「ARASHI BLAST in Hawaii 」Blu-ray感想〜ドキュメント編〜

  • 2015.04.19 Sunday
  • 11:51

 

今回感動したのがDISC 2ドキュメント編。内容が豊富なのと、本当に余すことなくというのが嬉しく思った点です。また、これに先駆けてNHKのドキュメンタリーが放送されたことに大きな意味がありました。そこから繋がる部分もいろいろあったので。ハワイの嵐を関連した民放TV局がこぞって特集してくれたことにも感謝です!そんなTV映像全てひっくるめてのハワイコンだったのだと改めて思いました。

以下、ネタバレになります。


★15年前と同じ場所で撮った写真★

パイナップル畑の真ん中にまるで滑走路のように続く道。10代のころに歩いた道が狭く感じるというメンバーたち。それだけ心も体もそれだけ大きくなったのだと思います。比べてみればデビュー発表の時の彼らの顔はどこか引きつり智くんなんかは泣きそうに見えました。そんな場所に15年の時を経て再び撮った彼らの顔は、何とも言えない幸せそうな笑顔でした。
その時と同じデザインのTシャツを着る彼ら。“嵐”と言う文字がハワイアンな感じでとてもおしゃれ!このデザインのTシャツが欲しかったな・・。デビュー当時に乗ったクルーザーも現役で、「こんなに小さかった?」なんて言いながら実際船を走らせて少しずつ思い出す彼ら。ニノは当時船酔いで船室の記憶ばかりと言うのが切ない。でもここにきてやっとあの時の不安な気持ちを振り返り、昇華させていったのだと感じました。“嵐”の旗が今では誇らしそうに風にはためいてました。

★リハーサル場面★

実際のリハーサルをここまでガッツリ見せてくれたのは初めてだと思います。晴れたり、雨が降ったりという気まぐれの天気の中で真剣にリハに取り組む彼らの表情は、アイドルと言うより働く男の顔。生の歌声も聞けて良かったです!特に「season」のリハで写真のスクリーンを見ながら歌う智くんの歌声は絶品でした。日焼けに弱いニノがタオルでグルグル巻きになっていたり、翔くんのラップがリアルに聞けたり、相葉ちゃんが変わらず自然体で面白かったり、演出の相談をする潤くんの真剣なまなざしにドキリとしたり・・。リハ終わりの帰りしなに翔くんが「松本くんまだ打ち合わせあるんで、松本くん取材してあげてください。」ってスタッフに声を掛けるところなど、翔くんの優しさがうかがえました。

★Offの時間★

智くんが釣りをしたりカヤックを漕いだり、それにつられて潤くんもカヤックを漕ぎだすシーンも映像として残してくれました。カメに遭ったってはしゃいでるとこも!この二人の空気感が最近すごく好きです。リアルでは絶対友達になることの無いであろう二人が楽しそうにしている姿って平和だな〜って。

★2日目の雨ライブ★

これは本当に感謝でしかありません!しかも「Monstar」のニノ復活の完璧なジャンプUpから始まるなんて!そして今度は智くんもいつも通りのジャンプをしてました。ここからの大雨の中のパフォーマンスは、かえって演出効果を呼んで素晴らしかったです!ライトが雨と反射して幻想的な光となり、嵐メンたちが水も滴るいい男になって「P・A・R・A・D・O・X」なんかはエロかった〜。2日目のライブが終ってヘリから降りたメンバーへのインタビューも髪の毛がぺしゃんこでちょっとやんちゃ感が出て可愛かった♡ 相葉ちゃんイジリからの〜2日目の相葉ちゃん涙の挨拶も映像として残してくれて、1日目に泣いて言えなかったことがここにきちんと語られていました。「前向きなさいよ〜。」と潤くん。これは彼の強がりなところ。潤くんも他のメンバーの挨拶聞きながら後ろ向いて泣いていましたね・・。

★15年目のインタビュー★

思った以上に彼らは大人で、地に足がついていると感じたインタビューでした。

大野くん・・やっぱり彼は嵐を俯瞰して見てるんだなと。どんなに凄いライブであっても、ファンに持ち上げてもらっているという感覚は変わらず。年々TVに出るのが恥ずかしくなってる。キャーキャー言われるのも、「いやオッサンだし、ありがとう!気を遣ってくれて。」と言う感覚が面白い!でも、私は彼に伝えたい。「ファンも年を取っていくのよ。正直キャーキャー言ってる自分も恥ずかしいッス!でも、青春時代思い出すから楽しい♪ それでいいんじゃない?」って。
二宮くん・・彼は相変わらず冷静だなと。嵐として仕事をさせてもらってる理由を自分たちがちゃんと分かっていないといけない。というアイドルとしてのプロ意識を感じました。15年という芸歴を言うのが恥ずかしいというのも、冷静に自分の実力を分析してるニノならではの感覚。泣いてるリーダーや相葉ちゃんのことも、感謝の気持ちをこれ以上言葉で伝えられなくて最後は泣いてしまっていると。それが人間らしくていいという。私もニノの言葉で腑に落ちました。
松本くん・・15周年を振り返るライブは自分の内面を振り返るものだったという。そして、グループの良さを改めて語る潤くん。クラスにいたとしても友達にならなかったであろうバラバラの5人が個人の仕事もグループに還元するために頑張って、確固たる絆を作っていったと。そんなことを熱く語るようになった自分にやっぱり照れるのか「なんか気持ち悪いね〜」と(笑)
櫻井くん・・ハワイのライブのお蔭で振り返る機会を得られたこと。10年ぶりくらいに5人で長い時間を過ごせたことは大きかったという。仲がいいのが売りと言うのが恥ずかしくて個人的に離れた時期があったが、結果そぐわなかったという。仲がいい嵐が好きだからという声に合わせて仲良くしようとは思わない。むしろ5人でクリエイティブなことをやって、がっちりスクラム組んでる形でいきたい。嵐だったから何でもできた。嵐であることに自分の存在理由がある。翔くんの言葉はそのまま嵐の指針になっていくのかもしれないと思いました。
相葉くん・・かつては生き急いでいた感じだった自分を「出すばかりで入ってくるものが無い。ヤバい。」って思ってた相葉くん。今では精神的にゆとりができて良かったと。これからの目標は、今までやってきたことを出来るだけ長く続けること。現状を維持することが一番大変なんだと語る。やはり病気で入院した経験のある相葉くんだからこその感覚だけど、最近特に落ち着いてきた彼の雰囲気に安心感をおぼえた私でした。

★全体を通して★

嵐の15周年は彼らにとってはもちろんのこと、ファン歴に関係なく共に祝えたことはとても大きなことだったと思います。きっとこれもまた嵐の歴史の中では大きな節目。ここに収録されたものを観て、私は改めて嵐のファンで良かったと思いました。
以前も書きましたが、ファンそれぞれ見ている景色は違います。嵐はこうあるべきとか、ファンはこうあるべきとかいう基準なんて無いのだと思います。ただ彼らを楽しく応援できるか否かのたったそれだけ。これからもハワイの爽やかな空のように楽しく彼らを応援して行けたらと。ひとりのアラシアンとして私は思います。改めて・・・ありがとう!ARASHI




コメント
真智子さんこんにちは。

先日は、二宮さんとの夢のお話を聞かせて下さりありがとうございました♪

『BLAST 』ずっと観ています。
5人の、そしてファンのたくさんの「想い」が溢れる素晴らしいライブだったし、DVD も本当に満足でとてもあたたかい気持ちになります。

私が嵐さんと一緒に過ごした時間は残念ながらその3分の1くらいでしかないけれど、潤くんの「出会ったタイミングは違うけれど…」というすべてのファンの気持ちを受け止めてくれる言葉でいつも救われる思いがします(^-^)

私も熱しやすく醒めやすいのです!
でも嵐さんにはただの芸能人・タレントではなく、本当にたくさんのものを貰っているので多分ずっと見続けるだろうと思っています。
熱量は変化したとしても…。
私も嵐に一言だけ言うならば迷うことなく『ありがとう』なのです!!

最後に。
このライブ、智くんの歌声が本当に美しくて…。
そんな声の持ち主だもの、神様だって放っておきませんよ…と思いました☆

長々と失礼しました。
また真智子さんとお話させていただけたら嬉しいです!
  • パレット
  • 2015/04/20 5:23 PM
パレットさんへ

先日はお恥ずかしい夢の話などにつき合わせてしまいました・・
恥ずかしついでに昨日は、智くんがとうとう夢に出てきてくれて、一緒に何か作っていました(*^_^*)
なんというか、きっと生活の一部なのでしょうね。だから醒めることが無いのだと。
ハワイのライブは私も、何度でも観てしまいます。嵐さんたちものびのびしてて楽しそうで。
智くんの声にもすごく伸びがあって聞き惚れました。やっぱりあの声には癒し効果があるんですよね。
ハワイから帰って来た嵐さんたちは、すごくリラックスしているように見えます。
しやがれも面白くなってきたし、これからも楽しく応援していきましょうね!
こんばんは 真智子さん

私はBLASTとハワイ関連のテレビ録画を交互に見てます(*^_^*)
巷では暴露本でざわついてるのかな?でも私には関係ないわって感じです。
人間だから色んな感情を持って当然だし、10代後半〜20代前半ならなおさらでしょう。むしろそんな彼等が試行錯誤しながら今の嵐を創り上げたことに感動するのです。ハワイでの彼等の表情、インタビュー、挨拶の言葉から伝わることがすべてのような…
ちょっと母親目線になってますかね(^^;;

私もまだまだ嵐くん達を見つめ続けそうです♪
これからも真智子さん、よろしくお願いしますね。
  • rinrin
  • 2015/04/21 1:04 AM
rinrinさんへ

ハワイで彼らが語ったこととその表情が全てを語っている。私もそう思っています。
私もかつて、彼らのことを深く知りたくて過去のエピソードをたどってみたこともあるけれど、
同じエピソードでも語り手の思い入れによってとらえかたが違い、いつしか違和感を感じるようになりました。
本人の知らないところで勝手に語られ、それがあたかも真実のように拡散されていくって怖いことです。
たとえそれがどんなに感動的なエピソードであってもです。

嵐のメンバーは過去の苦労話をあまり語りませんよね。それだけ賢い人たちなのだと思います。
だから私も過去のことはあまり詮索せず、今の嵐さんたちが魅せてくれるものを楽しみたいです。
もしも彼らのことが歪んで見えるというのなら、まずは自分が歪んだ見方をしてないか?
そこに気が付けるといいですね。ファンとアンチは紙一重なのだから・・。
昨今のファン事情を見るにつけ、そんなことを思うこの頃です。
真智子さん、こんばんは♪

ブラスト感想♪ありがとうございます。

私は、真智子さんのように的確に感想をまとめることがなかなか出来なくて…それでもちょっとお話したくて(笑)支離滅裂になるかも?ですが(^_^;)、お邪魔しにまいりました!?

数え切れないくらいたくさんの思い入れ場面があるのですが、本当にひとつだけ一番好きなシーンを挙げるとすれば…

2日目のライブ終了後、ヘリコプターの中の5人とその後ヘリを降りてからインタビューに応えているシーンです!
あのライブやり切った直後の高揚感と満足感でいっぱいの嵐さん♪
ライブの挨拶で目を潤ませていたメンバー…そんな余韻を残すような赤い瞳をした5人が愛おしかったです♪←単に雨で目をやられた!?とは言わないで〜(笑)

“俺たちの15年はこうだった”‥byニノ(笑)

それをライブでもインタビューでもすごく感じたBDでした。

細かいツボを話したら本当にきりがないんですよね〜(^w^)
レポート提出できるくらい!?(笑)

とにかく、5人の言葉が良かった…。

大野さん
「あの頃のモヤモヤはもうありません」「ファンを代表して出ている感じ」
ニノ
「みんなで一緒のものを作っていくっていうのが“嵐”」「15年でそれかよ…芸歴言うのが恥ずかしい」
翔さん
「支え合ってなければ立っていられなかったのかもしれません」「仲いい一点張りがいやだった」
相葉ちゃん
「リアルファンタジー」「こういう仕事に対して現状維持って一番難しい」
潤くん
「メンバーの皆さんありがとう…」「あの4人が同級生でいたら仲良くなっていないと思う」

なんか真智子さんじゃないけど、私も過去のメンバーの言動と合わせていろんなことが腑に落ちるような気がしました。
この15周年のタイミングに、ファンのひとりとして居合わせることができて良かったと思います。
出会えて良かった…と。

今、いろいろ騒がしい?…んですか!?(笑)
例え未熟だった時代があったとしても、ゆっくりでも確実に成長して前に進んできた…人々を支え、人々に支えられるグループになった“今の嵐”が好きなんだから、何にも変わらずこれからも息をするのと同じくらい当たり前に嵐さんを応援していきます!(^_^)v←なぜ、決意表明?(笑)

  • 海風
  • 2015/04/22 10:01 PM
海風さんへ

海風さんの感想を読んで、心がよりスッキリした私です(*^_^*)
嵐が生まれたハワイの地で、彼らは再び生まれ変わったと表現したらいいのかもしれないですね!
映像のまとめ方にも気合が感じられて、嵐の15周年とハワイコンは、一つの節目だと感じました。
ほんとうに嵐ファンで良かった!ありがとう!大好き!そして最後には泣く・・・。
そして最後はスッキリ!私もファンとして何か次の段階に行けた気がしています。

暴露本は、やっぱり人気者の証でしょうね。信じる信じないはファンの自由。
でも、自分のピュアな感覚だけは濁らせないようにと思っています。

私も息をするのと同じくらい当たり前に嵐さんを応援していきますね!←と、決意表明(*^_^*)
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM