KinKiに堕ちたアラシアン

  • 2017.01.07 Saturday
  • 00:58

 

今回の座席は、2階席3塁側7列目あたり。今までライブを経験した中で一番上のほ〜かもしれません。光一くんが冗談でチアシード席って言ってた場所です。でも、すごく視界が開けて絶景で、椅子にはちゃんと背もたれもあるし結構好きかも!って思いました。(前にも書きましたが、私はどんなに近くても全体を把握できないのはちょっと嫌なんです。)

 

さて5分前になりました。KinKiコールがちらほらと・・。両手を上に広げてパンパンと手拍子。そして再び手を広げて「KinKi!」パンパン「KinKi!」パンパン「KinKi!」。これリズムが取りやすくてナイスです!嵐コールは早い人遅い人バラバラでなかなか揃わなくって・・(^_^.)

 

客電が落ちてライブがスタートしました!メインステージはこんな感じです。

 

 

ステージの正面にはロゴマーク。下には3段に分かれたステージがあって、上手と下手に分かれてバンドの方がいます。ステージの両側にはリボンのように天井からウエーブを描いた巨大スクリーン。このスクリーンを使った映像演出が素晴らしかったです。さらにその外側には楕円形のスクリーン。ここに二人の歌ってる姿が映し出されます。2人のコントラストを出すために、メンバーカラーのを意識した光の演出が随所にありました。

 

☆セットリスト

 

1. kissから始まるミステリー

2.愛されるより愛したい

3.情熱

4.僕の背中には羽根がある

5.モノクロドリーム

6.naked mind

7.陽炎

8.道は手ずから夢の花

  MC(37分間ぐらい)

9.雪白の月

 

光一ソロコーナー

1.Danger Zone

2.INTERACTIONAL

3.LOVE CRIES

4.Slave Maker

 

剛ソロコーナー

1.未音源化曲(光一くんギター参加)

2.未音源化曲

3.バンドセッション

 

10.薔薇と太陽

11.Unlock Baby

12.Plugin Love

13.Fall Dance

14.  スワンソング

15.雨のMelody

16.  涙、ひとひら

17.カナシミブルー

18.Misty

19.Time

20.やめないで、Pure

21.Anniversary

22.  硝子の少年

 

アンコール

1.愛のかたまり

2.銀色暗号

3.この夜を止めてくれ

4.なんねんたっても

 

それでは、KinKiコンで面白い!と思ったことを書き連ねてみたいと思います。

 

☆花道が無い・・

 

今回は花道がありません。しかもずっとメインステージで歌っていました。アンコールでやっとムビステが登場!しかも横スライド方式という新機能。うちわを持ってるファンも見かけなかったので、ファンに近づくことよりもメンステで完璧なパフォーマンスを魅せることを重視したのでしょうね。もう彼らは王子様を越えて王の風格でした。

 

☆自由なソロコーナー

 

今回二人のコントラストが色濃く出たのがそれぞれのソロコーナーです。今まではそれぞれのソロコンでやったパフォーマンスはKinKiのコンサートには持ち込まない主義だったらしいのですが、今回はあえてコーナーを作ってみたそうです。光一くんは本人も照れるようなハードな感じの衣装を身にまとい、トラビィス・ペイン振り付けの激しいダンスパフォーマンスを魅せてくれました。また、剛くんは十代のころ作った音源化されてない曲とバンドセッションを披露してくれました。バンドセッションについては剛くん、「バンドに合図を飛ばすために、お客さんにお尻を向けるかもしれないけど、その時はお尻見てるなりスマホいじるなりしてて。楽しみ方は自分で見つけて。」みたいなこと言って笑わせてくれました。このバンドセッションの時間は20分という長丁場。剛くんらしい自由な空間でした。最後は会場みんなが参加する形で盛り上がりました。

 

そして、ソロコーナーからの「薔薇と太陽」は圧巻で、踊る光一くんと演奏する剛くん、それぞれの個性が光った素晴らしいパフォーマンスになっていました。

 

☆KinKiコン名物?長いMC

 

KinKiの二人はMCが面白いことで有名らしく、噂にたがわず大爆笑の連続でした。

(セリフはニュアンスです。)

 

・光一くんは女子より胸がある件

昨日のMCは大暴れだったという光一くん。光一「でも、普段の俺ああじゃないから。本当の俺を誰も知らないし。」という流れから、剛「こいつ本当は女なんですよ。」光一「でも、俺のほうが胸があるって人いるんじゃなんかな。」剛「鍛えてるからね。」光一「揉んでみて?」って話になり、光一の胸を揉む剛と揉みかえす光一。ヘンタイな2人です(笑)。

 

・FNS歌謡祭第2夜の「道は手ずから夢の花」で光一くんが間違えてしまった件

実は進行の加藤アナが曲紹介で「キンキキキッズの・・」って噛んだのを突っ込もうとした矢先、曲が始まる合図が聞こえたのであわててしまったのだと。正しい歌詞は「手を打ち足ふみ踊りだせ」なのだけど、「手を打ちよしふみ踊りだせ」と歌ってしまいました。よしふみくんが踊る歌になったことで剛くん、光一くんをイジリ倒しまくってました。

 

・剛くんの○○○が無い件

光一「これ話してもいいかな・・」からの〜剛「実は女だったんか?」というお約束のツッコミ。ここからのイチャイチャが面白い。剛「俺にその話、1度確認させてくれ。」光一に近づく剛。会場キャー!!光一「耳打ちするのは恥ずかしいからマイク持ったままで話したい。マイクオフで。」剛「俺が近づいた距離を返してくれ!」爆笑!)で、ゴニョゴニョって話し、剛「話していいよ。」光一「映画『銀魂』撮ってた頃のぶんぶんぶんのロケで衣装さんが、剛くん今短パンはけないんです。すね毛が無いからって。」えー!!という会場の反応。銀魂で悪役を演じることになった剛くん。剛くんのお母さんに監督が、「悪役をやることになりました。」と電話をしたという。その時のお母さんの反応は、「そんな年齢になったんですね・・。」と(爆笑!)。今回の役は着物を着てるので、裾からすね毛が見えないように剃って下さいと監督に言われたという。シェーバーを使って苦労して剃って、毛は監督にそっと送りつけといたと。でも、お風呂に入った時に感じた新感覚「え?これ俺の脚?」っていう感覚が面白かったから「光一も1度剃ってみたらいい。」と。光一「剃りたくない!」爆笑!光一「で、銀魂はいつ公開なの?宣伝しないの?」剛「いつだったかな〜。夏ごろ?」剛くんもかなり天然。

 

・ファンへの質問

「クリスマスにライブやって欲しいと思う人。」→「はーい!!」

「その時ライブに来るのはクリぼっちの人だよ。って俺らも同じだよ。」

 

「彼氏とクリスマス過ごす人。」→(数人)「はーい」

剛、光一「もっとおれやー!!」

 

「ジュニアの頃から応援してくれてる人。」→「はーい!!」

「その中で結婚した人。」→「はーい!!」

「俺らを追い越して」

「誰かと出会ってキュンキュンしたんやね。」

 

「上のほうのお客さん、見えてますか〜。」→「はーい!!」

「ぼくは見えてないですよ〜。チアシードくらいにしか見えないでしょ。スクリーンに頼っているでしょ。それでも値段は全部一緒!」爆笑!

 

「前のほうのお客さん、見えてますか?」→「はーい!」

「ぼくは下見ないです。」爆笑!

 

もっといろいろあったと思うのですが、笑いが止まらない37分間でした。盛り上がり過ぎて時間オーバーにならないようにカウントされているのも流石です(笑)ぜひMC集を発売してくださ〜い!

 

☆面白過ぎるラスト

 

アンコールも終わって、そろそろ彼らも退場というタイミングで、剛「すごく面白いことが起こってて、どうしてもそれを言いたい。」と、剛くんの靴のアップが映し出され、底にガムテが!!光一「それ今言う?」会場大爆笑!!剛「このままそ知らぬ顔でサヨナラ〜ってことも出来たのだけど、どうしても我慢できなかった。Anniversaryあたりから付いてたら恥ずかしい。」光一「これってあこがれのマイケルジャクソンのコンサートで、マイケルの衣装に糸くずを見つけてしまった時のチクショーっみたいな。」そして、光一くんが剛くんの靴からガムテをそっとはがし、ステージ中央に添える。光一「ここに置いていこう。山口百恵さんがマイク置いていったみたいに俺らもハケよう。」剛「スタッフさん、これ写真撮っておいて。ネタになるから。」もうなんだろうこのおかしさは!KinKi最高!!

 

そして光一くん、こんなことも言ってたっけ。「ライブ中は俺らが王子様や恋人でいいから。でも、規制退場が始まったら誘導スタッフのお兄さんが王子様だからね。」

規制退場の放送が入ってもKinKiコールがやまない会場。かなり頑張ったけどアンコールはありませんでした。光一くんが言うとおり、ここからは誘導スタッフが王子さまなんだね。

 

というわけで、初参戦でありながら彼らに堕ちてしまったアラシアンです。やっぱりアイドルは30歳越えてから味が出るのですね!また、ずっと若いころから彼らを追いかけているファンにとっては同志というか、この空間でしか味わえない絆のようなものを感じました。嵐もいずれこんな風に味のあるグループになっていくのかな・・。ファンもこんな風に落ち着いていけたらな・・。優しさと、楽しさと、何とも言えない自由さを感じたKinKiのライブでした。ありがとう!KinKi Kids!

 

 

 

 

コメント
初KinKiコン楽しまれたようで良かったです♪2人が作り出す世界の魅力を分かっていただけ嬉しいです(^^)
今回はドームコンもアリーナの基盤は崩さず大きな会場になった分少しだけ見せ方や曲を入れ替えただけだったみたいですね。今回はソロコーナーが入ったことによりKinKi Kidsのそして2人の軌跡がよく分かる素晴らしいライブだったように思います。

MCレポもありがとうございました。相変わらずの夫婦漫才に萌えてニンマリしちゃいました。2人が20年という月日で築き上げてきた2人のハーモニー同様の絶妙なかけ合い素晴らしいでしょう(笑)あれほどアーティスティックなパフォーマンスしてあの夫婦漫才ですからね(笑)これぞKinKi 沼というやつです( ´艸`)嵐さんとはまた違う魅力ですね。
いよいよ今年は20周年!いろいろ考えてくれてるみたいなので楽しみで仕方ありません。

  • マルコ
  • 2017/01/08 11:47 PM
マルコさんへ

本当はもっと曲とパフォーマンスについてレポできればよかったのですが、
初参戦ならではの「興奮しちゃって覚えてない・・」ってやつです。(^_^.)
MCは爆笑だったけど、生で聞くKinKiの歌声の美しさと力強さと何ともいえない風格がありました。
昨日はバラードアルバムを聴いてました。「愛のかたまり」MアルバムVerが美し過ぎて・・。
20周年は、他グループファンでもKinKi沼に堕ちる人が続出するかもしれないですね!
  • 真智子
  • 2017/01/09 8:26 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM