Japonisum東京12/23,24 レポ MUSIC(二宮ソロ)〜愛を叫べ

  • 2016.01.02 Saturday
  • 21:39

7. MUSIC(二宮ソロ)〜タップダンス〜

花道の先に現れたのは、真っ白な衣装に真っ白なステッキを持ったニノ。「キャアーーーーー!」という声を操るようにステッキを振う。上に上げれば「キャアーーーーー!」下に下げれば「シーン・・・」完全にニノの手のひらの上で転がされてる私達。そしておもむろにタップを踏んで拍手喝采!と思いきや、ピコピコって変な音をたてて笑い!そして「MUSIC」スタート!

   

ここからはもう完全にニノの虜になってしまいます♡アラフェスで「秘密」を踊った時は、もう年齢的にカワイくないって本人にテレがあったけれど、今回は振り切ってる感じでした!タップは華麗にカッコよく!そしてダンスはめちゃめちゃ可愛くてまるで妖精。会場のペンライトの光は黄色を基調とした市松になってました。そして最後にせりあがったメンステで思いっきりタップを踏んで、そこにはカラフルなFever!の文字が!拍手喝采で歌い終わり、ハケる時にまたビヨ〜ンみたいな変な音で爆笑でした!


8.Don’t you love me?(松本ソロ)〜パルクール〜

メンステの2階部分に小さな部屋が現れ長ソファーが一つ。そこに寝そべる潤くん。「キャーー!」と会場が湧く。歌い始めは色っぽくけだるい。しかしその空気が一転して緊張を増す。彼は誰かに追われているらしい。ここから高い身体能力を駆使したパルクールの世界に。まるでギリシャの戦士みたいな衣装がめちゃめちゃカッコイイ!

 
 

高いところに一気によじ登ったり、飛び降りたり、階段や手すりをくぐり抜けたり、ちょっとしたスタントを見ているようでした。そして最後はもとの長ソファーにバタッ倒れ込んで暗転。歌とアクションを融合させた激しいパフォーマンスでした。


9.インザルーム

暗転から今度は別の部屋が現れます。そこにいるのはニノ。ここからソロパートを歌い始めます。そして順にメンバーの部屋が現れそのたびに「キャー!」。重厚なソファーやオシャレな内装は、どこかの高級ホテルの一室のようにも見えました。潤くんは先ほど倒れ込んだソファーから起き上がります。歌いながらそれぞれシャツのボタンを止めたり上着を着たり、なんとも男の色香を感じる演出でした。

10.マスカレード

そしてその演出からのマスカレード!実は「インザルーム」歌いながらこの衣装に着替えていたのでした。そして全員がハットをかぶりスタンドマイクの前に登場!



これはまるで少年隊!智くんの振付です。80年代アイドルを意識した感じの懐かしさ!ドンピシャ世代にはたまらなかったです。この曲はもう聴いた時から「仮面舞踏会」的で好きでした。



それにしてもちょっとふざけてる?と思ってたら、jrくんたちが踊りながらマイクを持って退場〜。あのジャガーズの物まねを思い出してちょっと笑えました。しかしここからがカッコ良かった!ハットを一気にポーン!と投げる!「キャー!!」これ狙ってたよね!



ここからのダンスはキレてました。しかも昭和チックなカッコ良さです。最後は5人が中央にまとまって「君だけに」みたいに円陣組んで手を上に。そしてラストはポケットからバーボンのボトル(?)を取り出してジュリーみたいに霧を吹いて暗転。いや〜80年代アイドル世代としてはかなりウケた!(笑)

11.Happiness
12.ハダシの未来
13.GUTS!


ここからはしばしトロッコでファンサタイムでした。前記事にも書いたのですが、23日はトロッコの発着場所が目の前ですごく近くて興奮状態でした。でも、近いからと言ってファンサがもらえるとは限りません。今回思ったのは、トロッコが出発してすぐよりも降りる直前の方が気がついてもらえたという事です。また、うちわを2連にするなど単独よりも目立つ方法を取ったほうがアピールできるような気がしました。相葉ちゃんが気が付いてくれたのはこの時です。たぶん沖縄うちわが並んでいたから気が付いてくれたんじゃないかな・・。



14.愛を叫べ

トロッコを降りて中央に集まり、歌うのは「愛を叫べ」。この歌は踊っている人がけっこういました。やっぱり一緒に踊れる曲は楽しくていいな〜(*^_^*)




次回はMCのレポです。



 
コメント
真智子さん、こんばんは!またまた記事が更新されていて嬉しくなって出てきてしまいました。
真智子さんのレポはきっと参加していない方でもその場にいるかのような感覚になれるだろうなと思います。コンレポだけでなく、町田くんの舞台のレポや番組や映画についての記事も細かいところまでよく覚えていらっしゃるな、すごいなと思います!私は今まで参加できていない時もレポを読ませて頂いて、一緒にライブを体験しているつもりになって楽しませて頂いてきました。本当に感謝です。


今回のツアーはアルバムを聴いたときから特にメンバー全員のソロがいいなぁと思っていましたが、コンサートでさらに素晴らしいものになっていて感動しました。潤くんの企画力、創造力、毎年より良いものをというコンサートにこめた想いや意気込みにいつも感心します。またそれを体現する嵐さん達は本当に凄いなぁと嵐さんのプロ意識を見習わなくてはと思います。


真智子さんはご自分のことを不器用と謙遜されていますが、真智子さんには嵐さんと同じように人を感動させることができる魅力をお持ちの方なのだろうなと思います!


紅白、カウントダウンも最高でしたね!特にカウントダウンは大野くんファンにとっては宝物となるような映像ばかりで本当に嬉しかったです。何度も繰り返し観てしまいました。
宮城のライブDVDも私も我慢できず観てしまいました。ツアーとはまた違った感動があり、本当に素敵なライブだったのだということが分かりました。高校生の合唱とのコラボには本当に感激しました。


ところで先日の二宮くん主演の「赤めだか」ご覧になりましたか?素晴らしくて何度も観たくなるようなドラマでした!明日の坊っちゃんで二宮くんの演技が観れるのも楽しみです。映画はまだ観に行けていないので、観に行ってから真智子さんの感想を読ませて頂くのを楽しみにしています。


またとりとめのない文章になってしまいすみません。
記事の内容と関係ないことまで話したいことを沢山書いてしまって申し訳ないです。真智子さんの優しさに甘え過ぎですね...。次回コメントさせて頂くときはもう少し簡潔に上手くまとめられるようにしたいと思います!
遅くに失礼いたしました。
  • とまと
  • 2016/01/03 1:45 AM
真智子さん、明けましておめでとうございます。
レポ待ってました!
WSの画像を絡めて客観的で詳細なレポ、臨場感やコンの場面場面だけでなく、流れがしっかり見えてくるので嬉しいのです。いつも楽しみにしてます。
今回はメンステ横とスタンドの両方の視点からなので、まさに立体的レポですね。
続きが楽しみです。
そして早く映像化してほし〜い(^^)
  • mamecco
  • 2016/01/03 6:49 AM
とまとさんへ

身に余るお言葉をありがとうございます・・m(__)m
私がブログを始めたのは、町田くんの舞台の魅力を伝えたいと言うのも一つのきっかけでした。
あのころはまだ、新規嵐ファンにとってはマイナーな人だったので。
その流れで、誰もが行けるわけではない嵐ライブの詳細もレポするようになりました。

番組の感想も書きたくて仕方がないのですが、記憶がこぼれないうちにレポから書いています。

「赤めだか」は、ニノならではの語りが良かったですね!もともと下町育ちということも
落語の雰囲気にピッタリ合っていました。滑舌の良さにもおどろきでしたね!
カウコンは2ショットランキングが本当に良かった!派閥の壁を越えての組み合わせも素晴らしかったし、
「東の滝沢」「西のすばる」はきっと、古くからのファンは泣いたんじゃないかな。
本当にファンが頑張れば、カウコンでは願いが叶うんだとおもいました。
ヒガシくんのバク宙は、同世代として背筋が伸びる思いでした!

というわけで、今日は町田くんに会ってきます〜ヽ(^o^)丿
今年も新規大町ファンとして走り続けます!!
  • 真智子
  • 2016/01/03 10:46 AM
mameccoさんへ

明けましておめでとうございます!
ボチボチですが、レポに取り組んでいます。
私はどちらかと言えば、俯瞰してライブを見るタイプなので、メンバーのイチャこらは
覚えていないことが多いのです。なので、全体の流れ中心になります。
今回のライブの印象はすごくシンプルというイメージがあります。
今日はこれから町田ゴトで夜は嵐番組ですが、明日からまた書き進めていきますね!
  • 真智子
  • 2016/01/03 10:55 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM