Are You Happy? 東京ドーム12/26レポ Baby blue〜青春ブギ 

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 20:14

 

 

17.Baby blue(松本ソロ)

 

 

このBaby blueという曲。アルバムで初めて聞いた時の印象は、虹が現れそうな雨上がりの空のイメージ。悲しいことがあっても前向いていこう・・きっといいことあるから。そんな印象だったのです。会場のペンライトの色もパステルカラーにキラキラ光ってました。そこに美しい夕日色の衣装を着た潤くんが現れ、踊ることもなく空に届けるようにこの曲を歌い上げました。今までの潤くんだったらギラギラの衣装もしくは、凝った演出でソロを歌う印象があったのだけど。でも今回は明らかに違う。今の彼が伝えたいことは何だろう?とボンヤリ映像を見てました。すると・・潤くんが今まで出会った人との思い出の写真が走馬灯のように流れていきました。その中には蜷川さんや勘三郎さんなどの故人の写真もあって。「Baby blue 愛しき人よ いつかまた巡りあう日まで Maby true 今はさよなら見 上げれば変わらぬ空」という歌詞。そうか・・これは今まで出会った人へのメッセージソングなのだと。そのことに気が付いたとたん、胸にグっとこみ上げるものを感じました。やはりアルバムのソロ曲は、ライブで完成するのだと。

 

18.Miles away(大野プロデュース)

 

 

会場が真っ暗になり、リフターの上に白い衣装で現れる彼ら。その下にフワフワと舞う柔らかな布。天女の羽衣のようにも、雲のようにも見える幻想的な演出で歌い上げる「Miles away」。潤くんの「Baby blue 」が天に届ける歌ならば、「Miles away」は天から降りてくる歌に聞こえました。彼ら5人の声の特徴を生かしたハーモニーとファルセットの美しさ。この歌割りを考えた大野くん天才!って思いました。そして嵐もこんな美しい歌声を響かせることが出来るようになったのだなって感動しました。ペンライトの光を全て消して彼らだけを浮かび上がらせ、歌に集中させる演出。アユハピライトの可能性もまた一つ、見つけることができました。

 

19.果てない空

 

この歌を聞くと、宮城の夜空を思い出します。あの時も嵐さんたちは白い衣装を着てました。そして彼らを照らすスポットライト。この曲はあの時からずっと特別な歌になったのだと思います。嵐にとっても。そして私たちにとっても。

 

20.WONDER LOVE(二宮プロデュース)

 

 

不思議な世界観でした。つららのような5色のライトと白く浮かび上がる彼らのアクセントダンス。交互に抜かれるスポットが幻想的でした。今までの嵐には無い感じの曲です。ふと余韻を残して終わり、そのままニノのソロに繋がっていきました。

 

21.また今日と同じ明日が来る(二宮ソロ)

 

 

ニノが思い切り自分の針を振り切った!そういう印象です。今までは、自作の歌でギター片手に55000人黙らせていた彼ですが、歌と踊りで55000人を黙らせました。これは私の中で「Gimmick game」越えました。歌詞の内容もいろいろな解釈がされますがニノは俳優。歌の世界観を力強く演じきった感があります。映像とのコラボがまた鳥肌ものでした。動きに合わせて光が飛び散り、暗闇に浮かぶニノの妖気に会場は水を打ったように静かで、完全に圧倒されていました。暗転と共にニノの姿が消えるとため息が・・。 今までだったら大野さんがそのパターンでしたがニノもすごいぞ!新しい世界が開けました。

 

22. Amore(相葉ソロ)

 

センステに現れる相場ちゃん。アユハピグッズのピンクのTシャツ着て。「My lover〜♪ I have to say〜 ♪forever I'll keep loving you〜♪」と英語のゆっくりしたバラード。相葉ちゃんの周りだけペンライトがピンクに光る。そして「You're everything to me〜♪」で、ペンラのピンクの光が一気にスタンド上のまで広がっていく。これは圧巻!相葉ちゃんからの愛を受け取った気分でした。

さてここから一気に「Na〜NaNaNaNa♪Na〜NaNaNaNaNa♪」と曲のテンションが変わって・・

 

 

おへそチラチラ♪腰をフリフリ♪ちょっとディスコスター様見せてからの〜ここからはハイテンション♪ジュニアのみんながいろんなものに変身してくれます。バイクになったり、サーフィンの波になってくれたり・・

 

 

元気でノリノリで、最後にバク宙が決まって大盛り上がり!でした。今回も体張って楽しませてくれた相葉ちゃんでした♪

 

23.青春ブギ(相葉プロデュース)

 

「ここは「失恋リハビリ道場」恋愛が成就出来たものだけが卒業できる」・・そんなストーリー展開から始まるところが相葉ワールド!ここで、道場を卒業できないダメ男を一人ずつ紹介・・。

 

ゲームばっかりやってる引きこもり「お部屋の和」(二宮)ゲーム機もってコロンと転がる姿がカワイイ♡

魚は釣れても女は釣れねえ「愛の釣り人大野さん」(大野)竿を引くとおおきなマグロが釣れた〜。

送った手紙は4000通「恋文の翔」(櫻井)ぽ〜ぽ〜とオカリナ吹く姿がカワイイ♡

フラれてどんどん強くなる「ドMのJ」(松本)「もっと〜」「もっと〜」ってゴムを伸ばしてバシっ!(笑)

登下校も付いていくストーカー「熱血の相葉」(相葉)窓からジーっとのぞく姿がちょっとこわい。

 

では、「鼓膜に響かせます・・」「青春ブギ」

 

 

ここで応援団風学ラン姿で5人が登場!ジュニアも応援団に扮して大きなマンション風のセットの中で太鼓を響かせます。これは圧巻!!

 

 

この青春ブギのダンスの面白さは、いろんな要素が含まれてるところです。基本は応援団風でありながら、「Love you,and I love you」で手でハートを作ったり、フォーチュンクッキーみたいにこねこねしたり、ソーラン節の櫓こぎがあったり・・

 

 

ふと気が付くと6文銭ならぬ5文銭の旗を背負っていました。昨年のJaponismテイストも含みつつ、5人の個性を活かしたバラエティー豊かな内容でした。

 

ではいよいよ、最後のスペシャルメドレーへと盛り上がっていきます。

 

Δ愨海・・

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブログランキング

Twitter

accesscount

ブログパーツUL5

ジャニーズ情報

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM