日経エンタ「挑戦と原点回帰」

  • 2015.06.07 Sunday
  • 00:02
我が庭の紫陽花が色づきました。智潤カラーが美しいこの花は、雨で湿った庭に彩を添えてくれます。今日は、先日発売された「日経エンタ」の翔くんインタビューの感想です。



今や恒例(?)となった、日経エンタ7月号の翔くんへのインタビュー。今回もいろいろ興味深い内容でした。以前なら私は、雑誌インタビューの感想を書くときに、読んでいない人にも分かりやすく、文章を抜粋しながら詳しく書く傾向にありましたが、本当に気になる方はぜひ雑誌を手に取って、自分なりに解釈してみた方がいいと思いました。そのくらい翔くんの語る嵐の未来予想図は、ファンの心にいろんな想いを抱かせます。今回の感想は、Arashi Blastへの想いと、次のアルバムツアーの軸になるであろう音楽面での新たな模索その二つについての感想に絞ろうと思います。

☆嵐が巻き起こす疾風〜

ハワイで成功を収めたArashi Blast in Hawaii。以前、Blastをシリーズ化して世界中いろんな場所でライブをやっていきたいというニノの言葉がありました。さらに、ライブが地域振興につながればという翔くんの言葉もありました。そして今回の宮城からのラブコールで実現するArashi Blast in Miyagi。翔くんはキャスターという見地から、自分はどう社会貢献できるのか?を考えるようになったといいます。もしもそれがグループ内で一致した想いになるのなら、Blastを可能な限りシリーズしていきたいと言います。
私は、ハワイの時と宮城の場合は全く意味合いが違うと感じました。ハワイの時はなんだか頭がぼーっとなりましたが、宮城ライブが決まった時は、嬉しい気持ちで一杯でした。震災の時は関東に住んでいてもすさまじい揺れを感じ、全く他人ごとでは無かったからです。宮城が成功したら、きっといろいろなところから声がかかるようになるかもしれません。それはそれでファンとしてはとても嬉しいことです。相葉ちゃんも行きたいって言っていた、そして智くんも大好きな沖縄なんかどうかしら?どうか沖縄のアラシアンの方々、頑張ってラブラブコールしてみたら?(*^_^*)
ここでふと智くん語録が浮かんできました。
「世界中に嵐を巻き起こしてそのあと風になる。」 あの時は「勢い失くしてどうするんだ!」とメンバーにツッコまれていたけれど、それはきっとBlastのように、爽やかな一陣の風になるということなのでしょうね。今となったら預言者智ということですね!

☆音楽面での新たな模索

次のツアーはあえていうなら原点回帰という翔くん。これはあくまでも私の感覚なのだけど、近年の嵐コンは、しっとり系ライブ弾ける系ライブが交互に行われている感じがします。例えば、Beautiful worldLOVEは前者。popcornDIGITARIANは後者。この法則でいけばきっと次はしっとり系。そこにきっと懐かしいジャニーズイズムが発揮され、それが原点回帰に繋がるのでしょう!(私的にはジャズダンスを踊って欲しい!できたら大宮SKの復活のぞむ!^m^)
音楽面では自分たちのビジュアルから一旦切り離して、楽曲単体の力で評価してもらえたらという想いがあるようです。その流れはすでに始まっています。「ウロボロス」の「sakura」しかり、「午後の紅茶」の「Love so sweet」しかり、「ゼクシィ」の「愛を叫べ」しかり・・
音楽番組のパフォーマンスについては、「毎回面白いことや新しいことをやるから楽しみ」という評価が聞こえてくるといい、「こなしてる感がないね。」と言われたのがうれしかったと。手間ヒマかけた分、ちゃんと感じてくれてるのがわかった。だから年々ダンスが大変になっていくと翔くんは言います。
Mステの「ファンが選ぶもう1度見たいランキング」で「Lai-Lai-Lai」が入っていたのには驚いたと言います。曲が売れたかどうかは関係なくて、ファンの人たちはパフォーマンスが良かった回をちゃんと覚えていると実感した。歌を披露する機会1回1回を大切にしたいと。

☆インタビュアーの考察で気になる部分

私が気になったのはインタビュアーであり記者である、上甲 薫さんの考察のこの部分。

「コンサートの先進性に定評のある彼らだが、昨年のアルバムツアーはショーの可能性を極限まで求めた結果、視界からの情報量があまりにも多く、音楽を楽しむ余裕が欲しい・・・という課題を残した。」

この部分は、あくまでも記者としての冷静な意見。決してライブを批判したものではありません。しかし、この一言がまるで翔くん発の言葉のように受け取られたらややこしくなると思っています。だから「日経エンタ」を読んでいない方が誤解しない様に整理しておきます。翔くんは、前回のライブに課題が残ったから次回は「原点回帰」のライブになるとは言っていません。むしろ逆で、嵐は常に新しいことに挑戦し続けていることを評価され、それを「こなしてる感がないね。」って言われて嬉しかったと語っています。だから「原点回帰」も新たな挑戦の延長上にあるのだと私は思います。

最後に、私が嵐ライブについて思うことを・・

私にとって嵐のコンサートは、ある意味究極だと思っています。アルバムのテーマに沿ってとことん突き詰めているところが実に真面目で感動的で、しかも芸術性が高い。そんな夢のコンサート会場に入りたくて、爆発的に会員数が増えたという、それは紛れもない事実なのです。私は一昨年参戦したLOVEで泣きました。背中に羽根をつけた5人の王子様の登場に胸が震え、最後の大きなドームの上で歌う「愛を歌おう」では、壮大な演出とドームに響き渡る歌声にとてつもなく大きな愛を感じました。また、はじめて自分名義で当選したDIGITARIANに泣きました。ファンライトの幻想的な美しさと頭上に迫るムービングウィングに、嵐コンならではの迫力を感じました。また、バルーンに乗って遠くの席のファンにまで会いに行こうとする彼らの姿に心から感動しました。そんな素敵な演出を過剰だという声も一部あります。おそらくDVDを見ただけの感想なら、生で感じる彼らのオーラが引き算される分100歩譲ってそんな感想も仕方がないと思えます。私も、参戦経験が無くDVDのみの情報だった時代には、ファンサの時間を退屈に感じてしまいました。でも、ライブを経験した上での感想であるのなら・・・私は時々思います。彼らの愛にあふれたライブ会場にいて、そのライブをつまらないと感じるようになったらそれはファン卒業の時なのではないかと。ファンの考えも様々で、嵐としても全部を叶えることは出来ません。嵐の行く先はやはり嵐が決める。つまりはそういうことだと思っています。

さて、ワクワク学校も始まりました。本格的な嵐の夏がやってきます!


 
コメント
おはようございます 真智子さん

この記事を上げてくださってありがとう。
わたしもぜひ、購入して読みたいと思います。

しかし、上甲さんはさすがですね。
熱いレポを上げながらも、冷静な眼を失わない。
毎回、記事を読むのが楽しみです。

嵐さん…ワクワクの新しい試み、しやがれの好変化…と、まだまだ進化を遂げていますね。
音楽面でもライブ面でも、まだまだ楽しませてくれそうですね^ ^
  • バケラッタ
  • 2015/06/07 9:03 AM
バケラッタさんへ

上甲さんの考察は実に的確だと、思うところがありますね。
だたライブの演出については様々な意見があって、受け止め方によっては批判になってしまいます。
そこが難しいところですね・・・。

私が気になったのは、これはあくまでも上甲さんの考察なのに関わらず、
翔くんが言ったかのように勘違いしてる方がいるという点。多分記事を読んでいないのだと思います。
翔くんは、常に新しいことに挑戦している嵐の姿勢を評価してもらってうれしい言っています。
「原点回帰」も、もしかしたらファンが期待するものと違うものを差しているんかもしれません。
バケラッタさんもぜひ読んでみて、自分の心で感じてみてくださいね。
真智子さん、お久しぶりです。
読み応えのある記事をありがとうございます!
私も手にとって読みたいと思います( ^ω^ )

私事ですが、昨日はワクワク学校初日に出席してきました!初入学、1年生です。
本当に楽しくて、勉強にもなって、嵐の良さも存分に堪能できて…「だってコンサートの方が…」なんて思っていた昨年までの自分に喝!!です(笑)
JUMPファンも見かけつつも圧倒的に嵐ファンが多そうでしたが、相乗効果で更にワクワクできるイベントになっていたと思いましたよ。
あ〜、早く真智子さんとも感想交換したいです!月末が待ち遠しいですね!
(少しご報告程度にのつもりが、興奮冷めやらずダラダラとすみません)
  • minamix
  • 2015/06/07 4:59 PM
minamixさんへ

ワクワク学校初入学おめでとうございます!
ワクワクは想像以上に楽しいでしょう!(*^_^*) 私も昨年初入学して心から楽しい!と思いました。
今年はレポも積極的に読んでいます。JUMPくんたちとの絡みもあって倍楽しそうですね!
私も早くいきたいな・・・。

日経エンタはなかなか深い内容なので、ワクワクの興奮が収まったら、じっくり読んでみてくださいね!
真智子さん、超お久しぶりです!(笑)


最近、「ものごとを突き詰めて考えない」日常を意識して過ごしていたせいで(笑)コメントでお邪魔するのもかなりのご無沙汰になってしまいました…(^_^;)


大野さんの『世界中に嵐を巻き起こして、あとは風になる』という言葉…私にはそれこそ嵐さんの風が沖縄に届く日が来るのは、そういう状況がいつか訪れたら可能なんだろうな…と思っていたまさにそのものズバリの言葉でした。

でも、確かに“ARASHI BLAST”ならアリ!な気がします♪(^O^)
目からウロコ!?です(^w^)

本題から逸れました(笑)…
日経エンタはまだ手に入りませんが、(こちらでは、一週間遅れの入荷なので…)櫻井さんの言葉と想いを読んで感じて考えてみたいと私も思います。

  • 海風
  • 2015/06/07 9:53 PM
海風さんへ

ご無沙汰しています!私も気軽にTwitterでつぶやけるようになったせいか、
ブログへの投稿は内容を厳選するようになりました。
でも、日経エンタの翔くんの言葉を聞いて、ちょこっと発信して見たくなりました。
沖縄でのライブは、そう遠くない未来に実現しそうな気もします。
だって海風さんみたいな熱いファンがたくさん待っているに違いないから・・。

「ものごとを突き詰めて考えない」私も今、それを目指しています。
全ては運命の流れのままに。人間も自然の生き物だからきっと素直になれば道は開けると。
夜中のテンションで変なこと言ってたらすみません・・・(^_^.)
真智子さんこんにちは!

嵐ライブについて。
私も真智子さんと同じ想いでいます。
嵐のライブは、アルバム曲に視覚的な演出をして曲を完成させ魅せてくれるものであり、DEGITALIAN は素晴らしいライブでした。アルバム曲中心の前半部分は息を呑むような演出やあっと驚くような見たことのない演出、後半は嵐5人でずーっと歌い続けてくれましたよね。
そして、真智子さんの仰るバルーン。私は実際にバルーンのお陰で幸せをもらいました。私は3階の後方のいわゆる「上の方~」の席だったのですが、バルーンに乗ってやってきた二宮さんがこちらを見て手を振ってくれた、と感じたのです。隣の女性と手を取り合って喜びました♪ファンではない普通の友達に話したら、その回り100人の人がそう思ってたはず!と笑われましたが(笑)
でも私達の席は前方に座席がない場所だったから、そう感じたのかもしれません。
いずれにせよあの広いドームの天井席の私達でもそんな幸せな気持ちにしてくれる、普通だったら考えられませんよね。
出来るだけ皆のそばに行けるように、嵐さんはいつでもそう考えていてくれるのです。

日経エンタの翔くん、勉強をしているとのこと。
私は、学生時代にうんと勉学に励んだ人は社会人になっても貪欲に学ぶことを止めないと思っていて、今こんなポジションにありながら、やはり勉強し続ける翔くん、その感覚を持っていてくれることに感動します。

『嵐サプリ』素敵なお題が出ましたね♪
私もちょっと考えてみようかな(^^)
  • パレット
  • 2015/06/11 1:22 PM
パレットさんへ

私はここのところ、過去のライブDVDをランダムに見返しています。「原点回帰」って何だろうと。
でも、どれも素晴らしくて、翔くんの言ってるところの原点回帰の意味がつかめていません。
何となく分かったのは、国立ライブは会場が広い分、遠くても楽しめるお祭り的なイメージが強いかな・・。
反対にドームライブの方は、アルバムのテーマが色濃く出てて実にバラエティーに富んでる感じ。
バルーンはおそらくドームならではの工夫でしょう。アリーナにいた私でさえうらやましいと思いました。
おそらく嵐が言う「原点回帰」とは、演出ではなく曲のことを言ってるのだと私は思います。

そんな流れで「嵐サプリ」というお題を出しました。軽い気持ちで楽しんでいただけたらと。
  • 真智子
  • 2015/06/11 4:58 PM
真智子さん

それでもやはり私の夢は、頭上をムービングステージが通り抜けていくこと。

TIME のDVD で見たムビステが交差する光景は度肝を抜かれるというか衝撃でした。

30代も半ばに差し掛かろうという今の「原点回帰」。
例えば!少し前のようにソロ曲は別ディスクで、曲数が増えるとか?
こんな風にあれこれ考えられることが幸せですね♪

今年は子供の都合でライブをお休みする予定なのだけど……真智子さん!大宮SKだなんて!!\(>_<)/
近頃私達が見たいことをどんどんやってくれるから、アリかも!?
そうなったらどうしよう(笑)

何度も失礼しました!m(__)m
  • パレット
  • 2015/06/11 6:20 PM
パレットさんへ

巨大なムビステは私の斜め上空を移動していったけど、それだけでも圧巻でした。
いつか真下の席に当たってみたいものです。

先日「DIGITARIAN」のメイキングを見返していたのですが、大野くんはインタビューの中で、
「来年からは、もっと遊んでもいいんじゃないかな。」って言ってました。
ハワイが終って肩の荷が下りた今だからこそ、もっと自由な発想が生まれてくるかもしれないですね。
大宮SKはもうやってくれないのかな・・。ライブにコントのコーナーがあってもいいと思うこの頃です。
  • 真智子
  • 2015/06/11 11:37 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM