ARASHI5×20 北の大地へ・・

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 22:33

 

「想いは届く!」and more の当落が決まった時に、私の胸に浮かんだ言葉です。1月の休止発表を受けて、残りの2年間を悔いなく嵐を追いかけようと思った私は、自分名義は思い切って札幌にエントリーしました。私にはこのブログを通じて知り合った嵐友さんが何人かいるのですが、まだ札幌の嵐友さんと会えていないことがずっと心残りだったのです。「当選」の文字を見た時、私は何とも言えない達成感を覚えました。

正直、嵐愛貯金はこれで使い果たしたかもしれません。でも、これも運命と受け止めて、休止までの時間を思いっきり嵐への感謝で埋め尽くしたいと思っています。

 

ちなみにライブのことですが、未だに頭がフワフワしてて思い出せません。昨年と今回とはあまりにも景色が違い過ぎて、ちょっと混乱中。後ほど比較しながら感想を述べようと思います。

 

では、ここからは日記風にまとめていきます。

 

★5月16日(木) やっと嵐友に会えた!

 

ライブ前日、私はなんと30年ぶりに新千歳空港に降り立ちました(JALの先得で)。飛行機の中から嵐ファンは大勢いましたが、やはりお一人様は緊張します。でも、空港からJRへと続く通路では巨大なJAL嵐さんが出迎えてくれて、はるばる札幌ドームに参戦する私のテンションを上げてくれました。

 

 

空港からは札幌行きの快速列車に乗りました。窓の外に見えるのは広大な畑と空と牧場と、まだ春が浅い新緑の色。北海道に来たことをしみじみと感じてました。札幌の嵐友さんとは、今回泊まるすすきののホテルの入口で待ち合わせ。目印に手作りのツアーバッグを持って行きました。

 

 

嵐友さんとはかれこれ5年くらい、ブログのコメントやメールのお付き合いが続いてたのですが、会うのは今回が初めて。でもお顔を見た瞬間、なんか雰囲気が似てるなって思いました(笑)。そして「やっと会えた!」って嬉しさがあふれて来ました。不思議なのですが初めてのような気がしないのです。そして「どこに行こう?」って話になって、やっぱり札幌ドームの下見に行くことになりました。

 

 

札幌ドームは流石5大ドームの中では1番新しいせいかとても綺麗でした。最寄りの市営地下鉄東豊線 福住駅から歩いて10分ほど。丘の上に立っています。入場ゲートは主に北ゲートと南ゲートの2か所。駅は北ゲート側で、プレ販売会場やバス停は南ゲート側になります。北ゲート側から南ゲート側に抜けるには屋内通路があって、雪の季節を想定してるようでした。

 

 

南ゲート側に抜けると、コンサート機材を乗せて来たであろうトラックの数々。これは東京ドームでは見られない景色です。プレ販売も空いていたので限定チャームもゲット!ニノ担の嵐友さんにもお土産です。

 

 

次に行ったのはクラーク像がある羊ヶ丘展望台。福住駅からタクシーで10分もかからないところでした。

 

 

ここは智くんが映画「忍びの国」の舞台挨拶の折、クラーク像の横でポーズを取ってた場所。当然のごとく私と嵐友は、智くんが立った場所で並んで記念撮影しました。実は翌日、嵐さんもここに来て、5人がギュっとくっついてクラーク像のポーズで写真を撮ってたそうです。ライブ終盤でスクリーンにその写真が映った時、会場はおおいに湧きました!

 

 

ここからは札幌ドームが良く見えます。軽く歩いて行けそうに見えますが40分くらいはかかるということです。嵐友とアイスクリームを食べたり、おしゃべりしたりして時間をすごしたのち、バスで福住駅に戻ってきました。駅前のイトーヨーカ堂はお店をあげての嵐祭り!嵐ってめちゃめちゃCMに出てるんだなって。

 

 

さて夕方になって、嵐友さんが数か月前から予約を入れてくれた中華と麺のお店「丹陽」へ。ここも、智くんが「忍びの国」の舞台挨拶の折に忍んだお店で、中村監督と味噌ラーメンを美味しそうに食べてたお店です。お店のマスターは智ファンが来ることを想定していろいろ用意しててくれて、智くんの座ってた席で写真を撮らせてくれました。

 

 

カウンターは9席。今日は全て嵐ファン(というか智ファン)の予約で埋まっているとのことでした。マスターはとても気さくな人で、もともとは有名なラーメン店にいたのですが、ラーメンだけでなく、もっと独自な料理を提供できるお店を持ちたくて独立したのだそうです。中華と言えば、ボリュームがあって食べきれないイメージがあるのですが、ここのお店は小鉢でちょこっとずつ出してくれるので小食な私にはすごくありがたかったです。

 

 

ふきの炒めもの、クラゲの酢の物、インゲンと豚の炒め物、この他にも、エビ焼売、毛ガニの卵とじ、菜の花の炒め物など、こちらのお腹の加減に合わせて少しずつ出してくれました。お酒は札幌限定ビールを頂きました。

 

そうやって嵐友と食事とおしゃべりを楽しんでると、次々と予約の智ファンがやってきてお店は満席になりました。BGMは嵐♪マスターの知り合い(嵐ファン?)の選曲がとても絶妙で、お酒も回ってお隣の智ファンとも意気投合して智会みたいになっていきました。嵐の曲聴いてちょっと涙ぐんでる人もいて、「智くんを見れなくなるなんて悲しい・・。」「嵐として帰って来て欲しいな。」「みんなでうちわ持って行こうか?」「『帰って来て』っていうのは今は圧を感じるだろうから、来年の最後のほうのライブで『待ってるよ』ってうちわを持ってくくらいならいいかな。」なんて会話してました。さらに遅れてお店に来たのは中国の智ファン。日本のJUMPファンの友達に誘われてカウコンに行ったら智くんに堕ちたとのこと。上海のフリスタにも行ったそうです。「智の魅力は海を越える。」ってまた盛り上がりました。帰り際に、「この中でもしも、智くんとすごく近い座席に当たった人がいたら、彼にしっかり「念」を送ろう!」って冗談みたいなこと言ってたのですが、まさかその役目を私が追うことになるとは・・。

 

そろそろ締めをということで、最後に智くんが食べたのと同じラーメンを食べました。量は3種類で100g・70g・30gのどれか。私は小食なので30gをいただきました。濃厚な味がまったりと麺に絡む、コクの深い味でした。

 

 

智くんはスープも残さずきれいに食べてたそうです。中村監督もラーメン好きで、二人でラーメン談義に花が咲いてたそうです。座席9席という濃密な空間で、智くんを思いながら過ごした贅沢な時間。こんな素敵なお店を紹介してくれた嵐友に感謝です。

 

あの空間にいた智ファンの皆さん!もしもこのブログを見つけてくれたら伝えたい!きっと想いは届くよ!智くんがまたいつか帰ってくるように、みんなで愛を送ろう!

 

 

 

 

 

コメント
初めてコメントさせていただきます。
数十年ぶりの札幌、満喫されたようで良かったです。私も5年ぶりくらいに札幌ドームのコンサートに行ってきました。お陰様で毎年コンサートには行けてますが、この頃はずーっと東京ドームしか申し込んでませんでした。私も羊ヶ丘展望台行ってきました。友達に大野くんと同じポーズで写真撮って貰いました。私も丹陽行きたくて何回も電話したんですが、呼び出してはいるんですが電話に出てもらえず予約をすることが出来ませんでした。一緒に行った友達が札幌出身だったので、すすきのの安くて美味しい食べ物やさんを予約してくれて、いっぱい食べていっぱい呑んできました。友達と土日を申し込んだら2日間とも当選し、愛しの大野くんの歌、ダンスを目に焼き付けてきました。LIVEを観ててふととっても淋しい気持ちになったりもしましたが、来年の末まで今出来ることを頑張り今を楽しもうと思っております。
活動休止後のことは今は考えないようにしています。今の大野くんを応援していこうと思っております64歳のおばあちゃんでございます。
毎日拝見しておりますが、今日は丹陽という言葉が載ってましたので、思わずコメントさせていただきました。
  • ren
  • 2019/05/23 10:45 AM
renさんへ

コメントいただきありがとうございます。
毎日読んでいただいているのですか?最近はtwitter頼みなブログゆえ恐縮です。

札幌のライブを2日間楽しめて良かったですね!
潤くんの喉の調子が悪かった分、智くんや相葉ちゃんがフォローしてたと聞いて、すごくレアな経験をされたんだなって思いました。
丹陽のご主人は一人でお店を切り盛りしてるので、なかなかつかまらないかもしれません。
いつも携帯をカウンターに置いてるみたいなのですが、すごく年季の入ったガラケーでした(笑)。
いつか行けるといいですね!
休止のことは、私も今は考えられません。
renさんがおっしゃるとおり、今できることを楽しんでいきたいですね!
  • 真智子
  • 2019/05/23 10:18 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM