6人目の嵐は考える・・

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 20:06

 

変わっていくことをなぜ 僕らは恐れるのかな
変わらないものを笑うくせに

できるだけ僕のままで いたいと思える日々を
未来の僕はどんなふうに 振り返るんだろう


嵐10周年で「嵐の宿題くん」が終わり、13周年で「ひみつの嵐ちゃん」が終わりました。この2つの番組が終わった時が、それぞれ一つの節目でした。どちらもファンが大好きな番組でした。どちらの番組もそのエンディングは愛にあふれるものでした。思い出すほどに未だに胸がキュンとします。私は嵐ファンになってまだ3年・・でもそんな新規だからこそ過去の素敵な嵐さんを見つけ出し、その頃をリアルに追ってきたファンの想いにできるだけ近づこうと努力しています。応援の仕方は多少違うけれど、宝物を見つける度に、どんどん嵐さんを好きになって、そして古くからのファンと同じように変わっていくことを少なからず寂しく思っているのです。「しやがれ」リニューアルで吹きだした熱いファンの想い・・そこには変わらない嵐さんを望む思いと、もっと素敵な嵐さんを見たいという想いが交錯しているのでした。

ひみつの嵐ちゃん」が終わった時、大人の事情説云々言われたけれど、単純に視聴率が取れなかったと私は思うのです。ゴールデンで10%にとどかないのはやはり厳しいです。嵐ファンだけで視聴率が取れると思うのは間違いで、やはりゲスト目当てで見る人をプラスして考えます。一般の人が嵐の番組をどう見てるのか?それを想像する時、それが嵐ではなく、あまり興味の無い別のアイドルグループがやってる番組だと想像してみましょう。もしもその番組に嵐がゲストで来るのなら、喜んで見るでしょう。でも、そのアイドルグループがわちゃわちゃ会話して、内輪でおバカなことやってるだけじゃきっと見ないと思います。深夜ならまだしも、ゴールデンだったらきっと他の局のドラマでも見るかな・・。

2001年「ザ・少年倶楽部」でがゲスト、司会が生田くん風間くん横山くんの時がありました。その時、嵐への質問コーナーで嵐のみんなが黙りこんでしまう場面がありました。その時横山くん「嵐みんなボケやねん。みんなでボケてどーすんねん!誰かツッコめや!」って言ってました。その時、横山くんがお笑いにもってかないと収拾のつかないことに・・。今もどこかそんなところがあります。「俺が俺が」がないところは嵐のいいところだけど、番組を盛り上げるにはまだまだオトナし過ぎる嵐さん・・。トークの面白さを引き出すには、やはり企画の盛り込み方によるのでしょう。でも、スタッフさん任せではやはりダメだと思います。少しでも嵐さんが番組を盛り上げるべく、前へ前へといかなくては・・。「みんなでボケてどーすんねん!」 あの頃まだjrだった横山くん、よく言ったと思います。

しやがれ」はこれからです。嵐がこの番組をどう変えていくかにもかかっています。初回はいわゆる「始球式」そう思いたい。投げた球はちょっとヒョロヒョロでした。でも、それに「へたくそ!」と叫ぶのはまだ早い。良くも、悪くも、このあふれんばかりのファンの思い!きっと嵐さんにも届いたと思います。翔くん、ニノあたりがネット見て驚いてるかも知れません。どうか嵐とスタッフで作る番組になって、素晴らしいコラボが生まれますよう私は前向きに応援したいです。頑張れ嵐!しやがれをホームグランド的なバラエティーに変えやがれ!!


*サトシックでありながら、「鍵部屋SP」について全くふれなかったことをお許しください。心の中では超テンション上がってます。でも、この「しやがれ」騒動が頭から離れず・・またまた語ってしまいました(^_^;)






 

コメント
「しやがれ」騒動が巻き起っているのですか…!?

私は「嵐にしやがれ」を毎回大きな時差を経て観ているため、(明日の昼間に高島アニキの回放送です…)リニューアル一発目の放送に対する反響がいかなるものだったのか、よく知りませんでした。

ただ、嵐ファンのブロガーさんたちの記事などを読んで、やはり「すぐには満足のいく内容とはならないだろうな〜」という予想が図らずも的中していたような印象を持っていました。


“6人目の嵐”さんは日本に世界にたくさんいますよね。そして、その数だけいろいろな想いがある!

だから、論争!?みたいなことも起きるかもしれないですよね。

でも、私も真智子さんと同じでまずは「応援したい!!」だからこそ「見守りたい!!」と思います。

普段の落ち着いた口調の真知子さんから“変わりやがれ!!”と口角泡飛ばすような強い勢いの言葉が出たところに、6人目の嵐としての真知子さんの熱い想いを感じました。

私がリニューアル一発目放送を観られるのは、多分来週…。

いくら時差があろうとも、これからも『嵐にしやがれ』を追いかけて、嵐さんの頑張る姿、笑い転げる姿、ゲストさんをもてなすホスト姿、わちゃわちゃおしゃべりする姿…いろいろな輝く姿を見て行きたいです。

そうして、一般視聴者の方にとっても面白い番組になっていくよう願います。
一番難しく重要なその壁を、いかに乗り越えていくか…

嵐さんと番組スタッフ、そして6人目の嵐であるファンの意見・アイディア…すべてを集約して番組作りが進められたら、何か変わっていくかも!!

批判ではなく、期待したいと思います。

真知子さんのようにブログを通じて(批判ではなく)“意見”を発信することは、とても意味があると私は思います。

  • 海風
  • 2013/09/17 11:21 PM
まさにしやがれ! 騒動でしたね。 アメリカに居てもネットで情報がわんさか入ってきて驚きました。

本当に先週の回は始球式、この先はどう転ぶかわからないですね♪ 経験を今、たくさん積んでいって欲しいです。 30代の嵐ちゃん達、まだ若いしきっと大丈夫。

ちなみにアメリカではちょっと旬の過ぎた歌手や芸能人がバラエティに出たりバラエティの冠番組を持っているのが主流です。 
売れている人やスター歌手、スター俳優は忙しくてそれ処でないというのとお笑い番組に出てイメージの低下を恐れるからです。

逆に言えば本業に集中させてもらえるので切磋琢磨出来る環境がそろっています。

日本の環境は全く違っていてあちこちのTV局のTV番組やバラエティでがんばる嵐ちゃん達を見て画面で会えて嬉しい!と思うのと同時にあまりにも多様なニーズに答えすぎていて大丈夫なの?、、、と心配にもなります。

翔君の汗を見てやっぱりどこまでも嵐ちゃん達に付いて行こう〜と新たに思いました。

そして、事務所には歌やダンス、もしくはバラエティだったらMC力や技術的な事等、嵐ちゃん達が今から将来へ向かってじっくりやりたい事を学ぶ時間をあげて下さい! とお願いしたいです。
海風さんへ

沖縄はやっぱり少し遅れての放送になるのですね。
みんなが騒いだ後だから、きっと落ち着いて見ることが出来ると思います。
うちの冷静なジャニファン娘は、「なんでこんなにみんな怒ってるのかが分からない。」って言ってました。
「始球式」って言葉は娘が言った言葉です。さらにこう言います。
「初回の内容は実にシンプル。いつかのドッキリみたいにすごく変な内容なら怒るの分かるよ。
嵐が笑いを取りにいかないから、有田さんががんばっていたじゃん。何でだれも嵐にダメ出ししないの?」
確かに・・と思いました。さらにこう言いました。
「深夜番組というものは、売り出し前のアイドルのために用意されるもので、内容もころころ変わる。
やっとゴールデンに進出できたのだから、どう番組を良くするかはやはりスタッフではなく本人たち。
嵐は番組に出させてもらっているのだから・・。「ひみつの嵐ちゃん」と同じ道を歩まないために
危機感を持たないと続かないよ。私は嵐こそ頑張れと言いたい。」
我が娘ながら、おースルドイい!と思いました。彼女もれっきとした嵐ファンであり「宿題くん」の大ファンでした。

ニノや翔くんあたりはネットをチェックしてると思います。きっと何かを感じ、
考えてくれるんじゃないかな・・。だからこそ彼らにエールを送りたいですね!
サトシックinNYさんへ

アメリカの貴重な情報をありがとうございます。
日本とはずい分違うのですね!日本でも特に、ジャニーズは独特だと思います。
歌番組が無くなった今、アイドルを売り出す方法はドラマだったり、バラエティーだったり・・。
でも、売れっ子を逆に忙しくさせてしまい、満足なものを提供できなくなる現実も多々あります。

嵐の真骨頂はやっぱりライブだと私は思うのです。
年1回ペースで、ファンみんなが均等にライブに行けるようになることが私の理想です。
バラエティへの露出より、ライブの回数を増やして欲しい。最近そんなことを思いますね。
どうなるのかな・・これからの嵐。変わっていかなくてはいけない時期が来ているようですね。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM