嵐ワクワク学校2016(東京最終回)ァ−井先生の自由研究

  • 2016.07.05 Tuesday
  • 00:27

 

★櫻井先生の自由研究 「夜空がより素敵に見える方法」

(助手 藤井流星)

 

 

小学生の頃、櫻井が自由研究のテーマに選んだのは「星」。そんな櫻井少年のために、両親は八ヶ岳につれて行ってくれたこともあるという。実は夜空にきらめく星の輝きは、今からずっと昔に地球に向かって放たれた光、時には100億年も前の光ということもある。ここで藤井に「あれ言っちゃってくれ!」とカッコつける櫻井。藤井「(星とは)目で見ることのできる最も遠い場所。目で見ることのできる最も神秘的な場所。」会場「おお〜。」

 

櫻井「ということで、これから天体観測に行こうと思います。題して“ロマンティック天体観測”」

 

 

会場の明かりが消え、青白い光の点がステージの周りと上空にきらめいて、ドーム全体が美しい星の世界に・・ここで藤井流星は本物の流れ星になって走ります。頭に丸い球体をかぶり、キラキラと銀のテープをなびかせながら・・。

 

さて櫻井先生は毎回、星空デートの相手を選ぶみたいで、今回は・・ニ宮!会場は黄色い声で大盛り上がりです!!「ナイスシャイニング!」流星を激励するニノ。さて、ここからは磁石コンビの妄想デートが始まります・・「やまたろ懐かしいね。あの時はエアギターばっかりしてたね。」なんて会話しながら。

 

 

「実は流れ星は昼でも流れていて、1日に250万個地球に降ってくる。それはどういうことでしょう?」

「もうすぐ地球が終わる!」爆笑!

「願い事をたのみ放題ということだ。」笑!

 

★星座の話

 

「なあカズ。」「キャーーー」と会場。

「あそこに見える星座、何か分かるかい?」

 

 

座席では星座を表す光が灯っていました。(会場の生徒たちがお手伝いをしています。ちなみにこの光は「てんびん座」)

 

「バカにしないでよ!」

「失敬失敬。当てちゃってくれ。」

「ふたご座よ。」(ニノの星座だけに)

「こと座だ!」爆笑!

 

とここで、櫻井先生はモニターに映った光を線で結んでで星座を作るのですが、少々雑なのは否めないわけで・・。こと座を探すには、特徴的な平行四辺形が目印だそうです。(丸で囲んだ部分)

 

 

ここで、こと座の神話・・これはオルフェウスの琴。ある時、オルフェウスは愛する妻を不慮の事故で亡くしてしまう。悲しみのあまり死後の世界に妻を取り戻しにいくオルフェウス。すると、彼の美しい琴の音色が冥王の心を動かし1度だけ妻を連れ戻すチャンスをもらう。しかし、あと一歩というところでしくじってしまう。そんな悲劇のオルフェウスの琴が星座になったという。

 

「カズ!」「キヤーーー!」

「もし僕に万が一のことがあったら、あの美しいストリングラフィの音色で、僕を救いにきてくれるかい?」「キャーーー!」

 

 

キラリンき

 

 

ナンダコレ??(爆笑!)

 

同じ流れで・・

 

「あそこにみえる星座。何か分かるかな?」

「バカにしないで!」

「失敬失敬。当てちゃってくれ。」

「ふたご座よ!」

「てんびん座だ!」

 

ここでまた、モニター映った会場の光をつないでてんびん座の形を作るのだけど、「ここが天秤の柄の部分」とぐちゃぐちゃと汚く塗りつぶすところがやっぱり櫻井画伯なところで・・(笑)

 

「この天秤は何用?」

「理科の実験用よ!」爆笑!

「天国と地獄の振り分け用よ!」

「そうなんだ。」

「なあカズ!」「キャーーーー」

「あの空の天秤に乗る前に、ぼくの天秤に乗ってみないか?」「キャーーーー!!」

「ぼくの天秤に乗れば、キミは必ず天国行きだ!」「ぎゃーーーーーー!!」

 

 

キラリンき

 

 

良い子はマネしないでね!

 

★地球から見た月の満ち欠け

 

さて、WSではこの二人の絡みがやたら取り上げられていましたが、実はここからが面白くなるのです。それは「地球から見た月の満ち欠け」の話。

 

「ARASHIアルバム Japonismより「三日月」 ジェイストーム !!」

 

ということで「三日月」をBGMに流しながら、幻想的な雰囲気の中、実際に月の満ち欠けを再現する実験をしてみます。ここでまず、月役が指名されます。今回は小瀧くん!丸い月を頭にかぶるのだけど、まるでサーティーワンのCMみたい!って言われてました。藤井くん小瀧くんの着替えを手伝うと、会場から「キャーーー!」ナルホド・・WESTファン的にはここが萌えなんですね!(*^-^*)

 

 

そして、藤井くんが太陽になって光を照らす役。翔くんは巨大な地球の中に入ってドラえもんみたいになります。「これ意味なくね?」って翔くん納得いかない感じでしたが・・(笑)さて、ここから月の満ち欠け実験が始まります。

 

 

「光がまぶしい!!」って言いながらも少しづつ動いていくと、月の形は正確に欠けていきました。

 

 

そして今夜の月がモニターに映し出されると・・

 

 

小瀧、あえてのカメラ目線!「今夜の月を見たら、小瀧くんを思い出して下さいと。」(笑)

 

 

1日・・太陽が昇ってから沈むまで。

1月・・ほぼ、新月から新月までの間。

曜日・・太陽系の星の名前。

 

全て天体に関係があります

 

★天体シュミレーションソフト「Mitaka」

 

最後に、国立天文台の天体シュミレーションソフト「Mitaka」の紹介がありました。詳しくは→こちら

櫻井先生が操作するパソコンの映像は、地球→太陽系→銀河系→人類が知りうる宇宙の限界へ・・と旅を続けていきました。

 

 

最後にまとめ(ニュアンスです)

 

宇宙に思いを馳せると、日ごろの悩みがちっぽけなものに思う。都会では星空を見ることが出来ないと思いがちだけど、ゆっくり目を慣らしていけば、都会でも星は見ることが出来る。櫻井先生が伝えたいことは・・

 

 

「星空に想いを馳せれば その輝きがきっと明日を照らしてくれる」櫻井翔

 

 

次はΔ悄Α松本先生の自由研究です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大町23周年〜忍者と天下人
    真智子 (10/16)
  • 大町23周年〜忍者と天下人
    葡萄 (10/16)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    真智子 (10/09)
  • 町田くん舞台「時分自間旅行」〜6つの愛のピースが繋がる時・・そして涙
    葡萄 (10/08)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    たこ (10/01)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    真智子 (09/30)
  • ファンに媚びないスタンス(追記)
    葡萄 (09/30)
  • 祝!嵐結成18周年〜ファン8年のありがとう!
    真智子 (09/15)
  • 祝!嵐結成18周年〜ファン8年のありがとう!
    海風 (09/15)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM