舞台「ヒデヨシ」感想〜太平の世を夢見る人たらし

  • 2017.08.18 Friday
  • 22:44

 

町田くんの舞台 戦国御伽絵巻 「ヒデヨシ」が千穐楽を迎えてから5日が経ちました。感想を書くのが遅くなってしまったのですが、この間にいろんな方々の感想も読めたので、この舞台をより深く考察する時間が持てました。この舞台は昨年の舞台 戦国御伽絵巻「ソロリ」〜妖刀村正の巻(レポ→こちらに続く第二弾です。ソロリでは信長の天下統一を夢見る10代だった秀吉が、念願叶って信長の家臣になり、ライバル明智光秀と共に活躍していたころのお話です。

 

 

まず紀伊國屋ホールで主演が決まった時に、嬉しさと同時に会場の大きさにも心配しました。共演者の方も語っていましたが、この劇場は高校球児が甲子園のマウンドに立つような、舞台俳優にとっては憧れのホールなのだそうです。町田くんはJoe companyの舞台「7−ナナ」で初めて、キャストのひとりとしてこの劇場に立っています。その時も小野寺丈さんがこの劇場で演じることの特別な想いを語ってました。事務所を卒業してからはひたすら小劇場で頑張ってきた町田くん。その3倍くらいのキャパを埋めることができるのか・・。でもその心配を覆すほど日に日に座席は埋まっていき、千穐楽は満席でした!

 

「戦国御伽絵巻 ヒデヨシ」

 

〈演出〉大岩美智子

〈脚本〉佐々木充郭

〈監修〉川光俊哉

〈キャスト〉町田慎吾、平野良、佐藤永典、藤原祐規、鍛冶本大樹、三上市朗、月岡弘一、大岩主弥、福島悠介、及川崇治、根本大介、大力、冨田佳孝、前沢健太、白川直也

 

〈劇場〉紀伊國屋ホール(新宿)

★鑑賞日 2017年8月8日(火)19:00 8月13日(日)14:00 千穐楽

 

〈あらすじ〉*舞台パンフレットより抜粋

ある戦いをめぐり明智光秀と激しく対立する秀吉。亡き友と約束した平和な世を夢見て、「人を殺したくない」との信念をその胸に秘めていた。だが、信長の天下統一を目前にして、秀吉に暗い影が忍び寄る。何者かの策略によって平和な世は破れ、再び戦火が吹き荒れようとしていた。過酷な現実を前に、それでも秀吉は立ち向かう。「オレにはオレの戦い方がある。」夢を信じ、その夢に代償があったとしても・・・。戦国時代から現代に問う。

 

命を賭けた信念はあるか。守るべき笑顔はあるか。

 

★大活躍な三猿さんたち

 

 

開演10分前からお楽しみが待っているよ〜♪そんなふれこみで始まったこの舞台。前回の「ソロリ」ではストーリーテラーだった三猿さんが座席までパンフを売りに来てくれました。そしてさらにおサルの折り紙のプレゼント!私はイワザルさんから買ったので、「お買い上げありがとうございました」と書かれた紙を出されてホッコリ♡そのあとイワザルさんのジェスチャークイズで正解者にはシッポを触らせてくれたり、ミザルさん、キカザルさんのバク転に拍手喝采したり、そのまま自然と舞台の世界へと誘ってくれました。

 

★人たらしの才能が開花した・・町田秀吉

 

正直なことを言うと、今回の舞台を1回目に見た時は頭の中で軽い混乱が起きました。なぜならあまりにも有名な戦国時代の武将たちが、全く別の世界の物語として描かれていたからです。「戦国御伽絵巻」と銘打ってはいますが、史実をある程度知っている人ならきっと起こるであろう混乱・・・。戦国時代に人を殺さないで戦いに勝つなんて不可能に近いのに秀吉(町田)はそれを可能にして来たと言うけど具体的な場面は出てこない。それとは対照的に、戦うことで天下統一を成し遂げようとしている明智光秀(平野)のほうが本来あるべき戦国武将の姿なのに信長でさえ秀吉の策を評価してると言う。家康(鍛冶本)も隠密のように彼らのもとを自由に行き来してるし、この時代に関して大河ドラマの影響を受けてる私は物語の着地点を探しあぐねておりました。

そんな中、一向宗の殺人兵器として育てられたシャチ(佐藤)と秀吉の出会いが、私を物語に一気に引き込んでくれました。シャチは人を殺すことは極楽浄土に送ることだと幼い頃から洗脳を受けた人。そしていつしか全く笑わなくなってしまった。彼の兄ウツボ(根本)は、シャチを笑わすことが出来たら逃げ道を教えてやると。ここで町田くんの日替わりお伽噺話が披露されました。8日は、金太郎のマネして熊と相撲を取ろうとしたけど命がけで大変だった話。13日千穐楽は、竜宮城に行きたくて亀を育てたけど大きくならなくて甲羅に乗ったらパキッといってしまった話。会場は大爆笑だったけど、笑わないで頑張ってるサトちゃんがたまらなかったです。

そんなふうに殺人兵器だったシャチの心をほぐし、戦に生きがいを感じてる明智光秀の心を一瞬揺るがせ、秀吉の片腕だった軍師竹中半兵衛(藤原)は命を賭けた大芝居で秀吉の窮地を救い・・。ようやく分かったのが、秀吉自身が全く意識して無い人たらしの才能が天下を平和に導いていく物語なのだと勝手に着地しておりました。だからこれは町田ヒデヨシなんだと。

 

★千穐楽の大団円

 

8日に観劇した時は、私が物語に混乱していたことと客席も後ろのほうが空いていたことで「大丈夫かな・・。」って密かに心配しておりました。私も町田くんの舞台を追いかけてもう5年になります。そのお蔭で舞台を見る目が肥えてきたせいか、観客の微妙な雰囲気も感じ取れるようになりました。でも、それを一番感じるのはキャストの皆さんだと思います。観客の反応を見て舞台をよりよくするための陰の努力を惜しまず、初めて紀伊國屋ホールで主演を任された町田くんを盛り上げようとカンパニー全体もまとまっていったので、千穐楽はお客さんの空気も違っていました。まずは冒頭のキャスト紹介の演出で拍手!物語の展開も分かった上で見ていると、この舞台の伝えたかったこともすーっと心に届きました。笑う場面では笑い、悲しい場面では泣き、私は最前席だったので目の前で展開する激しい殺陣にハラハラしてました。そして役者さんの飛び散る汗とか真剣な眼差しとか見ていると、これが舞台の醍醐味なんだと改めて感じることが出来ました。

最後はカーテンコールでスタンディングオベーション!座長をやりきった町田くんの幸せそうな顔と、コンタクトレンズを舞台に落としてしまったことを告白する藤原さんと、それを瞬時に見つけてしまう鍛冶本さんの奇跡の視力と、笑ってはいけない場面で笑わそうとした平野さんに今さら文句を言うサトちゃんと・・。アフタートークよりも面白いカテコの挨拶でした!

 

 

町田くんは一つ舞台が終わればまた次の舞台へと進化し続ける人です。でも、彼の人たらしの才能はきっと次の舞台でも生かされていくのかな(笑)。最後に一句。

 

「たらすなら たらされてみようホトトギス」by 町田ファン

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM