まごまごボート部㉒

  • 2014.10.04 Saturday
  • 22:01

 

「(光さん)もう帰るって?」 途方にくれるメンバーたちとスタッフ。目的は同じはずなのに、かみ合わない心。不器用な男同志のすれ違い。 「(光さんの所に)行っちゃっていい?」 と櫻井。そこでメンバー4人とスタッフは光さんのもとへ引き止めに向かう。
「こっちの言うことはない!」 笑顔ではいるが動揺を隠せない光さん。 「ちょっとこれ、いっぱい(カメラ)映してるけども・・・。」 一方、大野は松本の所に向かう。 「光さん今、降りてきたから、少し話してみ。松潤が『分からない』っていうこともひっくるめ、どういうふうに分からないかって。」 大野に促され、光さんのもとに向かう松本。そして光さんと松本の腹を割った話し合いがはじまる・・。
「取りあえずまあ俺らも、松潤が向こうに行っちゃった意味も分からないし、具体的に何なのかを光さんにお伝えした方が早いと思うんで。直接話してもらった方が良いと思います。」
「時間がない中でやっていて、試合をするわけでしょ?正直もの凄くあせってる部分があるので・・」
「これだけの練習をしておきながら不安で、今からレースへ行くのに・・」
話し合いが続く中、心配で駆け付けた光さんの妻、和子さん。 「えっ?入ってもいい?」 話し合いの部屋にそっと入る和子さん。ついに起きてしまったメンバーと光さんの衝突。いつもそばで見ている和子さんが怖れていたことが現実に・・。
 
「時間があればたくさん出来るものが、正直今、時間が無かったりとかするので、人より倍・・こうやってちゃんと(練習)出来るときに、人より倍でも3倍でも、いろんなもの欲しいなと思うんですけど・・。」
ボートが上手くなりたい・・。目的は同じなのにかみ合わない二人の心。
「スケジュール云々っていうのは僕らの問題でもあるので、それに対して光さんには申しわけないとは思いますけど。」
時間がないからこそもっと光さんに教えて欲しい。心に貯め続けた不満を全て吐き出す松本。
「結局、今日1日丸々いて、ただひたすらず〜っと漕ぎ続けて、ぶっちゃけ俺今日、光さんに何も言われていない。最後に言われたこと一言しかないんですよ。」
何も言わないコーチから何を学べばいいのか分からない。松本の思いを聞き、言葉につまる一同・・。
すると和子さんは・・「私ちょっとね、本当にね、こう思うんですけど・・嵐のみんなは本当にね、一生懸命光さんの(言う)ことを聞いてくれてると思う。だから・・うん・・松本くんがそういうふうに思ってるってすごい分かる。やっぱり言ってもらいたい。言わないと、言ってくれないと分からない・・・でもね、光さんってこういう人なのね。」
和子さんの言葉に思わず涙ぐむ松本・・。不器用ゆえに思ってることを伝えることが出来なかった光さん。
「あまり誉めるのが上手ではないけれども、黙ってるときは『良い』と思っててくれればいいと思うわ。」
そして不器用だからこそ、気持ちを貯め込んでしまった松本。全ては不器用な男同志のすれ違い。 
「じゃあ、今日はよろしいですかね。」 とスタッフ。 「よろしいですか?」 「はい。すみませんでした。」 キャップを取り、深々と頭を下げる松本。初めてメンバーと光さんが本音でぶつかった夜。
「こういう話が出来て、非常にうれしいです。ありがとうございます。」 とにこやかな光さん。
話し合いを終えて、キャプテン大野は・・「結果的にはいろいろもめたこともあったけど、それは逆に今思ったら、解決されたかな。(光さんも一生懸命)やってくれてるから、何かすごい・・僕は無我夢中で光さんについていこうかなって、今日思いましたね。」
松本は・・「たぶん、他の4人よりもすごい理屈っぽかったりして、何でだろう、何でだろうって分かんないところを やって分かるっていうよりも頭で分かりたがる方なので・・」
大きくうなづきながら光さんは・・「お互いにもう少しコミュニケーションがとれるように心がけますんで、よろしくお願いします。」 「よろしくお願いします。」 深く頭を下げる松本。そして去っていく光さんを最後まで見送る。
そして今の気持ち・・「俺も、器用なこと出来ないからああいう状態になっちゃったけど、まあ正直光さんを信じてやるしかないっていうことがまず一つあるのと、がんばんなきゃいけないなって思いますよ。」 霧が晴れたかのように笑顔を見せる松本。
この日からチームは生まれ変わった。 「松本くん、今の左側のフェザリング良くなってるよ!」 松本に声をかける光さん。光さんに手を振る松本。そして練習が終わって、光さんと握手をする松本。本音でぶつかったからこそ、一つになり始めたチーム。
そんな中、キャプテン大野がある提案を・・なんと「まごまごボート部合宿」が決定!!
続きは㉓へ・・・
コメント
真智子さんへ

「和子さん!美人♪」って、まず思っちゃいました(^w^)

…と、それは置いといて(笑)
ボート部にはすごいドラマがありますね。

ずっとボートに携わって生きてきたおじいちゃんとまったくの素人で、しかもアイドルとして芸能界で生きている若者5人の普通なら起こり得ない出会い、そして生まれた共通の目標…ボートの大会出場!
そこでどんな結果を求めるのか?そのためにどうするのか?どうしたいのか?
難問続出。立ちはだかる壁の連続。

カメラの存在なんか光さんにはもはや不要だったかもしれないけど、バラエティーの企画だからこそ実現したこのボート部は、リアルもリアル!ドキュメンタリーでもあって!

嵐メンのアイドルじゃない部分、5人それぞれの人間性の根っこが映ってますね。

最後まで見届けたい気持ちがより高まってきました♪(*^o^*)

  • 海風
  • 2014/10/04 11:26 PM
海風さんへ

和子さんは、ほんとにステキな方だな・・と感じました。そして何よりも光さんを愛していらっしゃる!
そして潤くんやっぱり不器用だな〜・・そしてやっぱり泣き虫さんチーム(*^_^*)
そして、ほっとした笑顔がむちゃくちゃ愛くるしい!
最近はこんな番組が無いから、過去番組とは言えほんとにドキドキする展開ですね!
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM