第1回 ロケ地フォトハイキングレポ 10月11日

  • 2018.11.09 Friday
  • 21:35

 

さて、ケイタリングの車が集結するこの場所は、簡易トイレも設置されていてロケがあるときは支度場にもなります。今井建設さんの車は大野くんも乗車したということで、今度は車と撮影会♪

 

 

ケイタリングのメニューはこちら。二色カレーとから揚げとキノコ汁。から揚げは一人2個だったし、ポテトもあったけど、興奮で胸が一杯の私は小盛り希望〜。でも、カレーは2倍のおいしさ!キノコ汁は山の香りがしました。

 

 

 

ケイタリングは温かく食べれるからいいのだけど、エキストラが多いロケの時はお弁当になるそうです。今回のツアーでは行けなかった廃校を利用した支度場はこんな感じだったそうです。

 

 

上の写真がロケ弁。かなりガッツリなお弁当です。そして下の写真の支度場は、エキストラはじめ出演者の衣装がハンガーにかけられ、ここで着替えてから撮影に向かっていたそうです。大野くんと鈴木亮平くんが殺陣の練習をしてたのもこの体育館です。

 

お昼ごはんが終わったら午後のロケ地めぐりです。

 

まずは「アシガール」から。

 

若君が馬を走らせた道

 

 

タイムスリップした唯が若君と初めて出会った場所

今井社長が若君と同じポーズを取ってくれました。(笑)

 

 

次に忍びロケ地へ・・

 

★おとぎ峠2

おとぎ峠は2か所で撮っていて、こちらは主に下忍たちが獣のように戦場に参集していくシーンを撮りました。しかし、この場所を整えるのもすごく大変な作業だったそうで・・。まずは、谷をはさんで手前の斜面をエキストラが駆け降りるということで、邪魔になる石や木の根をどける作業が続きました。さらに、谷の向こう側の斜面が急だったので、滑車とワイヤーで引き上げることを考えて用意したのですが・・監督の「自力で登ってみたら?」という一言で、エキストラの皆さんは急坂を登り切ってしまったそうです。また、アクション部の皆さんは地中にバランスボールを埋め込んで、ジャンプの技を見せていたそうです。ここはワイヤーアクションに頼らない実にリアルな現場なのだと感心しました。

 

 

このロケ地ツアーのために歩きやすい階段を作ってくれた今井さん。「よ!今井の階段!」となぜかイジられる。

 

 

 

★忍者VS侍の合戦場 無門のカメラ目線

合戦の途中で無門がチラっとカメラを見るシーン。ここでも無門ごっこで盛り上がりました。実際に森に入ってみるとイバラだらけで足が引っ掛かる状態・・。撮影のためにはやはり、不自然に見えない程度に下草を刈ったり、岩をどけたりして整地をしたそうです。ここまで歩いてきた道がすごくフカフカしてたのは、木のチップをまいて整地してたとのこと。前もっての準備がしっかり出来てこその撮影なのだと改めて知りました。

 

 

(こちらは31日の写真ですが分かりやすいので。)整えられた地面はフカフカで足元に優しく、木の上に滑車とワイヤーを渡して、忍者のアクションシーンを撮ったそうです。

 

 

こうして、ひと通りロケ地を回って再び戻ってきたのが牧草地・・。遠くにうっすらと甲斐駒ケ岳が見えました。真田丸の撮影時はこの山をバックに撮ることが多かったのかもしれませんね。でも、忍びの国は伊賀の国。甲斐駒ケ岳は映らないように気を付けたのかな・・。

 

 

これでハイキングの全行程はおしまいです。でも・・後ろ髪をひかれる思いで地元にかえった私は再び、紅葉が美しく青空がひろがる最終日に、ここに舞い戻ることになるのでした。

 

10月31日のレポはまたのちほど。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM