『H』〜6人目の嵐になりたい

  • 2017.10.23 Monday
  • 11:21

 

『H』の5人インタビューをじっくり読ませていただきました。アルバム「untitled」についていろいろ分からない部分もあったけど、少し靄が晴れたような気持ちになりました。

 

 

今まで嵐が歩んできた道のりについては、いろんなタイミングで彼らは語ってはきましたが、嵐20周年を2年後に控えていることもあるのか、過去を振り返りつつも嵐自らが進化してゆくことを楽しんでいるのだと改めて実感しました。

 

キーワードを並べてみると・・

 

松本・・嵐の空気感は、5人で過ごす時間の中でできていったものでしかないと思う

 

私もこの空気感が好きで彼らのファンになりました。最初は贔屓してるメンバーや担当などなく、彼らの楽しそうな雰囲気にひたすら癒されていました。それが高じて「真夜中の嵐」と「まごまごボート部」の完全文字起こしをしました。この経験があるからこそ、私は彼らの絆に揺るがぬ信頼を置いています。私がファンになったのは嵐10周年の頃でした。私が知らない10年間を知りたくて、過去のバラエティのアーカイブを探したり、ドラマや映画のDVDを観たり、コンサートのDVDを集めたり・・。ファンになって1年くらいは彼らの過去を探る旅を続け、やがて現在につながり、今は彼らと共にある未来を追いかけようとしてるところです。

 

大野・・10周年の時は、僕らは変わってないのに周りがすごい持ち上げてくれて、現実味があまりなかった

 

この“疑り深い感覚”が5人に共通してあるところが、売れるまでの紆余曲折を物語っています。ドームでコンサートを行えるようになるまで7年もかかったグループです。それまではファンとの距離がすごく近いグループでした。10周年で爆発的に大きくなって戸惑ったのはファンのほうだと。昨年彼らが再びアリーナツアーを行ったのは、ファンとの原点を忘れないようにするための旅だったのかな・・。持ち上げられ空に舞い上がってしまいそうなところ、決して地面から離れず強い根を張ろうとしている彼らは、とことん堅実なグループなのだと。

 

櫻井・・嵐が「誰かのきっかけになれるんだ」っていうのは驚いた

 

そう!このきっかけこそ、彼らの存在意義の一つだと私は思うのです。

自分ゴトになりますが・・私が一番うれしかったのは、ブログを始めたことをきっかけに新たな友人と繋がれたことなのです。おそらくその現象は全国で起きていると思います。今までネットでの繋がりには懐疑的な私でしたが、想像してたものとは全く違うものだと知りました。自然の流れとして人は仲良くなると会いたくなるもの。そこからは本当の友達付き合いが始まります。ただ、最初はちょっと恥ずかしいです。今までは顔が見えないのをいいことに好き勝手な事を書き綴ってはいましたから。でも、やはり会って話したほうがいいことって沢山あるのです。ネットでイキがってる自分の“かたびら”を取ってくれたのもリアルな嵐友のお蔭かと。

 

相葉・・曲も、ファンの人たちが大きく大きく成長させてくれるから、そういう意味では未完成

 

ソロ曲が無いことで賛否両論だったこのアルバム。でも、嵐はこちらの想像の斜め上に連れて行ってくれるグループです。あれからアルバムをひたすら聴きこんでいるけれど、今年はますます嵐全体のレベルが上がったなと思いました。どの曲も強いし歌割が絶妙!ユニット曲はワクワクと萌えが止まらないし、組曲「song for you」は全てを包み込んでファンを泣かせる憎い演出!Twitterではすでに楽しい妄想で遊んでるファンも多くて、嵐さんたちの思うツボですね!

 

二宮・・嵐のこの感じをわかる人がいたら、その人は6人目の嵐だよね

 

この言葉はファンへの挑戦状ですね!「受けて立つ!」(笑)。私はただのイタイおばちゃんファンだけど、6人目の嵐になりたい気持ちは負けないと思ってます。それはずっと「真夜中の嵐」や「まごまごボート部」を文字起こしした頃から湧きあがった感情です。ファンもいろいろで、たとえばあるメンバーへのリスペクトからファンになった人もいると思うし、疑似恋愛的な感情を持ってるファンもいるだろうけど、私は「嵐になりたい」がスタートでした。今まで生きてきて1番楽しかった学生時代を彷彿とさせるような彼らの輪の中に入りたいと。だから時々、嵐の足を引っ張るようなファンの発言に許せなくなったりすることもあります。でも、人それぞれ好きになったきっかけが違うから仕方がないことだし、離れる人は離れるだろうし、自分の中にある薄暗い感情はディメンターみたいなものだから、幸せな気持ちを総動員して追い払いました。

 

見上げれば台風一過の青空・・1度リセットしてまたここから先へ・・これが今回のアルバム「untitled」なのだと。

 

 

新しいNovelの 真っ白なページに

 

どんな希望を どんな自由を

 

僕らは書き記してゆくのだろう

 

Ah 限りない時間(とき)の向こうへ

 

連れてゆくよ This song for you

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM