ロケ地フォトハイキング最終日10月31日

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 21:11

 

先日、富士見高原の貴重なロケ地が無くなることについてネットニュースになりました。

私もロケ地ツアーのレポを上げてる途中だったので、複雑な気持ちでこの記事を読みました。地元でも賛否両論あったことでしょう。でも、こうやって足を運んで映画と共に記憶にとどめる事ができたことは私にとって宝物です。

 

11日のロケ地ツアーを終えてもソワソワした気持ちが収まらなかった私は、青空と紅葉が期待できる最終日の申し込みをしました。今回は智友も誘っていきました。

 

富士見高原リーゾート公式Twitter

 

第1回の時は、まだ情報が行きわたっていなかったせいか参加人数も少なかったのですが、その後参加した方々が次々と情報を拡散し、多くて60名近く参加した回もあったそうです。そして最終日は平日にも関わらず33名ほどの参加。アシガールファンの方も10名近く参加していました。

ロケ地についての詳しい内容は先日書いたので、今回は風景中心のレポにしたいと思います。

 

★小淵沢駅展望台からの景色

360度、美しい山々の景色が展開してました。

富士山

 

八ヶ岳

 

甲斐駒ケ岳と南アルプス

 

第1回目に参加した時から約3週間・・森はすっかり紅葉に染まっていました。地面は落ち葉でフカフカで、ロケ地を楽しみながらもちょっとした秋の散策になりました。

 

★(未公開シーン)三太夫が下忍を背負って矢から逃げ回った林

 

 

★おとぎ峠

今回は無門ごっこをする人は少なかったのですが、なんと!無門の衣装で参加されてる方がいて、その方にセリフを言ってもらって皆で下忍ごっこを楽しみました。(その後も、あらゆる場所でモデルになってもらいました。)私は最後にもう1度、坂を駆け登って無門の目線で見下ろしてみました。

 

無門目線の景色

 

下忍目線の景色

 

この場所での大野くんエピソードを一つ思い出しました。石原さとみさんと共に現地入りした大野くん。エキストラの皆さんは石原さとみさんの強いオーラに舞い上げってたそうですが・・。そのすぐあとから日傘を差して、猫背姿でやってきた大野くんには気が付かなかったそうです。見事にオーラを消して忍んでいたのだと。でも、そのエピソードを聞いて智担は皆ツッコむ→「釣りの時は焼きまくってるクセに日傘かい!」って(笑)。

 

★おとぎ峠

下忍たちが「ガルルル〜」ってかけのぼっていった斜面。

 

 

★無門カメラ目線の木

私はここで森の中を無門のように走り抜けようとしたのですが、実際走るのは不可能でした。枯れた蔓に足を取られそうになるし、木の根につまづきそうになるし・・。撮影のために地面を整備することの大切さを身をもって感じました。

 

 

★今井さんの軽トラック

今井さんの年季の入った軽トラは映画の撮影で活躍しました。森の合戦の撮影は、トラックの荷台にカメラを乗せて走りながらの撮影だったそうです。ただ、道がガタガタだと車を走らせることが出来ないので、まずは道に砂利を敷いて平らにする作業から入ったそうです。

 

 

その他撮影の苦労話として・・

大木を倒すシーンで、撮影は1発勝負で人が下敷きになってないかハラハラしたこと。水遁の術のシーンで、川の流れを緩やかにするために沢山の土嚢を積んだこと。(その時は女性スタッフしかいなかったので大変だった)織田軍が3隊に分かれる夜のシーンで、馬が迷わないように光る案内ロープを張ったり、地面の石や根っこを丁寧にどけたり。(馬だから転ばないだろうとも思ったけど)そんな苦労話も漫談を聞いてるみたいで、たくさん笑わせていただきました。

そんな中印象に残ったのが、映画のイメージ通りのロケ地を監督に提供できた時の喜び。富士見高原のロケハン担当の藤田さんのお話だと、映画製作側からオファーが来た時に、脚本からイメージできるいくつかの候補地の写真を送るのだそうです。そのためにその場所を整備し具体化していくのが今井さんたちのお仕事。映画制作とはとことん職人気質な作業なのだと改めて思いました。

 

さてここからは、記憶にとどめておきたい景色を紹介します。

 

ススキの向こうに甲斐駒ケ岳のシルエット

 

 

紅葉と森の恵み

 

 

 

 

開発で消えてしまう牧草地・・・

 

 

美味しかったお昼ご飯

 

 

非売品!

 

 

無門(大野くん)も乗った今井建設さんの車

 

 

忍びの国ファンの一人としても、ここが開発で消えてしまうのは本当に寂しいです。でも、映像の中に永遠に残されていくことと、思い出の中に刻まれていくことで、この場所は生き続けると思います。閉鎖になる最後の日にこの場所に来られたこと、またそういった機会を設けて下さったスタッフの方々に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

今井建設さんのTwitterより

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM