KinKiに堕ちたアラシアン

  • 2017.01.06 Friday
  • 16:36

 

やっとKinKiのお話が出来る時が来ました。詳しいライブレポは出来ませんが、一人のアラシアンがあっという間にKinKiに堕ちていく様を楽しんで(?)いただけたらと。(ちなみに長いです・・)

 

今年の暮れに私は、KinKi Kidsのライブ「We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 TSUYOSHI & You & KOICHI」に行かせていただきました。町田くんとも関わりの深いKinKiの二人。いったいどんなコンサートなのかずっと気になってはいたのですが、ようやくその夢が叶ったのです。私が参戦したのは12月23日東京ドーム2日目。予習に聴きこんだのは、ツアーのベースとなっている「Nアルバム」(KinKiはアルバムタイトルが全てアルファベットと聞いてビックリ!)と最新曲「薔薇と太陽」「道は手ずから夢の花」そして、アラシアンでもありKinKiファンでもある友人にダビングしてもらったベスト盤「KinKi Kids 39」、さらに昨年のライブ「KinKi Kids Concert Memories & Moments」のBDを観て、NHK「SONGS」のKinKiの回を見て感動し・・。

嵐さんのアルバム「Are You Happy?」を聴きこんでからの〜KinKiの予習だったので、通勤の車で聴きこみができる環境を今回ほどラッキーに感じたことはありませんでした。いや〜そこまで気合い入れなくてもいいでしょ?って思う方もいるかと思いますが、私にとってライブは最大のお祭り!!予習期間からがライブなんです。

 

まず車の中で聞いてて思ったことは、「うわ〜剛くんていい声してるな〜。」ってことです。すごく魅かれる声。ジャニーズの歌が上手い人ランキングで1位に輝くことが多いのも納得です。そして光一くんは、舞台を通して努力してどんどん歌が上手くなった感じ。この二人の声が合わさると、何とも言えない心を揺さぶる歌声になるのです。個人的に好きな曲は「ボクの背中には羽根がある」です。ライブでもこの曲の始まりに二人がポーズを取るのですが・・それがなんとツアーパンフの表紙になっていました。

 

 

カッコいい・・・

 

写真が秀逸で、思わず買ってしまいました。

そして、アリーナツアーのパンフの表紙もこんな素敵なものでした。

 

 

アリーナツアーの表紙を見て浮かんだのが「愛のかたまり」という歌。これは作詞が剛くん作曲が光一くんというまさにKinKiが生み出した世界観。娘にこの話をしたら、「2人の合作って知らなかった〜。どんだけバカップルな歌なんだよって思ってた。」と(笑)。

そしてもう1曲「雪白の月」。11月に季節外れの雪が降った時がありました。紅葉に積もる雪を窓から眺めながら、たった一人の空間である通勤の車の中で、この曲はスーっと心に入ってきました。KinKiの切ない曲は雪景色によく似合います。

 

 

そして歌詞にグっと来たのが「夢を見れば傷つくことがある」(作詞 秋元康)。そして「硝子の少年」(作詞  山下達郎)。まだまだたくさん名曲があるのですが、ストレートで美しい日本語にホっとする私です。そして逆に、人気曲でありながら最初スっと入って来なかったのが「薄荷キャンディー」(作詞 松本隆)。これは薄荷キャンディーの香りと彼女との思い出を歌ったのですよね?関西ではバッグに飴ちゃんはメジャーなんだろうけど、関東だったらシャンプーの香りで彼女を思い出すのかな・・。それにしても、作詞者が有名人ばかりで驚きます。そして最近の曲ではやっぱり「薔薇と太陽」(作詞作曲 吉井和哉)。SONGS見て、これが今のKinKiの集大成なのだと思いました。全く違う個性を持った二人だからこそ作り出せる世界に感服です。

 

さて、ライブの話になかなか辿りつかないのですが、今回のロゴがとっても素敵なんです。

 

 

KinKiの場合メンバーカラーは剛くんが、光一くんがKinKi KidsKなのでしょう向かい合ったKと20周年の20の文字が重ねっています。アリーナツアーのペンライトもこのロゴの形でした。ライトはに切り替えることができました。そして、ドームツアーVerのペンライトがこちら。

 

 

金と銀のKと20の文字。ライトの色はで、点滅にも切り替えることができました。実際ライブが始まるとアリーナーツアーのペンライトを持ってる人も多くいて、の光に満ちた会場はとてもきれいでした。

 

今回私はツアーバッグを購入してなくて、だからと言って嵐のバッグを持っていく訳にもいかないので、手持ちのトートバッグをリメイクしました。メンバーカラーの。「薔薇と太陽」にちなんで、薔薇のコサージュもつけました。

 

 

これで全て準備万端!いざ、東京ドームへ!

 

 

今まで嵐コンやワクワク学校で何度か訪れた東京ドームですが、KinKiはどんな世界を作り出してくれるのか。高鳴る胸を押さえながら会場に入りました。

 

△愨海・・

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM