ARASHI5×20 北の大地へ・・

  • 2019.05.24 Friday
  • 01:58

 

 

★5月17日 いよいよライブ当日!

 

翌日、ライブまではかなり時間があったので、再び嵐友と合流。八重桜とライラックが美しい中島公園を散歩しました。

 

 

こんもりとした八重桜。

 

 

紫のライラック。

 

 

八重桜の花びらが風に舞い飛ぶさまを見て、Mステの「sakura」の花吹雪みたいだね!と。そして、側溝にできた桜ロード。

 

 

早春のような明るい緑が爽やか。

 

 

そして森を抜けた先に素敵な建物が・・。ブルーと白のコントラストが魅力的な豊平館

 

 

 

この色はウルトラマリンブルーという特別な色で、ラピスラズリが原料として使われているということです。ラピスの原石と聞いて「耳をすませば」が浮かんでしまいました。

 

 

豊平館は、北海道開拓時代の明治13年に洋風ホテルとして建てられ、明治天皇北海道行行幸の行在所となった由緒ある建物です。もともとは札幌の中心部にあったものを中島公園に移築したのだそうです。

 

 

シャンデリアの釣られてる天井に施された漆喰の絵は、部屋ごとに全て違っていました。

 

 

明治天皇が泊まられたお部屋。なんて可愛いベッド!って思ったのだけど、当時の日本人は今よりずっと小柄で、明治天皇も155cmくらいの身長で、それでも大柄だと言われてたそうです。

 

 

ここではボランティアガイドの方がすごく丁寧に説明をして下さいました。建物の歴史はもとより調度品のすべてが、日本の職人技を集結した素晴らしいものだということがよく分かりました。見学者はなんと全て嵐ファン。すごく熱心に話を聞くので、ガイドのおじいちゃんが張り切り過ぎてしまったことは否めません(笑)。松浦武四郎の話にニヤリと互いに目を合わせたことも、「」という部屋の名前に反応したことも、ラピスラズリの「」に反応したことも、おじいちゃんには内緒です。

 

 

後に結婚式会場としても大人気となった豊平館。この階段は幸せなカップルを数多く送り出したといいます。最後にこの幸せな階段を下って見学は終了。

 

お昼はすすきので軽くお蕎麦を食べて、一旦ホテルに戻ってしばしコーヒーとおしゃべりを楽しみました。嵐友は土曜日に参戦するので一緒に過ごせるのはここまで。お互いにライブを思い切り楽しもう!って別れました。会いたいと思ってた嵐友に会えた達成感と、これから向かうライブへの期待。ほんと、幸せだったな〜。

 

★初!札幌ドーム! *多少ネタバレあり

 

私の今回の参戦服は、初嵐ライブ参戦のBeautiful WorldのTシャツと、初自名義当選のDIGITALIANの限定グッズで作ったネックレス。うちわはいつもの「ありがとう嵐」うちわ。(裏には『釣って!』って書いてあります。)

 

 

札幌ドームは初めてだったので、今後の参考のために入場から座席に着くまでの様子を順を追ってお話します。

 

〈入場〉

開場の16時よりもちょっと早く、15時30分ごろから入場の列に並びました。私が並んだのは南ゲート。16時の開場と同時にスムーズに列は進んで行き、まずはゲート手前で担当係員による本人確認。QRコードに示された内容と身分証を見比べ目視で確認してました。荷物確認は無し。そのまま入口に進んでチケット担当の係員にQRコードを提示してチケット発行。そして座席確認。列に並んでからここまでかかった時間は約1時間。私はなんと!アリーナでした!

 

〈トイレ〉

座席を確認したいのをぐっと我慢してそのままトイレに並びました。私は2階のトイレ列が短かったのでそちらに並んでみたのですがこれが大失敗!一向に進まないのです。こういう時ってお一人様は確認が出来ず困ります。他の方の情報でトイレは2基。しかも身障者トイレ。車いすの方が優先なのでさらに時間がかかっていました。でも、まだ開演まで1時間半あるからと並んでたのですが、いよいよ間に合わずあきらめました。1階のトイレもそうとう並んでました。アリーナにもトイレがあること後で知りました。結論から言えば、1階のトイレならギリギリ間に合ったかもしれないということ。でも、できれば入場前に外の仮設トイレか駅近くのお店のトイレにいくことオススメします。中に入っても50分くらいは並ぶ覚悟が必要です。

 

〈座席〉

トイレをあきらめて開演15分前にようやく座席を探すと、そこがかなりヤバい席だということが分かりテンションMAX!なんと、ムビステが上を通る席。しかもバクステからも3列目。通路からも2列目。1度でいいから経験したかった席でした。すぐにスケッチしました。私の目線から見るとこんな景色でした。

 

 

昨年の東京ドームは天井に限りなく近い座席だったのでこんな景色。それをもとに赤く記した場所が今回の座席です。

 

 

前回は、嵐さんからはすごく遠かったのですが、制御されたペンライトや巨大スクリーンや花道まで使った映像の演出を楽しむことができました。どんな座席からも楽しめる嵐コンのこだわりをすごく感じました。「潤くんありがとう!」の世界でした。でも今回は近い!しかも面白い!そんなこんなで興奮しすぎて半分記憶が飛んでます。

 

さて、ここからライブの話になるのですが、長くなるので続きは次回・・・。

 

 

コメント
真智子さん、トイレ間に合わなかったんですね!
お身体、大丈夫でしたか??
ホント、ごめんなさいm(__)m
  • naoh
  • 2019/05/24 7:55 AM
naohさんへ

ぜんぜん大丈夫でしたよ。踊ってはしゃいで全て汗になって消えて行きました。
それよりもトイレに並んでた方が皆、遠征組ばかりだったのでおしゃべりするのが楽しかったです。
  • 真智子
  • 2019/05/24 8:54 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM