愛しの大宮SK◆疎腟SK年表

  • 2012.12.09 Sunday
  • 07:23
  

大宮SK」がいよいよDVDに?「ARASHI アラフェス」DVDの収録内容に「MIKOSHIBOY」 の文字が・・これは、10人に増えて戻ってきたあの「大宮SK」のことか・・・新規でも、意外にもファンの多い「大宮SK」。一目、見て見たいと思っていた人も数多くいました。

            今日は、大宮SKのエピソードについてまとめてみました

SK年表

  
2002年12月〜2003年1月「ARSHI STORM CONCERT 2002 新嵐ATARASHI ARASHI」
デビュー曲「O.M.S.K.S」(作詞 二宮和也 作・編曲 渡辺和紀)
大宮SKの衝撃的な初登場にファンは微妙な反応をする。

2003年8月〜9月 「USO!?ジャパン supecial summer ARASHI 2003 Hows  it going?」
2曲目「スキューン バズーカ」(作詞 二宮和也)
番組内の相葉司会のカウントダウンコーナー「スキューンバズーカ」で、大宮SKの「スキューンバズーカ」が1位にランクイン!2位A.RA.SHI」を抑えての1位は相葉への賄賂がきいたから・・?ちなみに3位は「O.M.S.K.S」・・・疑惑の場面がVTRで流れる。同ツアーのオーラスで、MC中に松本相葉櫻井のソロ曲への映り込み映像が公開された。シュールなギャグにファンは大喜び!

2003年12月〜2004年1月  「WINTER CONCERT 2003−2004〜LIVE  IS HARD だからHAPPY〜」
大宮SKコンサートマナーVTR(企画、脚本 櫻井翔)
ゲスト出演櫻井翔でマナーVTRを公演前に上映。大宮SKのシュールさと、 櫻井のウィットに富んだ解説が印象的。大阪公演のMCでは、缶けり中に大宮SKが突如姿を現したことも・・

あまりのくだらなさに、事務所の偉い人に怒られたが、衣装代が嵐のどの衣装よりも高かったため、
2度目の公演にも登場した。しかし・・・2004年は封印される。

2005年7月〜8月「嵐LIVE 2005 “ONE”SUNNER TOUR」
パワーアップして復活!このときから、パイロット型のサングラスをかけ、片言の変な日本語を話すようになる。パイロット型サングラスは大阪城ホールの開演30分前に購入した。しかし、初回早々「人間シーソー」の技でユウジ(二宮)が壊してしまうハプニングも。 
新曲「はちゃめちゃテンガロン」(作詞、作曲 二宮和也)
この頃から、歌とアクロバットを取り入れた技やコント、最後にバズーカを放って去るという形になった。Jrのメンバーもノリノリで手伝っている。

2006年1月〜2月大野智のソロコンサート「Extra Storm in Winter 06  “2006×お年玉/嵐=3104円”」
大宮SKとしてVTR出演。おでんの屋台で酔っ払う2人のコントを披露。

2006年7月〜8月「嵐SUNNER TOUR 2006“ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul ”」
千年メドレー」
 
ツアー前半は、大宮SKらしからぬ衣装でカッコいい踊りを披露。少年隊PLAY ZONEMASK」東山紀之ソロのバックダンサーのダンスを忠実に再現した。しかし、途中から 衣装を大宮SKに早変わり、バズーカを 放って去って行くというコントをあみだした。後半は、ユウジがタカとM.A.Dにドッキリを仕掛け、jr時代 に踊っていたV6 やKinKi Kidsの曲のメドレーをイントロクイズ方式で「千年メドレー」の間に流して、タカやM.A.Dに踊らせた。
「早くジャニーズになりたいなby大宮SK」 の文字がスクリーンに映る。 しかし、最後はスタッフに大宮SKの知らない曲を流され、逆ドッキリを仕掛けられてしまう。人間不信になるユウジ。


2006年9月 初の海外ツアー「ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei〜久等了!嵐來了!〜」
台湾にて、海外デビュー!大宮SKのあまりの人気ぶりに「嵐が登場した時より、「大宮SK」が登場した時のほうが歓声が大きかった」とメンバーがぼやく 結果となった。
              
 披露曲「スキューンバズーカ」中国語Ver

2007年1月 「嵐凱旋記念公演 ARASHI AROUND ASIA」
披露曲「スキューンバズーカ」中国語Ver 
         
中国語Verにファンはビミョーな感じだったが、その後披露された新技、「ダッシュドッキング」にファンは大喜びした。(技については、次回詳しく説明)

  
2007年4月 「嵐凱旋記念公演 ARASHI AROUND ASIA+in Dome」
衝撃!のVTR出演
             
大阪初日、モニターに映し出されたタカとユウジ・・アップから引きの画になるとそこにお腹を大きくしたタカの姿が!!!「身重の体になったため、今日は出られない by ユウジ」ファンから大ブーイング!以降2度と現れなかった。

2008年5月〜7月 「ARASHI Marks 2008 Dream-A-live」
新曲「大宮skoshi」            

大野智の「FREESTYLEをちょこっと紹介」というVTRに出演後、ステージに登場。新曲を披露する。「手越じゃないよ神輿だよ」のところでユウジが足を痛めるハプニングも。数年ぶりに、「ファイナルラブ」を披露する。タカがバズーカのくだりをはずすハプニングもあった。最後の札幌公演で「鋼の腹筋」と「乳首ダイヤル」と「乳首リダイヤル」を披露そして・・解散を発表した。(技については、次回詳しく説明)

2010年9月 「ARASHI 10-11 TOUR“Scene”〜君と僕の見ている風景〜」
二宮と櫻井で登場
「二井SK」
歌は歌わなかった。
大野は「怪物くん」に専念していた。

2012年9月 「アラフェス」
ファンの熱いリクエストにより、4年ぶりに復活!10人に増えて戻って来た!初のDVD化される予定!


 
    
 こんな看板に反応してしまうアナタは、りっぱなアラシックです(^_^)

                      




              
                                   
コメント
ははっ(^w^)
最後の看板反応してしまいました。(笑)

やっぱりアラシックですかねー(笑)
  • かのん
  • 2013/10/22 9:08 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM