町田くん舞台「伊賀の花嫁 その四〜シングルベッド編」

  • 2020.02.15 Saturday
  • 15:05

 

 

方南ぐみ企画公演 伊賀の花嫁その四「シングルベッド編」

 

〈作・演出〉樫田 正剛

 

〈キャスト〉

町田慎吾・瀬下尚人・水谷あつし・岡森諦・舘形比呂一・庄野崎謙・寿里・武田知大・横尾瑠尉・土井一海・磯野大・ユジュン・ミヌ・舘野将平・梶原颯

 

〈会場〉俳優座劇場(六本木)

 

〈日程〉2020年1月22日(水)〜29日(水)*観劇日 1月24日(金)19:00

 

〈あらすじ〉*パンフレットより抜粋

三四郎が「スナックヅカ」にやってきて四年目の初春。花嫁探しより地下アイドルライブに萌えている三四郎に業を煮やしたママは心を鬼にして三四郎をクビにした。だが、三四郎を戻したいランランは店の乗っ取り計画を画策しはじめるのであった。ランランの計画は成功するのか!三四郎の花嫁さんは見つかるのだろうか?見つかるわけはない。なぜなら今作の出演者は男だらけなのだ。いや、わかりません。『とんでもない』キャラクターたちが登場します。誰かと三四郎が結ばれるのか?スナックヅカに魅了された従業員たち。あやし〜い占い師とその弟子たち。伊賀の忍者の残党たち。うさんくさい映画監督と糞真面目な助手が撮影してるのは謎の二人の好青年。男だらけの『伊賀の花嫁その四』。どこに向かってるのだ?大丈夫なのか?男だらけのシングルベッド編!?何かが起きる!?三四郎は結婚できるのか!?

 

 

伊賀の花嫁は今年で4年目。初演からずっと観ているのですが、今回は男だけと聞いてどんな展開になるのか楽しみにしてました。今年の舞台パンフとチラシはこんな感じ。

 

 

舞台パンフはファッション誌にしか見えなくで二度見しちゃいました!そして嬉しいことに5月にスピンオフのお知らせも!

 

 

★せいらママとランランの前説

 

伊賀の花嫁は舞台が始まる前から楽しみがあります。BGMが今回は80年代アイドルソングで聖子ちゃんとピンクレディー。特に聖子ちゃんの「未来の花嫁」選曲してるところがいい!そして5分前から始まるせいらママ(瀬下)ランラン(水谷)の前説はいつも大爆笑!せいらママのお客さんイジリは健在で、最前列にインスタントコーヒーあげてました。「観劇の諸注意」を2人で面白おかしくやってくれるのだけど、「しゃべらない」「寝ない」「帰らない」っていうのがいつも定番。でも昨年、私はトイレが我慢できなくて最前列だったのに一旦退出!帰ったわけではないけど、申し訳なくてもう1公演増やしたっけ・・。そんなことも思い出の一つです。

 

★せいらママの反抗期

 

今回は男だけの舞台。このお話は三四郎(町田)の嫁さがしの話なのにどうなるの?まさかのBL?なんて思ってたけど、お話の中心はせいらママの反抗期とそれに抗うランランという展開が面白かったです。今や「スナックズカ」のショーを盛り上げてるのランランと三四郎による、娘と地下アイドルの応援で磨きをかけたヲタ芸。それが面白くないせいらママは三四郎とランランを追い出して、自分がセンターに立てる80年代を意識したお店に戻そうと仲間を集めます。ピンクレディーの渚のシンドバットや、なぜか宮尾すすむのものまねまで登場。戸惑う若いスタッフ(磯野・舘野)に、とことん80年代をたたき込もうとするのです。この展開は80年代アイドルを応援してきた昭和世代には懐かしく、ちょっとだけママの気持ちが分かりました。

 

★個性の強い登場人物たち

 

この舞台はいつも、個性の強いキャラクターがいろいろやらかして最終的には伏線が回収されていくのです。

 

3人の伊賀の残党(武田・庄野・梶原)・・三四郎の嫁さがしは期待できないとあきらめる長老。そして、本家でなくてもいいから伊賀を継ぐように言われる3人。都会の楽しさを知ってしまった彼らは跡継ぎを免れる方法を考える、そして、男同士で結婚しちゃえば?ってとんでもない策を考えるのだけど、BL展開の3角関係でややこしくなってしまう。

 

昭和な監督と謎の男たち・・過去の栄光を引きずる昭和のドラマ監督(岡森)は、町で出会った韓国人旅行者2人組(ユジュン・ミヌ)をモデルにドキュメンタリー映像を撮っている。助手(寿里)は昭和な演出について行けず逆らってばかり。しかし、韓国人のはずの二人が謎の言葉で会話してることに気が付き、助手は2人が宇宙人に違いないとワクワクする。彼はUFOヲタクだった。

 

三割しか当たらない占い師・・占いが三割しか当たらず、すっかり自信をなくしてるアクア九条(舘形)弟子(土井)に引退をほのめかすのだけど、弟子の友人(横尾)の占いが当たってむしろ尊敬されてしまう。後に三四郎も占ってもらうのだけど「お嫁さんは見つからない!」とハッキリ言われて落ち込んでしまう。さてこれは当たっているのか???

余談なのですが、このアクア九条を演じているのが、THE CONVOYのオリジナルメンバー舘形比呂一さん。瀬下さんと共に有名な舞踏家なのだそうです。中性的な魅力と柔らかなたたずまい。九条アクアは只者ではない感じがしましたが、演じてる方のオーラが凄かったからなんですね!

 

★三四郎とTO

 

三四郎(町田)の殺陣のカッコ良さと、恋愛に純粋過ぎる気持ち悪さと、娘ダンスとヲタ芸のはっちゃけた可愛さ!これは毎回のお約束で町田ファンおおいに盛り上がりました!また、ランランことTO(水谷)のヲタ名言。これは全てのヲタクに通じる名言です。「アイドルがいるからヲタがいて、ヲタがいるからアイドルがいる。これは決して片思いではない!ギブ&テイクだから〜。」そして、幾つになってもアイドルを追いかけていいのだと背中を押してくれるのです。何かに情熱を捧げられるのは素晴らしい事!アイドルヲタ万歳!

 

★おスペシャルな夜

 

最終的にうまい具合に物語が回収されて大団円で終わるのが伊賀花!ひたすら大笑いして、「で、何のお話だっけ?」ってなるのも伊賀花!ということで、どうやって回収したのか思い出せなくて困っているのだけど(笑)。最後はランランがせいらママに下剋上しようとする流れだったと思います。そして、三四郎といろいろあったキャラクターたちが「スナックズカ」に大集合!昭和と平成の戦いになるのだけど・・。そこで大きな役割を果たすのが謎の韓国人2人。実は、UFOヲタクの監督助手が予想した通り彼らは宇宙からの訪問者だった!!彼らは高度な文明を持つ星から地球を監視するためやってきたのだが、どれだけ優れた文明を与えても争いがたえない地球人にガッカリしたと言う。宇宙人の指摘に反省するせいらママ。

そこからはお約束の楽しいエンタメショーが始まります。

 

今回の見どころは、せいらママ(瀬下)、アクア九条(舘形)、三四郎(町田)のタップダンス。町田くんにとってもおスペシャルな経験だったようです。町田くんの楽しそうなダンスが観れるのは今のところ伊賀花だけ。この勢いが、来年もその五に繋がるといいな・・。三四郎の嫁さんが見つかるまで風を送り続けたいな。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM