「過去嵐」への旅

  • 2013.06.07 Friday
  • 20:24
 
 最近、やたら「過去嵐」が見たくなっています。その時代をリアルタイム
 で見ていなかったせいなのか?それとも、今の番組に何か物足りなさ
 を感じているのか・・。2009年に大ブレイクした嵐。ファンクラブ会員は
 今なお、増え続けているといいます。ライブに行けるファンはわずか。
 落選組はひたすらDVDを心待ちにするしかありません。最近は、この
 状況に慣れてきました。変にあせらず、冷静に嵐を応援できるように
 なってきた感があります。そんな最近の思いを少し・・。

うだうだ嵐の魅力

の嵐Gの嵐嵐の宿題くん最終回など、嵐がスタジオに布団を敷いてパジャマでうだうだする企画。総集編を見たり、内職をしたり、催眠術にかけられたり、ニノがドッキリしかけたり、変なゲームをしたり・・。視聴率なんて気にしない、なんともうだうだな企画なのです。しかし、見ればみるほど魅力に満ちている。彼らのいいところも、あか抜けないところも全て見せて、「これが嵐なんです。」と開き直っているところがいいんです。その自然な感じが、なぜか郷愁を呼び、心の深いところに響いて来ます。これは、見る人の年齢によっても違うでしょう。遠い昔に学生時代を過ごした私には、ただただ懐かしい。山登りのサークルにいた私は、ろうそく1本で語り合った、キャンプの夜を思い出します。(「真夜中の嵐」はまるでそのもの)くだらない会話は、気の合った仲間だからこそ面白い。先日の「しやがれ」でも、松潤持参の熟したバナナが“う〇こ”に見えたって会話が、正直一番面白かった!嵐さんはほっとくと面白い。そんな番組がやっぱり見たいです。
        *こちらも参考に→ 「ポプコン〜嵐らしさって・・」 


低迷期?(2002〜2005年)こそ面白い

低迷期について私が思うことは以前も語りました。(参考までに→「私の見ているアラシックの風景」) 嵐の番組が面白いと感じたのは、実はこの時期なのです。古くからのファンの方はこの時期をどう思っていたか?直接聞いてみたいところですが、新規である私にとっては、嵐が嵐らしくあった時期、ファンとすごく近かった時期だと感じるのです。2002年の“HERE WE GO”ツアーで嵐の方向性について話し合ったと言う彼ら。強い絆はそこから作られていったらしいのです。ファンを楽しませるための様々な試み。大宮SKが生まれたのもこの時期。「ピカ☆ンチ」で嵐5人の映画デビュー。フジTVの「嵐の技あり!」「まごまご嵐」日テレの「真夜中の嵐」「C、D、Gの嵐」などバラエティーも名作揃い!どこを切り取っても、暗いイメージはありません。トップになろうね!」という24時間TVの相葉ちゃんの手紙で一番泣いたのは、「Dの嵐」のスタッフだったようです。嵐は本当に愛されていたと感じます。そして素晴らしかったのが、番組の中で彼らを自由にさせていたこと。「Cの嵐」はファン的には辛かったかもしれません。しかし、精一杯頑張る彼らに感動すら覚えました。

こんな番組作って欲しい

★「嵐5人で無人島生活」
先日のサトラジで、無人島に行きたい。」と言ってた智くん。実はずい分前から、ニノと無人島へ行きたい!
1からのスタートをしたい。」 
という発言を繰り返してた智くん。二人とも動かないから、動かざるを得ない状況に追い込んでみたいとのこと。だったら、いっそのこと5人で行ったら面白いだろうな〜♪と想像をふくらませてしまいました。きっと相葉ちゃんが一番張り切りそう!食べられる山菜を見つけてくれるかな?智くんは家を作ったり、魚を釣ったり、喜んでやってくれそう。潤くんは「めんどくせ〜。」とキレながらも、根性と男気で乗り切り、おいしい料理を作るかな?翔くんは、どんな状況でも笑いを提供してくれて、日記もきちんとつけてくれそう。問題はニノ。なんとか無人島から脱出する方法を考えたりして、密かに筏を作っていそう。でも、最終的にはその筏でみんなが脱出!感動のフィナーレを迎えるのです。(あくまでも想像なので大目にみて下さい。)
★「ソロでアーチストとコラボ」
少クラプレミアムで、他のグループのメンバーはコラボしてるのに、嵐はいまだかつてやっていません。そろそろ、ソロでコラボして欲しい。例えば・・ニノ×布袋寅泰 智×松山千春 ??
★「驚きの嵐!再び」
様々なおバカ実験が楽しかったこの番組。SPでいいから、復活して欲しい。どんな実験をしてほしいか?は視聴者からのリクエストで!VS嵐の10秒チャレンジもあんなに楽しそうにやってくれる彼らだから、きっと楽しい番組になること間違いなし!



 ふと思う・・

 そろそろあの頃の自由を感じてみたい
 それは決して後ろを振り向くことではなく
 本来の姿に戻ること・・

 嵐らしさってなんだろう?そう考えたあの日の原点に・



コメント
真智子さんこんばんわ。
ずっとコメしたかったんだけど、なかなか上手く的確な言葉が
見つからず、今に至りました。
私も新参者の嵐ファンなので、昔からのファンの方とは違うかもしれません。
ブレイクしてから好きになったので、低迷期頃の嵐さんは某所で必死に追いかけて見ました。
私もこのころの少しやんちゃで普通の男の子たちが集まって、
くだらないことを楽しそうにやってる5人がとても可愛くて好きです。 エッチは話とか、くだけた話もざっくばらんにしてくれてましたよね。
智くんも今よりしゃべってたし。

今はあまりに国民的スターの扱いになり、少し窮屈な思いもしてるのかなと、言葉を選びながらしゃべったりしてますもんね。
しやがれのゲスト前の話、この前のう○この話とかほんとに楽しかったです。

今は難しいかもしれないけど、もう少し人気が落ち着いたら、
SMAPがやっていたような5人旅とか、昔のような
実験のような5人だけのバラエティを見せてほしいですね。
  • こと
  • 2013/06/13 9:36 PM
ことさんへ

こちらへのコメントありがとうございます(*^_^*)
先日、日経エンタの翔くんへのインタビューの中で、嵐が長く走り続けるために、
一人一人が太い幹になりたいというニュアンスのことを言っていました。
今がまさにそのタイミングなのですね。私たちファンもそろそろ落ち着いてきて、
ちょっと前の嵐の良さをまた見てみたいと思うようになってきているのかもしれません。
「24時間TV」や、「あたらしあらし」に期待してみたり・・。
私はブラック櫻井も「お帰り!」って感じで見ているし、智くんと彌生ちゃんのコラボも
やっとその日がきたね!って喜んでいます。これから少しずつ、嵐らしさが戻ってくるかもしれないですね。
それを願いつつ、明日のTシャツデザインの発表を楽しみにしたいですね!
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM