日経エンタと精神安定に「スッピンデジタリアン」

  • 2017.10.07 Saturday
  • 10:50

 

今年のライブにソロ曲が無いことが、日経エンタの翔くんのインタビューで確定して数日が経ちました。私はこれも嵐の新しい挑戦の一つとして好意的に受け止めたのですが・・。Twitterのタイムラインに私とは180度違う意見が流れてきて、その勢いにかつてのトラウマが蘇りそうになりました。あの当時は智ファンであることを隠したくなるほど一部の同担の勢いにビビっていましたっけ。でも今回は、Twitterならではの便利機能を使ってタイムラインを平和な状態に戻しました。そしてその過程で気が付きました。私と180度違う意見を持った人はほんの数人。その数人が同じ意見を拾ってどんどんリツイートするから、多くのファンが炎上してると勘違いさせられたのです。これが恐るべきネットマジック。というわけで、私自身の精神安定のためにその数人のツイートを見えないようにさせていただきました。(もちろん普段絡んでない人です。)かつては、ブログの世界でこういうことが起きました。ブロガー本人が書いた記事よりそこに集まるコメントにショックを受けました。でも逆もありきですね・・。

 

まあ、そんなこんなでいろんな経験をして今に至ります。

 

でも、落ち込んでる時にふと、視野を広げてくれるのもネットの世界です。いろんな意見に触れることはデメリットよりメリットのほうがずっと多いと思うのです。

 

先日はこういうニュアンスのつぶやきがありました。「ファンは(望んでない)」ではなく「自分が(望んでない)」が正しいのではないの?(←そのとおり!)私はどんなネガティブなつぶやきであっても「自分がそう思う」という意見ならOKだと思うのです。「ファンのほとんどが思ってる」とか「ファンの総意」とかいう表現は、自分は責任を取らないよ!というスタンスなのです。私もかつてはそういう主張を繰り返してしまったことがあって、今では反省しています。

 

先日、潤くんがネット見てることを公言していたけれど、彼はネットの意見に左右されない人なのだと安心しました。翔くんもまた、ネットを見てる感があるのですが・・。日経エンタのインタビューは、今年のアルバムにソロ曲が無いことでガッカリしてるファンへのメッセージと取りました。それでもいろいろ歪曲してとらえるファンがいるのは仕方がないことなのかな。私は、嵐が強い信念をもってライブを作り上げてくれることが1番だと思っています。「やりたいことがあるかどうか」が一番の存在理由。←これって、さらっと重要なこと言ってます。ソロ曲を1回無くしてみた今年のライブがいったいどんな新たな一面を見せてくれるのか?私は潤くんの「ざまーみろ!」に期待します♪

 

 

というわけで久しぶりの一部ファンの炎上に毒気を浴びせられてしまったので、昨日は「スッピンデジタリアン」に癒されました。DIGITALIANが決まった時も、ファンライト導入でいろいろな意見がありました。でも、結果すごく面白いライブになりました。嵐ってそういう人たちなんですよね。

 

あと最後に・・智くんのソロアルバムは私も出してほしい派です。でもこれは、残念ながら本人のやる気次第なんですよね。ラジオで青木Dに言われた時もお茶を濁してましたから・・。今の勢いだったら本人が「やる!」っていえば100%実現可能だと思うのです。「忍びの国」で映画館がブルーに染まったことの意味が本人には分かっているかな。大野さーん???

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM