まごまごボート部㉜

  • 2015.02.10 Tuesday
  • 23:30

 大会直前の合宿で確かな進化を遂げたボート部だが、結局1000mのタイムを縮めることは出来なかった。意気消沈するメンバーに、監督の光さんからこんな言葉が・・・
「さあ、ごくろうさんでした。有意義な最後の仕上げが無事終わりまして、二宮くんが非常にあの、適切なコックスがおるもんだから、それなりのみんなの気持ちをまとめながら練習してるのが、まあ、見えてますけど。ちょっと櫻井くんが迷ってる。フェダリングの関係でキャッチのところ、フィニッシュのところ・・・」 この合宿で課題が残った櫻井だが、大会までにはきっと間に合うはず! 「レースに向かって100%自分達の力を出す。120%とは言わんけど、普通の80%くらいでは我慢せずに100%力を出してレースしたいなと思います。自分達の納得のいくレースをやろう。」 


「ポジションは?」 「ああ、そうねえ。相葉くん整調の大野くん3番、松本くん2番、櫻井くんがバウということでいきたいんですけども。」

まごまごボート部 “Tempest” ポジション発表!

コックス・・二宮 整調・・相葉 3番・・大野 2番・・松本 バウ・・櫻井

「お願いします!!」 ここでキャプテン大野の一言・・「ほんと、合宿来てくれてありがとうございました。」 
「いやこちらこそ。」 「ありがとうございました。」 「ほんとにあのー、面白かったですか?」 爆笑! 「ええ。」 「はい!」


「じゃあ最後に気合入れますか。」 「おお!」 「はい!」 円陣を組むメンバーと光さん。 「ええ。」 「ちゃんと入れてよ。」 「入れる入れる・・えーみんな合宿ち、来てくれて・・・」 「噛むなよー!!」 爆笑! ズッコケるメンバー! 「いいから。」 「いいからマジか。」 「ほらもう、(カメラマン)撮る気ないじゃん!」 もう1度仕切り直して、「みんな合宿来てくれてありがとう!」 「ウエーイ!」 「あとは大会を残すのみだ!」 「ウエーイ!」 「元気いっぱい引き締まっていくぞ!!」 「ウエーイ!!」 拍手!! 「お疲れー!」 光さんにお辞儀をするメンバーたち。 「じゃあ、皆オールメンで帰ろう!」 「ハイ!」 合宿を終えてリーダー大野は充実感を感じていた。


大野のつぶやき・・・合宿やってみて、すごいなんか、ボート以外でもリズムが良かったなって感じるんだよね。僕が軽く言うことにもちゃんとついてきてくれてると思ったから、少しまとめるというかその・・キャプテンとしていることが、なんか今日気持ち良かった。この合宿はすごく・・。まあコンサートとかはもうツアーでまわるけども、今回はより一緒にいた気がする。だからなんかね、嵐的にもすごく良かったのかなって、全部ひっくるめても。光さんも言ってたけどその嵐の漕ぎが大会で一番出ればもう、光さんやっぱそれを望んでるし。

相葉のつぶやき・・・さっき光さんも言ってたけどやっぱ、納得いく漕ぎが出来たらいいなって思いますね。・・うん・・。

櫻井のつぶやき・・・優勝したいけど、こだわり過ぎると焦っちゃうのはよく分かるから、光さんも良く言うし自分でも良くわかるんだけど、自分が納得いく漕ぎというのがやっぱあって、それができたらいいなってのが正直なとこかな。でみんなそれが出来れば、優勝も夢じゃないのかなと。


松本のつぶやき・・・自分たちのまごまご嵐ボート部のボートが出来ればいいなって言う風に、今日やってて改めて思いましたね。だから恥ずかしいタイムだろうと何だろうと、自分たちが一生懸命やって、自分たちが『良かったね』って言えればいいかなって思いますけど。

二宮のつぶやき・・・何位であろうが、何着であろうが、ゴールして『でも良かったね』って言えるときに、『1つになったんだな』って思えるんじゃないかな。

リーダー大野の発案で始まった今回の強化合宿。大会直前の大事な時期を共に過ごしたことで、みんなが結束を強めた。ここまでチームを引っ張ってきたエース櫻井が、一時スランプに陥ったものの、大会を目前に控え、チームは一つの目標に向かって急速に進化を遂げて行った。コックスが的確な分析力を得た。メンバーひとりひとりに、自主性が芽生えた。チーム全体に絶対的な信頼感が生まれた。コーチの光さんは彼らの成長を肌で感じ、全てをまかせた。2日間の厳しい練習を乗り越え、心身共に充実し大会に万全の態勢で臨むまごまご嵐ボート部。しかし、一人問題を抱えるメンバーが・・・
「今日、翔ちゃんがすごい悩んでたから・・」 「翔くん今日何かいろいろ、迷ってたけどね・・」

櫻井のつぶやき・・・ここにきてほんとに俺、振り出しに戻っちゃった感じがあって、手くびの返しがどうのっていうのをこの合宿初日の時に、光さんに調整してもらったら、漕ぎ方が分かんなくなっちゃって、ぜんぜん問題点だらけというか、極端な話ボート乗るのが怖いっていう相葉ちゃんの気持ちが、このタイミングでよく分かっちゃたというか。このまま大会出ると足引っ張ることになっちゃうし、俺が原因で負ける事になっちゃうし、なにより俺練習量だけは、誰にも負けないでやってきたつもりなのに、結果が残せないって悔しいから、微調整でもし済むんだったら微調整をやって、どうにかみんなに追いつけるようになりたいなと思っています。


実は合宿解散直後、不安を抱えた櫻井が光さんに指導を申し込んでいた。 「誰かといると俺、パニクっちゃって・・」 「ああそうか、それじゃあ俺とやろう。」 「あとでもう一回スケジュール見て。」 不安を隠せない櫻井・・
「マジでヤバいよ。ほんとにヤバい。てか俺は・・ちょっとわけ分かんなくなってきちゃった。」 櫻井は果たしてこの難局を克服できるのか・・・


しかし大会直前、メンバー最後の練習中に櫻井に突然のアクシデントが・・・。

続きは㉝へ・・・


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    真智子 (11/23)
  • 嵐CDデビュー18周年 & ブログはじめて5年・・
    海風 (11/21)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    真智子 (10/16)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    葡萄 (10/16)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    真智子 (10/09)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    葡萄 (10/08)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    たこ (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (09/30)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    葡萄 (09/30)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM