが舞っています。まるで歌舞伎舞台のような華やかさ!





そこからメンステに降りての傘をかざしての踊りは、まるで歌舞伎役者のようでした。



23.心の空

そして暗転。しばし太鼓のパフォーマンスがあり、いよいよ今回のクライマックスは「心の空」!



艶やかな和の世界から一気に男気の和の世界へ・・。嵐のキレキレのダンスにすごく心が躍りました!太鼓の響きがやっぱり心地よくて血が沸き立つ思いがしました。日本人としての「原点回帰」・・そんな思いが詰まった歌だと感じました。


 
24.SUNRISE日本
25.oh Yeah!
26.Believe


最後にメンバーは花道に散らばって最後の盛り上げ!そしてここで銀テ発射!(だったと思う)まさかのスタンド中央まで飛んできました!でも、残念ながらキャッチできず。今回の銀テはありがたいことに1色。昨年担当色をキャッチするのに苦労したことを考えれば1色がいいなと思っていました。ファンの気持ちをくんでくれたのかな・・。ということで、あっという間に最後のあいさつの時間が来てしまいました。

銀テはこんな感じ!



続きはΔ悄ΑΑ






 

Japonisum東京12/23,24 レポぁMC〜Bolero

  • 2016.01.04 Monday
  • 15:14

MC
23日、24日MCの中で印象に残った話を要約してお届けします。
(相葉スデーについては別記事で書きました。)


女子力上げる天然コンビ VS 男子力上げる松本くん

実は潤くん、楽屋にトレーニングマシーンを持ち込んで体を鍛えているらしいのです。しかもトレーナー付きで。今日もライブ前に凄い速さで自転車こぎをしていて、「かえって疲れないの?」とメンバーに心配される潤くん。「脚がパンパン・・・」と潤くん。(笑)それとは対照的に相葉ちゃんとリーダーは、ライブ前の楽屋でチョコケーキを食べて女子力上げるのが、福岡公演からの習慣になってるというのです。さらに相葉ちゃんはハーブティーもお取り寄せしたという。ある朝の大野くん、寝起きで楽屋にやってきて、甘いものが欲しくなってチョコケーキを食べていたら・・トレーニングで男子力を上げてきて、朝ちょっと不機嫌だった潤くんに叱られたという。「ケーキ?寝起きで?甘いもの食べたら血糖値上げるだけだよ!」と。「すいません・・」とあやまるしかなかったという。ストイック潤くんの天然あふれるエピソードでした。

柚子と戦う相葉ちゃん

年末らしいことをしようと、今年は自分で柚子を買ってきて初めて柚子風呂に入ったという相葉ちゃん。「柚子風呂良かった。疲れるけど・・。」という相葉ちゃんに、「何をしてたの?」とメンバーにツッコまれる。「柚子を絞ったり、戦わせたり。」「戦わせるの?」とみんな爆笑!後片付けが大変で、柚子は現在乾燥中だという。「子供かよ!!」と思わずツッコみたくなったお風呂エピソードでした。

小さな翔くん

今回のライブは年少のJrたちも付いてくれて、自分たちが小さかった頃を思い出すというメンバーたち。「小さな翔くんがいると思ったよ。」と智くん。「あのころ翔くんこんなに小さかった。」ってお腹の辺りに手のひらをかかげる智くん。「そんなに小さくないよ!」と翔くん。でも、中学1年で139cmくらいしかなかったというから本当に小さかったんだな翔くん。

「町子がね。」

ニノの映画「母と暮らせば」の話になり、相葉ちゃんは映画の1シーンだけマネができるという。ということで、正座をして、顔をつくり、ちょっと前に乗り出して、「町子がね。」。会場爆笑!そこそこ似ていたと思います。でも次の日(24日)のMCでやった時は、「あとで謝りに行くぞ!今日は山田監督きてるんだから。」とニノに言われてあわてる相葉ちゃんが面白かった!


15.日本よいとこ摩訶不思議

MC中に着替えが終ってからの1曲目は、待ってました!摩訶不思議!まずは大野、相葉、二宮3人のバク転で会場が湧きました!23日は特に、真横から見ていたのでバク転のあとも5人のキレがすごくて、特にジャンプの高さにホレボレしました。



また、この時ばかりはjrも全員集合でのパフォーマンスを見せてくれました。光ゲンジみたいなローラースケートや、シブガキ隊みたいなはっぴ姿、少年隊みたいなスーツ姿に、モコモコの襟をつけたコンサート衣装など、まるで80年代ジャニーズを再現してくれているようでした。そして極めつけはJrマンション。メンステ2階の両サイドに作られたマンションの中でちびっこjrが踊っていました!



16.君への想い

リフトに上がりしっとりと歌い上げるバラード、「君への想い」。スクリーンにはメンバーひとりずつ、生まれたころから現在に至るまでの写真が流れます。感動したのがペンライトの色です。そこまでの演出では鮮やかな色でキラキラと点滅してたのですが、ここからはまるでろうそくの灯のような色合いに変わりました。しかも、代わる代わるホタルのようにゆっくり点滅していました。フリクラシステムではあらゆる色が出せると聞いてはいたのですが、こんなにも繊細な演出が出来るとは思いませんでした。ライブのテーマは「原点回帰」でも、しっかりと新しいものを導入して演出に加えている。そういうところがさすが!と思いました。

17.Rolling Dayes (櫻井ソロ)〜ドラムライン〜

メンステ2階にスポットが当り、現れたのは翔くん。シーンと静まり返った会場にドラムの音が響きます。バチを回したり持ち替えたりしながら叩く技は、かなりの練習量が想像出来ました。



歌に入り階段を降りてセンステへ・・。この歌は特に低音のラップがすごく刺激的で男の色香を振りまいていました。それにしても翔くんのリズム感の良さ!最後はjrと横並びになって、速くて複雑なドラムラインを披露します。手に汗握る緊張感がたまらなかった!



18.Mr.FUNK (相葉ソロ)〜エアリアルティシュ〜

23日はメンステの真横だったので、いきなり目の前にバルーンにぶら下がった相葉ちゃんが現れてビックリしました!引き締まった体がとにかくカッコ良かった!



歌いながらバルーンは中央の花道の上空に移動。ここで一旦 Mr.FUNK様は地上に降りてきます。そこから花道を歩きながらちびっこjrから、ちょっとお兄さんjrまで従えて元気に踊ります。今回の踊りは両ひじを曲げて手はグーの形で開いたり閉じたりする振りが愉快でした。



そしていよいよ大技に入ります!センステに用意された椅子に座り、そこでjrたちが相葉ちゃんの手足をマッサージしたり、ドリンクを渡したり、「Mr.FUNK」と書かれたTシャツに着替えさせたり、滑り止めのパウダーを渡したり。見ていてドキドキしてきました。そしてバルーンが再びやってきて、相葉ちゃんは登り始めます!そしてみんなをあおります!「俺の名はなんだ!!」会場は「Mr.FUNK!」コールが!



からの〜すごいアクロバティックな技!!!!



これを命綱無しでやるって、よく事務所OK出たなって感じでした!体を張ってくれた相葉ちゃんに拍手!でした!

19.FUNKY

さあ!2年ぶりにやって来ましたFUNKEYダンス!本当はLOVEコンの時に実現させたかったというフリクラペンライトを使ったFUNKYです!今回は嵐も手本となって踊ってくれたので分かりやすかったです。ペンライトの色もブロックごとに点滅をして、とてもきれいでした。初めての人は戸惑うかもしれないけど、ウェーブをしたり、ブロックごとに振りを変えなくても良かったので、このような形で続いていくといいな〜と思いました。



20.Bolero

次はノリのいいボレロ!「これって、ボレロじゃなくてサンバじゃね?」というファンのツッコみもありましたが、「エオ!」「オーーーーーー!」のCRをしよう!ってツイでまわっていました。この曲で早々に大野くんがソロの準備で退場するので、残りの4人が2:2に分かれてオフザケをしてました。そういうサービス精神がさすがっすねえ嵐は!(笑)


続きはイ悄ΑΑ




 

Japonisum東京12/23,24 レポ MUSIC(二宮ソロ)〜愛を叫べ

  • 2016.01.02 Saturday
  • 21:39

7. MUSIC(二宮ソロ)〜タップダンス〜

花道の先に現れたのは、真っ白な衣装に真っ白なステッキを持ったニノ。「キャアーーーーー!」という声を操るようにステッキを振う。上に上げれば「キャアーーーーー!」下に下げれば「シーン・・・」完全にニノの手のひらの上で転がされてる私達。そしておもむろにタップを踏んで拍手喝采!と思いきや、ピコピコって変な音をたてて笑い!そして「MUSIC」スタート!

   

ここからはもう完全にニノの虜になってしまいます♡アラフェスで「秘密」を踊った時は、もう年齢的にカワイくないって本人にテレがあったけれど、今回は振り切ってる感じでした!タップは華麗にカッコよく!そしてダンスはめちゃめちゃ可愛くてまるで妖精。会場のペンライトの光は黄色を基調とした市松になってました。そして最後にせりあがったメンステで思いっきりタップを踏んで、そこにはカラフルなFever!の文字が!拍手喝采で歌い終わり、ハケる時にまたビヨ〜ンみたいな変な音で爆笑でした!


8.Don’t you love me?(松本ソロ)〜パルクール〜

メンステの2階部分に小さな部屋が現れ長ソファーが一つ。そこに寝そべる潤くん。「キャーー!」と会場が湧く。歌い始めは色っぽくけだるい。しかしその空気が一転して緊張を増す。彼は誰かに追われているらしい。ここから高い身体能力を駆使したパルクールの世界に。まるでギリシャの戦士みたいな衣装がめちゃめちゃカッコイイ!

 
 

高いところに一気によじ登ったり、飛び降りたり、階段や手すりをくぐり抜けたり、ちょっとしたスタントを見ているようでした。そして最後はもとの長ソファーにバタッ倒れ込んで暗転。歌とアクションを融合させた激しいパフォーマンスでした。


9.インザルーム

暗転から今度は別の部屋が現れます。そこにいるのはニノ。ここからソロパートを歌い始めます。そして順にメンバーの部屋が現れそのたびに「キャー!」。重厚なソファーやオシャレな内装は、どこかの高級ホテルの一室のようにも見えました。潤くんは先ほど倒れ込んだソファーから起き上がります。歌いながらそれぞれシャツのボタンを止めたり上着を着たり、なんとも男の色香を感じる演出でした。

10.マスカレード

そしてその演出からのマスカレード!実は「インザルーム」歌いながらこの衣装に着替えていたのでした。そして全員がハットをかぶりスタンドマイクの前に登場!



これはまるで少年隊!智くんの振付です。80年代アイドルを意識した感じの懐かしさ!ドンピシャ世代にはたまらなかったです。この曲はもう聴いた時から「仮面舞踏会」的で好きでした。



それにしてもちょっとふざけてる?と思ってたら、jrくんたちが踊りながらマイクを持って退場〜。あのジャガーズの物まねを思い出してちょっと笑えました。しかしここからがカッコ良かった!ハットを一気にポーン!と投げる!「キャー!!」これ狙ってたよね!



ここからのダンスはキレてました。しかも昭和チックなカッコ良さです。最後は5人が中央にまとまって「君だけに」みたいに円陣組んで手を上に。そしてラストはポケットからバーボンのボトル(?)を取り出してジュリーみたいに霧を吹いて暗転。いや〜80年代アイドル世代としてはかなりウケた!(笑)

11.Happiness
12.ハダシの未来
13.GUTS!


ここからはしばしトロッコでファンサタイムでした。前記事にも書いたのですが、23日はトロッコの発着場所が目の前ですごく近くて興奮状態でした。でも、近いからと言ってファンサがもらえるとは限りません。今回思ったのは、トロッコが出発してすぐよりも降りる直前の方が気がついてもらえたという事です。また、うちわを2連にするなど単独よりも目立つ方法を取ったほうがアピールできるような気がしました。相葉ちゃんが気が付いてくれたのはこの時です。たぶん沖縄うちわが並んでいたから気が付いてくれたんじゃないかな・・。



14.愛を叫べ

トロッコを降りて中央に集まり、歌うのは「愛を叫べ」。この歌は踊っている人がけっこういました。やっぱり一緒に踊れる曲は楽しくていいな〜(*^_^*)




次回はMCのレポです。



 

Japonisum東京12/23,24 レポ◆。錬弌Make a wish

  • 2016.01.02 Saturday
  • 14:22


★円陣

東京初日23日・・開演5分前、そろそろ円陣のかけ声が聴こえるかな?と期待してた私。これはメンステ近くの座席に当たった時の醍醐味なのです。そしてそれは聞こえました。「行くぜ!」「おーーーー!!」。かなり大きな声でした。聞こえたファンはみんな「キャアーーーー!!」
東京2日目24日・・開演5分前、スタンドでも聞こえるかと耳をすませましたが聞こえたのはメンステの両脇のファンの「キャアーーー!!」の声でした。
本来はここから嵐コールが始まるのですが、両日ともその声が小さかったことから今回は初参戦の方が多かったのかなと思いました。出来れば嵐コールから始めたかったな・・(私は小さな声で言ってたけど・・)

★OP映像

日本が誇るアニメの技術を使ってのOPでした。
*「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」を作ったA-1Picturs制作
5人がいるのはスカイツリーの展望台(東京タワー説もあり)ゲームをする二宮くん。景色をながめていたら窓の向こうに大きな錦鯉や美しい日本の伝統的な風景が・・。そして現れたのが黄色い旗を掲げた武士が戦をしている。「おぬしは?」と言うセリフ。ゲーム機を持つ二宮くんと戦の対比が何かを物語っているよう。次に現れたのは刀鍛冶。一心に刀を鍛えている。それをじっと見すえている大野くん。(ここでも何かセリフがあったと思うのだけど忘れました・・憶えてる方教えて〜)次に現れたのは竹林。竹取りの農民と相葉くん。農民は赤ちゃんをおぶっている。「何を守る?」というセリフ。次は紅葉が真っ赤に色づいた庭を眺める茶人。「どうじゃ、美しかろう。」というセリフ。そこにたたずむのは櫻井くん。次に大きな天守閣から江戸(?)の街を眺める松本くん。後ろから話しかけるのは城の主。「美しい街じゃろう。この街は刀では作れぬ。」という深いセリフ。江戸の街から現代の街へと戻りそして、「今をどう生きる。」・・そんな語りののち年月のカウンターが現れる。1999年9月15日の嵐結成から一気に時が流れて2015年現在で止まる。そこからいよいよライブスタート!!

1.Sakura

japonisum」の垂れ幕が落ち、さらに後ろにあった5色の縦じまの幕が落ちると光の中に嵐が登場!キレッキレに踊るSakuraでした!クライマックスは吹き上がる炎と特効。会場のテンションはMAXに!!





★口上

ペンライトが全て消えて会場は暗転。カチカチカチと拍子木が鳴り、正座したメンバーひとりずつ(年齢順)にスポットが当たりあいさつをします。今回のJaponismが原点回帰のライブであること、日本らしさとジャニーズらしさの追求であることを語ります。最後に全員にスポットが当り、5人が横並びに正座して、潤くんが手を差し伸べ「隅から隅まですずいと〜お楽しみ下さりましょう!」と歌舞伎調な挨拶をしました。裏声の使い方も本格的でした。後にEnjoyで、中村屋と縁の深い潤くんは舞台演出で定式幕を使う許可をもらったことや口上についての指導を受けたことを語っていました。すごいよ!潤くん!

*資料 平成中村座の定式幕


2.Miyabi-night

ここからは和楽器を基調とした演奏と和のイメージのダンスと演出が続きます。「心の空」のアクセントダンス部分からの「Miyabi-night」。ジュニアの衣装も着物風で粋な感じ。和の響きが何とも言えず日本人としての心をかきたてました。



3. ワイルド・アット・ハート

和楽器アレンジのワイハ。メンステから花道を通りセンステへ、花道の辺りからは大きな歓声が上がりました。



4. Trouble maker

バクステへ移動してのトラメ。jrくんたちと横並びで踊るトラメは、振付がめちゃくちゃ可愛かった!手の動きや体の動きが交互で面白く、お約束のお山のハートビート♡が決まった時は大歓声があがっていました。



5. 青空の下、キミのとなり

ムビステで高い位置に移動。拳を空に突き上げる振りのあるこの歌は、やっぱり高い位置で踊ると圧巻です。同時にペンライトの光の変化も視界に入り素敵な光景でした。



★あいさつ

ここでお決まりの挨拶です!ふと気が付いたのは、挨拶するメンバーに合わせてペンライトの色もメンバーカラーになっていたこと。昨年から導入されたフリクラシステムは、こういった会場の一体感を生み出すのにはもってこいの演出だと思いました。また、操作されていない時は好きな色に設定できるので、私の場合23日は担当色の、24日は相葉ちゃんの誕生日だったのでを基本設定にしていました。そのように基本設定を決めている人が多かったのか、操作されていない時はバランスよく5色の光が散らばっていました。



6. Make a wish

あいさつの後、花道を分かれて移動するメンバーたち。ザ・アイドルソングといった感じの「Make a wish」は興奮からの夢の世界へといざなってくれているようでした。さてここで、ニノの姿が消えます。ということは・・・。


続きはレポへ・・







 

Japonism東京12/23,24 レポ 〆太覆らの景色

  • 2015.12.30 Wednesday
  • 19:59

今年のライブレポは2日間をまとめた感じでいこうと思います。私は昨年のワクワク学校の時から、自分が座席から見た景色をスケッチすることにしています。と言うのは、その時しか見ることの出来ない貴重な景色だと思ったからです。今回は(大変心苦しいのですが・・)2日分の景色をスケッチすることができました。みなさんの今後のために、参考になったらと思います。



★23日の座席

23日の座席は着席限定と言うレアな席でした。メインステージの真横のスタンド1列目。ステージ上のパフォーマンスは全く見えない席でしたが、会場4分前の円陣の声はすぐそばで聞こえました。また、トロッコの出発及び到着する場所だったので、メンバーとの距離は近く、ファンサのチャンスもありました。メンステのパフォーマンスが見えない時は近くに大きなスクリーンがあるので、そちらで確認することができました。



★24日の座席

24日は3塁側の1階スタンド席の26列目。メンステ及び全体を見渡すことが出来ました。しかし、トロッコとバクステにメンバーが来たときのみ顔の判別が出来ました。うちわのアピールには遠い席でした。気になったのは視界をふさぐ鉄塔があった事かな・・(^_^.)



こんな風に景色が全く違うので、今回はライブの印象を立体的に語っていけたらと思っています。おせち作りの合間を縫って頑張りま〜す・・。






 

爆笑!相葉スデー!

  • 2015.12.28 Monday
  • 09:52

今回のレポは、まず相葉スデーからいきましょう!

私にとっては初めてのバースデーコン♪どんな感じなのかドキドキしてました。相葉ちゃんの誕生日ということで、前回もお話しましたが気合を入れてうちわを作成!この日は私も、ペンライトの基本設定をにして参戦しました



いよいよMCの時間になり、そわそわした雰囲気に・・。会場のファンは自主的にのライトを点けていました。今回はサプライズと言うより自然と相葉ちゃんをお祝いする雰囲気になっていました。相葉ちゃんも今日は1日フワフワ気分で、Mr.FUNK様はいつもより高く昇ってしまったようです。緑一色のペンライトを見て翔くんの好奇心が刺激されたらしく、「相葉くんのファンって実際、会場にどのくらいいるのだろう?」と。「やめようよ〜。」と相葉くん。それでも果敢に翔くんは問いかけます。
「相葉くんのファンや誕生日を祝う気持ちのある人はライト付けて!」会場は見事な緑一色に!
「相葉くんのファンは「イエーイ」って言って!」
全員「イエーイ!」
ドキドキしてる相葉ちゃんの様子が可笑しかった!

そしていよいよケーキが登場!Japonismのメインステージをモチーフにした感じでした!



オフィシャルに載せる集合写真を先ず撮って、それからみんなで「HAPPY BIRTHDAY」の歌を大合唱♪「ハピバースデー ディア 相葉ちゃん♪」がピッタリそろっていて感動しました。「ありがとう!どうもありがとう!」ってあいさつする相葉ちゃん。しかし、ろうそくの火を消すタイミングを外してしまいます。なのでもう1回仕切り直し!「ハピバースデー ディア 相葉ちゃん〜♪ ハピバースデートゥーユー♪」で相葉ちゃんがまた「ありがとう!どうもありがとう!」ってあいさつしてたら、ニノが「消せよ!!」「あっ」って吹き消してしまいました。爆笑にのあい劇場でした〜(*^_^*)

ということで、相葉ちゃんがケーキを食べようとしたら智くんもやってきて、ケーキをはさんでオネエっぽく女子トーク♡「どこから食べる?そこからいくの?」「おおちゃんすごくない?あっ、ハーブティー下さい。」・・・これがいつも楽屋で繰り広げられているらしいのです。「柱からいっちゃおうかな。」って赤い柱を引っこ抜いて思い切りかじる相葉ちゃん。「うっ」って顔をしかめて「中は段ボールだった〜。アゴが外れるとこだった。」会場大爆笑!!

そして相葉ちゃんからの一言・・(ニュアンスです)
「まさかこんな33歳を迎えられるなんて。子供の時の夢社長だったから。社長は向いてないって早く気が付いて良かった。34歳も頑張ります。(34歳ってジャンピングチャンスがあるの?とニノにツッコまれる)これからも嵐を応援してください。」

その後おめでとうメールもらった?って会話になり、リーダーが朝1番だったこと。リハの間、隣にいるのに翔くんからはLINEが来て「おめでたまきん」。ニノは相葉ちゃんとすれ違うたびに「おめでとう!」って言ってたことに爆笑!

さらにプレゼントの話では・・・

翔くんは、11月に相葉ちゃんの誕生日にフカフカの履物を贈ったらしい。雑誌で見つけて相葉ちゃんに贈りたい!って思って即買い!「誕生日までお取り置き出来なかったの?」という相葉ちゃんに「新鮮なものをお届けしたかった。」と。
潤くんは、相葉ちゃんに似合う服を探して見つからず、結局自分の服が増えてしまったと。(爆笑!)
そしてニノは・・「3万くらいあげればいい?」って言われ、悲しそうな相葉ちゃん・・「一生懸命選んでくれたという気持ちがうれしいのだし・・」「あっ、相葉ちゃんにあげるもの決まった!でも教えない!」「じゃあ、もらったらどこかで報告します。」と相葉ちゃん。
さて、困ったのが智くん・・「一緒じゃだめ?」「ダメ」っていわれて。「じゃあ考える。」と。
Jrくんたちからはなんと!大きな犬のぬいぐるみをもらったと。「オレはなんだと思われてるの?」「動物園のお兄さん。」(爆笑!)

うちわの話になって、「今日はやたら “おめでたまきん” のうちわを見る。」と相葉ちゃん。すると翔ちゃんが「 “おめで” がなくて “たまきん” のうちわを向けられて・・。」と。もしかしたらこれのことですか〜(笑)



実は同じ日に参戦した嵐友が、爆笑4連うちわを作成!「たまきん」を持つ人は恥ずかしいよ〜と心配したのですが、嵐友のノリのいい息子さんが持つという事で安心?しました。(笑)相葉担の友達はきっとイジってもらえて幸せだったことでしょう♪

そんな感じで相葉スデーは終始笑いの渦でした!楽しかった!これはぜひ、映像に残して欲しいな









 

プチ嵐会と幸せの連鎖

  • 2015.12.26 Saturday
  • 22:46

ジャポコン参戦してきました!まだまだ夢の中で、いろんな景色や思いが巡っていてなかなかまとめられないでいるのですが・・。年末の忙しさもあるので、ここから隙間時間を見つけてはゆっくりと語っていこうと思います。



今回は、私にとって特別なライブとなりました。なぜなら、私がブログを開設して本当に良かった!と思える素敵な出来事があったからです。私がブログを開設したのは約3年前ですが、ここ数年でたまたまここを見つけてコメントを寄せて下さる方と交流を持つようになり、ネットからリアルへと嵐友さんの輪が広がって来ました。“嵐縁”と私は呼んでいるのですが、それぞれ人生の荒波を受けながらもポジティブ思考な仲間が繋がって、幸せの連鎖をこのライブで呼び込みました。

まず今年は、復活当選も含めライブに当選した方が多く、“嵐縁”で繋がった友人全員がライブに参戦出来ることになりました。さらに、今まで遠い沖縄の地から応援してくれていた嵐友も初参戦出来るようになり、今回は彼女を交えてのプチ嵐会をライブ前に開くことが出来ました。彼女はニノ担です。せっかくだから沖縄うちわもアピールしようと、こんなうちわを準備してくれました。



BLAST in Miyagi から、BLAST in Okinawaへ・・。沖縄にもたくさんのファンが待っていることを何とか伝えることは出来ないかと、うちわに思いを託しました。

彼女をライブへと導いたのは智担のBさん。沖縄は遠いから誘えないかな・・と諦めていた私の発想を飛び越えて、力強く彼女の背中を押してくれました。というわけで沖縄の嵐友さんの初参戦に、Bさん、mさん、私の3人で立ち会うことになりました。そして当日、ライブまで少し時間があったので、彼女がドーム近くのホテルに落ち着いた頃に、東京組の嵐友がお部屋にお邪魔してプチ嵐会を開きました。シングルのお部屋に大人9人子供1人がひしめきあい、ジャンケンで勝った2人がコンビニにお茶を買いに走り、自主的に始まったプレゼント交換。まるで部室に集まる女子高校生みたい(笑)。沖縄の嵐友さんとは初めましての人がほとんどなのに、まるで旧知の仲のように楽しく時間を過ごしました。

そんな中、私がサプライズで預かった島根の嵐友さんからのプレゼントとメッセージが・・。



あまりにも素敵なメッセージに感動してしまいました・・・

「一つ一つの幸せの連鎖が大きな幸せの連鎖を起こしている」という言葉。

この言葉は、いつも潤くんがライブの終わりに話している言葉と重なります。ライブで感じた幸せを持ち帰って、周りの人にも幸せを伝えてもらえたら・・。そんなことをいつも潤くんは言っているのです。嵐を楽しく応援している人は「幸せ上手」なのかもしれません。そしてその幸せをいつしか、周りの友達にも分けてあげたいと思うようになるのかもしれません。

プチ嵐会が終って、初日参戦組は会場に向かいました。私が初参戦の時に感じたドキドキ感をきっと今、彼女も感じているのだろうと思って眺めた東京ドームの景色・・。



ライブ会場に入ったら、もうそこは夢の始まりでした。座席も奇跡的にスタンドの1番前。ステージの真横だったので開演4分前にしっかりと聞こえた円陣のかけ声!「いくぜ!!」「おおー!!!」 「きゃーーーーー!!」と叫ぶ近くのファン&私達!

客電が落ち、会場のファンが立ち上がり(私たちの席は安全のため着席というレア席)、OP映像が流れ、そして嵐が・・・泣きました。いつもなら泣くことはないのだけど、隣で泣いている彼女とこの場所に来れたこと、共に幸せを分かち合えた喜びと感謝といろんな思いが一気にあふれてしまいました。

ライブも中盤をむかえ、いよいよトロッコが目の前に登場!ここからはそれぞれがファンサに集中してしまうので、詳しくは後に彼女に語って欲しいのですが、トロッコ1回目は智くんには気づかれず・・でも、とにかく近かったです。そして相葉ちゃんが来たときに奇跡が起きました!その時私がアピールしてたのは「沖縄きて!」のうちわ。



相葉ちゃんはこっちを見て、ニコっと笑ってうなづきました!相葉ちゃんは「沖縄に行きたい。」ってずっと言ってた人です。だからこそ気が付いてくれたと思うのです。完全にその瞬間は相葉ちゃんに持って行かれてた私でした。どうか、実現しますように!

あっと言う間に時間が過ぎ、とうとう最後の挨拶とラストソング「僕らがつないでいく」が流れた時、またまた私たちは泣いていました。嵐が消えた後、盛大な嵐コール!!しばらく頑張った後、なんとアンコールは目の前にトロッコ!これこそラストチャンスです!智くんは反対側からトロッコでゆっくりと近づいてきました。曲は「Love so sweet」。ここで気合を入れて握りしめる「真智鯛うちわ」←これはまさに沖縄の嵐友との会話の中で生まれた呼び名なのです。釣られる日を待ち焦がれて2年・・まさに今、釣られなくてどうする!!



と言うわけで、智くんが目の前に来たときに頑張って「おおちゃ〜〜〜〜〜〜ん!!」と叫びました。ふとこっちを見た智くん。優しく笑って釣り上げてくれました!!!ラッキーなことに、私たちの隣に二連で「釣」「って」うちわを持っているファンがいました。だからこそ目についたのでしょう。「釣」「って」「智」「釣って!」とうちわが並んでいたら気が付くよね!と言うわけでこの辺一帯の智ファンは「きゃーーーーーー!!」と叫んで倒れ込みました。

沖縄の嵐友との参戦はこんな風に奇跡も起こしてくれました。

私はかつて、いろいろ小難しいこと考えながらファンをやってた気がするけれど、今ではただひたすら楽しむことに気持ちを集中できるようになりました。Japonismのテーマが原点回帰であるように、私も友達の初参戦に立ち会って、ただ純粋に楽しむことの大切さを思い出すことが出来ました。ファンとしての原点回帰です。智くんのファンサはそんな自分へのご褒美かな・・(*^_^*)

詳しいレポはこれから時間を見つけて書いていくつもりです。しばしお待ちを・・・。





 

いよいよ明日!

  • 2015.12.23 Wednesday
  • 00:19

今日1日バタバタしてて、やっとパソコンに向かうことができました。昨日は東京プレ販売で、まずは必要最低限のペンライトツアーパンフ。そして会場限定マステ(これはコンプリート出来る予定)、悩んで買ったTシャツ、可愛すぎて買った巾着和シール、そして大爆笑のカレンダー。午前中はプリズムホールのみの販売にかかわらず、思ったよりはスムーズに買えて良かったです。

さて、今回もツアーに合わせてスマホカバーも変えてみました。これは巾着の模様を紙にコピーして上下にマステを貼り、あとは透明のカバーに合わせて切って、はさんだだけのものです。



そして今回は、ツアーバッグを買わなかったのでLOVEコンのバッグを使うことにしました。バッグにはLOVEコンの時に作ったバッジと嵐友さんにもらったリース型のアクセサリーを付けました。
うちわも今回は2枚。並べてみると海のイメージがかなり強い。大野さん気が付いて欲しいな・・。



そして参戦服ですが、今回は「千鳥格子」に出会ってしまいました!そして、今まで自分には似合わないと思って敬遠していた担当色“”。これを頑張って着ることにしました。アクセサリーは、レジンで以前作ったものの上に、和シールを貼りました。



そんな感じで、着々と準備ができました!さて、明日はいよいよ沖縄の嵐友さんをみんなで出迎えて、ちょっとした嵐会をしてからライブに参戦します。いよいよ楽しい時が始まります♪






 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM