まごまごボート部㉚

  • 2015.02.08 Sunday
  • 17:08

 

無事にメンバーと合流出来た松本はとても嬉しそう! 「どう?」 「昨日8000(m)くらい漕いだ。」 「8000もやった?やりすぎだろう!」 「やり過ぎたね。」 「やり過ぎたねちょっとね。」 「いやでもこれで上手くとなると、漕ぐとき何で漕げることになるわけ?」 「『オールメン』で漕げるよ!」 「やったね!」 爆笑! 「昨日オールメンで漕がなかったわけ?」 「焦げなかったんだよ。」 「漕げなかったんだ〜」 「じゃあ、リーダー掛け声お願いします!」 「じゃあ『オールメン』で光っちのとこ行こう!」 「フハハハハ!」 「何それ?分かんないんだけど。」 「ハハハハ!」
やっと松本が来た。これで5人全員で練習が出来る。光さんのもとに集まったメンバー。 「結果を残したい。いい練習をしましょう!」 「ハイ!」 すでにコーチの顔へと変わった光さんから、早速メンバーに今日の練習メニューが告げられた。と、その時スタッフからあるものが・・。「皆さんハイ!ユニフォームが出来ました!」 とリーダーにユニフォームの入った袋を渡すスタッフ。「おーー!」 「着よう着よう!」 「着よう着よう!日が出てるうちに着よう!」
 
実はこの合宿の数日前、メンバーはボートショップを訪れていた。 「デザインとかも出来るんですか?」 「デザインも出来ます。」とショップの人。自分たちが身にまとうユニフォーム。その形や色を真剣に選んでいったメンバー。相葉が試着したユニフォームを参考に・・ 「その白と黒のラインが入ってる所を全部蛍光のさぁ。」 「ここも黄色にしてってこと?」 「そうしたら胸に嵐って入れてさ、背中にまごまご嵐ボート部って入れて・・」 5人がアイデアを出し合ったボート部オリジナルのユニフォーム。ついにそれが完成したのだ!
「『ARASHI』って書いてある。」 「あーすげえすげえ!『まごまご嵐』って入ってるじゃん!」 
まごまご嵐ボート部Tempest オリジナルユニフォーム完成! 
早速そのユニフォームを着て練習開始!ユニフォームの完成に大会本番が間近に迫っている事を実感したのか、いつも以上に真剣な表情でトレーニングに励むメンバーたち。
そんな中、二宮はコックスとして大会に向けての戦術を考えていた。「何やってるの?」 とスタッフ。 「今日の練習メニュー、俺いいヤツだからさ。」 漕ぎ手であるメンバーのことを考えた練習プラン。コックス二宮が練り上げたその作戦とは・・。
二宮のつぶやき・・・(重要なのは)仕掛けるタイミングとかだろうから、それは何となく今日やっていて・・ちょっと思ったというか・・そのー・・乗って、漕ぎ手の人が長く漕いでるなって印象を与えないようにしようかなと。作戦とか立てるのが結構好きだから、向いてたのかもね。
メンバーのことは自分が一番よくわかっている。そんな二宮を信頼してるからこそ、漕ぎ手のメンバーは練習に徹することができる。
そしていよいよ、この合宿で初めて5人そろってボートに乗り込む。 「オールメンで参ります!」 「じゃーオールメンで参りましょう!」 「ハハハハ!言いたいだけだろ。」 まずはウォーミングアップ!松本を新たに加えた5人で、水の感触を確かめていく。
 
「3番、整調とシートを合わそう!」 この日の練習は昨日に引き続き、スタートダッシュそして1000mタイム計測。 「後半行きます!アテンション、Go!」 しかし・・・やはりみんなとリズムが合わない櫻井。 「以上ー!」 「できねえ〜!。ダメだ・・。」 レース結果を左右するスタートダッシュ。この日も櫻井が苦戦していた。
そんな櫻井を心配そうに見つめる光さん・・。絶対に落ちこぼれを作りたくない。ほんの少し、ほんの少しコツをつかむだけ。マンツーマンで熱心に櫻井を指導していく。果たして櫻井はそれを克服できるのか・・。
続きは㉛へ・・・ 
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM