ドラマの嵐ァ素侏イ箸靴討陵髻−井翔

  • 2012.11.08 Thursday
  • 20:14

嵐の楽曲は、ドラマや映画のテーマを歌ったものも多いです。
ドラマの世界観を見事にとらえた名曲が多くのファンの心をつかんで離しません。
その中で、画期的だった1曲を上げると「a Day in Our Life」 ・・・嵐がJ stormに移籍してから、
最初に手掛けた曲です。ラップとメロディーが絶妙に絡み合う不思議な作風は、嵐の新境地を開きました。また、櫻井翔が出演の「木更津キャッツアイ」の主題歌でもありました。
この作品をへて、櫻井のラッパーへの道が開けたと言っても過言ではありません。


            嵐のラップ隊長、櫻井翔の俳優としての活躍を語ります。


 櫻井翔〜眼力で惹きつける熱い演技、少しヤンチャが見え隠れする青年を演じる

     
     翔くんの演じた役といえば・・・呉服屋の若旦那、保育士、不良少年、教師、裕福な高校生
                        美大生、人気司会者、新聞記者、行政書士、医師、軍人
                        正義の味方、執事など・・・

        
      ジャニーズ随一の高学歴の翔くんは、聡明さと行儀の良さから、公務員の役や社会派
      ドラマの主役などに抜擢されることが多い。もともと勉強熱心な彼のこと、役どころについ
      ては、しっかり作りこんでくるという。

      しかし面白いことに、翔くんの役どころはそんなお堅い役ばかりではない。
      映画「ピカンチ」や、「ヤンキー母校に帰る」では、壮絶な不良少年を体当たりで演じた。
      むしろ、こちらの方が翔くんに似合っているとさえ感じた。それほど、ぴったりハマッていた。
 
      また、「ザ・クイズショウ」のMC神山・・・私はこの人の眼力に心を持っていかれた。
      ふとした瞬間に変わる表情、少し壊れた人格、優しいの意地悪なのか分からない人。
      どんどんドラマに引き込まれた。これこそ、翔くんの代表作だと私は思っている。
  
      そうかと思えば、「ヤッターマン」まで演じ切るふり幅の大きさ!テーマソングのBelieve
            は、走り抜けるようなサクラップに心が躍った。この年はまさに櫻井yearだった。

      かつて舞台「ウエストサイド・ストーリー」の主役トニーにも挑戦したことのある彼・・
      ミュージカルの基本となる厳しいボイストレーニングの成果が今の翔くんの歌声に深みと
      伸びやかさを与えてる。ミュージカル隊長と呼ばれることもあるが、それは決してネタではない。

      バラエティーでもお題を振られると、アドリブで面白おかしく切り抜ける。
      演じることに躊躇しない彼の度胸にいつも安心感を覚えている。
      きっと彼の奥底のあるヤンチャな部分がそうさせてるに違いない。









 「櫻井翔の肖像」
 
  羽海野チカ 画
  (ハチミツとクローバー作者)





           
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM