第1回 ロケ地フォトハイキングレポ 10月11日

  • 2018.11.09 Friday
  • 00:25

 

9月末・・「忍びの国」公式ロケ地バスツアーに落選してしまった私。でも、そんな落選組に朗報が!それは、富士見高原周辺のロケ地を巡るハイキングツアーのお知らせでした。このツアーは、「忍びの国」公式ツアーで行く支度場と安曇野ロケ地以外はほぼ同じコースを辿るということで、まずは第1回目10月11日に申し込みしました。この時は一人参加で心細くはあったのですが、同じようにお一人様の方や、茅野の応援上映でたまたま同じホテルだった方もいてすぐに打ち解けることができました。

 

★小淵沢駅の展望台 少し青空は見えたけど、八ヶ岳には雲がかかってました。

 

 

駅では、ツアー主催の富士見高原リゾートの藤田さんが出迎えて下さいました。藤田さんは主にロケハンと撮影可能な場所作りを担当されています。

ハイキングコース入口までの移動は、爽やかな緑色の富士見高原リゾートの観光バスで移動。(木人くんがピンボケ・・)

 

 

10分ほどで富士見高原リゾートの入口に到着。ここでバスを降りて、今井建設社長とボランティアスタッフの宮崎さん、大沢さんと合流です。

この日の参加者は11名ほど。うち2人はご夫婦で「アシガール」ファン。残りは全て智担で「忍びの国」ファン。こじんまりとした人数だったので、私はこの日「アシガール」と「忍びの国」ロケ地を2倍楽しませてもらいました。

 

ロケ地の入口は「信玄の棒道」と言われるハイキングコース。

 

 

数日前に台風が通過した後だったので、倒木をまたいでいく場所も多々ありました。たまに鹿の足跡などもあって、ワクワク探検気分でした。先頭を切って歩くのは今井社長。安全確認をしています。

 

 

森に入るといろいろなキノコに遭遇します。「アシガール」では、お腹を空かせた(主人公)が森のキノコを食べるシーンがあるのですが、実はホットケーキ製だったそうです。(今井社長が持ってるキノコは本物。確かにホットケーキに似てる。)

 

 

★おとぎ峠 無門が小茄子を掲げて下忍に呼びかけたところです。ここは印象的な場所だったのですぐにピン!ときました。(実はこの場所に向かう途中でライブの当落のメールが届き、皆で慌てふためきました。楽しんでる途中にやめてよマジで〜。)

 

宮崎さんが動画、大沢さんが写真で説明してくれるのですごく分かりやすかったです。ここでスタッフの皆さんが口をそろえて言うのは、大野くんの声が森中に響いてかなり遠くまで聞こえたということ。また、下忍の撮影に最後まで付き合ってくれて、きっかけのセリフを何度も言ってくれたこと。今回の参加者には、息子さんがその撮影にエキストラで参加してた方もいて、大野くんの生の声を聴いて涙が出るほど感動したのだそうです。こういう話を聞くと、大野くんの舞台を観てみたくなるな・・・。

 

 

★無門が見下ろした景色

 

 

★下忍が見上げた景色

 

 

ここでは、ボラスタの大沢さんが作ってくれた小茄子の箱を掲げて「ここに一万貫ある!」の無門ごっこの撮影会を楽しみました♪そして、この坂道を一気に駆け上がるのはすごく大変だということを知りました。(さすが智くん!)写真を見れば分かると思うのですが、谷になってるところにはいつも水が溜まるそうで、撮影の時は乾いた土やチップをかぶせて地面を整えたそうです。

 

★無門がお国に小茄子を渡した場所

ここでも無門とお国ごっこがはじまりました。人数が少ないので、全員で交代しながら写真撮影を楽しみました♪

 

 

次のロケ地に向かう途中で、倒れても空に向かって咲いてるリンドウの花を見つけました。智不足で干からびそうになっても、自給自足で最大限楽しんでしまう私たちを励ましてくれてるような・・(涙)

 

 

途中に「アシガール」ロケ地。足軽姿のが、若君に憧れの視線を投げかけながら歩いた道。

 

 

 

★馬野口の合戦場

 

 

ここは下山軍左京亮軍が戦った場所。土遁の術の撮影現場をつくるのに今井建設さんはじめ、ボランティアの皆さんの苦労は並々ならぬものがあったそうです。

 

 

 

 

 

この場所を作ったのは今井建設さんの仕事です。「今井の馬野口と呼んでもいいくらいだ。」と今井社長(笑)もともとこの場所は小さな沢があったそうで、河原の石がゴロゴロ転がっていました。まずはその石が見えなくなるまで1mくらい土を盛り、撮影の妨げになる岩や木の根をどけ、撮影しやすい土壌を作ったのだそうです。水分を含むとぐちゃぐちゃになるため、撮影の日まで一面に数十枚の大判ブルーシートをかけて守りました。そして撮影の行われる早朝にていねいにブルーシートを巻き取る作業もかなり大変だったようです。(でもこの場所を作ったお蔭で、その後も他の映画のロケに使われました。)土遁の術は実際に役者さんが土の中に隠れるため、上にかぶせる土は丁寧にふるいにかけて用意したそうです。その作業はボランティアの方々が頑張りました。

 

見上げると、無門が現れそうな空・・

 

 

続きはまた次回・・。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM