まごまごボート

  • 2014.03.04 Tuesday
  • 21:03

 








再びチームが一つになった。ならばもう1度ボートの楽しさを味わいたい。メンバーは光さんにある提案を。

「違うメニューをやったほうがいいんじゃないかなって。いつもみたいにフォームのチェックで終わっちゃうと・・」 技術面を追求するあまり、以前のような楽しさを失った。このままでは気持ちがついて行かない。そこで・・・

「ボートという競技が、分かってない。競い合う。」「競争的なものがまだ足りない気がする。」 すると光さんは「こないだそういうことを・・」 「というかあの・・僕は競争したいんですけど。」 「ウハハハ!やってみよう!」 「あーやりたい!俺もそれやりたい。」 「やりたい?」メンバーが今1度、ボートの魅力を感じてくれるなら・・。光さんも快く了承してくれました。 

 

 








櫻井のつぶやき・・「ボートのもっと競技的な部分が出てくれば、またそれぞれとらえ方が変わってくるんじゃないかと思う。」 以前から櫻井が何度も語っていた想い。ゲーム感覚を取り入れて、メンバーに気持ちの変化が現れれば、そんな胸を思いにいざ!嵐が対決! 「しっかり頑張って!イケるよ!」 レース前のメンバーを励ます二宮。今回二宮はスターター役です。「じゃーいきますよ!競争ね。向こうで旗持ってるスタッフがいるからそこまで!」 初めてのレース。コースは500mの直線相葉大野チーム櫻井松本チームに分かれてスピードを競い合います。果たして先にゴールするのはどっちだ? 「じゃいきまーす!よーい、スタート!」 初めてのこのレースで、メンバーはもう1度ボートの魅力を感じることが出来るんでしょうか? ストイックに技術面を追求するあまり、いつしか薄れて行ったボートへの想い。今1度その楽しさを感じたい。そこで、嵐同志がレースで対決!ゲーム感覚を味わうことで、気持ちに新たな変化は現れるんでしょうか?対決は相葉大野チーム櫻井松本チームが競い、先にゴールしたほうが勝ち!さあ、気になる結果は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








大学生の推定タイムには大きく遅れたものの、8秒の差をつけて相葉大野の勝ち! 「マジかよ〜」 悔しがる櫻井。「ハハハハ!」笑う二宮。 「負けちゃったね・・」残念がる松本。 「いや〜あの人たちの速さは何なんだろう。」 一方、相葉・大野は・・「今でも結構軽い気持ちでやってたよね。」 「うん。」 「今日すごい楽しい!やっと。」 「楽しみを見出せた?」とスタッフ。「やっぱね、考え過ぎないでね・・やったほうが良いですよ。」 「理屈じゃない?」 シーと口に指を当てて「理屈じゃない。」

 

 








負けん気が人一倍強い櫻井はまだ納得がいかない様子。 「ダメだ。」 やけに重〜い空気の櫻井松本チームとは逆に、相葉大野チームはやけに楽しそう!「こういうのなんだよボートって。すごい俺ね楽しかった。」 「あんまり考えないでやった方が良いのかもしれないね。」 「もうちょっとだって、漕いでいたかったもんね。」 一度は辞めたいと言っていた相葉にほんとの笑顔が!



櫻井に二宮は・・「どうすか?楽しかった?」 「いや〜全然」 「何だこれみたいな」 「予想以上につまらなかった。」 「予想以上に俺ら冷たい風受けてるよこれ。」 ともあれ、櫻井発案のこのレースでまた全員に笑顔が戻りました。








すると・・「フォアはもう片付けた?」 と光さん。 「まだ片付けてない。」 「フォア少し乗ろうよ。」 「光さん、休憩なしですか?」とスタッフ。 「休憩なし。」 「やりましょうよ。」 「やりましょう。」と櫻井、相葉。 「よし、それじゃあ行こう!」 雨が降ってきたけど、今の彼らにそんなこと関係ありません。やっぱりボートは楽しい! しかし、キャプテンは・・「俺もやりたいんだけど、乗りたいよ。舞台サボるわけにはいかないもんね。」 これからまた、舞台へ・・でも、みんなの笑顔を見てひと安心。お疲れ様!キャプテン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてまたボートの楽しさを満喫しながら、練習を始めたメンバーたち。やっぱりスポーツは、こうでなくっちゃ! 「ボートが楽しくなりました。」 と相葉。 「そりゃ結構漕いでくれて、楽しくコースに出れて良かったですね。」 しかし、安心したのは束の間・・・

 

 松本のつぶやき・・「あのさあ、俺分かんないけど相葉ちゃんが

 もの凄い楽しそうにやってるじゃん。俺、全然楽しくないんだよね。」
 

 今度は嵐一生真面目な松本が爆弾発言!松本にいったい何が起きた

 のか!?またまた波乱の予感・・

                            

                続きはへ・・



 

 

 

 

 

 

 

コメント
こんばんはー。
まごまごボート部今までの全部読ませてもらいました!
すっごく面白く、続きが気になります(^_^)
みんながまた楽しくできてよかったなと思いましたが、
最後の松潤の発言がどうなるのか気になります!
相葉君はとても楽しそうですね(*^_^*)
  • かのん
  • 2014/03/05 9:49 PM
かのんさんへ

今までの読んでくれてありがとう!
ちょっと間があいていたのですが、頑張ってレポしています。

この企画は、5人の性格がよくわかるエピソードです。
こんなにも性格がバラバラな5人がしっかりと絆で結ばれていく過程に感動します。
このあとも、こうご期待!
かのんちゃんはもうすぐ卒業式かな?
晴れるといいね。

この回はなんといっても、2組にわかれての
競争シーンですよね。
どういう経緯で、櫻井・松本コンビ
大野・相葉コンビになったんだろ?
似た者同士コンビですよね(笑)

で、考えるよりやって見る派の天然さんが勝つところが
ここのツボです。
真面目に一生懸命な翔君と潤君が負けて拗ねちゃう気持ち
よーくわかります。
私もこちら派なんで。

でも、やっぱり楽しむことが上達を早めるコツなのかもしれないなって思いました。






  • こと
  • 2014/03/06 6:45 PM
ことさんへ

私も同じことを思いました。組み合わせが“感覚派”と“頭脳派”に分かれてるのが面白いですね。
それを冷静に見つめるニノの図もなかなかいい!
このエピソードの中にメンバーの性格や、立ち位置や、グループの良さというものが詰まってて、
「まごまご嵐」さんグッジョブ!といつも思いながらレポしています。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM