智ラジオ〜智のアート生活

  • 2013.03.10 Sunday
  • 15:00
 
 今日は智くんのアート生活が垣間見えるラジオの
 話題から・・
 智くんは今、自分と語り合っているという。

 今日の一言 「語り合うことが、分かり合うこと」
            コロンビアのことわざ より


 
現在、アート生活に専念していると言う智くん。ずっと描けずにいた「子供」の絵もやっと形になったといいます。この絵は確か、震災後にイメージが降ってきたと言う絵「大地に立つ、侍の子供の絵」・・
私の記憶が正しければ何かに突き動かされるように描きはじめた絵だったと思います。イマジネーションはあったのですが、どうしても体がイメージどおりに描けないと悩んでいました。一応、彼のこだわりで「期限」をもうけてみたものの、ドラマや紅白の司会や24時間TV・・描くな!とばかりの忙しさ・・。とうとう「無期限」となりました。それでいいんだよ・・と私は思いました。「創作作品」は頑張ったから出来るというものではなく、天から与えられるものだと私は思っています。まずイマジネーションが降ってくる、次に創作のための機会が与えられる。今がその時なのでしょう。思えばここに到達するまでに、彼はいろいろな創作のためのヒントを得ています。

伊藤若冲の絵
 





紅葉の濃淡を布の裏と表から描くことによって、深みと遠近感を出す技法(裏彩色)。もともと若冲の絵が好きだった智くんが、NHKのドキュメンタリーで本物の絵と、技法に瞳を輝かせていました。本当に好きなんだな・・と。彼のの部分が垣間見えた気がしました。私も興味津々でした。智くんのお蔭で伊藤若冲を知りました。

★奈良美智さんの絵
 








もう一つは奈良美智さんの絵・・ZEROの対談をきっかけに、親しくなり、24時間TVのTシャツもコラボするほどの仲になった奈良さん。2人はフィーリングが合うそうです。昨年の展覧会「君や僕にちょっと似ている」を訪れた智くんが、奈良さんの絵をじっと眺め、沢山の色の重なりでこの作品が描かれていることに驚いていたのを思い出します。絵を描く人はどうしてもそこに目がいってしまうのです。細かい作業にハマってしまうタイプの智くん。ものすごいインスピレーションを得たに違いありません。奈良さんも大野くんは趣味で絵を描いているというより、入り込み方がプロだと評しています。またいつか2人の交流が見られるといいです。

そんなこんなで、やっと絵を描く機会が与えられた智くんは、自分と自分、自分と絵との対話を楽しんでいるということで、ラジオで再現してくれました。ひとりごと言いながら描く面白い人・・・

うわーまいったなぁー・・先が思いやられるな・・」
「マジかーやるこれ?やったほうがいい?」
「ここまで描いたらやったほうがいいか・・でもこれ、先見えないねー」  
「じゃー休憩しようか?」

子供の絵の制作過程も話してくれました。枠に張っていない状態の布に絵を描いているらしいのですが、今は裏から色を付けている過程・・まずを点描でのせ乾かす、次に色をカラフルに点描でのせ乾かす、最後にを点描・・なんか凄すぎて想像がつかない・・。布を持ち上げたらずっしり重かったらしい。そこに感動する智くん。
朝も昼も食べず作品に没頭し、画材で散らかっているから、いつものように床で寝られず、おとなしくベッドで寝てるという。それにちょっと安心したのもつかの間、再び寒がりのくせに床で寝てしまった智くん・・先日のラジオは気のせいか鼻声に聞こえたけど風邪ひいてないかな・・。母ちゃんだったら注意するところだけど、なんか分かるんです。その感覚。私だって主婦じゃなかったら、1日中趣味に没頭していられます。お腹も空かないと思う。でも、現実が時々邪魔をするのです。


「魚歌水心」

吉川栄治「宮本武蔵」の最後の一節が私は好きです。アイドルという仕事をしていると本来の彼とは違ったイメージがひとり歩きしてしまう。ファンそれぞれがもつイメージも違い、それがもとで中傷合戦となってしまうこともあります。彼らにとってそれはとても悲しいことだと思います。そんな時、自分というものをしっかりもっている彼らに教えられることがあります。智くんのアートはまさにそうです。「魚歌水心」の一節を最後に載せておきます。

・・巌流島での決闘で、佐々木小次郎に勝った武蔵・・しかし、彼は息の根を止めることなく去っていく。佐々木小次郎への敬意を示すために。しかし、世間は武蔵が慌てて逃げた、小心者と笑う。そのあとの一節・・


     
波騒は世の常である
     波にまかせて泳ぎ上手に 雑魚は歌い 雑魚は躍る
     けれど誰か知ろう 百尺下の水の心を 水の深さを
                  
                       吉川栄治「宮本武蔵」より

         

          
 

コメント
サトラジのこの回をこんなふうに取り上げて下さったことに感謝!!です。私も大野くんが「期限の縛り」から自由になれたことがとてもうれしかったんです。大野くんの創作活動は、魂の奥底から突き上げてくるような衝動の上にあるのだから、その衝動を待っていればいい、無理に描くことはない、と思っていましたので。
それからもうひとつ。
あの独り言、ほんとうに大野くんの人柄が溢れ溢れ溢れ出ていて、もう、何と言ったらいいんでしょう、あんなに柔らかい独り言ったらないですよね。横向いて「なあ」と呼びかけることもあるらしいし(ゴミ集めてくれる小さいおじさんに言ってるのかしら)、この独り言だけで惚れちゃいます・・・。

夜中にしょうもない長文、ごめんなさい。 
  • みるく
  • 2013/03/10 11:54 PM
みるくさんへ

サトラジ聞きながらお返事書いています。
素材に興味あるという話でしたね。新素材前に、また何やらつぶやいてるのでしょうか(^_^)
ほんと!人柄が溢れ溢れ溢れ〜ですね!

みるくさんも絵がお好きなのでしょうか?期限があるとかえってダメなことってありますよね。
最後に載せた「魚歌水心」の言葉、サトラジに送ってみました。智くんに届くといいな・・。

長文大歓迎!またお話しましょう!
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大町23周年〜忍者と天下人
    真智子 (10/16)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    葡萄 (10/16)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    真智子 (10/09)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    葡萄 (10/08)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    たこ (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (09/30)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    葡萄 (09/30)
  • 祝!嵐結成18周年〜ファン8年のありがとう!
    真智子 (09/15)
  • 祝!嵐結成18周年〜ファン8年のありがとう!
    海風 (09/15)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM