もう一人の嵐たち〜朝日新聞企画

  • 2014.01.03 Friday
  • 01:02

  「朝日新聞の企画」
 嵐のメンバーそれぞれを
 主人公とした短編小説です。
 
 小説の内容を簡単に紹介
 したいと思います。









*これは実際の小説を要約したものです。


「Eの874」伊坂幸太郎(二宮和也編) より
 主人公はとある企業の営業マン。「風が吹いたら桶屋が儲かる」的な話は
 信じていない。優秀だが冷淡。仕事を安心してまかせられるが笑わない。
 何を考えてるか分からない。昔は野球選手になりたかった。判官びいきで、
   強豪チームを自分の一打で打ち負かすような選手になりたかった。
 しかし今は、会社の規模と贅沢な予算を武器にして商談をとりつける、
 いわば判官びいきに嫌われる自分。そんな彼が、嵐が迫った駅のホームで
 不思議な場面に遭遇する。嵐をさけてそこに集まった人の何組かが、
 奇跡の再会を果たしているのだ。「嵐が来たら生き別れた人が再会する」
 そんな場面にうろたえながら、ふと昔の夢を思い出す彼。





「フェニックスのリア王」平野啓一郎(櫻井翔編) より
  主人公は海外出張の会社員。ロスからフェニックスに向かう飛行機で、
 隣に座った初老の男性に頼まれごとをする。実は彼はかつてラスベガ
 スのスロットで24億円もの大金を手にした。妻は早くに他界したが3人
 の娘に大金を分けることとなった。しかし、三女だけは貯金や寄付を
 すすめて受け取らず、やがて家を出てしまった。大金を手にした長女と
 次女は父を邪険にし、彼は人にだまされ事業に失敗してホームレスになっ
 てしまった。ようやく仕事を得たが、それを三女が聞きつけ一緒に暮ら
 そうと言う。しかし20年も娘と会っていない本人を見つける自信がない。
 かつての写真をもとに、空港で待つ彼女を探してきて欲しいと頼まれる。
 しかし、必死に空港で彼女を探すが見つからない。実は彼女もまた、自分
 の息子に写真を託し父親捜しを頼んでいたのだ。ようやく事情に気が付き、
無事に再会を果たすことが出来た父と娘。しかしどこか不安そうにしている。主人公は言う。「大丈夫ですよ。あなたたち親子、考えることが同じですから。


「僕たちは、抱き合ったことさえ」川上未映子(松本潤編) より
 主人公は美容師。毎月最後の木曜日に、1年前に別れた彼女が髪を切りに
 やってくる。出会ったのもこの店。彼女とは共通の趣味も無く、価値観
 もかなり違っていた。でも一緒にいるととてもリラックスできた。そして
 そばにいる誰かを時間をかけて理解していく喜びを知った。しかしだんだ
 んすれ違い、冷たい空気が流れ始め、修復できないことを悟り二人は別れ
 た。しかし別れてひと月たったころ、彼女はこの店に再びやってきた。
 彼はただ驚き、黙って髪を切るしかなかった。毎月やってくる彼女の髪を
 切りながら、彼は何をやっているんだろうと思う。毎月彼女の髪にふれ、
 別れ際に一瞬目が合うが、そのどうしようもない距離感に打ちのめされる。
 彼は思う。「僕たちは抱き合ったことさえあるのに。」



「僕は駿馬」山崎ナオコーラ (相葉雅紀編)より
 主人公は普通の会社員。あるとき会社の同僚とこんな話をする。「30代に
 なったのだから大人っぽい趣味を始めなくてはならない。」そこで二人は
 乗馬を始めることにする。「馬に乗るのは貴族だけだろう。」と茶化す同
 僚に彼は「僕が子供だった頃、おじいちゃんは日曜日ごとに乗りに行ってた
 よ。」と。さらに彼は言う。「自分と仲良しの馬がこの世界のどこかにいる。
 って考えたら仕事にやる気が出そうじゃない?馬は繊細だから、仲良くなる
 には時間がかかるけど。」 その日の夜、彼は馬になっていた。「駿、駿。」
 名前を呼ばれ見下ろすと、中学の頃他界したおじいちゃんが笑って立っている。
 おじいちゃんは背中に乗せて欲しいと言う。おじいちゃんを乗せ草原を走り
 出す。「駿と言う字はおじいちゃんが付けたんだ。駿馬の駿。」とおじいちゃん。
 「せっかくだけど、実は名前負けしちゃってるんだ。仕事が遅くって、みんなの足を引っ張っていて。」と彼。「駿が皆から愛されていること。おじいちゃんは知ってるよ。本当の速さって何か知ってるかい?」「本当の速さ?」・・・目が覚めた。おじいちゃんの言う通り自分を嫌いになってはいけないと思う。仲良くなる馬の事を楽しみに想像しながら、今日も仕事に出かけて行く。

「追跡者」阿部和重 (大野智編)より
 主人公は気象学者。18歳のころ、TVでトルネードハンターというアメリカの
 気象学者のスリリングなドキュメンタリーを見て、その道を目指すこととなる。
 彼は日ごろカメラを持ち歩き、まるで怪物を追うように積乱雲や雷の発生に
 そなえた。大学生になった彼はトルネードハンターの活動に触れるべくアメ
 リカに渡る。そこで、様々な珍しい気象現象をカメラに収めることに成功し、
 トルネードハンターの仲間入りを果たす。やがて、ストームチェイサーという
 スペシャリストの一員となって、資料的価値と芸術的価値を兼ね備えた、
 ハイクオリティーな写真を生み出していく。しかし、彼は無茶をすることも
 あった。あまりにも恐いもの知らずとおそれられ、魔王とまで呼ばれるように
 なった。そのころ彼は日本の気象庁にいる友人とメールのやり取りをしてい
 た。二人は意気投合し、これからの災害対策の在り方について熱心に議論し
 ていた。やがて彼は気象学の博士号をとり、彼が撮った貴重な映像がドキュメンタリーとして全世界のTVで放映された。そんな中、観測史上最大級の怪物が日本を襲う。彼は友人を助けるべく直ちに帰国を決めた。そして日本に災害調査のエキスパートチームを結成することとなる。その名は「嵐!」


写真も小説もクオリティが高く、なかなか興味深い企画でした。それにしても、彼らが本を読んでる姿は、なかなかイケメンです。以前漫画家の方々が彼らの自画像を描いた企画もありました。嵐であって嵐でない彼ら・・これをさらに映像化してもらえると楽しいです。相葉ちゃんは「馬になりたい。」と言ったそうです。「僕は駿馬」は読んでみてちょっと、涙が出そうになりました。来年もまたクオリティの高い企画を楽しみにしています。

*漫画家が描いた嵐はこちらの記事の下の方に貼ってあります 
                     → 大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤

 

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/01/03 3:06 AM
鍵コメTさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。
朝日新聞のお正月企画はいつも面白くて、元旦はいつもテンションが上がります。
相葉くんのお話は、おじいちゃんとの優しいエピソードとリンクしているようで、
ちょっとほろりとさせられました。
ライブのソロ曲にも泣かせられちゃったし、後で感想を書きますが、しやがれのドッキリでも
優しさがにじみ出ていて、最近相葉ちゃんから目が離せません。
良かったら、相葉担(私もまだ違和感があるんです。この表現(^_^))としての
視点でまたお話しに来てくださいね!
真智子さん、おはようございます。

さっそくのupありがとうございます(*゚∀゚*)
我が家は読売新聞なので、朝日の嵐小説の記事を知ったのは1日の夜、友人からのメールでした。
「もう元旦から嵐だらけだよ〜」と嵐ファンではない友人のため息まじりのメールに笑ってしまいました!

来週明けにも渡してくれるというのですが、今朝ここで見れるとは!朝から超テンションあがりましたyo!
ホントにありがとうございます!

今日は一日智クンですが、昼から実家へ行かねばならず、リアタイでは見られないのが残念!
録画を来週ゆっくりとみま〜す。

真智子さん、またレポ楽しみにしてます(*^^*)
  • くぼっち
  • 2014/01/03 9:10 AM
くぼっちさんへ

ここ数年、元旦の新聞は嵐祭りで嬉しい悲鳴を上げています!
漫画家とのコラボもすごく面白かったので、ブログを始めた初期の記事に採用しています。
(改めて読みかえしてみて、ずい分文章が堅かったなと・・(^_^;))

やっぱり相葉ちゃんの小説が私的には良かったです。
ドッキリで「ヒヒ〜ン」と馬になってた相葉ちゃんがちょっと浮かんでしまったけど。(^_^)

これからそちらの感想を書きに行って来ま〜す。今日は忙しいぞ!
真智子さんこんにちは。
朝日新聞の詳細ありがとうございます。

私は今回は入手出来なかったので詳しく知れて嬉しかったです。

それぞれの個性にあったそれぞれのストーリー。
面白いですよね。
私も個人的には相葉ちゃんの話にジーンときました。でもどの話ももっと続きを読みたくなる感じです。

以前auのCMをやってた時も『もしも僕らが嵐でなかったら』でしたっけ?というタイトルで辻仁成さんがそれぞれの短編小説を書いてましたよね。
あれはCMになってたからあんな感じでショートムービーにでもして欲しいですね。

前回のイラストコラボもそうですがプロの表現者からの視点での嵐さん。うんうんと頷いたりなるほど〜と感心したりとても面白く素敵な企画ですよね。

そうそうイラストといえば話は変わりますが今横アリでやっているKAT-TUNのイベントで智くんが亀梨くんにプレゼントしたあの噂の亀梨くんの絵が公開されてるそうです。
KAT-TUNファンのお友達から凄すぎる〜!!と連絡もらいました。
  • マルコ
  • 2014/01/03 1:43 PM
マルコさんへ

え〜!!亀ちゃんの絵、展示されてるんですか!!(@_@)
いいな〜・・KAT-TUNファンしか見れないのですよね。
でもきっと、そのうち個展で見せてくれますよね!そう信じましょう。
あとは、シューイチあたりで取り上げてくれるといいのだけど・・
朝日新聞の話より、そっちの話に食いついてしまいました。(^_^;)
こんばんは〜♪

私「朝日新聞の広告」ってワードとして耳にしたことはありましたが、どういったものなのかは今回の真智子さんの記事で初めて知りました!

毎年やっているのですか?
というか、ここ数年のはなしなのでしょうか?

真智子さんの以前の記事でイラストは見せていただいたことがありましたが…。

なんだかとっても大人な落ち着いたイメージ広告?ですね。
アイドルというよりは、アーティスト?

嵐さんの成長に伴って、表現そのものも多面的に幅広い層に向けたものに変わってくる…そんな必然があるのかもしれませんね。

「嵐」5人の実像からプロの表現者の方々によって脚色され、膨らみを持って生み出された新たな主人公たち…とても気になります!

沖縄では全国紙を取っている家庭は稀なので、転勤族のPTA友達か図書館なんかを当たってみようかな〜、と思っています。

やっぱり読んでみたいです♪

  • 海風
  • 2014/01/04 10:40 PM
海風さんへ

朝日新聞の企画はおそらく3年前からだと思います。
クオリティーが高いので要約するのは気がひけたのですが、内容を紹介することにしました。
図書館にあるといいですね!あと、学校はどうかな?
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM