まごまごボート部㉛

  • 2015.02.09 Monday
  • 23:57
 
昼食の弁当を食べながらの反省会で・・。「昨日の夕方ぐらいから櫻井くんが、フェダリングの関係で水を押す、たまにミスるようになってきて・・」 メンバーの中でも、人一倍練習熱心な櫻井。理解力にも長けている。しかしどうしても上手くゆかない。頭では分かっていても、体がついてこない。果たしてこの状況を打開できるのか・・。再び練習開始!櫻井がこのままだと他のメンバーにも影響が出でしまう可能性も・・。 「スタートの用意をしてください。アテンション、GO!」 互いのリズムを合わせて漕ぎ始めるメンバー。「以上ー!27。」 もう一度トライ。 「GO!」 ひたすら漕ぐメンバー。 「以上ー!」 「合わすのに時間かかるから、丁寧にどんどんやって。」 「スタートを準備をしてください。アテンション、GO!」 もう大会まで時間が無い。本番を見据え、今までにない集中力で練習を繰り返していくメンバーたち。


そんな中、次第にリズムが合ってきた。 「やっと合い出した!合い出したよ!そのリズムを大事に!」 光さんの声掛けに、「GO!」 再びトライ!「以上ー!」 「だいぶ良くなった。その調子もう一発やろう!」 再びトライ!「GO!」 櫻井の呼吸もようやくみんなと合い始めたようだ。 「今の良かったよ!なかなかいい感じ!ダッシュ5本なんか特にいい!よく水を押していた!」 光さんも確かな手ごたえを感じていた。


松本のつぶやき・・・スタートダッシュとかも全然やってなかったからさ、昨日みんなやってたけど、俺今日やってなかったから、みんなそこを重点的に少し細かくやってくれてすごくやりやすかったし。

徐々に進化するまごまごボート部。スタートダッシュも大会までにマスターできるはず。さあ、合宿の仕上げは1000mタイム計測目標は自己記録の4分41秒を更新すること。今回のポジションは、コックス二宮整調相葉3番大野2番松本バウ櫻井。はたして自己記録を越えられるのか? 


いよいよスタート。とその時、光さんはメンバーに作戦を言いかけて・・司令塔の二宮がこの日の練習前、1000mの作戦を考えていたことを光さんは知っていた。今は全てを彼らに任せるべき・・そう思い、光さんは言うのを辞めた。確かな意志を持つコックスをコーチも信頼していた。 「よし、じゃあスタートは脚から5本で行きます。脚に集中して下さい。」 「え?足掛け5本ってこと?」 「そう。脚とボディーだけで5本いきます。で、4本後は腕使います。」 「あ、はいはい。」 「それで、スタリキ(力)10本行きます。その後ピッチ28から25まで落とします。」「はい。」「そのスピードで行きます。よろしくお願いします。」 「頑張ります!」 「しゃあ!」 「スタートの準備して下さい!」

*スタ・・・スタート後の5漕ぎプラス、その後の「力走」と呼ばれる数漕ぎの総称

 

二宮のプランに大きくうなづいた光さんは、 「俺が『アテンション』の声かけるわ。アテンション、GO!」 勢いよくスタートを切った嵐のボート! 「ゆっくりいこう!さあいこう!」 苦戦していたスタートダッシュも練習の成果が! 「ゆっくりーキャッチ!ゆっくりーキャッチ!」 ぴったり合ったリズムでどんどん走り出す5人のボート。


「さあ(ペースを)下げていこう。さあいこう!」微笑みながら見つめる光さん。 「ゆっくりーキャッチ!ゆっくりーキャッチ!」 「相葉ちゃん早い」 「さあ腕だけになってきた。脚に集中しよう。足掛け5本さあいこう!」 「ラストスパート頑張れ!」「腕だけになってきた。足掛け3本いこう。さあいこう!」 コックス二宮の激が飛ぶ!

  
「その調子でラストスパート30!さあいこう!キャッチ!ゆっくりーキャッチ!ゆっくりーキャッチ!ゆっくりーキャッチ!合わせてーキャッチ!」ぐんぐん走るボート。メンバーのオールさばきはピッタリ合っている。声が少しかすれる二宮。苦しそうなメンバーの表情。 スト!キャッチ!ゆっくりーキャッチ!合わせてーキャッチ!」 そしてついにGOOL!!果たしてタイムは?記録更新なったのか? 


「いや〜」 「キチいな〜」 「最後スパートなかった?」 「いや〜手がぬけるぬける。」 「タイムは?」 注目のタイムは4分50秒「いま、4分50秒ですね。」 「あ、4分50ね。あの、ガッカリするな。」 今まで3回トライした中で、最低のタイム。大会を目前に控えて予想外の結果にショックの色を隠せないメンバー。スタートダッシュは上達したにも関わらず、思いのほかタイムが伸びない・・。

相葉のつぶやき・・・最後にタイム計った時に、感じとしてはものすごい速かったんですよ。漕いでる感じだと、まあ蓋開けてみたら5分でしょ?いやーきついなと思って・・。スピードに乗れてる感じもあったんですけどね、全然乗れてなかった。ピッチを調節しないといけないのが、やっぱり難しいですね。


「でもしっかり反応してたね皆ね。足掛けになったらちゃんと反応するし。」 「そうそうそう。」 「パワーあるんだなと思った。俺ビックリした。」 「最後もう1回行けたんだよ。もう1回スパート。30切ってから・・。」 「だから今、500の時に足掛けも入れて、750の時に足掛け3本いれてそのままスパートに持っててんだよ。」 「ああ〜それいいね。作戦的に。」

 

司令塔としての的確な分析。それを光さんに褒められ二宮思わずテレ笑い・・。「あの、楽しいボートをやったほうがいいから。これぐらいであがりましょう。」 「はい(笑)」 「ご苦労様でした!」 「ありがとうございました!」


松本のつぶやき・・・楽しくなりましたね。光さんの口からも『楽しくやろう』というのがよく出るようになったし、だからこっちも安心して漕げるところもあった。

こうして2日間の練習が全て終了!確かな成長を感じることが出来た合宿だった。しかし結局1000mのタイムは伸びないまま。肩を落とすメンバーだが、光さんは・・・「自分たちの納得のいくレースをやろう。」


このあとメンバーの心に変化が・・。

続きは㉜へ・・・。


コメント
こんばんわ〜。毎日、寒すぎです〜!『まごまごボート部』、大会が近付いてきてますね〜嵐さん達の一生懸命さが伝わってきます!ファイト〜!
  • ちょび
  • 2015/02/10 10:52 PM
ちょびさんへ

ほんと寒いですね〜(^_^.)
ボート部もいよいよクライマックスです!私もラストスパート頑張ります!
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    真智子 (11/23)
  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    海風 (11/21)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    真智子 (10/16)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    葡萄 (10/16)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    真智子 (10/09)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    葡萄 (10/08)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    たこ (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (09/30)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    葡萄 (09/30)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM