トイレットペーパーの芯で作った「ワクワク夢ランタン♪」

  • 2016.06.30 Thursday
  • 23:34

 

嵐のワクワク学校2016〜二宮先生の自由研究で宿題となっていたトイレットペーパーの芯工作。私が作ったのはペンライトの明かりを利用したランタンでした。入選こそしませんでしたが、昨日Twitterに投稿したら思いもよらず反響をいただいたので、レポの途中ですが作り方を公開することにしました。お子さんの夏休みの工作など、参考にしていただけたらと思います。

 

 

まずこの宿題が出されたときに、私は一つのこだわりをもちました。それは「芯の色と形を生かすこと」でした。まずは芯を輪切りにすることを考え、そこから思い浮かんだのが日本の古典柄である「七宝文様」でした。ちなみに、昨年のワクワク学校で浴衣の古典柄の紹介があったときに、JUMPの伊野尾くんが着ていた文様でした。

 

 

この文様の美しさを十分に活かすのはランタンだと思い、そこからは一気に作り上げることができました。絶好調超ライトを使ったのにも意味があります。とても明るいことと、色が自由に変えられること。

 

  

 

 

 

では、詳しい作り方です。

 

【材料】

 

・固めのトイレットペーパーの芯(直径4cm) 20本

・障子紙

 12cm×12cm

 13cm×52cm + のりしろ 1.5cm幅

 

 

【使う道具】

 

・木工用ボンド・のり・カッター・ハサミ・クリップ・クリアファイル

 

【作り方】

 

芯を正確に1冑に切るため、芯の筒に合わせてクリアファイルで型紙を作る。(輪のつなぎ目は両面テープで止める)また、4分の1ごとに三角の切り目をつけておく。

 

 

型紙を芯にかぶせて線を引き、4分の1の印も三角の切り目に合わせてつけておく。

 

 

カッターで輪切りにしたら、4分の1の印のところに4か所ハサミで縦の切り目を入れる。(長さ5mm、幅1mmくらい)

 

 

このようにして作ったパーツを64個と、2分の1のパーツを64個ずつ用意する。

 

 

溝と溝が合うようにしっかりはめ込み、七宝文様型に組んでいく。

 

 

 天井部分の花のパーツを用意する。この場合は1cmの輪切りにするだけでいい。花びら型を6個、ハート型を12個。

 

 

花びらは形を整えながらボンドで貼っていく。(クリップで仮押さえをすると便利!)

  花の形が出来たら、のりで(12cm×12cm)の障子紙に張る。

 

 

七宝文様のパーツを4枚作ったら、のりで障子紙にはる。

 

 

─,里蠅乾いたら、ランタン部分を箱型に組み立てる。

 

 

芯を2分の1に切ったものを9本組んで土台を作る。真ん中にペンライトが固定できるように、キッチンペーパーなどで調整する。

 

 

 土台の白い花は柔らかめな白のトイレットペーパーの芯で作ってみたもの。

 

 

 ペンライトの明かりをつけて、ランタン本体を乗せたら完成!

 

 

皆さんもぜひ、楽しんで作って下さいね!!(質問等もコメント欄にて受け付けます♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
真智子さん お久しぶりです。
ワクワクのレポは真智子さんのを当てにしていたので お察しの通り“メンバーの絡み”ばっかり追っていた私です(~_~;)

最後まで読ませていただいてから…と思っていたのですが ランタンのあまりの素晴らしさに興奮して出てきてしまいました!
ステキ過ぎます!
この作品のデザインと一緒に設計図を考えた真智子さんの頭の中はいったいどうなっているのですか? 
しかもペンラを使った5色使いのアイディアとか…
感動しました!
できればマネして作りたいけど絶対無理だな〜(T_T)
そして私の中では 真智子さんの作品が間違いなく最優秀賞です!

この後のレポも楽しませていただきますね♪
  • naoh
  • 2016/07/01 3:17 PM
naohさんへ

レポが途中になってしまってすみません。作品をツイに投稿したら携帯が鳴りっぱなしで・・。
こういうことは初めてだったので、作り方を先にUPすることにしました。

今回のワクワクはそんなこともあって、すごく役に立つ自由研究ばかりでした。
WSを見る限り面白場面ばかりが目立っていたので、自分なりに勉強したことを伝えるつもりです。
本当は、会場で流れるVTRの方が内容が詰まってて深いんですよね・・。
そういうことを考えるとやはり、DVDにしてほしいですね・・。
  • 真智子
  • 2016/07/01 4:59 PM
真智子さん、こんばんは〜♪

『ワクワク夢ランタン』…素敵なネーミングですね!(*^o^*)

私の場合、まず第1段階のトイレットペーパーの芯をカッターで輪っかに切っていく作業でつまずきそうです…(^_^;)

まさに職人ワザ!!

日本の伝統的デザインの美しさにもあらためて気付かされました♪

組み立てる作業もこれまた私には出来ないなぁ…(^_^;)

例えば編み物をしたとすると、私は最後の糸の始末とかが苦手で延々編みつづけてしまうタイプですもん!

真智子さんの作品は多分自由研究の域を超えてしまったんだと思いますよ?

だって、きっと売れますから!?(笑)

ワクワクレポ、ありがとうございます!
続きも楽しみです♪

  • 海風
  • 2016/07/01 11:45 PM
海風さんへ

いえいえこの作品、意外と簡単なんですよ。
トイレットペーパーを輪切りにする作業はTV見ながらやっていました。
私は何も考えないでできる単純作業が、ストレス解消になるタイプなんです。

そして、日本の伝統的なデザインは本当に素敵!
いずれまた別のパターンを考えたいなと思っていますよ♪
  • 真智子
  • 2016/07/02 9:21 AM
真智子さん、こんにちは♪

私は作品らしい作品を作ることはできませんでしたが、真智子さんと同じように考えた自分を誇りに思いました!(笑)

「芯の色と形を生かすこと」

トイレットペーパーの特徴である筒型、私もこれは生かすべきだと考えていました。
そうでないと普通の厚紙でも良いわけで...。
愛らしい丸い形を使わない手はない!
そこまでは同じでしたが、これを七宝文様のランタンにしてしまうなんて一体誰が思いつくでしょう!!
ペンライトを使うことですべてのファンが満足できるのも嬉しい限りです♪♪

海風さん、本当に簡単なのかもしれませんよ^_^
真智子さんのスゴい所は、素敵なモノを、誰も思いつかない驚くほど簡単な方法で作ってしまう事だと思っています!

それにしても何度見ても本当に素晴らしくて...。
あかりを灯した時に立体的に浮かび上がる文様が整然と並ぶ姿は何とも言えない美しさです。
入選どころか最優秀賞だと私も思っています^_^

早く20個集めて挑戦するぞー!!笑






  • パレット
  • 2016/07/02 11:57 AM
パレットさんへ


実はこの宿題が出たときに、思い出したことがありました。
私はかつて小学校で図工専科をしていたのですが、保護者の方が繊維工場でいらなくなった紙の芯を
沢山提供してくれたことがありました。それはラップの芯くらいの固さで長さは1mくらいありました。
「これは工作に使える!」と思ったのですが、何を作るかは子供たちに任せることにしました。
そうしたら、子供たちは大喜びでいろんなものを作りました。
迷路や、パチンコや、小物入れや、武器や・・・
どれもちゃんと素材の特徴である「筒型」を活かしたものでした。

パレットさんも、図工が好きだったのでは?久しぶりに童心に帰って楽しんでみて下さいね!
  • 真智子
  • 2016/07/02 11:45 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM