嵐を旅する展覧会◆‥豕11月(ネタバレです)

  • 2019.12.14 Saturday
  • 19:15

 

 

★ピカンチの部屋

 

 

ここには、先輩である岡本健一くんがピカンチ期(2002年頃)の嵐を撮ったモノクロ写真が展示されていました。2002年と言えば、今一つ人気が出なくてもがいてた頃です。でも、岡本くんの撮った写真には安心しきった自然体の嵐がいました。面白い!と思ったのが、並んだ5基の簡易トイレから5人そろって扉を開けてカッコつけてる写真。売れてない時代も精一杯楽しみ、頑張ってた彼らを岡本くんはずっと応援してきてくれたのでしょう。正面の壁に綴られた20年目の嵐へのメッセージはとても温かかったです。全てメモりたかったけど勇気がなくて・・大野くんのところと最後の締めの一文だけメモってきました。(他のメンバーへのコメントもすごく良かったんです。そこはそれぞれの担当さんがメモってくれてると思うので探してみて下さい。)

 

大野は全てに対して誰よりも無頓着でいながら

全てに対してレベルの高い表現を魅せてくれる

頭の中の大自然を自由に歩き回るおじいさんのような若者でした

 

 

彼らの巻き起こす嵐に

巻き込まれるのは心地良い

 

岡本健一

 

「頭の中の大自然を自由に歩き回るおじいさんのような・・」すごく共感!これ以上的確な表現は無いと感じました。フリスタ兇魎僂帽圓辰燭箸に彼の頭の中の大自然に一歩踏み入れたような感覚があったっけ。時々振り回されることもあるけれど、そのミステリアスな魅力は昔から変わらないままなのでしょうね。

そして最後の一文「彼らの巻き起こす嵐に巻き込まれるのは心地良い」そうそう、私も今まさにその状態なんです。嵐を起こして風になるどころかますます勢力を増していく感じ。休止になるのは寂しいけど、刺激的な毎日を送っていられるのは楽しいです。

 

★絵画の部屋

 

 

まず正面に見えたのが嵐が描いたミッキーの絵。サインもしっかり入っています。同じミッキーなのに5人の個性が出てて面白いです。潤くんミッキーは眉毛をもはやネタにしてるし、ニノミッキーはアニメみたいに動き出しそうだし、相葉ちゃんミッキーはリアルで躍動感があるし、翔くんミッキーは線描の迷いのなさがやっぱり画伯だし、智くんミッキーは独創的でもはや芸術作品だし、私は嵐ミッキーが好きすぎて、家では展覧会と同じように5個並べて壁に飾っています。

 

 

そして懐かしかったのが、2011年1月3日発行 朝日新聞のお正月企画「僕らの肖像 Nippon no Manga」のレプリカ!油絵用のキャンバスにプリントしてあって、リビングに飾りたくなるような鮮やかさでした。

 

 

これはメンバーが関わったドラマや映画の原作者が描いた肖像で、すごく特徴をとらえててファン的にはテンションが上がる企画でした。以下、作品と作家名です。

 

二宮 「鉄コン筋クリート」松本大洋 

櫻井 「ハチミツとクローバー」羽海野チカ 

松本 「花より男子」神尾葉子 

相葉 「バーテンダー」城アラキ 

大野 「怪物くん」藤子不二雄A 

 

そして面白かったのが、フリスタ兇了にメンバーが描いた大野くんの肖像画と、すぐ下の壁に直に描かれた大野くんの模写作品。

 

*参考までにメンバーが描いた大野くん(フリスタ競僖鵐佞茲蝓

 

メンバーが描いてくれた肖像画が大好きなんでしょうね。メンバーそれぞれの描き方を真似て線描で描いてました。唯一影やぼかしを入れて、奈良さんに褒められてた潤くんの作品。どうやって線描で表わすのかしみじみ眺めてみたのだけれど、影やぼかしの部分を線で囲んで表現してました。全く違う表現でありながらそう見えてくるからさすがだなって。

 

★LAの嵐と思い出の品

 

 

ここは、グッズにもなってるアートカードのLAでの撮影風景と写真。さらに懐かしい写真と思い出の品がつまったコーナーでした。

まずは、入口がガーデン風になっています。そして、LAのオシャレなガーデンでの撮影風景が3〜4分くらい流れます。嵐の衣装は、5×20ライブの最後のピンクのスーツ。雰囲気は優雅でメルヘンなティータイムって感じで、大きなキノコのオブジェがあったり、スイーツや花柄のカトラリーもすごく可愛くって・・あっ一緒!ってテンション上がったのがロイヤルドルトンのカトラリーセットでした。我が家にも同じ柄のお皿が1枚あって、クリスマス&相葉スデーの時だけ登場します。

 

 

向かって左側の壁はまるで美術館のように額に入ったLAの写真が並び、中には映像で動いているものもありました。そしてその奥には可愛いの雑貨屋さんみたいな棚があって、写真が束になって差してありました。思わず手にとって見たくなるけれどしっかり固定されていました。そこにある写真は全て過去の思い出写真でした。

そしてその隣に縦長の飾り棚があって、中には思い出の品が並んでいました。上段に会報の企画で作った5人のスノードーム。下段に下がってプリクラ写真。10周年記念で5000人にプレゼントした5人のサイン色紙(でもなぜかNo5000がここに!)BLAST in Hawaii のヘリコプターの模型と気球の模型。箱根5人旅で作った楽焼のお皿。5×20記念のケーキなど展示されてました。(相葉ちゃんがUFOキャッチャーでとったぬいぐるみは無かった?)

 

そして出口近くにはまたあの家族が・・ハワイの休日を楽しんでるみたいでした。ほぼ等身大サイズでみるとやっぱ笑える!相葉ちゃんの胸がヤシの実!(笑)

 

 

 

★5×20の部屋

 

先ほどの明るい部屋とは打って変わって、つぎはトンネルみたいに暗い部屋でした。

 

 

山並みと曇った空。遠くには稲妻も光っています。そこには「5×20」の歌詞が雨のように空から降ってくるように描かれていて、嬉しい事ばかりでなく苦しいことも乗り越えてきた嵐の20年を表わしているようでした。私が一番涙したのはやはり東日本大震災。あのとき嵐は、エンタティメントを通じて、元気を無くした日本にどう寄り添うべきがいろいろ考えたんじゃないかな・・。「もう二度とあんな思いをしたくないから。」という翔くんの言葉。「やっと宮城に来れました・・。」という潤くんの言葉。すごく重かったな。5×20の歌詞をたどり、私も嵐と出会った10年の軌跡を思い出しながらこの部屋をくぐっていきました。

 

 

今日はここまで。続きはへ・・。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM