ARASHI・・・時々ボーイスカウト

  • 2016.04.26 Tuesday
  • 23:05

嵐さんのアリーナツアーも始まり、智潤ドラマ祭りも盛り上がっている今日この頃ですが・・

今、私にとってエライことが起きています。もう題名でバレバレなのですが、なんとこの4月からボーイスカウトの指導者として返り咲くことになりました!実はもう15年くらい、我が子が幼稚園の時からボーイスカウトにはお世話になっています。今は女子も入れるので、息子も娘も入っていました。受験などを期に我が子たちが退団した後も、年少組のビーバー隊の指導をしたり運営のほうのお手伝いをしたりして、そろそろ私も卒業かなって思っていた矢先でした。少子化のあおりを受けてお世話になった団が存亡の危機。気が付いたら「指導者やります!」って手を挙げていました。



ブログでもちょいちょいボーイスカウトの話をしていたので気がついていた方もいるかと思うのですが、私とボーイスカウトの関わりは古く、中学の頃までさかのぼります。実は弟がボーイスカウトでした。しかも弟がカブ隊(小学校中学年)の時、母も指導者でした。楽しいスタンツ(出し物)の練習や、キャンプやサイクリングや夜間ハイクや富士山のジャンボリーや・・そんな活動をうらやましい気持ちで見ていた私。残念ながら女子はボーイスカウトには入れませんでした。ガールスカウトに入ることも考えましたが、なぜかボーイスカウトのほうがカッコよく見えてしまったからどうしようもありませんでした・・。

それから数年後、大学に入学した私はボーイスカウトに一番近い活動のできるワンダーフォーゲル部に入りました。山の活動が中心だったので、テントを背負って山を縦走できるくらいの技術は身に付きました。また、北海道から沖縄の離島までアウトドアの限りを尽くしたいろんな経験をさせてもらいました。みんなで集まって盛り上がるキャンプファイヤーは、まさにボーイスカウト発祥の歌や踊りが多く、たまたま先輩にボーイスカウト出身の方がいたので夜間ハイク(夜を徹して50劼らい歩く)も2度ほど経験しました。もうここまで経験したら私は十分そう思って卒部しました。

そして子供が幼稚園の頃、地元のボーイスカウトに出会いました。そこから長〜〜〜〜い付き合いになるとは知らずに・・。

そもそもボーイスカウトって何だろう?という方に説明しておきます。



今から100年ほど前、イギリスのべーデン・パウエルが「少年の長所を目指し、立派な社会人に成長させるには、自然の中で自発的に活動に取り組む必要がある。」という考えから、イギリスのブラウンシー島という無人島で20人の少年たちと実験的なキャンプを行い、このキャンプの体験をもとに「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を出版しました。すると瞬く間にベストセラーとなり、この本を読んで野外活動のすばらしさに心動かされた少年たちが自発的にこの活動をはじめました。それがボーイスカウト活動の原点です。やがてこの活動は世界に広がり現在の形になりました。

この本は日本語版も出版されています。野外活動のノウハウや野外ゲーム、体の鍛え方や救急法など、日本で言えば忍者修行のハウツー本のようなもの。愉快なイラストとユーモアのある文章にも「クスッ」と笑えます。当時の少年たちが憧れるのも無理はないな(*^-^*)そう思える一冊です。

ということで長くなりましたが、先日もボーイスカウトとして熊本地震の義援金募金に街角に立ちました。多くの方が募金に協力して下さいました。このようなことも含め、学校では経験できないことをスカウトたちは学んでいます。同じ釜の飯を食べる経験をすると、子供たちの絆は深くなります。また親たちも、一人で抱えきれない子育ての大変さを共に分かち合うことが出来ます。普段はゲームやTVに入り浸ってる子供たちも、大自然の中では本来の子供らしさを発揮します。この環境が子供たちの冒険心を引き出し、自ら生きる力となる・・。指導者はただ、子供たちの夢の手伝いをさせていただくだけ。それがボーイスカウトだと私は思っています。

ARASHI・・・時々ボーイスカウト。しばらくそんな日々が続くと思います。更新もゆっくりになるかもしれませんが、何かにツボったときはまたここに話のネタを提供しますね!ではまた!





 
コメント
真智子さん おはようございます(*^o^*)

いったい真智子さんは何人いるのでしょう!!
私の中ではどう少なく見積もっても真智子さんは3人はいます(゚o゚;;
小柄な真智子さんからはとても想像出来ない行動力です。
またビーバーちゃんを指導されるのでしょうか?
真智子さんの元でなら、最初はイヤイヤ参加してた子も笑顔になっていきますよ。絶対に!
サッカーや野球を選ぶ子供が多いせいか、ボーイスカウトはなかなか子供が集まらなくてこちらの団も苦労している様子です。
どんどん便利になっていくこの世の中で、子供達の冒険心を育んで行くのは難しいのかな…うちの子ももう少し続けて世の中を生き抜く術を身に付けて欲しかったなぁ〜

自分の仕事と並行してボーイの指導者もこなすって、いくら子供が大きくなっているとはいえすごく大変だと思います。お母様も指導者をされてたとの事で力強い血筋もあるのかもしれませんが、どうか体に気を付けて下さいね、歳もとってきている事だし…^^;
ボーイを少し齧っただけの身ですが、懐かしくなるので時々活動の様子も聞かせて頂けたら嬉しいです。
智潤のドラマを見ながら真智子さんの活動を応援してます〜(ダラダラでゴメンなさい^^;)
  • rinrin
  • 2016/04/27 8:13 AM
rinrinさんへ

自分でもビックリなんです!
鮫島社長が美咲をクビに出来なかったときと同じ気持ちです。(って意味不明?)
そう、ビーバーちゃんなら楽だったのですが、なんと!ボーイ隊です・・。
野営についてはそれなりに経験がありますが、そのほかのこと勉強しなくては!
でも、大変なことばかりじゃないのです。私がリーダーを引き受けたことで、
我が家のもとスカウトたちも、かなり面白がっています!(^^♪
今度のキャンプ、息子も手伝いに来てくれるといいな・・。
  • 真智子
  • 2016/04/27 3:59 PM
ボーイスカウト活動が本格的になるボーイ隊ですか!
あっという間に野営&ナイトハイクですね。きっと息子さんも血が騒ぐのでは?
“人生無駄な事は何もない” 頑張ってくださいp(^_^)q
  • rinrin
  • 2016/04/27 6:14 PM
rinrinさんへ

これもある意味リア充?頑張ります!(*^^)v
  • 真智子
  • 2016/04/27 6:35 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM